過払い金請求で信用情報機関に事故(ブラックリスト)で登録される条件

払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求で多くの方が不安になるのが、過払い金請求をするとブラックリストにのるのか?ということです。当事務所にも「過払い金請求するとブラックリストにのるのか?」や「ブラックリストにのるが怖くて過払い金請求できない」といった相談が多くあります。

一般的に言われている「ブラックリストにのる」というのは、信用情報機関に事故情報が登録されることです。過払い金請求をおこなうことでブラックリストにのる条件、のらない条件があります。ブラックリストにのる条件さえ理解すればブラックリストを恐れる必要はありません。ここでは、過払い金請求とブラックリストの関係について説明していますので、正しく理解し過払い金請求をしてください。

過払い金請求でブラックリストにのることはありません

過払い金請求をしてもブラックリストにのるのか?

過払い金請求をお考えのご相談者様のなかで一番多いのがこの質問です。結論から言いますと、過払い金請求をしてもブラックリストにのることはありません。

過払い金請求をしてブラックリストにのったという方がいますが、それは過払い金請求ではなく任意整理という手続きをした方です。過去に任意整理とは貸金業者と交渉をすることによって返済している借金を減額する手続きです。任意整理をするとブラックリストにのってしまいます。

過払い金請求をするつもりが結果的に任意整理になってしまいブラックリストにのってしまった。ということ避けるため、ブラックリストにのる条件とのらない条件を理解する必要があります。

過払い金請求でブラックリストよりこわいもの

ブラックリストにのる条件・のらない条件を理解していれば、過払い金請求する上でブラックリストを恐れる必要はなく、リスクをさけ過払い金請求をすることができます。

本当にこわいのは過払い金が戻ってこないこと

過払い金請求をするうえで本当に恐れるべきことは、本来返ってくるはずの過払い金が返ってこなくなること、過払い金請求ができなくなることです。

過払い金請求には最終取引日から10年で時効が成立し手続きができなくなる期限があります。最終取引日とは、基本的に完済した日(最後に返済をした日)となっています。

時効の期限をむかえる以外にも過払い金請求ができなくなる可能性があります。それは、請求先の消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者が倒産してしまうことです。貸金業者は過払い金請求が増加したなどの原因で倒産が増えている傾向にあります。

10年の時効期限や貸金業者の倒産をさけるには、早めに行動する以外の解決方法はありません。行動にうつさなければ過払い金は消えてしまいます。

杉山事務所では、相談料無料で時効をお調べすることや過払い金の計算をすることができます。過去に借金を完済されている方は今すぐ杉山事務所にご相談ください。

ブラックリストにのるケース

借金を返済中で過払い金よりも借金が多い

過払い金請求をしても返済中の借金が残ってしまった場合は、貸金業者と交渉し借金の減額をする任意整理という手続きになりブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのるというのは信用情報機関に事故情報が登録されるということです。

信用情報機関には日本信用情報機構(JICC)、シーアイシー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA)の3つがあります。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者はどこか1つ、または複数の信用情報機関の加盟会員になっています。

この信用情報機関に延滞、契約見直し、債務整理など、返済能力に問題ありと判断される情報が事故情報として登録されます。過去には過払い金請求をした時にも登録されていましたが、現在では金融庁によって登録することを禁止されているため過払い金請求をしても登録されることはありません。

ただし、ブラックリストにのることは恐れる必要はありません。ブラックリストにのると新たなローンや借入、クレジットカードの作成の審査が通りにくくなると言われていますが、5年程度で事故情報が削除されます。また、クレジットカードが一切使えなくなるわけではなく請求先以外で現在契約中のクレジットカードは次のカードの更新まで使用することができます。

貸金業者によっては返済を3ヶ月延滞するとブラックリストにのるといわれています。過払い金請求をせずに現在の苦しい返済生活を続けた結果ブラックリストにのってしまうなら、過払い金請求して返済額を減らしたほうが早く今の借金から開放されます。

借金が残るのか、残らないのかはまず過払い金を計算しないとわかりません。杉山事務所では過払い金の計算を無料でおこなっています。フリーダイヤルやメールフォームからお気軽にご相談ください。

ブラックリストにのらないケース

完済した借金の過払い金請求はブラックリストにのらない

借金をもうすでに払い終わっている場合、ブラックリストにのる心配はありません。借金を完済している場合は、前述にもありましたが時効の期限をむかえる場合や貸金業者が倒産する恐れがあります。そういったリスクをさけるために早めに行動してください。

過払い金請求は自分でも手続きできますが、法律の専門的な知識が必要で、貸金業者と裁判をすることになった場合かなりの時間が必要となります。まずは、司法書士や弁護士などの専門家に相談しアドバイスをもらうことをおすすめします。

返済中でも戻ってきた過払い金で借金が0になればブラックリストにはのらない

借金を返済中に過払い金請求をするとかならずブラックリストにのるというわけではありません。過払い金請求をした結果、発生した過払い金によって借金を0になればブラックリストはのりません。

また過払い金が借金を上回った場合、借金を差し引いた分の過払い金が手元に返ってきます。借金を返済中の方は自分に過払い金が発生しているか計算してみることをおすすめします。もしかしたら、返済する必要がないかもしれません。

過払い金請求でブラックリストが不安な方はまず相談

借金を完済している方はブラックリストの心配をする必要はありません。むしろ、10年の時効期限や貸金業者が倒産する恐れがあることに気をつけていただき早急に行動にうつすことをおすすめします。

借金を返済中の方は、過払い金請求をすることを決める前にまず過払い金の計算をしてください。過払い金の計算をしなければ、過払い金請求をするメリットがあるかどうかもわかりません。正確な過払い金の金額を知るには過払い金の無料計算をおこなっている司法書士や弁護士などの専門家を利用してください。

杉山事務所では月3000件以上の相談があり、月5億円以上の過払い返還額の実績があります。相談の多くにブラックリストに関する質問があります。ご相談者 様の抱える不安を過払い金請求に強い司法書士が責任をもって対応させていただき、最大のメリットが得られるように状況にあわせた解決方法をご提案いたしま す。

また無料相談・過払い金の計算無料・着手金が無料となっており、完全成功報酬で依頼後でも過払い金が発生しない場合は費用をいただくことはありませんので、費用が気になる方も安心してご利用できます。質問のみでも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ