FXで借金地獄になる前に知っておくべき原因と対処法

「FXが原因で借金地獄になりそうで怖い」
「FXで借金地獄になったらどうすればいいの?」

と多くのご相談があります。

FXは本来借金しにくい投資方法ですが、借金地獄になってしまうリスクを知らずに甘い見通しで高い利益を狙った無理な取引をすると、大きな損失を被ってしまう可能性もあります。

FXの借金で生活が行き詰ってしまう前に知っておきたい、FXで借金地獄になる原因や借金をしてしまったときの対処法をお伝えします。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXは本来借金をしにくい投資

FX(Foreign Exchange Trading:外国為替証拠金取引)は、異なる2国間の通貨を売買することによる差益を狙う投資です。

口座に預けたお金(証拠金)よりも多い金額を運用できるレバレッジという仕組みがあるため、失敗したときの損失が大きいというイメージがありますが、FXには投資家の損失を最小限に抑えるロスカットというシステムが用意されています。

為替相場が急激に変動して決済前の含み損が証拠金の一定割合以上を上回った場合、まずマージンコールという通知が来て、追証(追加証拠金)の入金を促されて、ここで追加の入金をしないとロスカットが発動されて、強制的に決済されます。

ロスカットが発動されるラインはFX会社によって異なりますが、基本的に投じたお金以上の損失が発生しないようになっているのです。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXで借金地獄になる原因

強制ロスカットが間に合わない

FXでは強制ロスカットによる投資家保護の仕組みが導入されていますが、取引のやり方によってはロスカットが間に合わなくて、預けた資金以上の損失が発生して、やむを得ず借金をしてしまうリスクもあります。

相場の急落

何らかの理由で急激な相場変動が生じると、多くの取引で強制ロスカットが発動させるためにシステムの処理が追いつかなくなって、ロスカットの実施が遅延してしまうケースがあります。

ロスカットが遅れている間にさらに相場が悪化して、証拠金以上の損失が出てしまうのです。

急激な相場変動の要因としては、地震などの自然災害、リーマンショックなどの金融危機が挙げられます。

土日の変動

FXの取引は、FX会社が営業している平日にしか行えませんが、為替市場は休日も関係なく24時間動いているため、土日をまたいでポジションを持ち越している間に相場が急落した場合、FX会社による強制ロスカットが間に合わなくて、大きな損失を出してしまう恐れがあります。

システムトラブル

FX会社のシステムトラブルにより本来行われるべき強制ロスカットが発動されなかった、あるいは遅れた場合も、預けた証拠金以上の損失が発生してしまう可能性があります。

FX会社の過失によって発生した損失については補償されるケースもありますが、契約書や利用規約などでよく確認しておくことが重要です。

甘い見通しで追証(追加証拠金)を入れてしまう

為替相場の急変によって決済前の含み損が証拠金の一定割合以上を上回ってマージンコールが来た場合、追証(追加証拠金)の入金をすることで強制ロスカットを回避できます。

相場下落が一時的であって、追証の入金後に相場が回復すればいいのですが、その後も下落が続けば追加の入金分だけ資金が減っていくことになります。

強制ロスカット(損失の確定)を避けたいあまりに、甘い見通しで追証の資金を確保するために借金を重ねてしまうケースがあるのです。

ナンピン投資を繰り返す

ナンピン投資とは、相場下落で含み損が出たときに同じ通貨ペアをさらに買い増すことで平均購入価格を下げて、レートが回復した際の利益を出しやすくする手法です。

例えば、ドル円を110円で買って、レートが100円に下落した際にその価格で同じ数量を買い増しすると平均購入価格が105円になるため、レートが105円を超えた段階で売れば利益が出ます。

しかし、さらに相場が下落すれば当然損失は大きくなるため、損切りをせずにナンピン投資を繰り返していると手元の資金が足りなくなって、借金をしてしまうケースがあります。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXで借金が発生した可能性があるケース

ロスカットの原因 発生件数(件) 発生金額(百万円)
2015/1/15 スイスフランの為替変動 1,137 1,948
2015/8/24 南アフリカランド/円、米ドル/円の為替変動 4,820 828
2019/1/3 米ドル/円の瞬間的な為替変動(フラッシュクラッシュ) 6,389 808
2021/3/22 トルコリラ/円の為替変動 3,444 1,375

(出典:ロスカット等未収金発生状況(一般社団法人金融先物取引業協会))

一般社団法人金融先物取引業協会では、国内のFX会社におけるロスカット等未収金(強制ロスカットが間に合わずに発生した口座内の証拠金のマイナス分)の発生状況を紹介しています。

原因となったのは、いずれも為替相場の急激な変動ですが、投資家は口座内の証拠金のマイナス分を補てんしなければならないため、人によっては手元の資金が不足してしまい借金をした可能性があります。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXで借金をしやすい人の特徴

状況に流されやすい

FXは世界の経済・金融事情や、ポジションを持つ通貨国の情勢など幅広く情報を収集して、長期的な目線で値動きを想定しながら投資をおこなう姿勢が重要です。

目の前のレートの短期的な動きに一喜一憂したり、信頼性の低いSNSの投稿などに影響されたりして適切な判断ができないと、思わぬ損失を被ってしまうリスクもあります。

自分の力を過信する、プライドが高い

相場が下落していても損失を確定したくない(失敗を認めたくない)ために損切しない、あるいはマージンコールが来ても強制ロスカットを避けたい一心で相場回復の見込みもないのに追証を繰り返してしまうといった人は、証拠金を超えた損失を出して手元資金が足りなくなって借金をしてしまう可能性があります。

ギャンブルが好き

FXは高いレバレッジを掛けたハイリスク・ハイリターンな取引ができるため、ギャンブル好きな人がのめり込んでしまうケースがありますが、レバレッジを掛ければ掛けるほど損失も大きくなるため注意が必要です。

お金の管理が苦手

FXはレバレッジを掛けて自分のお金(証拠金)以上の金額で取引ができるため、今どれだけの資金を運用していて、損益がいくら発生しているか、投資の全体像を把握しづらい特徴があります。

きちんとお金の管理をしていないと、気付いたら思わぬ大きな損失が発生している可能性もあるのです。

投資で儲けた成功体験がある

FXは高いレバレッジを掛けられるうえに、短期間で大きく相場が変動することもあるため、初心者が取引を始めてすぐにまとまった利益を得ることに成功するケースもあります。

しかし、ビギナーズラックには再現性がないため、数少ない成功体験を過信し過ぎると損切すべき場面で冷静な判断ができず、大きな損失を出してしまう可能性があります。

高いレバレッジで損をしている

すでに高いレバレッジを掛けて損をしているのにポジションを持ち続けている、あるいはマージンコールに対して追証をしたことがある場合は、大きな損失を出す可能性が高くなります。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXで借金をしないための対策

余剰資金で投資する

FXにはマージンコールおよびロスカットによって、証拠金以上の損失を防ぐ仕組みがありますが、自ら追証を繰り返せば損失がどんどん膨らんでしまうリスクがあるため、生活費にまで手を出したことでお金が足りなくなって、最終的に借金をしてしまうケースがあります。

FXをやるなら、生活費や将来に向けた貯蓄をのぞいた余剰資金のみで運用するというルールを自分に科すべきです。

きちんと勉強する

FXは株式投資のように業界研究や企業分析が必要なくて、投資初心者でも少額から手軽に挑戦できるというイメージがありますが、政治や経済の動向を把握するために幅広い情報を収集したうえで、値動きを予測するための知識と経験が必要な投資です。

決してギャンブルではありませんので、きちんと勉強してから始めるべきです。

デモトレードで経験を積む

各FX会社では、実際のシステムと同等の環境で取引を体験できるデモトレードが利用できます。

どのFX会社のサービスが利用しやすいかの判断材料にするのはもちろん、値動きのイメージや売買、損切のタイミングなどの感覚をつかむために、実際に取引する前にデモトレードで練習をするべきです。

リスクの高い通貨には手を出さない

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの取引参加者が少ないマイナー通貨は為替相場の変動が激しいため、大きな損失を出してしまうリスクが高くなります。

マイナー通貨の発行国は政治・経済情勢が不安定で予測がしにくいケースも多いため、特に初心者は日本円、米ドルなど値動きが比較的緩やかなメジャー通貨のペアを選択するのが無難です。

レバレッジは掛け過ぎない

FXではレバレッジを掛けて自己資金以上の投資ができるのが魅力の一つですが、高いレバレッジを掛けると損失が出たときのダメージも大きくなります。

日本のFX会社では最大25倍のレバレッジを掛けることができますが、できれば1倍、高くても3倍程度にすれば想定外の損失を出すリスクを防げますし、万一強制ロスカットされても残った資金で再度取引に参加できるチャンスもあります。

損切ルールを設定する

損失を最小限にするためには、マージンコールやロスカットの前に早めに損切するのが最も効果的な対策です。

自己資金の状況や投資計画から自分なりの損切ルールを決めておくべきですが、一般的には資金の2%を損失したら損切するという2%ルールが活用されています。

リスクリワードを決めて損小利大でのトレードを心掛ける

リスクリワード(リスクリワードレシオ)とは、取引におけるリスク(損失)とリワード(利益)の比率のことです。

すべての取引で勝つ(利益)を出すのが理想的ですが、現実的にはむずかしいため、例えばリスクリワード(損失:利益)=1:2を目標として、10回の取引で損失が出たのが6回、利益が出たのが4回(勝率40%)と負け越しても、トータル(平均)の利益が損失の2倍になるような投資を目指します。

マージンコールを無視しない

損切ルールを設定していてもマージンコールが来たということは、自分の予測を上回る急激な相場変動が起こったことを意味するため、甘い見通しで追証はせず、強制ロスカットの前に損失を確定させるべきです。

逆指値注文を入れる(ストップロス)

急激な相場変動が起きそうな状況でポジションを保有する際は、逆指値注文を入れておくことで、想定とは異なる値動きを見せた場合でも設定した金額で損切(ストップロス)がされるため、損失を最小限に抑えられます。

過去のトレード結果を分析・検証する

同じ通貨ペアで取引を続けていれば、過去の相場チャートや値動きの原因を分析することで今後の予測に役立ちますし、利益あるいは損失を出したときの自分の取引のクセや判断が適切だったかどうかの検証はリスクリワードを高めるうえで有用です。

取引できない土日にポジションを持たない

日本で取引ができない土日をはさんでポジションを保有すると、もし急激な為替変動が起こった場合に決済ができず、強制ロスカットも間に合わない恐れがあるため、金曜のうちに決済しておくべきです。

主要な経済指標発表のスケジュールを確認しておく

GDPや貿易収支の速報値、雇用統計、小売売上高、鉱工業生産、景況感指数など、投資行動に大きな影響を及ぼす経済指標は為替相場の変動にもつながりやすいため、特に自分がポジションを保有する通貨ペアに関連するものについては、事前に発表のスケジュールを把握しておくべきです。

予測不能な大きなイベントがある前はポジションを持たない

主要な経済指標の発表など、為替相場に影響を与える大きなイベントがある場合、値動きが予測できれば利益を出すチャンスになりますが、同時に思惑が外れたときはリスクにもなりうるため、予測に自信がないときはポジションを持たない選択も必要です。

ゼロカットシステムを活用する

海外のFX会社では25倍を超える高レバレッジを掛けられる一方で、ゼロカットシステムという投資家保護の仕組みを採用していて、口座残高がゼロになった時点で必ず決済してくれるとともに、マイナスが発生しても不足分を入金する必要がありません。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXで借金地獄になってしまったときの対処法

現実的な返済計画を立てる

FXで借金をしてしまったら、まずは借金の状況を確認してきちんと返済できるか計画を立てることが第一です。

投資のために衝動的に借金してしまった場合は、金利や月々の返済額を正確に把握していなかったり、返済計画を考慮していなかったりするケースも少なくないため、早めに確認すべきです。

返済のために借金を重ねない

FXが原因がどうかにかかわらず、借金返済において最も重要な心掛けの一つは、さらに借金を重ねないことです。

特に、なかなか損切ができずに追証を繰り返して借金をしてしまったケースでは、負けを取り戻そうと再度FXで取引に参加して一発逆転を狙いたいという気持ちもあるかもしれませんが、さらに状況を悪化させることになる可能性が高いため、投資資金の確保を目的としてまた借金をするのは避けるべきです。

FX会社に返済の意志を伝える

強制ロスカットが間に合わなかったなどの理由でFXの口座残高がマイナスになってしまった場合は、FX会社に借金をしている状態であるため、金額をきちんと把握して返済の計画を立てたうえで、早めに返済の意志を伝えるべきです。

直接交渉するのがむずかしい場合は、証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC:フィンマック)に相談するという方法もあります。

借金した本人が死亡した場合

FXで借金をした名義人が死亡したときは、残った借金は負債として相続の対象になり、名義人の妻や子どもなど相続人が返済する必要があります。

借金を相続したくない場合は、相続放棄という選択肢もありますが、相続放棄した場合はプラスの遺産も放棄することになるため、資産と負債を比較して、相続放棄すべきか判断します。

プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからなかったり、自宅などどうしても相続したい財産がある場合は、相続した借金などのマイナスの財産をプラスの財産の範囲内で弁済すれば済む限定承認という選択肢もあります。

相続放棄の手続きは生前にはできませんので、相続人となる家族の負担を減らしたいなら、早めに債務整理して借金問題を解決しておくべきです。

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

自力で返済できない場合は債務整理する

借金額が比較的少ない場合:任意整理

任意整理は貸金業者との交渉によって利息カットして、返済回数を36~60回(3~5年)にして返済の負担を減らす手続きです。

安定した収入があって、毎月きちんと返済できている一方で、利息が多くて少し苦しいと感じているなら、任意整理して借金を減らすことで返済の負担が軽くなります。

借金額が多く安定収入がある場合:個人再生

安定した収入があっても、借金額が多すぎて任意整理では返済がむずかしい場合は、住宅などの財産を残して借金の元本を大幅に減額できる個人再生が適しています。

すでに給料などの差し押さえが始まっていても、個人再生では差し押さえをストップさせることが可能です。

借金額が多く収入も少ない場合:自己破産

任意整理や個人再生も難しい経済状況の場合は、自己破産を検討します。

借金返済の見込みがない(支払不能)であることが裁判所に認められれば、財産を処分して借金をできるだけ返済する「破産」手続きを行ったうえで、借金をゼロにする「免責」によって原則として借金を返済する必要がなくなります。

ただし、FXのような投機行為は自己破産における免責不許可事由に該当するため、FXで多額の借金を抱えてしまった場合は免責してもらえないのが原則です。

FXの借金でも自己破産できるケース(裁量免責)

FXで作った借金は自己破産で免責してもらえないのが原則ですが、裁判官が借金の状況や本人の生活状況などを見たうえで特別に免責を認める裁量免責によって免責してもらえる可能性があります。

投機行為による自己破産の申し立てが初めてであることを前提として、借金額が少ない、借金をしたことを反省してFXなどの投機行為をきちんとやめている、計画的な家計管理ができている、などの条件を満たせば免責許可が下りる可能性があって、実際に自己破産を申し立てた人のうち、最終的に免責を受けられる人の割合は97%程度です。

FXの借金で自己破産できないケース

債務整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

債務整理のデメリットの相談は何度でも無料

家族に知られずに債務整理のデメリットの相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

FXの借金問題は早めに専門家に相談すべき

杉山事務所は相談実績が月3000件以上、相談料・着手金無料で借金問題に非常に強い司法書士事務所です。

借金問題は解決を先延ばしにするほど状況が悪化する可能性が高いため、FXで作った借金で悩んでいる場合はすぐに相談してください。

過払い金請求、債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top