JCBの過払い金請求に強い法務事務所【司法書士法人杉山事務所】

JCBの過払い金請求

JCBの過払い金請求で選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間3,000件以上

    JCBとの交渉力とノウハウをたくさん蓄積

  • 過払い金請求総額が毎月5億円以上

    JCBやその他の多くの貸金業者で実績

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週間ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額が1位

  • 初期費用(着手金)が0円

    安心明確な費用で戻ってきた過払い金の成功報酬のみ

  • 無料で出張相談もOK

    ご相談、初期費用だけでなく出張相談も無料

杉山一穂

司法書士法人杉山事務所
  • 0120066018
  • 0120065039
  • 0120068027
  • 0120069034
  • 0120067009
  • 0120070146
  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ

JCBに

結論から申し上げるとJCBで過払い金がある可能性があります

現在、日本においては唯一の国際ペイメントブランドで、日本国内ではトップクラスの加盟店数を誇っているJCBカード。1981年に国際展開をスタートし、現在もアジア地域を中心に海外のパートナーとJCBカードの発行を広めています。そんなJCBカードは過去に27%超えの利息で貸し付けをおこなっていたため、利息制限法の上限金利(以下、法定利息)を超える利息分は払い過ぎていた状態なので、JCBカードに払い過ぎていた利息を取り戻すことができます。

JCBの過払い金請求の最新の対応状況

JCBへの過払い金請求においては、いくつか確認するべき注意点があります。まず、支払い方法についてです。支払いがリボルビング払いでを選択していた選択には、利率は18%の設定でしたので過払い金は発生しません。一括支払いであった場合は過払い金が発生している可能性があります。

次に、クレジットカードの発行元です。JCBカードには株式会社ジェイシービーが発行しているカードと、JCBブランドの信販会社が発行したカードがあります。JCBブランドの信販会社が発行したカードの場合、過払い金の請求先はそれぞれの信販会社への過払い金請求となります。三菱UFJニコス、クレディセゾン、イオンクレジットサービス、オリエントコーポレーション、セディナなどはそれぞれの信販会社へ請求することになります。このページの情報は、JCB本体の対応情報となっていますので、ご注意ください。

過払い金返還される金額や返還される期間は方法によって異なりますが、裁判・訴訟の場合は発生した過払い金の80%~100%で2ヶ月~となります。ただし、JCBカードから返還される金額や返還される期間は過払い金請求する時期や依頼者様の状況によっても大きく違ってきます。

JCBで過払い金の対象となるのはキャッシング分のみとなります。ショッピング分でのご利用は過払い金の対象外となりますので注意が必要です。ショッピング枠での残債がある場合は相殺されます。相殺してもなお過払い金がある場合は請求できるということになります。ただし、その場合はブラックリストにのることや、過払い金請求をすることでJCBが利用できなくなるので注意が必要です。

残念ながらJCBと契約しているすべての方が過払い金が発生しているわけではありません。上述のとおりショッピング枠での利用は過払い金の対象外となりますし、2007年以前に契約されていた方が対象となります。ただし、利息の変更前に契約していた方は途中で法定利息に変更されている場合、利息が変更になる前に返済していた分は過払い金の対象となります。

昨今では大手司法書士、弁護士事務所がテレビCMやラジオで大々的にうたっているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、過払い金は最後の取引時(完済時)から10年が有効期限となるので、過去にJCBカードに借入をしていた方は、完済後10年以内が対象となります。JCBカードと現在でも返済中の方であれば、前回の返済時点が最後の取引となるので期限は気にしないでも問題ありません。

JCBに過払い金請求する方法は、取引履歴を取り寄せ、過払い金の引き直し計算をおこない、裁判・訴訟または、裁判・訴訟せずに交渉して過払い金を取り戻すことができます。JCBカードとの取引の明細がお手元にない場合でも当事務所から取引履歴を取り寄せることができます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

JCBへの過払い金請求で当事務所が強い理由

JCBへの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所は非常に多くあります。

杉山事務所はこれまで多くの交渉実績をもっており、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで過払い金の回収金額で1位に選ばれるほどの実績をもっております。これは当事務所が過払い金があってから全国7事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績やノウハウ、JCBカードとの交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積して結果だと自負しております。

JCBやその他の貸金業者からの過払い金返還額で1位

また、全国にある7事務所および、その隣県からもご相談、ご依頼をいただいており、ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くいただいております。事務所があります都道府県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。JCBカードの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所は非常に多くありますが、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

当事務所の対応可能エリア

大阪、名古屋、東京、福岡、広島、岡山、仙台の全国に7つの事務所がございます。該当の都道府県、市区町村だけでなく、主たる事務所である大阪事務所であれば大阪、和歌山、奈良、兵庫、京都、東京事務所であれば東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋事務所であれば愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重、福岡事務所であれば福岡、熊本、大分、佐賀、山口、広島事務所であれば広島、島根、愛媛、岡山事務所であれば岡山、鳥取、香川、徳島、仙台事務所であれば宮城、福島、山形、秋田、岩手など隣県からもJCBカードに対する過払い金請求に関するご相談やご依頼をいただいております。

JCBの過払い金請求の手続き費用・料金

JCBカードでお金を借入して方や今現在もお困りの方の場合は、お金のご負担を気にされている方も多くいらっしゃいますが、当事務所では、過払い金請求のご相談や初期費用を無料でおこなっておりますので、費用は気にせずにご相談ください。また、ご依頼いただいても過払い金が発生しなかった場合の費用はいただいておりませんのでご安心ください。

ご相談される場合は、下記のフリーダイヤルよりお近くの事務所にご連絡いただきますか、お問い合わせフォームよりごお困りの内容をお送りください。営業時間中であれば、すぐにご相談者様のお悩みをお伺いする体制を整えております。

着手金 過払い金報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の
20%~(税抜)
任意整理 無料

相談者様の状況によって費用が変わります。相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

JCBの会社概要

株式会社ジェーシービー(英語: JCB Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社である。国際ブランド(JCBブランド)運営・イシュイング(カード発行)・アクワイアリング(加盟店契約保有)等を行っている。

MasterCardのプリンシパルメンバーでもあり、クレジットカード「JCBカードマスターカード」を発行している。2014年2月現在、マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者である。

日本のクレジットカードの草分け的存在で、日本唯一の国際カードブランド、世界シェアは5位である。

企業理念は「JCBカードは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」とある。

日本の汎用クレジットカード業界では最大手であり、2013年3月末現在で、会員数は約8000万人(内約1500万人が日本国外発行のカード)、加盟店は世界190の国と地域で約2300万店である。既存の国際ブランドに加わるという形態でなく、日本国内の他のクレジットカード会社と異なり、自身が国際ブランドを運営・世界展開しているという日本のカードを代表する企業である。

社名は前身の「日本クレジットビューロー」 (Japan Credit Bureau) の頭文字から、JCBブランドマークの青・赤・緑は、設立に関わった当時の旧東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行 : 青)・旧日本信販(現三菱UFJニコス : 赤)・旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行 : 緑)三社のコーポレートカラーを採ったものであった。

歴代社長は、旧三和銀行から副頭取クラスが代々派遣されており(現社長の浜川も旧三和銀行出身で三菱東京UFJ銀行副頭取を経ての就任)、2004年に日本信販がUFJ銀行の連結子会社となったことで設立母体はいずれもUFJグループを経て三菱UFJフィナンシャル・グループとなっている。但し、みどり会の会員企業であり三和グループに属しているため2005年にUFJホールディングスを吸収した旧三菱東京FG側とはカード事業や人的面での交流は行われておらず関わりが無い。なお、ジェーシービーグループあるいはその母体会社の多くは当社へ出資をしており、メガバンク再編の影響で三井住友銀行やかつてはりそな銀行も大株主となっている。

2007年6月1日からは、1968年以来長年親しまれてきたエンブレムのデザインを39年ぶりに変更し、従来のトリコロールデザインを踏襲しながらも新しいデザインになっている。この変更時に、青は「責任感」、赤は「活力感」、緑は「親近感」をそれぞれ表現しているものであると新たに定義づけがなされた。2013年8月1日からはカードデザイン上のエンブレムのトリコロールをモノトーンとしたものを追加した。

2015年6月からのブランドメッセージは『世界にひとつ。あなたにひとつ。』(日本国内向け)・『Uniquely Yours』(国外向け)。

元より、誕生当初から国際ブランドであった訳ではなく、初代社長河村良介(のち、会長、相談役)、2代目社長朝長正軌の意向を受けた、1980年代初めからの、第3代目社長谷村隆、4代目社長池内正昭、国際部門担当専務村田和直などによる、積極的なグローバル展開により、世界6大クレジットカードブランドのひとつとしての地歩を確立した。中国銀聯が国際市場に進出するまで、長らく米国系以外で唯一とも言える国際ブランドであった。また、日本国産ということから「サムライカード」という呼称が現れ、2000年代後半からは当社の入社案内資料の社史においても公式に使われている。

ジェイシービー Wikipedia

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ