過払い金請求にかかる期間と1日でも早くお金を取り戻す方法

「過払い金請求ってどのくらいの期間がかかるの?」
「過払い金が返ってくるまでにかかる期間はどのくらい?」

こういった質問が杉山事務所では多くあります。
過払い金が返ってくるまでにかかる期間は解決方法によって変わります。

この4つが影響することで過払い金が返ってくるまでの期間が決まり、返ってくるまでの期間を早くしたいのか、返ってくる過払い金を多くしたいのかによって方法が変わってきます。

ここでは解決方法ごとに過払い金が返ってくるまでにかかる期間の目安や、過払い金請求の手続きの流れとそれぞれの手続きにかかる期間をわかりやすく説明しています。

実は過払い金請求ができる期間があるってご存知ですか?

過払い金請求には手続きできる期間が決まっています。
過払い金請求がいつまでできるのか、過払い金請求にかかる期間を早くする方法もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

過払い金請求にかかる期間と返還率の目安

過払い金請求にかかる期間と返還率は解決する方法によって期間と返還率が変わってきます。

過払い金請求を自分でした場合の期間と返還率

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合の期間と返還率

過払い金請求の裁判になった場合にかかる期間

※上記の返還率や期間はあくまで目安で個人の状況よって異なる場合があります。

前述にもある通り、自分で過払い金請求をすると時間がかかる上に返還率も低くなるケースが多いです。 多くの過払い金を早く取り戻すなら司法書士や弁護士に依頼することをオススメします。

過払い金請求にかかる期間や返還率に影響する4つの原因

過払い金が返ってくるまでの期間や返還率に影響する原因は以下の4つです。

過払い金請求を自分でするか司法書士や弁護士に依頼するか

過払い金請求は自分で手続きをすることもできます。
しかし、司法書士や弁護士に依頼するほうが返ってくる過払い金が多くなったり、返ってくるまでにかかる期間が早くなる可能性が高いです。

たとえば、過払い金請求の裁判をせずに貸金業者と話し合いで和解をした場合、自分で過払い金請求をすると約6ヵ月~約12ヵ月かかります。
司法書士や弁護士に依頼した場合は、約4ヵ月〜約10ヵ月で過払い金が返ってきます。
過払い金請求を自分でやると時間がかかる理由は以下のものがあります。

それぞれどういった理由があるのか説明します。

過払い金請求に必要な書類や知識の準備に時間がかかる

過払い金請求は、取引履歴や過払い金返還請求書など必要な書類を準備する必要があります。
さらに裁判をする場合は、訴えの内容を述べた訴状、証拠説明書、引き直し計算書、貸金業者の情報が書かれた代表者事項証明書(登記簿謄本)をすべて自分で準備することになるので時間がかかります。

また、過払い金の引き直し計算を間違えないためや、貸金業者からの不当な和解案を押し切られないための過払い金請求や法律に関する知識を調べる時間が必要です。
知識がなければ、返ってくる過払い金が少なくなったり、過払い金請求を断られる可能性があります。

過払い金の引き直し計算に時間がかかる

過払い金の引き直し計算は、間違えると返ってくる過払い金が少なくなったり、貸金業者過払い金請求を断られてしまうため、正確にする必要があり時間がかかります。

貸金業者との交渉に時間がかかる

貸金業者は交渉の相手によって返ってくる過払い金や、支払い方法、支払う期限の内容を変えていきます。
相手が素人だと過払い金を少なくしたり、過払い金の返還を先延ばしにしてくるので、自分の希望する条件で和解するまでに時間がかかります。

過払い金請求の裁判をするか・しないか

貸金業者が提案してきた過払い金や支払い方法、期限に納得できない場合は、過払い金請求の裁判をします。
裁判をすると話し合いで和解するよりも、返ってくる過払い金が多くなる可能性がありますが、かかる期間が長くなります。

自分で過払い金請求の裁判をした場合は、約10ヵ月~長いと1年以上、司法書士や弁護士に依頼した場合だと約6ヵ月〜約10ヵ月の期間で過払い金が返ってきます。

裁判をするか、しないかは過払い金を多くしたいのか、期間を早くしたいのかで決まります。
裁判をすれば過払い金が返ってくるまでにかかる期間は長くなりますが、返ってくる過払い金が多くなる可能性が高いです。
貸金業者によっては、裁判をしないと過払い金を返してくれないことがあるので注意が必要です。

過払い金請求を依頼した事務所の実績やノウハウによって変わる

過払い金請求は、どの事務所に依頼しても同じ期間や返還率になるわけではありません。
依頼する司法書士や弁護士の交渉力や実績によって過払い金が多くなったり、かかる期間が早くなります

全国に司法書士や弁護士に事務所は多くあります。
過払い金請求を依頼するなら交渉力と実績のある事務所にしましょう。
適当に選んでしまうと時間がかかった上に希望する金額に届かなかったといったことになるリスクがあります。

悪徳な司法書士や弁護士に依頼すると過払い金を着服されるケースもあるので、依頼する司法書士や弁護士はしっかりと見極めることが重要です。

過払い金請求をする貸金業者の対応や経営状況によって変わる

過払い金請求は貸金業者の対応や経営状況によってかかる期間や返還率がかわります。
大手の貸金業者だと過払い金の支払いにまわせる予算が多いので、話し合いでも裁判でもスムーズに和解や判決まですすむことが多いです。
しかし、そんな対応をしてくれるのは一部の貸金業者で、多くの貸金業者は支払う過払い金を1円でも少なく一日でも遅くしようと交渉してきます。 なかには裁判をしなければ返してくれない貸金業者もあります。

貸金業者別:過払い金の返還率と返ってくるまでにかかる期間の目安

アコム

返還率 50%~100%
裁判なし 平均4ヵ月~
裁判あり 平均6ヵ月~

プロミス

返還率 70%~100%
裁判なし 平均4ヵ月~
裁判あり 平均6ヵ月~

レイク

返還率 70%~100%
裁判なし 平均4ヵ月~
裁判あり 平均9ヵ月~

アイフル

返還率 40%~100%
裁判なし 平均6ヵ月~
裁判あり 平均12ヵ月~

いつまでできる?過払い金請求ができる期間

過払い金請求には手続きができる期間があるのをご存知でしょうか。

過払い金請求には時効期限があります。
時効までの期間は「最後の取引日から10年」で、最後の取引日とは、借金を完済した日のことです。
時効が成立すると、司法書士や弁護士であっても過払い金を取り戻すことができません。

借金を完済してから時間がたっている人はすぐに司法書士や弁護士に相談しましょう。

自分で過払い金請求をしようとすると、時間がかかってしまい時効が成立してしまうリスクがあります。 時効が迫っている過払い金請求は迅速に手続きができる司法書士や弁護士に依頼することをオススメします。

過払い金請求の時効に関して詳しく知りたい方は「過払い金請求の時効の期限は最後の取引から10年」をチェック!

過払い金請求の流れとそれぞれの手続きにかかる期間の目安

過払い金請求の手続きの主な流れは以下の通りです。
それぞれの手続きの内容とかかる期間を合わせてご説明します。