過払い金請求で信用情報機関に事故(ブラックリスト)で登録される条件

払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求で多くの方が不安になるのが、過払い金請求をするとブラックリストにのるか?ということです。 杉山事務所にも「過払い金請求するとブラックリストにのるのか?」や「ブラックリストにのるのが怖くて過払い金請求できない」といった相談が多くあります。

結論からいえば、過払い金請求をしてもブラックリストにのりません。完済した過去の借金を過払い金請求する方も、借金を返済中に過払い金請求をする方もブラックリストにのる条件さえ理解すればブラックリストを恐れる必要はないです。

ここでは、過払い金請求とブラックリストの関係について説明していますので、正しく理解し過払い金請求をしてください。

過払い金請求してもブラックリストにはのらない

過払い金請求をするとブラックリストにのるのか?

過払い金請求をお考えのご相談者様のなかで一番多いのがこの質問です。結論から言いますと、過払い金請求をしてもブラックリストにのることはありません

過払い金請求をしてブラックリストにのったという方がいますが、それは過払い金請求ではなく任意整理という手続きをした方です。任意整理とは貸金業者と交渉をすることによって返済している借金を減額する手続きで、任意整理をするとブラックリストにのってしまいます

過払い金請求をするつもりが結果的に任意整理になってしまいブラックリストにのってしまった。ということを避けるため、ブラックリストにのる条件とのらない条件を理解する必要があります。

過払い金請求の信用情報機関への登録ルールが変わった

2010年4月19日以前は、借金を返済中の過払い金請求で結果的に借金が0になるケースは「契約見直し(コード71)」として登録されていました。しかし、2010年4月19日以降は登録の対象外となり、過去に「契約見直し」と登録されていた情報も削除されることになっています。 いまだに「過払い金請求はブラックリストにのる」と勘違いをしている方が多いのはこのためです。

ブラックリストよりこわいもの

ブラックリストにのる条件・のらない条件を理解していれば、過払い金請求する上でブラックリストを恐れる必要はなく、リスクをさけて過払い金請求ができます。

本当にこわいのは過払い金が戻ってこないこと

過払い金請求をするうえで本当に恐れるべきことは、本来返ってくるはずの過払い金が返ってこなくなること、過払い金請求ができなくなることです。

過払い金請求には時効の期限があり、最終取引日から10年で時効が成立し手続きできなくなります。最終取引日とは、基本的に完済した日(最後に返済をした日)です。

時効の期限をむかえる以外にも過払い金請求ができなくなる可能性があります。それは、請求先の消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者が倒産してしまうことです。過払い金請求する人が増加したことなどが原因で、経営不振に陥り倒産する貸金業者が増えている傾向にあります。

10年の時効期限や貸金業者の倒産をさけるには、早めに行動する以外の解決方法はありません。行動にうつさなければ過払い金は消えてしまいます。 貸金業者は過払い金の返還率を年々減らしている傾向にあり、時間がたてばたつほど損をする可能性が高いので早急に過払い金請求をしましょう。

ブラックリストにのらないケース

完済した借金の過払い金請求はブラックリストにのらない

借金をすでに払い終わっている場合、ブラックリストにのる心配はありません。借金を完済している場合は、前述にもありましたが時効の期限をむかえる場合や貸金業者が倒産する恐れがあります。そういったリスクをさけるために早めに行動してください。

過払い金請求は自分でも手続きできますが、法律の専門的な知識が必要で貸金業者と裁判をすることになった場合かなりの時間が必要です。また、裁判は指定された平日におこなわれるので、仕事を休まなければなりません。まずは司法書士や、弁護士などの専門家に相談してアドバイスしてもらうことをおすすめします。

返済中でも戻ってきた過払い金で借金が0になればブラックリストにはのらない

借金を返済中に過払い金請求は過払い金で借金が0になる場合はブラックリストにのりません。

また、過払い金が借金を上回った場合、借金を差し引いた分の過払い金が手元に返ってきます。借金を返済中の方は自分に過払い金が発生しているか計算してみることをおすすめします。もしかしたら、返済する必要がなく過払い金が手元に戻ってくるかもしれません。

過払い金の調査だけではブラックリストにはのらない

過払い金請求をするには、まず自分の過払い金がいくらあるか知ることが重要です。 調査するだけで、手続きが進んでしまいブラックリストにのるのでは?と思っている方も多くいますが、過払い金の調査をするだけでブラックリストにのることはありません。自分の過払い金を調べることにデメリットはありません

過払い金を調査するには、請求先の貸金業者へ取引履歴を請求する必要があります。取引履歴とは、これまでの借入や返済の記録がすべて記録されているものです。 この取引履歴をもとに引き直し計算をすることで自分の過払い金を知ることができます。

注意点としては貸金業者から取引履歴を取り寄せる際に「過払い金請求をするために取引履歴がほしい」と伝えるのはやめてください。 貸金業者によって過払い金が発生する取引を省いた履歴内容で送ってくる可能性があります。「これまでの返済状況をすべて知りたい」といった理由で対応するのがよいでしょう。

確実にブラックリストにのらないために調査するべき注意点

完済している借金・返済中でも借金より発生している過払い金の方が多い場合の、過払い金請求はブラックリストにのることはありません。しかし、過払い金請求する前に事前に調査しておくべき注意点があります。

クレジットカードのショッピング枠の支払い残高に注意

クレジットカードのキャッシングに対して過払い金請求をする場合、ショッピング枠の支払い残高がないか必ず確認してください。キャッシングで発生した過払い金は、ショッピング枠の支払い残高を差し引いてから返還されます。 過払い金がショッピング枠の支払い残高より少なかった場合は、ブラックリストにのってしまうので事前にショッピング枠の支払い残高を減らしておくか、0にしておきましょう。

請求先の貸金業者が合併していないか、関連・グループ会社も注意

過払い金請求がされるようになってから、貸金業者よっては経営不振になり他社へ吸収・合併をしていることがあります。

三洋信販はプロミスに吸収合併されているので、三洋信販の取引はプロミスが返済窓口になっています。三洋信販の借金を過払い金請求する場合もプロミスへ手続きします。プロミスの取引が完済していても三洋信販の返済が続いていた場合、三洋信販の借金もプロミスと同じ借金として扱います。プロミスの借金だけを過払い金請求することはできません。プロミスと三洋信販の、2つの借金を過払い金請求する必要があります。プロミスと三洋信販で発生した過払い金が返済中のプロミスの借金より少なければブラックリストにのってしまいます。

そのほかに、関連・グループ会社にも注意が必要です。 アコムは三菱東京UFJ銀行の保証会社となっています。アコムからの借金を完済していても、三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用中で延滞を3ヵ月以上すると、三菱東京UFJ銀行はアコムに代位弁済を求めます。

代位弁済とは債務者に代わり第三者が債権者へ債務の弁済をする行為です。三菱東京UFJ銀行の場合は、保証会社であるアコムへ支払いを求めます。 代位弁済がされた後、保証会社であるアコムが債権者に対して借金の返済を督促してきます。 代位弁済されると、過払い金が確定し和解が成立していても、和解自体がなかったことになり貸金業者と再度話し合いをします。

「過払い金請求をした結果、知らないうちにブラックリストにのってしまった」ということがないように事前に請求する貸金業者が吸収・合併をしていないか、どんな関連・グループ会社があるかを知っておくべきです。 自分で調べるのが面倒な場合は、過払い金請求や債務整理を得意とする司法書士や弁護士であれば必ず知っていることなので無料相談を利用して質問してください。

ブラックリストにのるケース

借金を返済中で過払い金よりも借金が多い場合

借金を返済中で過払い金よりも借金が多かった場合は、貸金業者と交渉し借金の減額をする任意整理という手続きになります。任意整理をするとブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのるというのは信用情報機関に事故情報が登録されるということです。

信用情報機関には日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者はどこか1つ、または複数の信用情報機関の加盟会員になっています。 この信用情報機関に延滞、契約見直し、債務整理など、返済能力に問題ありと判断される情報が事故情報として登録されます。

貸金業者によっては返済を3ヶ月延滞するとブラックリストにのるといわれています。一度「延滞」の事故情報がつくと借金を完済してからも5年間はブラックリストにのります。現在の苦しい返済生活を続けた結果ブラックリストにのるなら、過払い金の計算をして過払い金額が借金より少なく任意整理になったとしても、借金の返済額を減らしたほうが早く今の借金から開放されるでしょう。

ブラックリストにのると新たな借金ができない

借金を返済中で過払い金請求した場合、過払い金より借金が多かった場合は任意整理という手続きになります。任意整理をするとブラックリストにのり、借金を完済してから5年はお金を借りることができません。

ブラックリストとは別に社内ブラックと呼ばれているものがあります。これは、信用情報機関には事故として登録はされない手続き内容であっても、貸金業者ごとに保持している顧客情報に「過払い金請求をした」という情報が残ることです。 社内ブラックに登録されると、請求先の貸金業者や関連・グループ会社から借入れができなくなり、新たなクレジットカードも作れなくなります

完済した借金の過払い金請求で、請求先のカードが使えなくなるのは、社内ブラックが大きく関わっています。ただし他の貸金業者のカードであれば、問題なく作成・使用できるので事前に貸金業者の関連・グループ会社を確認しておけば大きなデメリットにはなりません。

過払い金の金額が借金の残金より低く、任意整理の手続きをしてブラックリストにのったとしても、新たな借金ができなくなる・クレジットカードが使えなくなるだけです。新たな借金ができなくなることで、借金に頼らない生活ができるようになります。月々の返済に困っている方は、新たな貸金業者から借金するのではなく、過払い金請求や債務整理をして借金生活から抜け出すことを優先すべきです。

ブラックリストとは信用情報機関に事故情報が登録されること

一般的にいわれている「ブラックリスト」は実際には存在しません。正確には信用情報機関に事故情報がのることです。 貸金業者に対する返済を延滞することや、借金を債務整理することで、信用情報機関に事故情報が登録されます。

事故情報は、以下の4つがあります。

これが一般的に「ブラックリストにのる」と呼ばれるものです。信用情報機関は以下の3つのものがあります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

消費者金融系の信用情報機関だった全国信用情報センター連合会とテラネット、CCBが統合した一番古い信用情報機関です。平成18年に改正貸金業法で決められた指定信用情報機関になっており、消費者金融と信販会社が主な会員となっています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

信販会社とクレジットカード会社が会員となっている信用情報機関です。信販会社だけでなく銀行系金融機関や消費者金融も加盟しています。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センターは他の2つの機関と違い、ブラックリスト情報の登録内容と合わせて、自己破産の官報情報を登録している信用情報機関です。 銀行や銀行系クレジットカード会社や、銀行系の信用保証協会・農協・信用組合・信用金庫が加盟しています。

過払い金請求でブラックリストが不安な方はまず相談

借金を完済している方はブラックリストの心配をする必要はありません。むしろ10年の時効期限や、貸金業者が倒産する恐れがあることに気をつけてください。倒産していなくても、貸金業者によっては過払い金の返還率を徐々に下げていることもあるので、早急に行動しましょう。

借金を返済中の方は、まず過払い金の調査・計算をしてください。過払い金の調査・計算をすることで、過払い金によって借金を0にすることができるか、手元にお金が返ってくるかがわかります。 過払い金の調査や計算をするだけでブラックリストにのることはないので安心してください。正確な過払い金の金額を知るには、過払い金の無料計算をおこなっている司法書士や弁護士などの専門家を利用しましょう。

杉山事務所では月3000件以上の相談があり、月5億円以上の過払い返還額の実績があります。相談の多くにブラックリストに関する質問があります。ご相談者様の抱える不安を過払い金請求に強い司法書士が責任をもって対応し、最大のメリットが得られるように状況にあわせた解決方法をご提案いたしま す。

また、過払い金の相談・調査・計算が無料となっており着手金もいただいておりません。完全成功報酬で依頼後でも過払い金が発生しない場合、費用はかかりませんので、費用が気になる方も安心してご利用になれます。質問のみでも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ