過払い金請求をしても住宅ローンや自動車ローンは組める

過払い金は完済した借金でも、返済中の借金でも発生している可能性があり、過払い金請求した後でもローンは組めますし、今組んでいる住宅ローンに影響はありません

当事務所でも
「過払い金請求したいけれど新たな住宅ローンの審査や今組んでいる住宅ローンに影響がないか心配」
という相談を多くいただきます。

過払い金請求後にローンを組む場合の注意点や、住宅ローンや自動車ローンを組む審査のポイントを紹介しますので参考にして過払い金請求をしてください。

過払い金請求をしても住宅ローンや自動車ローンは組める

過払い金請求をした後でも住宅ローンや自動車ローンを組むことができます

ブラックリストにのると新たな借入、ローンの審査が通りにくくなりますが、過払い金請求をしてもブラックリストにはのりません。

過払い金請求は払いすぎた利息を取り戻すという行為であり法律上で認められた権利です。

過去には契約見直しとしてブラックリストに登録される場合もありましたが、2010年4月19日以降は登録の対象外となり、過去に契約見直しと登録されていた情報も削除されることになっています。

いまだに「過払い金請求はブラックリストにのる」と勘違いをしている方が多いのはこのためです。

過払い金請求をしたからといってブラックリストにのることはなく、住宅ローンや自動車ローンはもちろんのこと、教育ローンにも影響はありません。

ただし、過払い金請求をした貸金業者や合併している貸金業者からの新たな借入はむずかしくなる可能性があります。

これは貸金業者が信用情報機関とは別に企業内で顧客情報を管理しており、過去に過払い金請求をした事実が社内に残ってしまうためです。

過払い金請求をした後に、新たな借入をする場合は過払い金を請求した貸金業者以外を利用しましょう。

ブラックリストについては、
過払い金請求で信用情報機関に事故(ブラックリスト)で登録される条件
にて詳しく説明していますので参考にしてください。

住宅ローンや自動車ローンで過払い金は発生しない

「住宅ローンや自動車ローンでも過払い金請求はできるのか」
といった質問をいただくことがありますが、住宅ローンや自動車ローンで過払い金は発生しません。

住宅ローンはそもそも金利が低く、違法な金利で貸付されることがないので過払い金が発生しません。

自動車ローンに関しては、クレジットカードのショッピング枠と同じで立替金となるので、過払い金請求の対象となりません。

完済した借金の過払い金請求をして新たにローンを組む

完済した借金の過払い金請求をしてもローンの審査に影響がでることはありません

過払い金請求とは払いすぎた利息を取り戻すことであり、金融庁からも完済した借金の過払い金請求に関しては「返済能力の有無には影響しないため、信用情報には明記すべきではない」という方針が出ています。

借金を完済した場合の過払い金請求については
完済した借金の過払い金請求の最大のデメリットは手続きしないこと
にて詳しくお話ししていますので参考にしてください。

返済中の借金の過払い金請求をして新たなローンを組む

返済中の借金の過払い金請求をしてもローンを組むことができますが、過払い金で返済中の借金を完済できる場合のみです。

ブラックリストにのることはありませんのでローンを組むことに影響はありません。

ただし、なるべく過払い金請求とローンの審査を同時にしないようにしましょう。

貸金業者にもよりますが、過払い金で返済中の借金を完済できる場合でも、一時的にブラックリストにのる可能性があります。

ローンの審査中にブラックリストにのっている状態だと通らない可能性があるため、ローンを組みたいと思っている人は念のため、過払い金請求とローンの審査のどちらかを終わらせてから残った方の手続きをしてください。

借金を返済した場合の過払い金請求については
返済中の借金の過払い金請求で得するために知るべきデメリット
にて詳しくお話ししていますので参考にしてください。

過払い金請求をしても今組んでいる住宅ローンに影響はない

過払い金請求をすることで今組んでいる住宅ローンの一括返済を求められたり、契約条件を不当に見直しされることはありません

過払い金を取り戻すことで、今組んでいる住宅ローンの返済にあてることができるので楽になるでしょう。

ただし、過払い金請求には時効があり、最後に取引した日から10年を過ぎてしまうと過払い金請求ができなくなってしまうので、過払い金が発生しているかもしれない方はすぐに過払い金請求をしてください。

過払い金請求後にローンを組む場合の注意点

過払い金で返済中の借金を完済できない場合

発生した過払い金が残っている借金より少なく、完済できないと貸金業者と借金の減額の交渉をする任意整理となりブラックリストにのってしまいます。

ブラックリストにのると約5年間は貸金業者から新たな借入や、ローン、カードの作成の審査が通りにくくなってしまいます

ブラックリストにのるのを避けるには、過払い金の引き直し計算をして過払い金で借金を完済できるか確認してから過払い金請求をしてください。

過払い金の調査や計算をしただけでブラックリストにのることはありません。過払い金より残っている借金が多ければ、支払いを継続して完済できるようになってから過払い金請求をすることも可能です。

過払い金の正確に計算する方法は
過払い金の引き直し計算を自分でする方法
にて詳しくお話ししていますので参考にしてください。

クレジットカードのショッピングの利用がある場合

クレジットカードはショッピングとキャッシングの2つの機能があります。

キャッシングは過払い金が発生している可能性がありますが、ショッピングは借金ではなく立替金という扱いのため過払い金請求の対象ではありません。

ショッピングの支払い残高があるかは、貸金業者から取り寄せる取引履歴でわかるので、過払い金の調査をする際に一緒に確認できます。

キャッシングで過払い金が発生していてもショッピングの支払いが残っている場合、発生した過払い金をショッピングの返済にあてます

過払い金がショッピングの支払い残高より多い場合は差額分が戻ってきますが、少なかった場合は貸金業者と借金の減額の交渉をする任意整理となるためブラックリストにのります。

ブラックリストにのることを避けるには、ショッピングの支払い残高を減らして過払い金で完済できるようになってから過払い金請求をしてください。

クレジットカードの過払い金請求については
クレジットカードの過払い金請求はキャッシング枠ならリボ払いでもできる
にて詳しく説明していますので参考にしてください。

自動車ローンは会社によっては注意が必要

信販会社の中には、自動車ローンをあつかっている会社があります。

たとえば、オリコの完済したキャッシング枠の過払い金請求をする場合に、自動車ローンをオリコで契約していると、発生した過払い金を自動車ローンの返済にあてることになります。

発生した過払い金で、自動車ローンの返済分を完済できれば車を所持したままですし、ブラックリストにのることもなく、余った過払い金は手元に戻ってきます。

ただし、過払い金で自動車ローンを完済できない場合は、車の所有権がなくなり没収されてしまい、ブラックリストにのってしまいます。

また、過払い金請求をしたあとに過払い金請求をした信販会社で自動車ローンを組む場合、審査が通りにくくなっている可能性があるので注意しましょう。

自動車ローンがある信販会社
オリコ、ジャックス、アプラス、セディナ、イオン、オリックスクレジットなど

上記以外にもありますので、詳しくは司法書士や弁護士に相談した際に聞いてみることをおすすめします。

貸金業者が保証会社となっているカードローンから借入がある場合

貸金業者によってはカードローンの保証会社となっている場合があり、カードローンの支払いを延滞や滞納をしていたり、過払い金請求をする貸金業者とカードローンの両方で返済中の場合、過払い金請求に影響がでる可能性があります。

保証会社となっている貸金業者は、借主がカードローンの返済を延滞や滞納した場合に、代わりに支払う「代位弁済」をします。代位弁済された分は保証会社から借主に請求されます。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社となっており、バンクイックでの借入を延滞や滞納していると、アコムがバンクイックへ代位弁済します。

代位弁済された分はアコムに支払うことになり、アコムで過払い金が発生してもバンクイックへ代位弁済された分と相殺されて、相殺しても足りなかった分はアコムに支払うことになります。

合併先の会社からの借入がある場合

過払い金請求をする際は、過払い金請求をする貸金業者と合併している貸金業者に注意してください。

貸金業者は経営状況の悪化などが原因で合併していることがあります。

合併先の貸金業者で返済中の借金がある場合は、発生した過払い金を合併先の借金の返済にあてるので、過払い金が借金より少ないと任意整理となってしまうためブラックリストにのってしまいます。

契約した時は別会社であっても、その後に合併していれば同一の会社となるの過払い金請求の対象とみなされるため、事前に過払い金請求をする貸金業者と合併している貸金業者を調べておく必要があります。

予期せぬところで過払い金請求がローンに影響することがあります。
自分で判断するのはむずかしいとおもいますので、司法書士や弁護士に自分の返済中の借入に影響がないかを相談してから、過払い金請求をしましょう。

住宅ローンや自動車ローンを組む審査のポイント

住宅ローンや自動車ローンを組む際の判断基準というものは明らかになっていませんが、審査の判断材料として信用情報機関の個人信用情報が関係します。

信用情報機関へ事故情報が登録されている場合は審査に通ることはむずかしくなっています。

しかし、住宅ローンや自動車ローンなどの審査には信用情報のほかにも判断基準があるといわれています。

年収や雇用形態、勤務先、勤続年数といった職業に関することや、健康状態や家族構成、結婚歴、世帯年収、持ち家の有無といった属性と呼ばれるものです。

その他にも、申込時年齢と完済時年齢も重要な判断材料となっています。ローンを審査する側は信用情報に加えて属性や年齢情報など、さまざまな情報をもとに現在の収入や借入状況、返済状況を検討してローンの返済が可能かを判断しているのです。

過払い金請求をしてもブラックリストにはのりませんが、ブラックリストにのっていなくても、それ以外の属性や年齢情報が影響してローンの審査に落ちてしまうということは充分にありえます。

借金を返済中の方はブラックリストにのることを考えるかもしれませんが、まずは自分に「過払い金が発生するのか」、「借金がどのぐらい減らせるのか」を優先して返済中の借金をどうやってなくすかを考えるべきです。

過払い金請求の相談は杉山事務所

過払い金請求をしても新たな住宅ローンや自動車ローンの審査には影響ありませんし、今組んでいる住宅ローンにも影響しません。

発生している過払い金を取り戻すことで、新たなローンの頭金やローンの返済にあてることも可能となりメリットが大きいです。

ただし、借金を返済中の場合は、過払い金が残っている借金より少ないとブラックリストにのるリスクがあるので注意が必要です。

まずは、自分に過払い金がいくら発生しているか調査と計算をしてください。過払い金の引き直し計算は自分でもできますが、間違えると過払い金が少なくなったり、過払い金請求を断られる可能性があります。

正確な過払い金をだすには司法書士や弁護士に相談するのが早くて確実です。

杉山事務所では月3000件以上の過払い金に関する相談に対応し、実績とノウハウをもった認定司法書士が多く在籍しています。

過払い金の調査や計算も無料でおこなっていますので、お気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top