過払い金請求でトラブルになる悪徳ブラックな弁護士・司法書士に注意

払い過ぎた利息である過払い金を取り戻す過払い金請求。自分でおこなうこともできますが、貸金業者との交渉が困難であったり、家族に借金をしていたことがばれてしまうなどのリスクがあり、多くの方が弁護士や司法書士に依頼します。ただし、依頼する過払い金請求の件数が非常に多いので、残念ながら悪徳ないわゆるブラックな弁護士や司法書士、違法な業者がいるのも事実です。

インターネットで掲載されている事務所の評判・評価、口コミ、大手掲示板の2ch(2ちゃんねる)だけでどの事務所がいいのかを判断して、悪徳な事務所に相談、依頼しないように、過払い金に関するニュースや当事務所にご相談された方からお伺いしたよくある悪徳な手口をご紹介いたしますので、過払い金請求を依頼する事務所選びの一助になれば幸いです。

過払い金があるにも関わらず残債0で和解

借金を返済中に過払い金を借金の返済にあてたかった場合、借金を上回る過払い金があったにも関わらず、依頼者には過払い金によって借金がなくなりましたと伝え、返還されたお金を着服したケース。

借金の残債がなくなり満足してしまって、弁護士、司法書士が貸金業者とどのような条件で和解したのか確認しなかった場合に起きます。過払い金請求を依頼した場合には、貸金業者ごとにどのような条件で和解したのかを確認して、怪しいのであれば貸金業者との和解書を見せてもらうようにしてください

相談しただけなのにいつの間にか依頼したことに

過払い金請求をおこなう弁護士、司法書士は相談料が無料のところが多く、最近では過払い金があるかどうかを計算することも無料にしている事務所が多くあります。「過払い金ってむずかしくてよくわからない」、「いくら過払い金があるか知りたい」、「過払い金の計算のみとりあえずお願いしたい」場合には便利なのですが、相談のみ、過払い金の計算のみのだと思っていたら依頼したことになっていたケース。

弁護士、司法書士との面談時には、原則、書面やiPadなどの電子機器で契約が取り交わされます。契約内容をよく理解せずにサインしてしまうと、このようなケースに陥ってしまいます。契約書面だけでなく、面談時に取り交わす書面でも、よくわからないことがあれば弁護士、司法書士に理解できるまで質問してください。

また、最悪の場合として弁護士、司法書士が代理で取引履歴を請求した時点でブラックリストにのせる貸金業者もあります。過払い金の無料計算だけを依頼したつもりで、いつのまにかブラックリストにのってしまっていてクレジットカードがつかえなくなってしまうことがありますので、どこから正式な依頼になるのか、依頼した場合の過払い金請求のリスクと落とし穴デメリットをきちんと説明してもらうようにしましょう。

依頼してから案件を放置される

弁護士、司法書士に依頼をしたら案件を放置されていたケース。過払い金は通常、取引履歴を取り寄せて、貸金業者と交渉、場合によって訴訟、そして和解という流れで貸金業者ごとに和解までの期間は異なりますが、おおよそ数ヶ月の期間がかかります。

時間がかかるため、依頼した案件はどうなったのか気になって弁護士、司法書士に連絡をしてみたら、依頼した案件が放置されていた場合があるようです。依頼する際にもどのくらいのペースで進捗の連絡をもらえるのかなどをきちんと確認してください。また、気になったらいつでも自分の案件の進捗を確認してみてください。

説明不足な弁護士・司法書士事務所

悪徳とまではいかないかもしれませんが、過払い金請求することで生じるリスクをきちんと説明せずに依頼者が満足する結果にならないケース。

過払い金請求には借入状況などによりブラックリストにのってしまうことや、それ以前に弁護士や司法書士が代理で取引履歴を取り寄せた時点でブラックリストに入れられてしまうなどのリスクが生じます。これらのリスクを面談できちんと説明せずに依頼をしてせっかく過払い金を取り戻したとしても満足した結果は得られません。

依頼する際にはご自分の借入状況をきちんと伝えて、それに伴うリスクや相談した弁護士、司法書士に依頼するにあたってのデメリットなどを説明してもらうようにしてください。

もし悪徳弁護士・司法書士に依頼してしまったら

弁護士、司法書士を調べて、面談して、厳選した上でも、悪徳弁護士、司法書士に依頼してしまった場合には、文句を言ったところで言った言わないの砂かけ論になってしまうでしょう。また、専門的な言葉で言い返されて何も言い返すことができなくなってしまうかもしれません。そんな場合は直接、交渉してもラチがあかないので、依頼した事務所の代表者やその事務所の他の弁護士、司法書士に話すことも可能です。

また、本当に悪質な場合であれば警察に相談する必要がありますし、その弁護士、司法書士が所属している弁護士会、司法書士会に相談をして懲戒請求をすることもできます。懲戒請求をすることで該当の弁護士会、司法書士会の判断により除名、退会命令、業務停止、戒告が依頼した弁護士、司法書士に課せられます。

毎月3000件以上、実績10年以上で安心な過払い金請求の手続き

司法所法人杉山事務所では、過払い金が発生してから10年以上の実績と毎月3000件以上の過払い金の相談をいただいております。依頼時にはリスクやデメリットのご説明をきちんとおこなったうえでご相談者様に沿った最善の解決方法をご提案しております。

また、ご依頼いただく時から解決までの間はいつでもご遠慮なく案件の進捗をお問い合わせいただける環境づくりをおこなっております。過払い金でご心配なことやご不明な点などお知りになりたいことがございましましたらお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ