完済した借金の過払い金請求の最大のデメリットは手続きしないこと

完済した借金でも過払い金請求はできます。完済した借金の過払い金請求は過払い金が返ってくるメリットがあり、デメリットはほとんどありません

完済した借金を過払い金請求せずに放置するのは非常にもったいなく、時間が経過すればするほど、時効の成立や貸金業者の倒産により過払い金請求ができなくなるリスクが高くなります。完済した借金の過払い金請求する条件や、計算方法、デメリット、メリット、過払い金請求後のローンやクレジットカードへの影響を詳しく説明しますので、参考にしてすぐに過払い金請求をしてください。

完済した借金でも過払い金請求ができる条件

完済した借金でも、2010年よりも以前に借入をしていた場合、過払い金が発生している可能性があり過払い金請求ができます。

貸金業者は過去に利息制限法の上限金利(借金額が10万円未満は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下)を超える、出資法の上限金利である29.2%を基準に利息を設定していました。2010年に出資法や利息制限法の改正法が施行されて、払いすぎた利息である過払い金を貸金業者に請求できるようになりました。

貸金業者によっては利息制限法の上限金利内で利息を設定していたところもありますし、2010年の法改正前の2007年頃から利息を変更している貸金業者もあるため、すべての貸金業者で過払い金請求ができるわけではありません。また、住宅ローンや自動車ローン、奨学金は金利が低いため過払い金は発生しません

完済した借金の過払い金の引き直し計算方法

自分に過払い金が発生しているか調べるには、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、過払い金の引き直し計算をするか、過払い金の調査や計算を無料でおこなっている司法書士や弁護士事務所に依頼する方法があります。

自分で過払い金の引き直し計算をするには貸金業者から取引履歴を取り寄せます。取引履歴は、貸金業者のサービスカウンターに電話、FAX、郵送で取り寄せできますし、自宅に連絡や郵送されたくない場合は、店舗に行って申し込み、受け取りができる貸金業者もあります。

取引履歴を取り寄せたら、記載されている借入をした時の利息や、借入や返済の金額、日付をつかって引き直し計算をします。インターネット上で引き直し計算ソフトが公開されており、パソコンとエクセルがあれば自分で過払い金を引き直し計算できます。

過払い金の引き直し計算方法については「過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法」で詳しく説明しているので参考にしてください。

過払い金の引き直し計算を間違えると返ってくる過払い金が少なくなったり、過払い金請求を断られる可能性があります。過払い金の引き直し計算を間違えないようにするには、過払い金の調査や計算を無料でおこなっている司法書士や弁護士に依頼するのが早くて正確です。

完済した借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

完済した借金の過払い金請求にはメリットだけでなく、デメリットがあり、知らないまま過払い金請求をすると損をする可能性があります。どのようなデメリットがあるかを理解して、対応できるようにしておくべきです。

完済した借金を過払い金請求するデメリット

過払い金請求をしないことがデメリット

過払い金請求は自分から手続きしなければ戻ってこず、国や貸金業者から「過払い金請求をしてください」といった案内もきません。過払い金は払いすぎた利息であり、支払わなくてもよかったお金です。貸金業者から請求するのは当然の権利であり、過払い金を取り戻せるチャンスを放棄すること自体がデメリットです。

過払い金請求をした貸金業者の利用ができなくなる

過払い金請求をした貸金業者や合併先のカードが解約扱いとなり、つかえなくなったり、カードの再発行の審査が通りづらくなる可能性があります。しかし、過払い金請求をした貸金業者以外であれば、新たな借入や、新たなカードの作成の審査に影響はないので大きなデメリットではありません。

貸金業者のなかにはカードローンの保証会社となっていることがあり、そのカードローンに返済中で延滞や滞納をしていると保証会社の過払い金請求に影響がでる可能性があります。貸金業者によって異なりますので、該当する場合は司法書士や弁護士に相談してください。

時効が成立して過払い金請求ができなくなる

過払い金請求は、最後に取引した日から10年すぎると時効が成立し過払い金請求できなくなります。完済している過去の借金は、借金を完済した日となります。利息制限法の改正法が施行された2010年6月18日から10年で時効が成立すると勘違いされている方がいますが、改正法が施行された日は時効と関係ありません。

過払い金請求の時効については「過払い金請求の時効の期限は最後の取引から10年」で詳しく説明していますので参考にしてください。

貸金業者が倒産して過払い金請求ができなくなる

過払い金を請求する貸金業者が倒産してしまうと、過払い金請求ができなくなってしまいます。過払い金請求によって経営が悪化した貸金業者も多く、かつて大手貸金業者であった武富士のように倒産に追い込まれる会社もあります。倒産してない貸金業者でも、経営状況が悪ければ支払う過払い金を少なくしたり、支払い期限を先延ばしにすることが多いので、すぐ過払い金請求をすることが重要です。

完済した借金を過払い金請求するメリット

完済した借金の過払い金請求をするメリットは、発生した過払い金が返ってくることです。過払い金を取り戻すことで、生活費につかったり、新たな借入をせずにすんだり、他の借金の返済につかうことができます。

完済した借金の過払い金請求があたえるローンやクレジットカードへの影響

完済した借金の過払い金請求は、過払い金請求した貸金業者以外のローンやクレジットカードの利用には影響しません。現在、組んでいるローンに影響が出ることはありませんし、過払い金請求をした貸金業者と関係がない会社であれば新たなローンを組んだり、新たな借入やカードを契約することができるので、他の貸金業者を利用しましょう。

完済前の借金も過払い金請求できる

完済前の借金も過払い金請求をすることができ、発生した過払い金で返済中の借金を0円にすることができ、過払い金が余ればお金が戻ってきます。

完済前の借金を過払い金請求しても、残っている借金が0円にならなかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理となりブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのると、約5年程度は任意整理をした貸金業者以外からも、新たな借入、カードの作成、ローンの審査が通りづらくなります。しかし、過払い金の引き直し計算をすることで、過払い金が残っている借金より多ければブラックリストにのらない、少なければブラックリストにのるという判断ができます。

完済前の過払い金請求は、まず過払い金の引き直し計算をしてください。過払い金より借金が多ければ返済を続けて、過払い金で残った借金を0円にできるタイミングで過払い金請求しましょう。引き直し計算を間違えると正確な過払い金がわからず、ブラックリストにのる、のらないという判断ができませんので、過払い金の調査や計算を無料でしてくれる司法書士や弁護士に相談して正確な過払い金の引き直し計算をしてください。

完済した借金の過払い金請求は杉山事務所

完済した借金を過払い金請求するか悩んでいる方は、すぐに杉山事務所へご相談ください。過払い金は貸金業者に払いすぎたお金で、完済した借金を過払い金請求せずに放置しているのは非常にもったいなく、時間が経過すればするほど、時効の成立や貸金業者の倒産により過払い金請求ができなくなるリスクが高くなります。

「自分に過払い金があるかわからない」、「明細書も契約書もない」といった状態でも構いません。杉山事務所は、過払い金請求に特化した司法書士事務所で、月3000件以上の過払い金に関する相談をお受けしています。過払い金請求のノウハウや実績も豊富にあり、過払い金の調査や計算も無料でスピーディーかつ正確におこなわせていただきます。

依頼していただいた際には、相談者様の借入状況や要望にあわせた最善の解決方法をご提案します。相談料、着手金も無料となっており、かかった費用は返ってくる過払い金から支払うので費用に関する心配もございませんので、まずはお気軽にフリーダイヤルやメールフォームからご連絡ください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ