パチンコで借金を繰り返すのは危険!借金地獄を脱却する方法

    

「このまま借金を増やし続けたらどうなるの?」
「借金地獄から抜け出すためにはどうすればいいの?」
と多くの相談があります。

パチンコをするために借り入れを繰り返して返済ができなくなると、お金のトラブルで友達や家族との縁が切れる、携帯・電気・ガス・水道が利用できなくなるなど多くのリスクがあります。

貸金業者から督促状がきても返済を延滞し続けているなら、住宅・自動車・預金などの財産が差し押さえられてしまう可能性があります。

最悪のリスクを避けるためにギャンブル依存症の症状と向き合う、借金を減らす手続きをして借金の返済をしていくべきです。

パチンコで借金を繰り返してしまうリスク

ギャンブル依存症になって借金地獄から抜け出せなくなる

パチンコをしている人ならだれでもギャンブル依存症になる可能性があります。

依存症には、アルコールや薬物などモノへの依存と、特定の行為に熱中してのめりこむプロセスへの依存があります。パチンコの場合、あと少しで当たりが出るような演出からパチンコを続けてしまうプロセスへの依存です。

ギャンブル依存症になってしまうと、パチンコで負けた金額をパチンコで取り返すため、多額の費用を一回でパチンコにつかう、家賃、食費、光熱費を支払うためのお金をパチンコ代につかうことが常識的になってしまいます。

最終的にパチンコのためにお金を借りることになって、ふと気づいたときには数百万円という多額の借金の返済ができなくなってしまいます。

ギャンブル依存症の症状

友達や家族との縁が切れる

消費者金融や銀行、クレジットカード会社からお金を借り入れすることができなければ、友達や家族にお金を貸してほしいと頼むしかありません。

しかし、パチンコをするためにお金を借り入れするといって貸してくれるとは限らないので、嘘をついてお金を借り入れすることになります。

借りたお金を返せなかったことが原因で嘘をついていたことがバレて、友達と縁をきられてしまう、家族に家から追い出される、妻(夫)と離婚することになる可能性があります。

借金の遅延損害金が発生する

遅延損害金とは、契約が守れなかった場合に貸金業者に与える損害に対する賠償金です。

貸金業者からお金を借りたあと返済期日までに返済ができない場合、通常の返済に加えて契約の返済期日から実際に返済をした日までの遅延損害金を支払う必要があって、貸金業者から催告書や督促状が送られてきます。

遅延損害金は、「借り入れ残高×遅延損害金利率÷365×延滞日数」で計算されます。

無視し続けてしまうと、残債、遅延損害金を一括請求されて、最終的には、給与や預貯金を差し押さえられてしまう可能性が高いです。

公共料金の遅延損害金が発生する、電気・ガス・水道が止まる

ガス・電気・水道といった公共利用料金の支払期日を過ぎてしまう翌日から以下の計算式に応じて遅延損害金が発生します。

延滞利息=利用料金×年率÷365日×滞納日数

年率は、電気料金が10%、水道料金が3%、ガス料金は約10%(1日0.0274%で計算)となります。遅延損害金の発生が記された督促状が届いても利用料金を延滞し続けてしまうとガスは延滞した翌日から50日程度、電気は60日程度、水道は60日~180日程度で供給がストップされてしまいます。

家賃の遅延損害金が発生する・強制解約になる

家賃は、支払期日を過ぎてしまうと翌日から以下の計算式に応じて遅延損害金が発生します。

延滞利息=家賃代×延滞損害金利率÷365日×延滞日数

利率は、最大で14.6%で原則として賃貸借契約書に記載があります。記載がなくても年5%もしくは6%の利率で計算した延滞利息を請求されます。

支払期日の翌日から2ヵ月を超えると督促状がいつ・だれが・どこに送ったかを証明できる証明郵便で届きます。3ヵ月以上、借金を延滞し続けると大家から契約解除通知が届く、賃貸物件の明け渡し請求をされるリスクが発生します。

リスクを回避するためにパチンコを辞める方法

家計簿で収支をつける

パチンコをしていると金銭感覚が鈍くなる、負けているのにもかかわらず勝っている錯覚してしまうので、給料の金額や家賃、光熱費、食費、パチンコに使ったお金など毎月の収入、支出をすべて家計簿につけておくべきです。

パチンコに費やしている金額が毎月の支出のどれくらいの割合となっているのか把握することで金銭感覚をもとに戻すことができます。

また、実際にパチンコで負けている事実を残しておくことで、パチンコ依存症になりかけている・なっていることを自覚するきっかけになります。

財布には最低限必要な現金しかいれない

現金が財布にあるとパチンコに使ってしまうので、最低限必要な現金だけを入れておくべきです。

現金がなくてもクレジットカードやPASMO、Suicaといった電子マネーがあれば不自由なく買い物や移動ができます。財布には自販機で購入するジュースなど1,000円未満の現金とクレジットカードを入れて持くことでパチンコに行くことを未然に防ぐことができます。

お札は1000円であっても財布に入れてはいけません。

家族にキャッシングのカードを預ける

キャッシュカードを財布に入れずに家族に預ける、もしくは自宅の金庫に入れておくことで外出中にパチンコ店にいきたくなったとき、パチンコ店にいて追加でお金が欲しいときにお金をおろせなくできます。

パチンコ店に行ったとしても、いつお金が無くなるのかわからない不安を心配しながらパチンコを打つことになるので、次からパチンコ店にいくときに抑止力が生まれます。

パチンコの情報を取り入れないようにする

新台情報や試打・実践動画を見るためにパチンコのアプリ・本・youtubeチャンネルを見る、買い物や仕事に行くときにマイホ(マイホール)と呼んでいる行きつけのパチンコ店を通り過ぎる、パチンコ店のチラシを見ることで、パチンコ店での興奮やパチンコ店に向かっているときの高揚感を思い出して、パチンコ店に行きたくなってしまいます。

パチンコ台は、アニメやゲーム作品とコラボしているものも多いので、アニメやゲームをすることで、パチンコ中の画像や音響を思い出すこともあります。

パチンコ店に行くことを辞めたいなら、できる範囲からパチンコの情報を取り入れないようにするべきです。

暇な時間を作らずに副業をする

暇な時間があると、ふとしたときにスマートフォンを開いてパチンコの新台情報や試打・実践動画を調べてしまう、勝ったときの興奮を思い出してしまう、パチンコでどうやったら勝てるかを考えてしまいます。

暇な時間を作らないために副業をすることで、パチンコのこと考える時間を減らすことができるので、パチンコに行きたいと思う回数を減らせます。

貸付自粛制度を利用する

パチンコなどギャンブルを辞められない、旅行、趣味、外食など遊興費を使いすぎてしまう、必要のない買い物をしてしまうなどの理由でいま以上に借金を増やしたくなければ、日本貸金業協会、全国銀行個人信用情報センターに貸付自粛申告をすることであたらしく借り入れをすることを未然に防げる可能性があります。

消費者金融、クレジットカード会社、銀行は新規契約をするときに「契約者の返済能力に問題がないか」「信用のおける人なのか」の審査をおこないます。貸付自粛申告をすると、その情報も判断材料の一つとして審査がおこなわれるので、審査に通らない可能性が高いです。

貸付自粛申告は、日本貸金業協会ならインターネット・郵送・受付窓口で、全国銀行個人信用情報センターなら郵送します。原則として本人しか申告をすることはできません。子供が未成年の親権者、成年後見人である場合など条件を満たすことで代理人でも申請できます。

自分で申告するなら、本人確認書類(運転免許書、健康保険証、パスポート)と貸付自粛申告確認書(申告する理由がギャンブルの場合のみ)、代理人が申告するなら申告者本人との関係がわかる書類なども必要となります。

貸付自粛制度は申告が認められた日から3ヵ月が経過するまでは、申告を撤回することができないので、ギャンブル依存症の自覚があって借金をいま以上に増やしたくないという強い意志があるなら利用するべきです。

専門機関へのカウンセリングを活用する

パチンコをやめるために、収支をつける、最低限必要な現金を持ち歩く、キャッシングカードを家族に預ける、パチンコの情報を取り入れないようにする、副業をする、貸し付け自粛制度を利用するなど生活を工夫しても、家を引っ越してパチンコ店が遠くなる、入院が必要な病気にかかるなどパチンコ店に行けない理由がないとパチンコを辞めるのがむずかしいです。

信号機を見ただけ、たまたまパチンコ店を通り過ぎただけなど、パチンコをやっていたことを思い出してしまうきっかけは日常生活に多くあります。

完全にパチンコをやめるには、依存症対策全国センター、一般財団法人ギャンブル依存症予防回復センター、精神保健福祉センター、ギャンブル依存症の当事者同士が悩みを共有し、依存症からの脱却を目指すギャンブラーズアノニマス、医療機関の精神科に相談するべきです。

パチンコの借金の返済額を減らして借金地獄から脱却する方法

自力で借金を返済する

消費者金融、銀行、クレジットカード会社に借金を返済するときには利息もあわせて返済する必要があります。

借金の元本と利息をあわせた金額を返済できているなら、返済期間をなるべく短くして完済を目指すべきです。返済期間が長くなれば利息を多く支払わなければいけません。

家賃をさらに低くする、携帯を大手キャリアから格安携帯会社に乗り換える、生命保険を見直して毎月の固定を低くして返済額を増やしましょう。

自力で借金を返済できないなら借金を減らす手続きを検討

自力で借金を返済できないなら借金を減らす債務整理をするべきです。債務整理には、毎月の返済額を減らす任意整理、借金を最大で90%減らす個人再生、借金をゼロにする自己破産があります。

交渉して毎月の返済額を減らす任意整理

任意整理は、自分もしくは、司法書士・弁護士が、貸金業者と将来発生する利息をカットしたり、借金の返済期間をのばす交渉をします。

貸金業者との交渉で和解ができれば、原則として将来発生する利息をカット、借金の返済期間を3年~5年程度にのばして毎月の返済額を減らすことができます。

借金を最大で90%減らす個人再生

個人再生は、自分もしくは、司法書士・弁護士が、個人再生申し立て書・借金総額の何%を返済するか、毎月の返済額、返済期間が書かれている再生計画案などの必要な書類を準備して、裁判所に提出します。

再生計画案が裁判所に認められると、将来発生する利息をカットして、借金の元本を最大で90%減らせます。残った借金を原則3年(最長5年)で返済できれば、減らした借金は免除されます。

また、住宅の建設、購入等に必要な資金として組んだローンは返済を続ける、もしくは返済日をあらためて設定することで、住宅を残したまま、住宅ローンをのぞいた借金を減らすことができます(住宅資金特別条項)。

借金をゼロにする自己破産

自己破産は、自分もしくは、司法書士・弁護士が自己破産申し立て書などの必要な書類を準備して、裁判所に提出します。自己破産が裁判所に認められると、借金をゼロにできます。

パチンコのために借り入れした借金は自己破産ができない免責不許可事由に当てはまるので、原則として自己破産できません。ただし、自己破産の申し立てをする前にパチンコをやめて家計簿で収支をつけている、自己破産の申し立てをおこなった理由など本人の事情や自己破産をしたあと更生できる見込みがあるなら、裁判所が裁判裁量によって自己破産を認めるケースもあります。

パチンコの借金を手間や時間をかけずに減らすなら専門家に相談

債務整理には、毎月の返済額を減らす任意整理、借金を最大で90%減らす個人再生、借金をゼロにする自己破産がありますが、借金の金額や収入、毎月の生活費、借金をした理由などによってそれぞれ手続きができる条件とできない条件があります。

本人では手続きできるか、できないかの判断がむずかしいので専門家に相談するべきです。パチンコが原因で借金の返済を延滞していて、督促の電話や督促状が自宅に届いているなら、司法書士・弁護士に債務整理を依頼することで督促をストップすることもできます。

借金の相談は、ほとんどの司法書士・弁護士が無料でおこなっているのでお気軽にご相談ください。

過払い金請求、債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top