返済中の借金の過払い金請求で得するために知るべきデメリット

借金を返済中であっても過払い金は発生します。

発生した過払い金で借金を減らしたり、完済できる可能性があり残っている借金より発生した過払い金のほうが多かった場合は手元にお金が戻ってきます

いざ、過払い金請求をするとなると、
「返済中の場合はどんなことに影響が出るの?」
「どんなデメリットがあるの?」

と、気になりますよね。

返済中の借金は発生した過払い金で借金を完済できた場合と、完済できなかった場合でデメリットが異なります。

過払い金で借金を完済できた場合のデメリットは、過払い金請求をした貸金業者のカードが使えなくなる可能性があること。

借金を完済できなかった場合のデメリットは、ブラックリストにのった場合、貸金業者から新たな借入、カードの作成、ローンの審査が通りづらくなることです。

こちらのページでは、過払い金で完済できた場合、できなかった場合のデメリットの詳細をお伝えしていきます。

ブラックリストにのる可能性があると知ると、過払い金があっても過払い金請求を躊躇してしまうかもしれませんね。
でも方法はあります。ブラックリストにのらないように借金を減らしてから過払い金請求をすれば良いのです。
また、ブラックリストにのっても任意整理をすれば、月々の返済を楽になることもあるので、よく考えてそちらを選択される方もたくさんいます。

ここでは、返済中の過払い金におけるデメリット以外にも、返済中の借金で過払い金請求ができる条件、計算方法、注意点をあわせて説明していきます。
借金を返済中で過払い金請求を検討される方は、最後までお読みいただき失敗のない過払い金請求をしてくださいね。

返済中の借金の過払い金請求をした時のデメリット・影響

返済中の借金の過払い金請求は、発生した過払い金によって借金を完済できた場合と、できなかった場合でデメリットが異なります。
なので、まずは自分の返済状況と過払い金がどのくらいかを確認して、完済できるかどうかを把握してから過払い金請求をすることになります。

それでは、それぞれの場合におけるデメリットを確認していきましょう。

発生した過払い金で借金を完済できた場合

過払い金で残っている借金を完済できた場合は、過払い金請求をした貸金業者のカードや、同じ貸金業者で別ブランドのカードが解約扱いになることがあります。
つまり、新たな借入ができなくなったり解約された後にカードの再発行をしても審査が通りづらくなったりする可能性があるのです。

では全く借入や新たなカードを作れなくなってしまうのかというと、そういうわけではありません!
過払い金請求をした貸金業者以外であれば借入や新たなカードの作成ができます。

過払い金請求をしても過去の取引で延滞がなかった優良な顧客として判断された場合、借入できたり、新たなカードが作成できることもあるので、大きなデメリットにならないと判断される方がほとんどです。

貸金業者が合併などをしてる場合は注意

なお、過払い金請求をする貸金業者が合併していた場合は、合併先のカードも解約扱いとなり、借入ができなくなる可能性があります。

近年、貸金業者が合併していることが多く、借金の契約をしたときは別の会社であっても、現在は合併しているため過払い金請求の影響をうけるケースがあるのでご注意ください。

少しわかりづらいですよね。実際にどんなケースがあるのかを具体例でみていきましょう。

ニコスカードとDCカードを所持 ニコスカードで過払い金が発生していると三菱UFJニコスへ請求するので、三菱UFJニコスのブランドのカードであるニコスカードもDCカードも解約扱で使えなくなる可能性がある。
エポスカードとゼロファーストを所持 エポスカードに過払い金請求をすると、エポスカードだけでなく合併しているゼロファーストも解約扱いで両方使えなくなる可能性がある。

自分の場合は、どこにどんな影響があるのかがわからない方は、お調べしますので、無料相談をご利用ください。

発生した過払い金で借金を完済できなかった場合

発生した過払い金で借金を完済することができなかった場合は、過払い金請求ではなく貸金業者と借金の減額の交渉をする任意整理という手続きになります。任意整理をするとブラックリストにのります

ブラックリストにのると約5年間は貸金業者から借入したり、新たなカードを作成したり、ローンを組むことができなくなります。

ブラックリストに関しては
過払い金請求で信用情報機関に事故(ブラックリスト)で登録される条件
で詳しく説明していますので参考にしてください。

完済後の過払い金請求ならブラックリストにのらない

過払い金より残っている借金が多ければ、支払いを継続して完済できるようになってから過払い金請求すると、ブラックリストにのりません。

そのためにも、過払い金がどのくらいあるのかの調査が必須です。
過払い金の調査と計算をしただけでブラックリストにのることはありません。過払い金の引き直し計算をして、過払い金で借金を完済できるか確認してから過払い金請求するのが良いでしょう。

杉山事務所では、過払い金の調査を無料で行っています。どのくらいあるのかを調査だけはしてみたいという方でもお気軽にお問い合わせください。

ブラックリストにのっても任意整理を選ぶ方もいる

なお、任意整理をしなくても、月々の返済を延滞や滞納しているとすでにブラックリストにのっている可能性があります。

その場合は、任意整理することをおすすめします。

このように、借金の返済が苦しいようであれば、ブラックリストにのったとしても任意整理する方がメリットが大きくなることがあります。任意整理をすることで月々の返済を減らすことができるのです!

返済中の借金の過払い金請求をするメリット

借金を返済中に過払い金請求すると、デメリットでもお伝えしている通り、過払い金で残っている借金を減らしたり完済できたりします。

また、発生した過払い金が残っている借金より多かった場合は、お金が戻ってくるので新たな借入をしなくてすんだり、生活費や、他の借金の返済にあてることができます。

過払い金で残っている借金を減らすことは貸金業者と借金の減額の交渉をする任意整理という手続きになりますが、長期の分割返済の交渉が可能なので、毎月の返済額を減らすことができて月々の返済が楽になります。

任意整理をするとブラックリストにのりますが、新たな借入ができなくなることで借金に頼ることのない生活ができます。

返済中の借金で過払い金請求ができる条件

過払い金は払いすぎた利息であり、返済中の借金であっても2010年以前に借入をしていれば過払い金が発生する可能性があります。

過去に貸金業者によっては、利息制限法の上限金利(借金額が10万円未満は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下)を超える、出資法の上限金利である29.2%を基準にした金利で貸付をしていました。

しかし、2010年に出資法や利息制限法の改正法が施行されて過払い金を貸金業者に請求できるようになりました。

利息制限法の上限金利内で貸付をしていた貸金業者や、法改正がされる前の2007年頃から利息を変更している貸金業者もあるため、すべての貸金業者で過払い金が発生しているわけではありません

また、住宅ローン、自動車ローン、奨学金は金利が低いので過払い金は発生しません。自分に過払い金が発生しているかは、過払い金の引き直し計算をすることでわかります。

返済中の借金の過払い金の引き直し計算方法

返済中の借金の過払い金の引き直し計算は自分ですることも、司法書士や弁護士に依頼することもできます。過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。

取引履歴は、借入をした時の利息や、借入や返済の金額、日付が記載されたもので、貸金業者から電話、FAX、郵送で取り寄せることができます。

自宅に連絡や郵送をされたくない方は、店舗で申し込み、受け取りができる貸金業者もあります。

取引履歴を手に入れたら、借り入れをした時の利息や、借入や返済の金額、日付をもとにインターネット上で公開されている引き直し計算ソフトをダウンロードして、Excelで過払い金の引き直し計算ができます。

過払い金の引き直し計算方法については
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法
で詳しく説明しているので参考にしてください。

返済中の借金は過払い金の引き直し計算でブラックリストにのるかがわかります。

過払い金で残っている借金が完済できればブラックリストにのることはありません

残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのってしまい、貸金業者から約5年間は借入や新たなローン、クレジットカードの審査が通りにくくなります。

自分で過払い金の引き直し計算をして間違ったまま過払い金請求すると返ってくる過払い金が少なくなったり、過払い金請求を断られる可能性があります。

また、自分で過払い金の引き直し計算をして残っている借金を過払い金で完済できるはずが、計算ミスで過払い金が間違っていて借金の方が過払い金より多かったために、貸金業者と借金の減額の交渉をする任意整理となってブラックリストにのってしまうケースもあります。

借金の返済状況や取引の数、貸金業者によって過払い金は異なるので、過払い金の調査や計算を無料でおこなっている司法書士や弁護士に相談するのが早くて正確です。

返済中の過払い金請求で注意すべきポイント

過払い金請求をする貸金業者でショッピング枠の利用がないか

過払い金請求をする貸金業者でショッピングの利用があるかは引き直し計算につかう取引履歴で確認できます。

自分の過払い金がいくらあるかを確認する際に、一緒にショッピングの利用があるか確認してください。

過払い金請求をする貸金業者でショッピングの利用がある場合、キャッシングで発生した過払い金をショッピングの返済にあてることになり、過払い金がショッピングの利用金額より多ければお金が戻ってきます

しかし、少なければ借金の減額を貸金業者と交渉する任意整理となりブラックリストにのってしまいます。

ブラックリストにのると約5年間は貸金業者から新たな借入や、カードの作成、ローンを組む審査が通りづらくなります。

過払い金請求をする貸金業者が保証会社となるカードローンを利用している

貸金業者によってはカードローンの保証会社となっている場合があります。

過払い金請求をする貸金業者とカードローンの両方で返済中の場合や、カードローンの支払いを延滞や滞納していると過払い金請求に影響がでる可能性があります。

保証会社である貸金業者は、借主の代わりにカードローンに返済できなくなった借金を支払う代位弁済をします。代位弁済された分は保証会社から借主に請求されます。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社となっているので、バンクイックでの借入を延滞や滞納していると、アコムがバンクイックへの返済を代位弁済します。代位弁済した分はアコムに支払うことになります。

代位弁済をされると、アコムで過払い金が発生してもバンクイックの代位弁済と相殺されて、相殺しても足りなかった分はアコムに支払っていくことになります。

司法書士や弁護士に依頼する場合は、依頼する貸金業者だけでなく借金をしている貸金業者をすべて伝えて、過払い金請求をすることで影響はないか確認してください。

貸金業者からのゼロ和解の提案に注意

借金を返済中に取引履歴を取り寄せる際に、貸金業者から「返済中の借金を0円にするので過払い金請求をするのはやめませんか」といったゼロ和解の提案をされます。

借金を上回る過払い金が発生している場合に提案されることが多いので、損をしないようにゼロ和解はせずに取引履歴を取り寄せて、過払い金の引き直し計算をしてください。

取引履歴を取り寄せる時の注意点

貸金業者から取引履歴を取り寄せる際に使用目的を聞かれることがありますが、「これまでの取引を確認するため」と答えてください。

「過払い金請求をするため」と答えると、返済していた利息を過払い金と認識していたと貸金業者に主張されて、過払い金請求ができなくなる可能性があります

借金を返済中の過払い金請求が住宅ローンに与える影響

過払い金請求をしても、今組んでいる住宅ローンには影響はありません。

発生した過払い金で残っている借金を完済できない場合は、借金の減額を貸金業者と交渉する任意整理となりブラックリストにのるので、新たなローンを組む場合は審査が通りにくくなります。

過払い金請求をする貸金業者は選択することができるので、完済した借金や過払い金で借金を完済できる貸金業者だけ過払い金請求をすることができます。

ただし、貸金業者が合併をしている場合は、過払い金請求の対象となるので合併先の貸金業者で借入をしている場合は注意が必要です。

返済後の借金も過払い金請求できる

借金を返済後でも過払い金請求をすることはできます。

返済後の借金であればブラックリストにのる心配もなく、過払い金を取り戻せます。

ただし、返済後であっても過払い金を請求した貸金業者と、合併した貸金業者は借入やカードの作成ができなくなる可能性があります。

過払い金請求をした貸金業者と、合併した貸金業者以外であれば問題なく使用できるので大きなデメリットにはなりません。

過払い金請求は返済後から10年を過ぎると時効が成立し過払い金請求できなくなります。

返済後とは借金を払い終わった日からになるので、過去に借金をしていた方はすぐに過払い金の調査をしてください。

返済後の過払い金請求については、
完済した借金の過払い金請求の最大のデメリットは手続きしないこと
にて詳しくお話ししていますので参考にしてください。

返済中の過払い金請求は杉山事務所

借金を返済中の過払い金請求は、過払い金額によって対応が大きく変わるので、過払い金の引き直し計算をして正確な過払い金額を確認することが重要です。

杉山事務所では過払い金の調査、計算が無料で過払い金請求を得意とする認定司法書士が、過払い金をスピーディーかつ正確に計算します。

月3000件以上の過払い金に関する相談があり、ブラックリストにのらずに過払い金請求したい方、ブラックリストにのってもいいから借金を整理したい方など、ご相談者の要望にあわせた解決方法を提案し満足していただいています

過払い金請求の相談、着手金も無料となっていますので、お気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top