過払い金の引き直し計算を自分でする方法

「自分にいくら過払い金があるのか知りたい」
「過払い金ってどうやって計算するの?」

自分にどのくらい過払い金があるかわからない方や、過払い金の計算をしたいけど何をどうしたらいいかわからない方は多いと思います。

過払い金の計算は過払い金請求をするうえでとても重要です!
計算結果を間違えると返ってくるお金が少なかったり、貸金業者に過払い金請求を断られたりする可能性があります。

こちらでは過払い金の引き直し計算について、その仕組みや自分で計算する方法、計算するのに必要なものなど、引き直し計算における情報をたっぷりとお伝えしていきます。

過払い金の引き直し計算をするには、必要な書類を取り寄せるのですが、その際の注意事項などもご紹介します。
また、ケースによっては計算が複雑になるものもありますので、その場合は無理せず司法書士や弁護士などの専門家に計算を依頼することもご検討ください。

引き直し計算の仕組み

過払い金の計算をする「引き直し計算」は、高い金利で返済した借金を、正しい金利で返済した場合に計算し直す方法です。

高い金利は出資法の上限金利、正しい金利は利息制限法に則った金利で、以下のように上限金利が異なります。

出資法と利息制限法での利息の違い

借入額 出資法の上限金利 利息制限法の上限金利
10万未満 29.2% 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

貸金業者の中には、以前、上記の利息制限法ではなく高い金利になる出資法の上限金利で貸付を行っている会社がありました。
引き直し計算をすることで、正しい金利と高い金利の差額である過払い金を算出できます。

引き直し計算で自分の過払い金がいくらか確認した後、貸金業者に過払い金請求をすることになります。

過払い金が発生している条件

払いすぎた利息である過払い金ですが、借金があるすべての方に発生するわけではありません。
ここで必ず発生している条件を確認しておきましょう。

グレーゾーン金利
正しい金利である「利息制限法の上限金利」以上、高い金利「出資法の上限金利」未満の金利のこと。

引き直し計算は、正しい金利で返済した場合に計算し直す方法ですから、そもそも正しい金利でお金を借りていた場合は計算する必要はなく、過払い金は発生しません

また、違法な金利設定をしていた貸金業者は、2007年頃から金利を改めていますので、それより前にお金を借りていた場合は、過払い金がある可能性が高いといえます。

過払い金が高額になる方

とくに以下のような場合は、過払い金が高額になる可能性があります。

ひとつの貸金業者の取引期間において、分断があるより分断なく一連の取引である方が、過払い金の額は大きくなります。
また、借金の額に比例して利息も増えるため、借金の額が大きいほど過払い金の額は大きくなります。

さらに、複数の貸金業者で過払い金が発生しいる場合は、すべてまとめると高額になる可能性があります。

過払い金の引き直し計算を自分でする方法

過払い金は以下のものを用意すれば、自分で計算することができます。

引き直し計算を自分でするために必要な3点

取引履歴を入手する方法

取引履歴とは、借入した時の金利・金額・日付や返済した時の金額・日付などが記載されている書類。
直接、貸金業者の窓口にいくか、電話や郵送、FAX、インターネットなどで取り寄せることができます。

取引履歴は、窓口に行けば最短で2時間ほど、電話や郵送、FAX、インターネットであれば2週間~2ヵ月程度で入手できます。

取引履歴を請求すると1,000円ほどの手数料がかかる貸金業者もあるので、事前に手数料がかかるか聞いておくとよいでしょう。

貸金業者に連絡すると、「脅されるのでは?」と心配になる方もいると思いますが、過去に最高裁判所で、取引履歴の開示義務の判決がでているので、スムーズに対応してくれます。ご安心ください。

過払い金計算ソフトとは?

過払い金計算ソフトとは、インターネット上で公開されている過払い金を計算するツールのことです。

無料の過払い金計算ソフトがいくつか公開されていますので、1つをダウンロードして使います。

下記で、主な過払い金の無料計算ソフトを紹介しますので、各ソフトのサイトにある説明をご確認のうえご利用ください。

TDONの引き直し計算ソフト インストールして7日間は無料。無料期間中は「印刷」と「返還請求書作成」機能が使えない。
無料期間後シリアルナンバー(税別3,000円)を購入すると試用期限が解除される。以後無期限。
名古屋消費者信用問題研究会 名古屋消費者信用問題研究会の引き直し計算ソフト「名古屋式」は無料で使用期限なし。
取引日・借入額・返済額を入力すると利息が自動で計算され、過払い金の発生額がわかる。
アドリテム司法書士法人 アドリテム司法書士法人の引き直し計算ソフト「外山式」は無料で使用期限なし。
取引日・借入額・返済額をデータ入力シートに入力して、転記ボタンを押すと利息が自動で計算され、計算書シートに結果が表示される。

過払い金には時効があり、最終の取引日から10年過ぎると専門家でも取り返すことはできません
自分で過払い金計算をしている間に時効が成立してしまう可能性がある方は、杉山事務所にご相談ください。無料で過払い金を診断いたします。

引き直し計算を自分でする時の注意点

過払い金の計算をする際にはいくつか注意点があります。
自分で過払い金を計算する場合は以下の点に気を付けてください。

取引履歴を取り寄せるのに時間がかかる

貸金業者によっては、司法書士や弁護士からの依頼を優先して、個人からの依頼を後回しにすることがあり、取引履歴が手に入るまでに時間がかかる場合があります。

取引履歴の使用目的を聞かれ時の答え方

貸金業者から取引履歴を取り寄せる際に、使用目的を聞かれることがありますが
「過払い金請求をするため」
と答えないようにしてください。

最悪の場合、貸金業者に「利息を過払い金とわかったうえで返済を続けていた」と主張されて、1円も過払い金が取り返せなくなります。

使用目的を聞かれた場合は 「すべての取引を確認したい」 などと答えましょう。

正しく過払い金の計算をすること

過払い金の計算を間違えたまま少ない金額で過払い金請求をしても、貸金業から誤りを指摘されることはありません。
過払い金が少なければ貸金業者が支払うお金も少なくなるためです。

逆に貸金業者に本来の過払い金より多く請求すると、過払い金が間違っていることで貸金業者に過払い金請求を断られる可能性があります。
そのため、過払い金の引き直し計算は正確に行う必要があります。

過払い金の引き直し計算は、あなたが過払い金請求で損をするか得をするかが決まる重要なポイントです。計算する際は間違えないでください。

無料の過払い金計算サイトはあくまで目安

インターネット上には、借入金額と返済年数を入力するだけで過払い金が簡単にわかるページが多く公開されています。

しかし、貸金業者によって利率が変わったり、利息を改めた日が違ったりするので、借入金額と返済年数だけでは正確な過払い金はわかりません。

無料の過払い金計算サイトの数字はあくまで目安です。

参考程度にとどめて、
過払い金の引き直し計算を自分でする方法
で説明した通りに自分で計算するか、司法書士や弁護士に依頼しましょう。

専門家の引き直し計算代行サービスを使った方が良いケース

過払い金の計算は自分で行うことも可能ですが、とくに以下のようなケースは専門家に相談した方がスムーズです。

借入と完済を繰り返しているケース

同じ貸金業者から借入と完済を繰り返していると過払い金の計算がむずかしくなります。

過払い金請求は最後に取引した日から10年が経過すると、時効期限をむかえて手続きができなくなりますが、同じ契約番号の取引で、1度目の借入を完済してから、次の借入までに空白期間がある場合、以下によって時効の判断が変わることがあるのです。

借入と完済を繰り返している場合の時効の判断については
請求先の貸金業者で借入と完済を繰り返している場合の時効
にて詳しくお話ししています。

借入と完済を繰り返している場合の時効の判断は過払い金請求の裁判で争点となるほどむずかしいものです。
同じ貸金業者から借入と完済を繰り返している方は、自分で判断しないで司法書士や弁護士に相談しましょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケース

なかには、一定期間を過ぎた取引履歴を処分している貸金業者があります。

取引履歴は過払い金の計算をするのに必要ですが、処分されている場合は推定計算で過払い金の額を確認します。

推定計算とは
取引履歴が貸金業者によって処分されて履歴が不完全である場合、履歴がない取引を通帳の引き落とし履歴や、公開されている部分の取引履歴から推測して過払い金を計算する方法。

推定計算は非常にむずかしいため、取引履歴が処分されている可能性がある貸金業者から借入をしていた方は、自分で過払い金の計算をするのではなく司法書士や弁護士に相談するのが得策です。

取引履歴が処分されている可能性がある貸金業者

上記以外にも、取引履歴が処分されている可能性がある貸金業者があります。

それぞれの貸金業者ごとに消費者金融・信販会社ごとの過払い金の返還率と返還される期間の目安を説明しています。

借金返済に遅延や延滞があるケース

返済に遅れたり延滞したことがある場合は、引き直し計算において、利息制限法の上限金利の最大1.46倍になる遅延損害金利率で計算するべきだと主張されることがあります。

消費者金融などの貸金業者でお金を借りると、返済期日が設けられます。この期日が到来するまでは返済義務がないことを「期限の利益」といいます。

しかし遅延すると、「期限の利益の喪失」になり遅延損害金利率の適用が認められているため、遅延損害金利率で引き直し計算すべきだと主張されることがあるのです。

しかし、この主張は司法書士や弁護士などに依頼すれば、退けられる可能性があります。

「過払い金の計算するだけでもお金がかかるのでは?」
そう思って、司法書士や弁護士に相談するのを迷っている方もいるのではないでしょうか。
過払い金の調査や計算を無料でおこなう事務所もあるので気軽に問い合わせてみましょう。

引き直し計算を自分でやるのと代行の違い

過払い金の引き直し計算は、自分でおこなうこともできますが専門家に依頼することも可能です。
そこで、それぞれのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリットとデメリット

メリット デメリット
自分で計算 無料の過払い金計算ソフトを使えばお金がかからない 引き直し計算ミスに気づくことができない(過払い金の額が少なくなる可能性あり)
専門家が代行 正確な過払い金額がわかるうえに、手間がかからない 代行先によってはお金がかかり、どこにするか選ぶのが面倒

引き直し計算を評判の事務所に依頼する方法

インターネットで検索すると、多くの引き直し計算の代行サービスを見つけることができます。

引き直し計算後は、過払い金請求をして過払い金を返還してもらうことになるので、過払い金請求の実績がある事務所を選ぶとよいでしょう。
過払い金請求を何件取り扱ってきたかや、どのくらいの過払い金を取り戻したかなどの実績は、司法書士や弁護士の公式の事務所ホームページで確認できます。

なお、事務所を選ぶ際には、口コミサイトやランキングサイトの情報だけに惑わされないようにしましょう。

過払い金の引き直し計算は杉山事務所

過払い金を自分で計算した場合、それが正しい結果なのかわかりません。それ以前に取引履歴を取り寄せられない方も多くいらしゃいます。

過払い金請求で損をしないためには、過払い金請求を得意な司法書士や弁護士に相談して、スピーディかつ正確に過払い金の額を計算してもらうことです。

司法書士法人杉山事務所では、取引履歴のお取り寄せから、過払い金の調査・計算まで一貫してご相談者様のサポートをおこなっており 、毎月、多くの過払い金の計算をしているため、実績も豊富にありますのでお気軽にお問い合わせください。

引き直し計算後に過払い金を取り戻すのが過払い金請求

過払い金請求とは、引き直し計算でわかった過払い金を貸金業者に請求することです。
自分で過払い金請求することもできますし、司法書士や弁護士などの専門家に依頼することも可能です。

自分でやる場合でも依頼する場合でも過払い金請求の流れは変わりません。

過払い金請求の手続きの流れ

なお、完済後でもクレジットカードのキャッシングでも過払い金請求することができます

杉山事務所の過払い金請求の手続き費用・料金

着手金 過払い金報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の
20%~(税抜)

※相談者様の状況によって費用が変わります。ご相談時に相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは、過払い金請求した貸金業者から借りられなくなることです。

また、返済中に過払い金請求する場合は、引き直し計算で算出した過払い金の額より、残りの借金額が大きい場合はブラックリストにのります

ブラックリストにのりたくない場合は、杉山事務所にご相談ください。
ご相談者ごとにデメリット・メリットは変わりますので、状況をお伺いしたうえで現状よりも負担が軽くなる解決策をご提案します。

過払い金請求の注意点

過払い金には、10年という時効があります。
最終取引日より10年が過ぎると時効が成立しますので、その前に過払い金請求しなければなりません。

「いまは借金していないけど、過去にお金を借りていた」
という方は、杉山事務所にご連絡ください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top