アコムの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の貸金業者であり、マスターカードがライセンスを与えている日本唯一の消費者金融として知られています。
有名タレントを起用した広告展開で広く知名度を獲得しており、業界トップクラスの規模を誇っています。
大企業の後ろ盾があるので世間からの信用が高いアコムですが、利用者数が増えるにつれて、過払い金など借入に関するトラブルも目立ってきました。
過去にアコムへ返済をおこなっているユーザーは取引履歴を取り寄せられれば、過払い金請求を行える可能性があります
取引履歴とは貸金業者と債務者の取引明細が書かれた書類です。
この記事では、アコムを相手に過払い金請求をおこなう際の手順や注意点を解説していきます。

自分でアコムの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

取引履歴は債務者が自ら取り寄せ、中身をチェックできる書類です。
もちろん、アコムからも取引履歴は入手できます。
しかし、自力で取引履歴を取り寄せると「過払い金請求ができなくなる」などの危険性があると心得ておきましょう。

自分でアコムから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

取引履歴を請求すると、「本人確認」などのプロセスが発生し時間がかかりがちです。
取引履歴を請求されてから、どれくらいの期間で手渡すべきかというルールは特に設けられていません。
アコムのような大手業者でさえ、債務者自身が取引履歴を請求している場合には後回しにしてしまう場合もあります。
一方、司法書士や弁護士といった法律の専門家に取引履歴を請求してもらうと、自力でおこなうよりも早く取り寄せられる傾向があります。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

貸金業者が取引履歴をなかなか送ってこないときは「時効を狙っている」可能性にも気づきましょう。
過払い金が発生していたとしても、最後の返済から10年以上経っている過払い金に関しては時効が成立してしまいます。
そのため、時効期限が迫っている過払い金については意図的に計算を遅らせようとする業者もありえます。
また、過払い金の算出は取引履歴を取り寄せるだけでは終わらず、複雑な利子の計算を法改正などの知識を用いながら行わなければいけません。
司法書士や弁護士に頼むとスムーズに取引履歴が送られてくるばかりか、無料で過払い金を算出してもらえることもあります。
過払い金が発生していれば、そのまま過払い金請求も依頼できます。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

貸金業者としては、過払い金の返還に応じてしまうと損失が出るので、できれば過払い金請求されないように予防線をはりめぐらせています。
たとえば、取引履歴を請求する際に「目的」を聞かれたら、正直に「過払い金を計算したい」と言わないようにしましょう。
貸金業者が「支払っていた利息を過払い金と認識して返済していた」などと主張してくる恐れがあるからです。
過払い金の計算をしていると気づかれないよう「内容を確認したい」と無難に答えておきましょう。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

貸金業者によっては過払い金請求をしてから、甘い言葉をかけてくることもあります。
ゼロ和解といって「過払い金は払わないかわりに現時点での借金を帳消しにします」という条件を提示してくるのはよくあるパターンです。
しかし、ゼロ和解に持ち込もうとするのは「過払い金を返還すると損が出るから」でしかありません。
逆をいえば、債務者の主張が通る確率の方が高いので理不尽な取引には応じずに、予定通り過払い金を請求しましょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

アコムは全ての取引履歴を開示してくれる業者ですが、中には取引履歴の一部しか開示してくれない業者もあります。
残りの履歴を求めても「もう処分した」といって取り合ってくれません。
こうしたやり口も過払い金請求をさせないための対策です。
ただし、一部の取引履歴からでも残りの取引を推測して過払い金は請求できます。
取引履歴以外にも債務者の通帳の動きなどから返済履歴は辿れるからです。
非常に緻密な作業になるため素人にはおすすめできません
経験とノウハウを身につけている、過払い金請求のプロである司法書士や弁護士に依頼するのが賢明です。
なお、以前は取引履歴の改ざんが問題になっていましたが、行政処分が厳しくなってからは改ざんする業者もなくなりました。

手数料がかかるケースもある

アコムは無料で取引履歴を開示していますが、業者によっては1,000円ほどの手数料を要求してくるケースがあります。
ただし、司法書士や弁護士を通して請求すれば手数料も発生しません。
取引履歴に関するストレスを少しでも軽減したいなら、プロの法律家に任せましょう。
なお、アコムは「開示請求書」を先に取り寄せてから取引履歴を請求する流れになります。

取引履歴を自力で請求し、過払い金算出をおこなうには「リスク」がつきまといます。
取引履歴を見慣れていない素人は見るべきポイントを間違えがちで、結果、算出も狂ってしまいます
あまりにも請求内容に不備があると過払い金請求が認められないこともあり得ます。
取引履歴の請求から過払い金計算まで無料でおこなってくれる司法書士や弁護士もいるので、取引履歴請求の段階からそうした専門家に依頼したほうが安心でしょう。

アコムから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

アコムで取引履歴を請求するには3つの方法があります。

インターネットの場合

店頭の場合

電話の場合

スピードだけでいえば「インターネット」がおすすめですが、家族の目が気になって自宅で作業をしたくない人もいるでしょう。
また、うっかりパソコンに履歴を残してしまうかもしれませんし、自宅にパソコンがない人もいます。
そんなときは、店頭にまで請求書を取り寄せにいく必要があります。
状況に応じて開示請求書を取り寄せる方法を使い分けましょう。

アコムの取引履歴の請求先情報

アコムお客様相談センター
0120-036-390
またはアコムカード裏面の電話番号

家族の取引履歴を取り寄せる方法

亡くなった家族がアコムから借入をしており、返済が残っていたときには相続人に返済の義務が移行します。
あるいは、借金はすでに完済されていたとしても過払い金が発生していた場合、相続人が権利を引き継いで過払い金請求をおこなえます
ただし、「借金をした本人が存命でないこと」「連絡をしてきたのが相続人でること」の2点が証明されなければ、アコムもとりあってくれません。
そこで、役場から必要な証明書類をもらい、アコムにコピーを確認してもらいましょう。
本人が亡くなった旨は除籍謄本で、自分が相続人であるのは戸籍謄本で証明できます。
相続を放棄すれば借金も返済しなくて済みますが、土地なども失う可能性があるので、「相続した借金の返済が厳しい」と思ったら過払い金請求を考えましょう。

アコムの取引履歴を取り寄せて届くまでの期間の目安

アコムをはじめ、多くの貸金業者は司法書士や弁護士からのコンタクトには迅速に対応してくれる特徴があります。
取引履歴を司法書士や弁護士から請求してもらった場合、1週間から2週間ほどで債務者の手元に届くでしょう。
一方、アコムに債務者本人が取引履歴を請求すると長くて1ヶ月待たされる傾向があります。
いつ届くか分からない状況は債務者にとって大きなストレスですし、過払い金の時効などで一刻を争うなら専門家に頼みましょう。

取引履歴の見かた

アコムの取引履歴では「取引日」「返済額」「利率」などが確認できます。
過払い金算出で必要なのは「取引開始日」時点での「利率」です。
もしも法定利率以上の利率で返済をおこなっている期間があったとしたら高確率で過払い金は発生しています。
また、金利に関する法律が改正された後でも「正常利率」に修正されていないのであれば、やはり過払い金を払っていたといえるでしょう。
より正確に過払い金を算出するなら法知識のある司法書士や弁護士に任せると安全です。

アコムの過払い金が発生している条件

アコムで過払い金が発生している条件は、キャッシングに限られます。
アコムが発行しているマスターカードのショッピング枠は、もともと利息制限法で定められた上限より低く金利が設定されているため過払い金は発生しません。

2007年6月より以前、アコムは利息制限法を超える金利で貸し付けをおこない、利息を回収していました。
しかし、出資法の改正により金利の上限が下がり、これまで払い過ぎた利息を取り戻せることが最高裁判所でも認められました。
<ただし、span class="txtorange">過払い金請求は最後に取引した日から10年以内とされています。

そのため、アコムで過払い金請求ができるのは2007年6月以前に20%を超える金利で利息を払っていた人で、現在も返済中の方、もしくは完済後10年以内の人ということです。
なかには、利息が下がることなく高い金利のまま返済している方もいます。

また、2009年よりアコムの傘下に入っているDCキャッシュワンで過払い金が発生している場合も対象となります。
DCキャッシュワンは三菱UFJフィナンシャルグループの銀行系消費者金融でした。
アコムに吸収合併されたため現在は存在していませんが、アコムに過払い金請求することで返金の可能性があります。

アコムは三菱東京UFJフィナンシャルグループであるため経営が安定しているので、同じ消費者金融である武富士のように倒産して過払い金がまったく回収できないリスクはありません。

まずは、過払い金があるか確認が必要です。
過払い金があるかわからなくても調べることができます。
杉山事務所では、過払い金の調査・計算が無料です。
アコムの過払い金を調べたい方は、お気軽にフリーダイヤルやメールフォームから無料相談をご利用ください。

アコムの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

アコムから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でアコムの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

アコムから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ