過払い金請求で信用情報機関のブラックリストに載らない方法と載る条件

「過払い金請求でブラックリストに載るか?」

と、多くのご相談がありますが、正しい方法で過払い金請求をすればブラックリストに載りません。ただし、

によってはブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストという言葉だけ聞くと不安に感じてしまいますが、杉山事務所ではブラックリストが怖くない理由をお伝えするので安心して過払い金を取り戻せます。過払い金があるのか、いくらあるのか無料でお調べできますので、お気軽にご相談ください。

1) ブラックリストに載らない過払い金請求の方法

借金を完済して過払い金請求する

借金を完済して過払い金請求すれば、ブラックリストに載りません。また、複数の貸金業者に借金がある場合、完済している貸金業者だけを選んで過払い金請求すれば、ブラックリストに載ることはありません。

返済している借金を過払い金請求で完済する

返済している借金を過払い金で完済できればブラックリストに載りません。また、借金を毎月返済する必要も無くなります。過払い金で借金を完済できるか知るために、過払い金があるのか、いくらあるのかお調べできます。

過払い金がいくらあるのか調べる

過払い金がいくらあるのか調べるだけではブラックリストに載りません。過払い金があるのか、いくらあるのか調べることで、返済中の借金を過払い金で完済できるのかわかります。

ブラックリストより怖い過払い金が取り戻せなくなること

過払い金請求はいつまでもできるわけではなくて、最後の取引から10年が経過すると過払い金が取り戻せなくなります。最後の取引がいつかを調べることで過払い金が取り戻せなくなるリスクを防ぐことができるので、お早めにご相談ください。

2) ブラックリストに載る条件

過払い金請求でブラックリストに載ることはありません。ただし、借り入れの金額と過払い金の金額を調べた結果、過払い金の金額より借り入れの金額の方が多ければ、過払い金請求ではなく借金を減らす任意整理の手続きになってブラックリストに載ります

クレジットカードの過払い金請求をする場合、過払い金よりも「ショッピング枠の残高」が多ければ任意整理の手続きになってブラックリストに載ります。

過払い金請求以外でブラックリストに載る条件

一般的にいわれているブラックリストに載る、あるいはブラックになるというのは、以下の4つの条件で信用情報機関に事故情報で登録されることです。

事故情報が登録される信用情報機関

消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者は、信用情報機関の加盟会員になっていて、借り入れやクレジットカードの新規契約の審査をするときに、申込者の属性情報(職業や収入、年齢)や事故情報を確認します。

株式会社日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融系の信用情報機関だった全国信用情報センター連合会とテラネット、CCBが統合した一番古い信用情報機関。
平成18年に改正貸金業法で決められた指定信用情報機関になっており、消費者金融と信販会社が主な会員。
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
信販会社とクレジットカード会社が会員となっている信用情報機関。
信販会社だけでなく銀行系金融機関や消費者金融も加盟。
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
全国銀行個人信用情報センターは他の2つの機関と違い、ブラックリストの登録内容と合わせて、自己破産の官報情報を登録している信用情報機関。
銀行や銀行系クレジットカード会社や、銀行系の信用保証協会・農協・信用組合・信用金庫が加盟。

3) ブラックリストに載ると発生するリスク

貸金業者は借り入れやクレジットカードの新規契約の審査で、申込者の属性情報や事故情報を確認します。審査をする方の事故情報が信用情報機関に載っていれば借り入れやクレジットカード・ローンの審査が通りづらくなります。また、信用情報機関に事故情報で登録されると使用中のクレジットカードが使えなくなります。

ブラックリストに載っていなくても、過去に過払い金請求して社内ブラック(貸金業者内で共有されるブラックリスト)に載っていると、借り入れやクレジットカード・ローンの審査が通りづらくなります。

クレジットカードが使えなくなるリスクを回避する方法

使用中のクレジットカードが使えなくなっても、「クレジットカードを利用したい方」は、配偶者や家族が利用しているクレジットカードの家族カードを発行すれば、クレジットカードを利用できます。また、家族や配偶者がクレジットカードを持っていなくても、「私生活で現金を持ち歩きたくない方」や「ETCを使用したい方」はクレジットカードの代わりになるサービスを使用することで代替できます。

クレジットカードの代わりになるサービス

私生活で現金を持ち歩きたくない方は、口座内から引き落されるデビットカードというサービスで代替できます。ETCを使用したい方は、ネクスコ(高速道路会社)が発行しているETCパーソナルカードというサービスで代替できます。ETCパーソナルカードは、4万円の保証金を先に預け入れることで契約でき、カードを利用して発生した通行料金については、毎月銀行口座から引き落としされます。

4) ブラックリストが怖くない理由

ブラックリストを必要以上に怖がらなくても大丈夫です。ブラックリストに載ったとしても、就職や転職、家族に影響することはないので周囲にバレることはありません。借り入れやクレジットカード、ローンの審査が通りにくくなりますが、借金に頼らない生活ができると考えらればメリットです。

また、ブラックリストは約5年~10年程度で削除されます。削除されれば、借り入れやクレジットカード、ローンの審査も通りやすくなります。月々の返済に困っている方は、ブラックリストに載ったとしても将来利息のカットや借金の減額の交渉ができる任意整理をして、返してもなかなか減らない借金生活から抜け出すべきです。

ブラックリストに載る期間は約5年〜10年

信用情報機関にブラックリストで登録されると原則として5年間は削除されません。個人再生の手続きをした場合、株式会社シー・アイ・シー(CIC)に登録されるなら最大7年間、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されるなら最大10年間ブラックリストに載ります。しかし、期間を過ぎればブラックリストは削除され、借り入れやクレジットカード・ローンの審査が通りやすくなります。

延滞 延滞している間ずっと
債務整理 発生日から5年〜10年(個人再生の手続きをした場合CICは7年、KSCは10年)
代位弁済 発生日から5年を超えない期間(CICは登録されない)
強制解約 発生日から5年を超えない期間(CICは登録されない)

ブラックリストに載っても影響をうけない5つのこと

自己破産の場合は例外ですが、借り入れやクレジットカード・ローンの審査が通りづらくなったり、使用中のクレジットカードが使えなくなること以外で、日常生活に影響を及ぼすことはありません。上記が原因で過払い金請求するか悩んでいる方はご安心ください。

また、貸金業者に借金を延滞している場合や代位弁済(借り主に代わり保証会社が貸金業者へ借金を代わりに支払う行為)で督促がきている場合は、すでにブラックリストに載っているので過払い金請求をするべきです。

ブラックリストに載っても消してもらう方法

以前は、過払い金請求で信用情報機関の「契約見直し(コード71)」というブラックリストに載っていましたが、2010年4月19日に廃止されたので、過払い金請求でブラックリストに載っている方は、過払い金請求をした貸金業者に対して「事故情報取り消し申立書」を郵送することで取消してもらえます。

事故情報取り消し申立書に記載する内容

5) 過払い金請求でブラックリストが不安な方はまず相談

借金を完済している方は、過払い金請求してもブラックリストに載りません。最後の取引日から10年が経過もしくは、貸金業者の倒産により、過払い金が取り戻せなくなる前にご相談ください。また、借金を返済している方は、過払い金で借金を完済できるのか、借金がいくら減るのか、過払い金の調査・相談・着手金が無料の杉山事務所にご相談ください。

杉山事務所では月3,000件以上の相談が寄せられていますが、多くの質問がブラックリストに関する質問です。過払い金請求に強い司法書士が、ブラックリストのリスクや過払い金を取り戻すメリットをお伝えして解決方法をご提案いたします。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top