費用が安いだけで過払い金請求をする事務所を選んではいけない

過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼することもできますが費用がかかります。できることならかかる費用を抑えたいと思うのは当然です。しかし、費用を抑えることを重視するあまり返ってくる過払い金が少なくては意味がありません。

過払い金請求を自分ですればかかる費用は少なくて済みますが、回収できる過払い金は司法書士や弁護士に依頼した時より少なくなったり、返ってくるまでにかかる期間も長くなる可能性が高いです。

司法書士や弁護士に依頼する場合も費用が安い事務所を選んでしまいがちですが、安ければよいというものではありません。過払い金請求の対応力がない事務所だと過払い金が少なくなる可能性が高くなるので、かかる費用と事務所の対応力を見極めることが必要です。

過払い金請求にかかる費用の相場、過払い金請求にかかる費用と返ってくる過払い金の比較例、安い事務所が良い事務所というわけではない理由を説明していますので、過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ参考にしてください。

過払い金請求にかかる費用・相場について

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼すると費用がかかります。かかる費用によって手元に残る過払い金も変わるため、比較してから依頼する司法書士や弁護士を選びたいところです。しかし、司法書士か弁護士かによって費用の名称が異なっていたり、事務所によって費用の表記の仕方が異なるため、わかりにくい場合がありますので相場と合わせて説明します。

相談料

相談料は司法書士や弁護士に相談した時にかかる費用です。多くの事務所は相談料を無料としていますが、30分~1時間の相談で5,000円の費用がかかる事務所もあります。また、相談料がかかる事務所の中には、実際に依頼をした場合に支払う報酬に相談料を含んでいるところもあります。

着手金

着手金とは司法書士や弁護士に依頼した時点でかかる報酬で、依頼された案件が解決するかどうかに関係なく発生します。着手金は過払い金請求をする貸金業者の数に応じて金額が変わります。1社につき1万円~2万円程度が相場となっており、司法書士ではかかる事務所が少なく、弁護士ではかかる場合が多いです。

基本報酬

基本報酬は過払い金の調査や計算、貸金業者との交渉など過払い金請求の手続きにかかる費用です。司法書士では着手金を取らない代わりに基本報酬を設定している場合もありますが、着手金と基本報酬の両方を不要としている事務所もあります。一方、弁護士は着手金を取る代わりに基本報酬がかからないことが多いですが、着手金と基本報酬の両方を設定している事務所もあるため確認する必要があります。

司法書士の基本報酬は、日本司法書士会で着手金・基本報酬・解決報酬を含めて最大5万円までと決められており、貸金業者1社につき2万円から3万円程度が相場となっていますが、基本報酬を不要としている司法書士もいます。弁護士については「適切かつ妥当な金額」とされているだけで上限は決められていません。

解決報酬

解決報酬は依頼した案件が解決したことで発生する報酬です。この報酬は事件の解決内容がどのようなものかを問わず、解決したこと自体に対してかかる費用となっています。

司法書士の解決報酬については、日本司法書士会で着手金・基本報酬・解決報酬を含め5万円までに決められており、実際の相場は2万円程度ですが、解決報酬がかからない司法書士事務所もあります。弁護士については、日本弁護士連合会の債務整理に関する規程で貸金業者1社あたり2万円以下と決められており、相場も同額程度となっています。

成功報酬

成功報酬は、過払い金請求によって回収できた過払い金の金額をもとに算定する報酬です。成功報酬は、回収された過払い金に対して決められた割合をかけて計算されます。

司法書士の成功報酬は、日本司法書士会では「過払金返還報酬」と呼ばれています。貸金業者と話し合いで和解した場合には20%、過払い金請求の裁判によって過払い金を回収した場合には25%を上限としています。日本弁護士連合会では、成功報酬を「過払金報酬金」と呼んでおり、司法書士と同様に貸金業者との話し合い和解した場合は20%、過払い金請求の裁判によって過払い金を回収した25%が上限となっています。

成功報酬の金額は、報酬上限が相場となっていますが、事務所によっては16%~18%で設定していたり、話し合いで和解した場合と、裁判をして過払い金を回収した場合の差がないところもあります。

減額報酬

減額報酬は、司法書士や弁護士が「任意整理」という手続きで貸金業者と借金を減らす交渉をした場合に、減額された金額に応じて発生する報酬です。任意整理とは、返済を軽くするために貸金業者と返済条件や返済額の交渉をして、支払いを続けて完済できるようにする債務整理のひとつです。過払い金があれば借金を減額した上で、将来かかる利息をなくし、長期分割で月々の返済額を減らす交渉をするので返済負担が軽くなります

過払い金請求においては、司法書士や弁護士などの手腕による減額はないため減額報酬はかからないのが一般的です。ただし、返済中の借金で過払い金が発生していた場合は、過払い金をもとに借金を減額して貸金業者と交渉をする任意整理になる場合があります。任意整理をすると減額報酬がかかる場合があります。減額報酬については日本司法書士会や日本弁護士連合会によって、減額分の10%以下という制限があり、相場も10%程度です。

実費

司法書士や弁護士への報酬ではありませんが、必要な費用として実費があります。これは、郵便切手代や交通費・通信費、書類に貼付が必要となる収入印紙や裁判をする際の手数料など、過払い金請求の手続きに必要となる費用です。実費は多くの場合、実際にかかった費用を依頼者が支払うもので、支払い時期や支払い方法は事務所によって異なります。

その他

その他の費用は、貸金業者1社につき通信費1,000円、事務手数料1,000円、振込代行手数料1万円などがあります。また、近所や自宅に出張するたびに出張面談料3万円を請求する事務所もあります。しかし、これらの費用は着手金や基本報酬に含まれている事務所がほとんどです。別途でかかる費用についても事前に確認して、過払い金請求を依頼する事務所を選ぶことが大切です。

過払い金請求の裁判に必要な費用

過払い金請求は、貸金業者と話し合いで和解すると過払い金が返ってくるまでにかかる期間は短くなる傾向にありますが、返ってくる過払い金が少なくなる可能性があり、過払い金請求の裁判をした方が戻ってくる過払い金が多くなる可能性が高くなります。過払い金の裁判には以下の費用がかかります。

収入印紙

過払い金請求の裁判をするのに必要となる費用として、裁判所に支払う手数料を収入印紙で納付します。収入印紙代は、請求する過払い金によって変わり、請求する過払い金が100万円以下の場合は10万円につき1,000円程度となっており、100万1円~500万円場合は20万円につき1,000円あがっていきます。

請求する過払い金が100万円以下の場合

請求する過払い金額 印紙代
~10万円 1,000円
10万1円~20万円 2,000円
20万円1円~30万円 3,000円
30万円1円~40万円 4,000円
40万円1円~50万円 5,000円
50万円1円~60万円 6,000円
60万円1円~70万円 7,000円
70万円1円~80万円 8,000円
80万円1円~90万円 9,000円
90万円1円~100万円 10,000円
請求する過払い金が100万1円~500万円場合の場合
請求する過払い金額 印紙代
100万1円~120万円 11,000円
120万1円~140万円 12,000円
140万1円~160万円 13,000円
160万1円~180万円 14,000円
180万1円~200万円 15,000円
200万1円~220万円 16,000円
220万1円~240万円 17,000円
240万1円~260万円 18,000円
260万1円~280万円 19,000円
280万1円~300万円 20,000円
300万1円~320万円 21,000円
320万1円~340万円 22,000円
340万1円~360万円 23,000円
360万1円~380万円 24,000円
380万1円~400万円 25,000円
400万1円~420万円 26,000円
420万1円~440万円 27,000円
440万1円~460万円 28,000円
460万1円~480万円 29,000円
480万1円~500万円 30,000円

※500万1円~1000万円までは、50万円ごとに2000円アップします。

郵券代(予納郵券)

郵券代とは、訴状の副本を裁判所から貸金業者へ郵送するために、いったん負担する郵送費用のことです。郵券代は余れば返還されますし裁判に勝つことで貸金業者に請求することが可能です。金額は各裁判所によって異なりますが、1つの貸金業者に対して過払い金請求の裁判する場合は約6,000円かかります。

各裁判所の郵券代の一例

代表者事項証明書

過払い金請求の裁判をする際には、訴状とともに貸金業者に関する代表者事項証明書を裁判所に提出する必要があります。代表者事項証明書には貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されています。代表者事項証明書は近くの法務局で取得できて、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

司法書士や弁護士の中には、過払い金請求の裁判をするにあたって、別で費用を請求してくる事務所もあります。たとえば、訴訟手数料として貸金業者1社につき5万円、裁判所への出廷1回につき1万円などです。しかし、これらの費用がかからない事務所もたくさんあるので、依頼する前に確認しておくことが大切です。

司法書士と弁護士の過払い金請求にかかる費用の違い

過払い金請求を依頼する場合の費用は、司法書士会と弁護士会の報酬に関する決まりが共通しているため、司法書士と弁護士とで大きな違いがあるわけではありません。必ずしも弁護士の方が高額の費用がかかるというわけでもなく、費用の高い司法書士事務所もあれば安い弁護士事務所もあります。費用が明確であることや各費用の金額が適切なことなどを基準にして、信頼できる司法書士や弁護士に依頼してください。

司法書士や弁護士に費用を支払うタイミング

司法書士や弁護士へ支払う報酬を用意できないからといって、過払い金請求の依頼をあきらめる必要はありません。相談料や着手金などの初期費用がかからない事務所は多くありますし、過払い金が発生しているかの調査や計算も無料でしてくれる事務所もあります。

過払い金請求に特化した司法書士や弁護士では、過払い金請求がすべて終わり過払い金が返還されてから費用の精算をします。過払い金請求をする人の中には依頼した時点でまとまったお金を用意できない人がいることに配慮し、報酬を支払うタイミングを解決後に設定しているのです。

費用の精算の仕方は、司法書士や弁護士事務所の口座に貸金業者から過払い金の振り込みがされます。その金額から、依頼者から支払いを受けるべき費用を差し引き、残った過払い金を依頼者の口座に振り込むという方法で精算します。しかし、任意整理の手続きになった場合には、任意整理の手続き中に報酬を一括か分割で支払うことが一般的です。貸金業者と交渉したあとに減額報酬が発生した場合は分割回数を増やしたり、残りの支払いを組み直したりします。

正確な過払い金が振り込まれているか確認する場合は、貸金業者との話し合いで和解した場合は和解書が、裁判で判決がでた場合は判決書が作成されていますので、司法書士や弁護士に見せてもらいましょう。

過払い金請求を自分ですると費用は安いがデメリットが多い

司法書士や弁護士に支払う費用を節約したい場合、過払い金請求を自分ですることもできます。しかし、司法書士や弁護士に依頼するのと比べて、過払い金請求を自分でするとデメリットが多くあります。デメリットを知った上で過払い金請求をしないと、費用を節約するつもりが結果的には司法書士や弁護士に依頼した方が得だったということになってしまいます。過払い金請求を自分でするデメリットは以下のものがあります。

詳しくは「自分で過払い金請求する誰にも知られず失敗しない方法」で説明していますので参考にしてください。

過払い金請求にかかる費用と返ってくる過払い金の比較シミュレーション

過払い金請求を自分でした場合と司法書士に依頼した場合の比較シミュレーション

過払い金請求を自分でした場合と司法書士などの専門家に依頼した場合で、どれくらい返還額に差がでるかの比較例を紹介します。ここでは、アコムに対して100万円の過払い金があり、裁判をせずに和解で解決した場合を例に見ていきます。

過払い金請求を自分でした場合

自分でアコムの過払い金を話し合いで和解した場合、過払い金の返還率は大体40%程度です。したがって、100万円の過払い金が発生しているのにもかかわらず、戻ってくる過払い金は40万円となります。

過払い金請求を司法書士へ依頼した場合

司法書士がアコムの過払い金を話し合いで和解した場合、返還率は大体60%~80%です。相談料や着手金、その他の費用はなく成功報酬が20%だったとします。返還率が60%だった場合だと過払い金は60万円となり、支払う報酬は12万円、手元に返ってくる額は48万円となります。返還率が80%だと過払い金は80万円となり、支払う報酬は16万、手元に返ってくる過払い金は64万円です。司法書士に報酬を支払っても自分で過払い金請求をするよりもお金が多く戻ってくることがわかります。

費用の安さを重視した事務所と対応力のある事務所の比較シミュレーション

過払い金請求を費用の安さを重視した事務所、対応力がある実績の事務所、全国展開している大手事務所に依頼したとします。アコムに対して過払い金が100万円が発生しており、裁判をした場合を例とします。司法書士がアコムと裁判した場合の返還率は大体60%~100%となっています。

費用の安さ重視の事務所へ依頼した場合

相談料、着手金なしで成功報酬が25%でその他にかかる費用はなかったとします。費用が安いだけで貸金業者との交渉力はなく返還率80%で和解して過払い金は80万となります。過払い金に対して成功報酬は25%なので支払う報酬は20万円となり、手元に返ってくる過払い金は60万円となります。

対応力のある事務所へ依頼した場合

相談料、着手金なしで成功報酬が25%でその他にかかる費用はなかったとします。過払い金請求の対応力がある事務所の場合、貸金業者との交渉も優れているので返還率100%で和解して過払い金は100万円となります。過払い金に対して成功報酬は25%なので支払う報酬は25万円となり、手元に返ってくる過払い金は75万円となります。

費用が安い=良い事務所ではない

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ際に、費用の安さだけに目を奪われてしまうことは良い結果につながりません。費用が安価であることを重視するあまり、対応に不満が残るような事務所に依頼してしまい返ってくる過払い金が少なくなる可能性があります。あまりにも費用が安い場合は、対応力や実績不足など安い理由があるのではないかと考えることもできます。大切なことは過払い金を最大限回収できることであり、その点を考慮して費用を比較して事務所を選ぶことが重要です。

過払い金請求は事務所によって返還率や返ってくるまでの期間がかわる

過払い金請求をして満足できる返還率で過払い金が回収できるか、返ってくるまでの期間を短くできるかは、司法書士や弁護士の対応力によって大きく変わります。過払い金請求の交渉経験や回収実績が豊富な事務所であれば、返ってくる過払い金を最大限まで多くできる可能性は高いです。依頼する事務所を選ぶ場合は、対応力や実績を優先的に考える必要があります。

家族に借金をしていたことがまわりにばれる

費用が安いだけで、過払い金請求の知識や経験の少ない司法書士や弁護士に依頼すると、依頼者への配慮不足によって事情を気にせずに自宅に電話をかけたり、書類を事務所名で郵送したりすることで、借金をしていたことがバレる可能性があります。経験豊富な司法書士や弁護士であれば、指定の時間にだけ依頼者の携帯番号に電話をしたり、郵便物の差出人を伏せたりして依頼者の事情に配慮してくれます。

悪徳な弁護士や司法書士に依頼する

表面的には費用が安く見える司法書士や弁護士の中には、過払い金を着服して依頼者に報告するような悪徳事務所もあります。見た目の安さに目を奪われず、過払い金請求のメリット、デメリットや流れを丁寧に説明してくれる信頼できる事務所に依頼してください。過払い金請求に関するトラブルは「過払い金請求でトラブルになる悪徳ブラックな弁護士・司法書士に注意」で詳しく説明していますので参考にしてください。

過払い金請求の相談は相談実績3000件以上の杉山事務所

杉山事務所は過払い金に関する相談を月3000件以上対応しており、消費者金融の恐れる司法書士NO.1に選ばれたこともあり、多くの貸金業者と交渉した実績があります。費用に関しても相談や着手金だけでなく、過払い金の調査や計算も無料となっています。

過払い金請求が成功した時にお支払いいただく報酬も、返還される過払い金から差し引きしますので事前に費用を支払うことなくご依頼していただけます。お気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ