エムアイカードの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でエムアイカードの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

払いすぎたお金、つまり過払い金が発生しているかどうかを計算するには、貸金業者から取引履歴を取り寄せなければなりません。
確実なのは、司法書士や弁護士といった専門家に依頼して、取得する方法です。
特に資格などはいりませんから、自分でおこなうことも可能ではあります。
しかし、自分でエムアイカードから取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算をする場合、リスクがともなうことを知ったうえで、おこなうようにしましょう。

自分でエムアイカードから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

個人で取引履歴を取り寄せることも可能ではありますが、司法書士や弁護士といった専門家が依頼する場合と比べて、時間がかかってしまうリスクがあります。
貸金業者は数多くの請求に対応していますから、専門家からの依頼を優先し、個人からの請求を後回しにしてしまうことがあるのです。
また、貸金業者はその道のプロですから、相手が個人だと分かると、強気な態度に出て、わざと回答を遅くすることもありますので、注意しましょう。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

個人で取引履歴を取り寄せると、思ったよりも時間がかかってしまうことがありますが、それにより、過払い金の請求ができなくなってしまうリスクがありますので、気をつけてください。
なぜなら、あまり知られていないかもしれませんが、過払い金の請求には時効があり、それ以降は請求ができなくなってしまうからです。
時効は、貸金業者と取引をした最後の日から10年となっています。
同じ貸金業者と複数の取引をしていたり、一度取引を中断していたりすると、最後の取引日の判断が難しく、時効がいつなのかわからなくなってしまいますので、司法書士や弁護士といった専門家に相談してください。
過払い金を取りもどすためには、時効が来る前に、取引履歴を取り寄せ、過払い金を計算し、過払い金の請求までおこなう必要があります。
取引履歴の取り寄せに手間取っている余裕はないのです。
無料で過払い金の調査を引き受けてくれる司法書士や弁護士に依頼すれば、過払い金の計算をした結果、過払い金が発生しているとわかれば、そのまま過払い金請求の依頼ができますので、余計な時間のロスがなく安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

貸金業者から、取引履歴の利用目的を聞かれることがありますが、答え方には十分注意してください。
口頭であっても、その回答は記録に残りますから、過払い金の請求の際に、不利になることがあるのです。
どんな理由であっても、取引履歴の取得には問題はありません。
しかし、特に深く考えずに、「過払い金請求をするため」と答えてしまうと、あとで「支払っていた利息を、過払い金と認識しながら、返済し続けていた」と貸金業者に言いがかりをつけられ、過払い金請求ができなくなることさえあるのです。
そこで、取得理由を聞かれたときには、「これまでの契約内容を見直したい」といったような、過払い金請求とは直接関係のない理由を答えるようにすると問題ないでしょう。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

自分から貸金業者に連絡をして、取引履歴を取り寄せる際に、急に和解を迫られることがありますが、相手の誘いに乗って和解に応じてしまわないように、気をつけてください。
貸金業者は、過払い金が発生しているかどうかはわかっているはずで、そのうえで和解を提案してくるということは、そのまま過払い金の請求まで進まれると困る、ということです。
逆にいうと、和解をせずに過払い金の請求までいけば、こちらが得をするということになります。
和解をもちかけられても、自信を持って断りましょう。
具体的には、「この電話で借金を0円にしますから、和解にしませんか?」、「過払い金が85万円ありますが、55万円で和解してもらえたら、今すぐ返還しますがどうですか?」といった条件を提示されることがありますが、いずれにせよ不当な条件であり、和解に応じても損をするだけになりますから、はっきりと断ってください。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

過払い金の請求をするうえで、取引履歴を取得するのが最初のステップですが、取引履歴は全ての基礎となる重要な情報なのです。
取引履歴に記載されている情報をもとに、過払い金の計算をするわけで、その計算が間違っていた場合には、返還される過払い金が少なくなったり、請求ができなくなったりしてしまいます。
かつては、貸金業者に取引履歴の内容を改ざんされていたという問題がありましたが、改ざんは行政処分の対象になり、貸金業者側にもメリットがなくなりましたので、そのような心配はいりません。
ただ、一定期間を過ぎた古い取引履歴を、処分している業者もなかにはいますので、注意が必要です。
処分されてしまった期間の取引については、自分で情報を集めて推測するしかありませんから、通帳の利用履歴や、開示されている取引履歴をもとに、過払い金の計算をすることになります。
しかし、このような計算は経験がないと難しいものですから、不安な方は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。
なお、エムアイカードは問題なくすべての取引履歴を開示していますので安心です。

手数料がかかるケースもある

自分で取引履歴を取り寄せる場合、多くの場合では手数料はかかりませんが、一部の貸金業者では、取引履歴の請求に500~1000円ほどの手数料がかかったり、実費費用を請求してきたりすることもありますので、気をつけてください。
エムアイカードでは、1回の請求につき手数料として500円(消費税込)がかかります。
費用が気になる方は、無料で過払い金の調査を代行してくれる司法書士や弁護士に依頼すれば、この手数料はかかりませんし、難しい過払い金の計算まで無料でやってくれますから、確実で安心です。
なお、伊勢丹ファイナンスを利用していた方も、取引履歴の請求先はエムアイカードになりますので、注意してください。

過払い金は、自分が払いすぎたお金で、取りもどすのは正当な権利ですから、手続きにのっとって、取りかえしてください。
エムアイカードは、違法な高い利息での貸し付けをおこなっていた時期がありましたから、心当たりのある方は、取引履歴を取り寄せてみましょう。
ただし、自分で取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算をする場合には、以上のようなリスクや注意点がありますので、検討する際にはそれらをじゅうぶんに理解しておいてください。
ただ、個人で取引履歴を取得すると時間がかかりますし、過払い金の計算も簡単ではありませんので、これらの手続きに手間取っているうちに時効を迎えてしまっては、元も子もありません。
過払い金の調査を無料でやってくれる司法書士や弁護士に依頼した方が、早くて安心です。

エムアイカードから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

自分で貸金業者から取引履歴を取り寄せる場合、一般的には、電話や郵送で連絡をして申し込み、自宅への郵送で受け取ることになります。
しかし、自宅への電話連絡や、郵便物の送付があると、家族や同居人に、借金のことが知られてしまうリスクがあります。
借金のことを知られたくない場合には、店舗で申し込みや受け取りができる貸金業者もありますので、確認しておきましょう。
エムアイカードでは、基本的に電話での申し込みと、郵送での受け取りとなります。エムアイカードへの申し込みの手順は、以下の通りです。

※参考情報です。詳細はエムアイカードにお問い合わせください。

エムアイカードの取引履歴の請求先情報

株式会社エムアイカードお客さまサービスセンター
電話:03-5273-6511
住所:東京都新宿区新宿5-17-18 H&I ビル
※エムアイカード公式HPからの参考情報です。
詳細はエムアイカードにお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

家族が亡くなって、その遺産整理をしているときに、過払い金が発生している可能性があることがわかった、ということもあるでしょう。
その場合でも、諦める必要はなく、相続人が取引履歴を取り寄せることができます。
取引履歴は遺産整理にも有用な情報ですから、相続人による請求が認められているのです。
相続人が請求する際には、その本人の確認書類に加えて、借金していた本人がすでに亡くなっていることを証明する除籍謄本と、申請しようとしている家族が相続人であることを証明する戸籍謄本が必要です。
除籍謄本と戸籍謄本は、本籍地のある役所で、窓口や郵送で申請できます。
司法書士や弁護士といった専門家に、過払い金の調査と合わせて依頼すると、効率的で安心でしょう。

エムアイカードの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

借金をしていた個人から依頼を受けた司法書士や弁護士が、エムアイカードから取引履歴を取り寄せる場合、取引履歴が届くまでの期間は、1週間~2週間程度となります。
百貨店など、ブランドのイメージを大切にしている会社ですから、他の貸金業者に比べて比較的対応が早いようです。
一般的に、個人で取り寄せる場合には、もう少し遅くなりますので、2週間以上かかることもあります。
過払い金請求の時効が迫っている方や、時効が正確にはわかっていないという方は、専門家に依頼するのがよいでしょう。

取引履歴の見かた

エムアイカードから取り寄せた取引履歴には、契約の種類、利用枠(ショッピング枠、キャッシング枠など)、利用残高や支払い状況など、取引の内容が、日付とともに記載されています。
ショッピング枠での利用分は、過払い金請求の対象にはなりませんので、キャッシング枠での利用分のみ抜粋して、過払い金の計算に使用してください。
また、過去の違法な高い利息で計算された取引情報が記載されていますから、法律にしたがって、正当な利息に引き直して、過払い金を再計算しなくてはいけません。
ただ、エムアイカードでは、すでに引き直し計算された金額も記載されていることがあるようです。
とはいえ、不安な方は司法書士や弁護士といった専門家に依頼した方がよいでしょう。

エムアイカードの過払い金が発生している条件

エムアイカードではどのようなケースで過払い金が発生しているのでしょうか。
現在は利息制限法の上限金利(借入額10万円未満であれば年20%、10万円以上100万円未満であれば年18%、100万円以上であれば年15%)を守った健全な経営をしているエムアイカードですが、過去には出資法にもとづいた上限金利29.2%もの高金利で貸付をしていました。
上限金利の引き下げが2010年6月に完全施行されてからは、金利が20%を超えていると出資法違反で刑事罰が課せられるようになりました。
また、利息制限法と出資法の上限金利のあいだで貸付をすると行政処分の対象になります。
これにより、貸金業者は利息制限法に基づき、貸付額に応じて15%~20%の上限金利での貸付をしなければいけなくなったのです。

注意しなければいけない条件が大きく2つあります。
この貸付に関する利息制限法はあくまでもキャッシングに対するものであり、クレジットカードでのショッピング枠の利用額については当てはまりません。
また、過払い金請求はキャッシングによる借金をしたときから10年以内におこなう必要があります。
条件に当てはまるかどうかわからない場合は、司法書士や弁護士に相談すれば調べてもらえますので一度確認してください。

エムアイカードの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

エムアイカードから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でエムアイカードの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

エムアイカードから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top