ニッセンGEクレジットの過払い金請求に強い法務事務所

ニッセンGEクレジットの過払い金請求

ニッセンGEクレジットの過払い金請求で選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間3,000件以上

    ニッセンGEクレジットとの交渉力とノウハウをたくさん蓄積

  • 過払い金請求総額が毎月5億円以上

    ニッセンGEクレジットやその他の多くの貸金業者で実績

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週間ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額が1位

  • 初期費用(着手金)が0円

    安心明確な費用で戻ってきた過払い金の成功報酬のみ

  • 無料で出張相談もOK

    ご相談、初期費用だけでなく出張相談も無料

杉山一穂

司法書士法人杉山事務所
  • 0120066018
  • 0120065039
  • 0120068027
  • 0120069034
  • 0120067009
  • 0120070146
  • 0120131025
  • 0120678027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

ニッセンGEクレジットはカタログショッピングでも良く知られている大手企業です。貸金業もおこなっているため幅広い年齢層がショッピングや融資を受けるなどさまざまな形で利用しているのが特徴です。過払い金について知られるようになって返還手続きを求められる貸金業者が増えましたが、ニッセンGEクレジットも例外ではありません。

身近なニッセンGEクレジットのキャッシングサービスを利用していた人は多く、過払い金請求をする人は後を絶ちません。マジカルクラブカードはニッセンGEクレジットのクレジットカードです。もちろん過払い金請求を自分ですることも可能です。しかし、貸金業者もできるだけ返還額を少なくしたいと考える傾向にあるため、発生している過払い金を確実に回収するためには司法書士や弁護士の力を借りることがおすすめです。司法書士や弁護士に相談することで過払い金に知識がない人でもスピーディーに問題を解決することができます。特に少額の過払い金請求や裁判を必要としないケースであれば司法書士に相談することでコストを抑えた手続きをすることが可能です。

初めての過払い金請求で不安を抱えている人も、まずは一歩踏み出すことで支払い過ぎていた利息を取り戻すことができます。手続き内容や費用についてわからないことは司法書士や弁護士に相談しながら損をしない過払い金請求を目指しましょう。

ニッセンGEクレジットで過払い金が発生している条件

ニッセンGEクレジットのメイン事業ともいえるカタログショッピングは経営が安定していますが、一方でクレジットカードや融資事業はメイン事業に比べると厳しい状況が続いています。貸金業者に対するイメージや人々の金銭感覚の変化などによって貸金業の景気は以前より下降気味ではありますが、ニッセンGEクレジットの融資事業は運営を継続できているのが特徴です。

過払い金請求をするためには、まずは過払い金が発生しているかどうか知る必要があります。借入をしたときの金利がいくらであったかが大きなポイントです。ニッセンGEクレジットはグレーゾーン金利での貸付をおこなっていましたが、2007年に利息の見直しをしたため、それ以降は過払い金が発生していません。よって過払い金請求の対象となっているのは2007年以前に借入があった人ということになります。また、過払い金請求ができる条件としては時効を迎えていないことが必須です。たとえ支払い過ぎていた利息がたくさんあったとしても時効を迎えると回収することはできないので注意しましょう。実際に過去の取引に過払い金が発生していたのかわからない場合でも、司法書士や弁護士が依頼者に代わって調べることも可能です。

ニッセンGEクレジットの過払い金請求の最新の対応状況

過払い金請求をしたときの貸金業者の対応はさまざまです。誠実に対応してくれるところがほとんどですが、なかには手続きや交渉を引き延ばす業者も存在します。しかし、ニッセンGEクレジットは過払い金請求に対してしっかりと対応してくれるため安心です。どのように手続きを進めていくのかによって返還額は変わってくるので、自身の希望に合わせて方法を選びましょう。

まず、過払い金の返還額が最も高くなるのが裁判による解決方法です。裁判をして返還額を決定する場合、100%に近い返還率が期待できます。また、過払い金に対する利息も支払ってもらうことができるのでさらに手もとに入る金額が増える点も大きなメリットです。裁判をせずに交渉のみで手続きをするとなると裁判時よりも返還額は少なくなるのが一般的ですが、それでも個人で手続きをするよりも短期間でしっかりと返還額を受け取ることができます。その際の返還率はおよそ70%~80%を提示されるケースが多く見られます。

これまで過払い金請求に対して誠実な態度で応じてきたニッセンGEクレジットですが、手続きのタイミングや業者の状況によって今後対応状況が変化することも十分に考えられます。「セブン&アイ・ホールディングス」の子会社であるため倒産のリスクは低いものの、常に貸金業者の経営状態は確認しておくことが大切です。また、経営状況はもちろんのこと時効が迫っていないかの確認も忘れてはいけません。

返済中・完済している場合のメリットとデメリット

借入をすでに完済している場合と返済中の場合では過払い金請求でのメリットとデメリットが変わってきます。ニッセンGEクレジットに過払い金請求をする前に、まずはそれぞれのメリットとデメリットをしっかりと確認しておきましょう。

完済している場合のメリット・デメリット

メリット
払い過ぎた利息が戻ってくる
新たな借入をしなくてすむ
デメリット
ニッセンGEクレジットから借りられなくなる

すでに完済しているのであれば過払い金請求をすることで払い過ぎた利息をスムーズに取り戻すことができます。お金に困っている状況でも返還されたお金があれば再び新たな借入をしなくて済むのも大きなメリットです。

ただし、ニッセンGEクレジットに対して過払い金請求をした場合、請求先となるニッセンGEクレジットから借入ができなくなってしまうデメリットもあります。ほかの貸金業者であれば借入ができるので大きなデメリットとはならないでしょう。

返済中の場合のメリット・デメリット

メリット
借入している借金が減る
払い過ぎた利息が戻ってくる
デメリット
ニッセンGEクレジットから借りられなくなる
ブラックリストにのる

返済中の借金に過払い金が発生していた場合、過払い金を返済に充てることで借金自体を減らすことができます。過払い金が借金より多く、完済することができれば残りの返還額は手もとに入るため、残っている借金が少ない人にとって大きなメリットとなるでしょう。しかし、過払い金が借金より少なく、借金が残れば貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理となり、ブラックリストにのってしまうため注意が必要です。

ブラックリストにのると約5年間は住宅ローンや、新たな借入、クレジットカードの新規契約の審査が通らなくなります。そのため、手続きをする前に過払い金の額と借入状況をしっかりと確認しておく必要があります。

ニッセンGEクレジットの手続きの流れと返還されるまでの期間

ニッセンGEクレジットへの過払い金請求は、まず過払い金がどのくらい発生しているのかを明確にするためには取引履歴が必要です。取引履歴とは貸金業者が利用者の借入状況を記した書類で、開示請求をすれば簡単に取り寄せることができます。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付や返済額や日付をもとに引き直し計算をおこない、過払い金額の算出をしていきます。引き直し計算とは正しい利率で計算し直した利息を返済に充てながら過払い金の有無を調べる方法です。複数の業者から借入がある場合や取引が長期化していた場合は計算に時間がかかることもあります。自身で手続きをしようとする人の多くが引き直し計算で挫折してしまいがちです。過払い金が算出されたらあとは貸金業者との交渉、または裁判によって手続きを進めることになります。

裁判をするか否かによって返還額はもちろん返還されるまでの期間も大きく変わってきます。裁判や訴訟を起こすことで100%に近い返還額を受け取ることができますが、返還までの期間が5ヶ月~1年ほどかかってしまうので、スピーディーな解決を望むのであれば貸金業者との交渉で解決するのがおすすめです。その場合は2ヶ月~4ヶ月で過払い金を手にすることができます

期間にこだわらずに確実に過払い金を回収するのであれば、裁判や訴訟によって手続きを進めると良いでしょう。どちらの方法を選んでも司法書士や弁護士が書類の準備や手続きに必要な対応をしっかりとおこなうので安心して任せることができます。費用の問題や時効が迫っているなどの理由で自ら手続きを試みる人も少なくありませんが、専門知識がない状態で貸金業者と交渉をおこなっても納得のいく結果を得ることはむずかしいものです。困っているときほど司法書士や弁護士に相談しながらベストな方法を選択する必要があります。

また、司法書士や弁護士が介入することで借金の督促を止めることができるので、一度冷静な判断をするためにも司法書士や弁護士のサポートを受けるのがおすすめです。個人で手続きをしても督促は止められないので、取り立てに悩んでいる人や返済が困難な状況にある人はまずは司法書士や弁護士に話を聞いてもらうと良いでしょう。

裁判や訴訟をしない場合でも半年ほどで過払い金を手にできる可能性があるので、現在の状況を少しでも変えたいのであれば自らアクションを起こす必要があります。借入状況がわかる書類がなくても貸金業者の名前さえわかれば過払い金請求手続きをすることができるので、過去の取引に関する書類を紛失した場合でもお気軽に相談しましょう。返還額や返還されるまでの期間は依頼者の状況によって大きく変わってきますが、どのような方法で手続きを進めるべきかをこれまでの実績をもとに検討していきます。満足のいく結果を得るためには専門知識が豊富な司法書士や弁護士と一緒に過払い金請求をすることがポイントです。そのためにも、これまでの過払い金請求での実績や費用額を参考にしながら自分に合った司法書士や弁護士を見つける必要があります。

ニッセンGEクレジットでの過払い金を計算する方法

過払い金を計算するためには貸金業者から取り寄せた取引履歴が必要です。履歴に記載されている情報をもとに取引を正しい利率に当てはめて計算していきます。電卓や帳面で計算していくことも可能ですが、時間がかかってしまうだけでなくミスも起こりやすいので便利な過払い金計算ソフトを利用するのがおすすめです。無料ソフトインターネット上で公開されているので、利用することで時間短縮をしながら正確に過払い金を計算することができます。

計算ソフトは借入や返済があった日付や取引金額をすべて入力すれば、あとは自動的に過払い金の計算をしてくれるのが特徴です。入力の途中で残っている元金や過払い利息残額がマイナスになれば過払い金が発生していることを示します。取引内容をすべて入力して最終的に残った元金と過払い利息残額を足したものが過払い金請求の対象です。計算ミスなどが心配な人や計算方法がむずかしいと感じる人は司法書士や弁護士に依頼するのがおすすめです。

ニッセンGEクレジットの過払い金請求を自分でやる方法と注意点

自分でニッセンGEクレジットの過払い金請求をするのであれば、手続きの流れや注意点を良く理解すること重要です。自分で手続きをするとなると貸金業者とのやり取りもすべてやらなければなりません。だからこそ専門知識がないと判断されて損をすることがないように慎重に進めることが大切です。

はじめにやらなければならないのが取引履歴の開示請求ですが、貸金業者によって取り寄せ方が異なります。ニッセンGEクレジットの場合は電話での請求が可能ですが本人確認が必要です。2週間程度で手元に取引履歴が届くので、あとは無料計算ソフトを利用するなどしながら引き直し計算をおこないましょう。ニッセンGEクレジット以外の業者に対する手続きも同時におこなうのであれば、それぞれに取引履歴の開示を求めたり引き直し計算をしたりすることになります。

計算書が完成したら貸金業者に対して過払い金請求をすることが可能です。貸金業者からの連絡を待って和解交渉を進めていきますが、希望する返還額で話がまとまらないときは途中から司法書士や弁護士に依頼することもできます。実際に自身で手続きを進めていたものの和解交渉がスムーズに行かずに悩んでいる人も多く、最終的に希望額よりも低い返還額で妥協してしまうケースも少なくありません。本来手にできるはずの過払い金なのに十分に返還されないのでは損をしてしまいます。少しでも不安を感じる場合は司法書士や弁護士に相談してみましょう。自身で手続きをする場合、手続き開始から返金があるまでの期間は半年から1年以上かかるのが一般的です。引き直し計算にかかる時間や交渉期間によってさらに長くなることも十分に考えられます。

また、借金を返済中で過払い金が発生していた場合、貸金業者にゼロ和解を提案される可能性があります。ゼロ和解とは、返済中の借金をゼロ円にするかわりに、過払い金請求をしないという内容です。一見、手続きも省かれ、借金もなくなることから好条件に思えますが、ゼロ和解が提案される場合、過払い金が多く発生している可能性があります。安易に和解せず、まずは取引履歴を取り寄せて過払い金の計算をおこないましょう。

自分で過払い金請求をすることで得られるメリットには、司法書士や弁護士に依頼する費用がかからない点が挙げられます。和解交渉さえ上手くいけば着手金や成功報酬がかからないのでコストを抑えた手続きが可能です。一方で、貸金業者との交渉がむずかしいことや書類準備に時間や手間がかかるといったデメリットもあります。万が一裁判に発展すれば出廷や資料作成などやらなければならないことはさらに増えてしまうでしょう。かかる費用だけでなく、手間や時間、返ってくる過払い金の額など総合的に考えて、自分でするか司法書士や弁護士に依頼するかを決めましょう

ニッセンGEクレジットへの過払い金請求で当事務所が強い理由

ニッセンGEクレジットへの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所はたくさんあります。ニッセンGEクレジットは貸キャッシング、カードローンの大手の業者で、個人相手、司法書士や弁護士相手に交渉を重ねており、支払う過払い金を一円でも少なく、返還日を一日でも遅くするノウハウを持っています。

当事務所はニッセンGEクレジットを相手に多くの交渉実績をもっており、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで過払い金の回収金額で1位に選ばれるほどの実績をもっています。これは司法書士法人杉山事務所が毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、相談者様の悩みに対して真剣に責任をもって対応してきた結果だと自負しています。

ニッセンGEクレジットやその他の貸金業者からの過払い金返還額で1位

事務所のある都道府県および、その隣県からもご相談、ご依頼をいただいており、杉山事務所での対応に満足していただいた結果、口コミや、ご紹介によってご依頼いただくケースも多くあります。相談者様の要望にあわせて最適な解決方法を最善のスピードでご提供いたします。ニッセンGEクレジットの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所はたくさんありますが、その中でもトップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいております。

当事務所の対応可能エリア

大阪、名古屋、東京、福岡、広島、岡山、仙台、札幌の全国に8つの事務所がございます。該当の都道府県、市区町村だけでなく、主たる事務所である大阪事務所であれば大阪、和歌山、奈良、兵庫、京都、東京事務所であれば東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋事務所であれば愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重、福岡事務所であれば福岡、熊本、大分、佐賀、山口、広島事務所であれば広島、島根、愛媛、岡山事務所であれば岡山、鳥取、香川、徳島、仙台事務所であれば宮城、福島、山形、秋田、岩手、札幌事務所であれば北海道全域など隣県からもニッセンGEクレジットに対する過払い金請求の相談や依頼をいただいています。

ニッセンGEクレジットの過払い金請求の手続き費用・料金

ニッセンGEクレジットへの過払い金請求を考えているものの、司法書士や弁護士への依頼は費用がかかるのではないかと心配している人も多いと思います。自分で手続きをすることでコストを抑えることができますが、満足のいく返還額をスピーディーに回収するためには司法書士や弁護士に相談するのがおすすめです。

相談料がかからない事務所もあるので、費用を負担することに不安がある人でも安心して利用することができます。また、引き直し計算をして過払い金が発生していなかったと判明した場合でも費用がかからないところもあるので、自分の状況に合った事務所を選ぶのがポイントです。フリーダイヤルやお問い合わせフォームからの相談に対応しています。営業時間中ならすぐに悩みを聞いてもらうことができるので気軽に問い合わせてみましょう。

着手金 過払い金報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の
20%~(税抜)

相談者様の状況によって費用が変わります。相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

ニッセンGEクレジットの会社概要

「ニッセンサービス株式会社」とは貸金業者として貸付業・クレジットカード業・損害保険代理業など幅広い経営をおこなっている企業です。2000年10月から営業をスタートし、京都市中京区に構えるオフィスでは数多くの従業員が働いています。代表取締役社長は柳瀬重人氏、代表取締役社長は竹本理行氏となっています。資本金は40億5,000万円で2017年11月時点では「株式会社ニッセンGEクレジットホールディングス」と「株式会社新生銀行」の2社が50%ずつ株式を保有しているのが現状です。金銭の貸付やクレジットカードの発行などの融資事業に力を入れる一方で、情報提供サービスやさまざまなコンサルティング事業も手広くおこなっています。設立当時は「ニッセンGEクレジットホールディングス」と「GE(ゼネラル・エレクトリック)」が50%ずつの出資比率であったため社名は「ニッセンGEクレジット・ジー・イー・クレジット株式会社」でした。2016年に「ゼネラル・エレクトリック」が金融事業から撤退し現在の株式保有比率となり、2017年6月からは現在の社名に変更されています。

「ニッセンサービス株式会社」の親会社である「ニッセンGEクレジットホールディングス」は、通信販売業界の競争激化や人件費などさまざまなコストが増加したこともあり経営が傾きつつありました。しかし、2016年8月に「株式会社セブン&アイ・ネットメディア」と株式交換契約を締結して経営の継続を続けています。衣料品や日用品のインターネット販売事業を行う「ニッセンGEクレジット」、ギフト商品や生活用品の販売で知られる「シャディ株式会社」、顧客のニーズに合った仕入れや生産をサポートするロジティクス事業に力を入れている「スリーハート・コーポレーション株式会社」は「ニッセンGEクレジットホールディングス」のグループ会社のひとつです。また、株主である「株式会社新生銀行」では「新生銀行カードローン レイク」といった貸金業もおこなっています。

ニッセンGEクレジットの貸金事業では2016年に社名の変更が行われているため「ニッセンGEクレジット・ジー・イー・クレジット株式会社」からの借入に過払い金が発生している場合は、社名変更後の「ニッセンサービス株式会社」に対して手続きを行う必要があります。2007年以前に借入があった人や継続して取引を続けていた人は、過払い金が発生している可能性が高いと言えるでしょう。貸金業者が倒産している場合は過払い金を回収することができなくなってしまいますが、ニッセンGEクレジットに関してはバックグラウンドの経営状態も良好であるため今後も誠実に対応してくれることが予想されます。

ただし、経営状態が悪化すれば手続きがスムーズに行かなくなることも考えられるので、過払い金があるのであればできるだけ早めに手続きを進めておくことが大切です。社名変更によって請求先が無くなったと思って手続きを諦めている人もいますが「ニッセンサービス株式会社」に対して請求することができるので司法書士や弁護士に相談してみましょう。ただし、時効は取引終了後から10年であるため、時効が迫っている人は急いで請求する必要があります。ニッセンGEクレジットに対する過払い金請求を考えている人は司法書士や弁護士へ相談してみましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ