アコムの過払い金請求に強い法務事務所【司法書士法人杉山事務所】

アコムの過払い金請求

アコムの過払い金請求で選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間3,000件以上

    アコムとの交渉力とノウハウをたくさん蓄積

  • 過払い金請求総額が毎月5億円以上

    アコムやその他の多くの貸金業者で実績

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週間ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額が1位

  • 初期費用(着手金)が0円

    安心明確な費用で戻ってきた過払い金の成功報酬のみ

  • 無料で出張相談もOK

    ご相談、初期費用だけでなく出張相談も無料

杉山一穂

永作博美さんを起用して「はじめてのアコム」をキャッチフレーズに大々的にテレビCMを展開している消費者金融の最大手であるアコム。

アコムとアコムに吸収合併された東京三菱キャッシュワン(後のDCキャッシュワン)などの貸金業者の上限金利は29.2%でしたが、現在では上限金利が20%と法律で決められて、過去に借入をしていた分の払われ過ぎていた利息である過払い金を利用者に返還しないといけなくなりました。

過去に借入をしていた方、現在も借入をしている方はアコムで過払い金がある可能性がありますが、アコムにたった一度しかできない過払い金請求。

過払い金の請求をアコムにしても過払い金の全額が返還されるのではなく、すぐに返還されるわけでもありません。方法や状況によって過払い金が返還される金額(返還率)、返還されるまでの期間が違います。また、メリットだけでなく、デメリットもあるので、方法や借入状況によってアコムがどんな対応してきて、どんな対応をすればいいかを理解して、一日でも早く、一円でも多く過払い金を取り戻しましょう。

アコムの過払い金請求

アコムで過払い金が発生している条件

残念ながらアコムと契約しているすべての方が過払い金が発生しているわけではありません。アコムで過払い金の対象となるのはキャッシング分のみとなります。また、アコムはマスターカードがライセンスを与えている日本国内で唯一の消費者金融でクレジットカード「アコムマスターカード」を発行していますが、クレジットカードのショッピング分は過払い金の対象外です。

過払い金が発生している条件は貸金業者ごとに違いますが、アコムの場合は2007年6月18日から業界に先駆けて上限金利を20%に変更しているので、それ以前に契約していた方が対象となります。上限金利の変更前に契約していた方で途中で上限金利が20%の利息に変更されている場合でも利息が変更になる前に返済していた分は過払い金の対象となります。

冒頭でも説明した通りアコムはDCキャッシュワン(旧株式会社東京三菱キャッシュワン)を2009年に傘化にいれたためDCキャッシュワンでの借入も過払い金の対象となります。また、三菱東京UFJフィナンシャルグループであるため経営が安定しているので、同じ消費者金融である武富士のように倒産して過払い金がまったく回収できないリスクはありません。

アコムの過払い金請求の最新の対応状況

過払い金請求をする方法はアコムから提示された金額に納得いかない場合に裁判・訴訟するか、交渉だけの方法があります。

返還される金額は裁判・訴訟の場合は発生した過払い金の80%~100%+利息、交渉の場合は50%~100%と方法によって変わります。ただし、返還される金額は過払い金請求する時期や状況によって大きく違ってきます。

最近では大手の司法書士、弁護士事務所がテレビCMやラジオCMで大々的にうたっているのでご存知の方も多いかもしれませんが、過去にアコムから借入をしていた場合、借入の残高が0円になる返済(完済)の時が最後の取引で最後の取引から10年が期限です。

10年を過ぎると過払い金の返還請求をアコムにする権利がなくなって(消滅時効)、払い過ぎていた利息を取り戻すことができなくなります。ただし、現在もアコムから借入をしている方は過払い金をいつでも返還請求をすることができるのでご安心ください。

また、多くの方が最後に取引した日を忘れているので、最後の取引がいつなのかわからない場合は当事務所でお調べすることができます。

返済中・完済してる場合のメリットとデメリット

過払い金請求の最大のメリットは払い過ぎた利息が戻ってくることです。

ただし、過去にアコムから借入していた場合、現在もアコムから借入いている場合などの状況によってメリットだけでなく、過払い金請求したことによるデメリットがあるので注意が必要です。

完済している場合のメリット・デメリット

メリット
払い過ぎた利息が戻ってくる
新たな借入をしなくてすむ
デメリット
アコムから借りられなくなる

アコムに借入をしていて現在は完済している場合、アコムに過払い金請求を最大のメリットは当然、払い過ぎた利息が戻ってくることですが、戻ってきた過払い金によって本来、借入が必要だったにも関わらず新たな借入をしなくてすむという2つのメリットがあります。

貸金業者にもよって対応が違いますが、アコムから追加での借入ができなくなり、お金を借りなければならない状況の時に借入ができなくなるデメリットがありますが、アコム以外の貸金業者からは借入をすることができるので問題はありません。

返済中の場合のメリット・デメリット

メリット
借入している借金が減る
払い過ぎた利息が戻ってくる
デメリット
アコムから借りられなくなる
ブラックリストにのる

アコムに現在も借入をしていて返済中の場合、アコムに過払い金請求を最大のメリットは当然、戻ってきた過払い金によって借入している借金が減ることですが、過払い金の金額によっては借金が減るだけでなく払い過ぎていた利息が戻ってくることがあります。また、戻ってきた過払い金によって本来、借入が必要だったにも関わらず新たな借入をしなくてすむという2つのメリットがあります。

貸金業者にもよって対応が違いますが、アコムから借入ができなくなり、お金を借りなければならない状況の時に追加での借入ができなくなるデメリットがあります。

また、戻ってきた過払い金が借入している金額より少なくて残額が残ってしまった場合やアコムのショッピング枠で借入している残高があるときに過払い金請求するとショッピング枠への相殺となるため残額が残ってしまった場合、信用情報機関に登録(ブラックリストにのる)されてしまい、他の貸金業者からも借入ができなくなる、クレジットカードの審査に落ちる、クレジットカードがつかえなくなることがあります。

アコムの手続きの流れと返還されるまでの期間

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼する場合はすべての手続きを専門家がおこなうので気にしないのでいいのですが、アコムに過払い金請求する方法は、取引履歴を取り寄せ、過払い金の引き直し計算をおこない、裁判・訴訟または、裁判・訴訟せずにアコムと交渉して過払い金を取り戻すことができます。

アコムとの取引の明細がお手元にない場合でも当事務所からアコムに取引履歴を取り寄せることができます。

返還されるまでの期間は裁判・訴訟の場合は3ヶ月~、交渉の場合は1ヶ月~と方法によって異なります。ただし、アコムに過払い金請求をしてお金が返還されるまでの期間は過払い金請求する時期や依頼者様の状況によって大きく違ってきます。

アコムへの過払い金請求で当事務所が強い理由

アコムへの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所は非常に多くあります。特にアコムは武富士が過払い金が経営が圧迫したことにより倒産した後に消費者金融といわれるキャッシング、カードローンの最大手の業者で、三菱東京UFJフィナンシャルグループの連結子会社で、2008年より三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』の保証業務もおこなっている大手消費者金融です。

会社規模が大きくきちんとした管理がなされており、過払い金が発生してから個人で過払い金請求してくる方、司法書士や弁護士を代理人として過払い金請求してくる方を相手に交渉を重ねており、一円でも少なく、一日でも遅く交渉を遅らせてきたりするなどのノウハウを多く持っております。

杉山事務所はこれまでアコムと多くの過払い金請求の実績があり日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで過払い金の回収金額で1位に選ばれました。これは当事務所が過払い金があってから全国7つの事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績、アコムとの交渉力、そのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

アコムやその他の貸金業者からの過払い金返還額で1位

また、全国にある7つ事務所および、その隣県からもご相談、ご依頼をいただいており、ご依頼者様より当事務所での対応にご満足いただき、その依頼者様から口コミや、ご紹介でご依頼いただくケースが非常に多いです。

事務所がある都道府県にお住まい、お勤めの方ごとに最適な提案を最善のスピードで提供して、アコムの過払い金請求ができる司法書士や弁護士などの法律事務所は非常に多くありますが、その中でもトップクラスの相談、依頼をいただいてます。

当事務所の対応可能エリア

大阪、名古屋、東京、福岡、広島、岡山、仙台の全国に7つの事務所がございます。該当の都道府県、市区町村だけでなく、主たる事務所である大阪事務所であれば大阪、和歌山、奈良、兵庫、京都、東京事務所であれば東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋事務所であれば愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重、福岡事務所であれば福岡、熊本、大分、佐賀、山口、広島事務所であれば広島、島根、愛媛、岡山事務所であれば岡山、鳥取、香川、徳島、仙台事務所であれば宮城、福島、山形、秋田、岩手など隣県からもアコムに対する過払い金請求の相談や依頼をいただいてます。

アコムの過払い金請求の手続き費用・料金

アコムでお金を借入して方や今現在もお困りの場合、お金の負担を気にされている方が多くいらっしゃいますが、当事務所では過払い金請求の相談や初期費用を無料でおこなっておりますので、費用は気にせずに相談ください。また、依頼いただいても過払い金が発生しなかった場合の費用はかかりませんのでご安心ください。

相談される場合は、下記のフリーダイヤルより近くの事務所に連絡するかか、お問い合わせフォームよりお困りの内容をお送りください。営業時間中であれば、すぐに相談者様の悩みをお伺いする体制を整えております。

着手金 過払い金報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の
20%~(税抜)
任意整理 無料

相談者様の状況によって費用が変わります。相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

アコムの会社概要

アコム株式会社(英字商号:ACOM Co., Ltd.)は、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する日本の貸金業者である。

MasterCardのプリンシパルメンバーでもあり、クレジットカード「アコムマスターカード」を発行している。2014年2月現在、マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者である。

社名のアコム(acom)は、Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字を纏めた造語である。

企業理念は「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」とある。

木下恭輔の実父・木下政雄(1910年(明治43年)明石市生まれ)が、神戸の呉服店で奉公した後、1936年(昭和11年)4月2日 神戸三宮に丸糸呉服店を創業した(木下政雄の個人事業)。1947年(昭和22年)ごろから質屋も始め、それが現在のアコムの前身である。その後、1978年(昭和53年)にアコムを設立した。なお、丸糸呉服店はマルイトとなり、現在はマルイト○○ビル称の大規模テナントビル・マンションの賃貸およびホテルモントレを核とする不動産事業を行っており、アコムの関連会社扱いとなっている。

かつては三菱信託銀行がメインバンクであり、その繋がりから東京三菱銀行並びに三菱信託銀行が傘下に入る三菱東京フィナンシャルグループと、アコム、ディーシーカード並びにジャックス(信販)の合弁で、銀行系の消費者金融 東京三菱キャッシュワン(後のDCキャッシュワン)を創業し、2002年(平成14年)より事業開始した。

2004年(平成16年)には三菱東京フィナンシャルグループと戦略的業務提携・資本提携を締結し、第三者割当増資によりMTFGの関連会社となり、東京三菱銀行の無担保ローン事業の信用保証業務の受託などのシナジーを挙げていたが、実際には2006年(平成18年)の三菱東京UFJ-VISA(一般)の保証業務をディーシーカードからDCキャッシュワンへの移管および、2008年(平成20年)のアコム保証による「三菱東京UFJ銀行のカードローン『バンクイック』」の発売まで実現を待つこととなる。また、キャッシュワンの債務超過解消のため、MTFGによる減資後増資にアコムは応じている。さらに2008年(平成20年)9月には、過払い金請求などに伴う貸倒引当金の大幅積み増しによる財務基盤の悪化を抑制するため、三菱UFJフィナンシャルグループが株式公開買い付けを実施。持株比率が40%となり、連結子会社化している。

2007年(平成19年)6月18日から業界に先駆け、12~18%の利息制限法内の利率にて営業している。この際、広告には「71年目のアコムです」と告知しているが、これは呉服店創業から数えてのものである。

2009年(平成21年)5月にMUFGの消費者金融事業の再編施策によりアコムはDCキャッシュワンを吸収合併し、同社の融資事業についても統合している。

アコム Wikipedia

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ