払い過ぎた利息を取り戻す過払い金・過払い金請求とは

過去、または現在、消費者金融、信販会社などから借入をしていたときに、知らず知らずのうちに払い過ぎていた利息のことを過払い金、その過払い金を自分でするか、司法書士、弁護士に依頼して取り戻すことを過払い金請求といいます。

アコム、プロミス、アイフル、レイクなどの消費者金融、CFJ、セディナ、イオンクレジットサービス、エポスカード、ジャックス、クレディセゾン、三菱UFJニコス、三井住友VISAカードなどの信販会社からキャッシングやカードローンといわれる借入をしている人は約1,400万以上、日本人の約10人に1人、労働者の5人に1人いるといわれています。それらなかで数百万人が過払い金があるとされています。

ただし、過払い金の請求する権利(法律用語では不当利得返還請求権)は10年の期限があり、権利が時効となっている場合が非常に多くありますので、一日でも早く貸金業者に請求することをおすすめします。

もくじ(メニュー)

過払い金とは

お金を借入するには法律で金利の上限(上限金利)が定められていますが、以前は貸金業者が出資法の上限金利である29.2%でした。現在では利息制限法の上限金利が20%と法律で定められています。出資法の上限金利で借入をしていた場合、出資法と利息制限法の上限金利の差(グレーゾーン金利)が払い過ぎていた利息、つまり過払い金です。

2006年に最高裁判所でグレーゾーン金利を認めないと判決がでて、2010年ごろに貸金業者は利息制限法の上限金利とするようになりました。2010年ごろまでにお金の借入をしていた方は、過払い金が発生している条件にあてはまっていれば過払い金がある可能性があります。

ただし、大手の貸金業者は2006年に判決がでたときに上限金利を変更しているので、必ずしも2010年までに借入をしていても過払い金があるとは限りません。

過払い金とは

利息制限法の上限金利

過払い金請求とは

過払い金を貸金業者に請求することを過払い金請求といいます。過払い金請求は借入していた本人がおこなうこともできますが、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

過払い金は貸金業者に請求することによってかんたんに取り戻すことができますが、貸金業者は過去の貸し付けで発生した過払い金まで払う義務があるので、多くの借入をしていた方が過払い金請求をする過払い金バブルがおこったので経営が圧迫されています。

過払い金バブルで経営を圧迫された貸金業者は、消費者金融の最大手であった武富士ように倒産したり、銀行の傘化におさまったり、貸金業者どうしの合併がおこなわれました。倒産した貸金業者からは残念ながら過払い金を取り戻すことができなくなり、現存している貸金業者もいつ倒産してもおかしくない状況なので、過払い金請求をしても満額が返ってくることがむずかしくなっています。

過払い金請求することでの注意点は、自分で過払い金請求する場合に多いのが、インターネットにある過払い金の無料の計算ソフトを利用して自分で過払い金があるのか、過払い金がいくら戻ってくるのかを計算して、過払い金がほんのわずかしかないと誤って把握して過払い金請求をしなかったり、過払い金請求したことでブラックリストにのってしまうことです。

過去に借入をしていて残金が0円の状態であればまったく問題ないのですが、残金があるときに過払い金請求をする場合や、上記の貸金業者の合併によって思わずブラックリストにのってしまう場合があるので、過払い金請求をするにはリスクを調べてからおこなってください。

また、自分で過払い金請求をする場合でも、司法書士や弁護士に依頼する場合でも、同じ金額を取り戻せる、同じ期間で取り戻せる、同じ費用がかかるとは限りません。事務所に依頼する場合でも、どの事務所に依頼をしても同じ条件ではありませんので、過払い金請求が得意な事務所なのか、実績はどのくらいあるのか、費用がどんな名目でどのくらいかかるのか、しっかりと過払い金請求の方法によってことなるデメリットを比較検討して事務所を選んでください。

ただし、詐欺事件が多く発生しており過払い金請求でトラブルになる悪徳な弁護士や司法書士だけでなく、悪質なNPO団体が関わっている場合があります。過払い金の詐欺の手法はたくさんあり、インターネット上でいい口コミ、評判がある、テレビCMを出しているからといって事務所を決めるのではなく、きちんとわからないことを質問して、自分で理解、納得できた事務所に依頼してください。

過払い金請求の実績が豊富な司法書士法人杉山事務所

過払い金請求ができる司法書士や弁護士は非常に多くありますが、当事務所はその中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くあります。

当事務所は全国7事務所で依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績やノウハウ、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積して結果、日本を代表するビジネスである週刊ダイヤモンド誌で、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。今後も過払い金請求のご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ