アイフルの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

アイフルは1967年に創立されて以降、日本の貸金業者の最大手の一つにまで成長した会社です。そのため、多くの債務者がアイフルから借入を行っています。

アイフルとの取引で生活苦におちいっているユーザーには過払い金請求をおすすめします。長年の取引で利息を払いすぎている場合、過払い金請求すれば返還される可能性があります。

アイフルの過払い金請求をするには、借り入れしたときの金利・金額・日付と、返済した金額・日付が記載されている取引履歴を取り寄せて、過払い金が発生しているのか、いくら発生しているのか調べる必要があるので、アイフルの取引履歴を取り寄せる際の手順や注意点を確認するべきです。

調べた結果、過払い金があれば、アイフルの過払い金請求ができます。杉山事務所では、過払い金があるのか、いくらあるのか無料で調べられるので、まずはご相談ください。

自分でアイフルの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

ユーザー自身がアイフルから取引履歴を取り寄せて過払い金請求するのは可能です。しかし、少なからずリスクもともなうので手続きは慎重にならなくてはいけません。事前に取り寄せ手順をしっかりと調べてから行いましょう。

自分でアイフルから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

ユーザー自身が取引履歴を取り寄せようとすると、アイフルは急いで処理してくれない傾向があります。アイフルは最大手だけあり、業者にとって優先すべき仕事に追われています。

また、取引履歴を渡して「過払い金請求」や「債務整理」の材料にされるのは業者にとってのデメリットになりかねません。そのため、司法書士や弁護士を通じて取り寄せるのがおすすめです。

専門家からの請求があった際には、比較的アイフルは素早く対応してくれます。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

取引履歴の取り寄せが遅くなるとユーザーにとって不利なのは「過払い金請求の時効」があるからです。過払い金請求さえすれば必ず返還されるとは限らず、最後の返済から10年を経過すると、過払い金は全額が返還されません。

そして、取引履歴を取り寄せるだけでは「時効期限」のカウントは止まりません。時効が迫っている過払い金については早急に計算し、請求する必要があります。

司法書士や弁護士の中には取引履歴の請求から過払い金算出を無償で行ってくれるところもあります。もしも過払い金が発覚したらそのまま請求も依頼するといいでしょう。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

貸金業者はできれば過払い金を返還したくないので、さまざまな逃げ道を用意しています。そのため、取引履歴を請求する際に「理由はなんですか?」と聞かれても「内容を確認したい」と無難な答えを返すようにしましょう。

本音で「過払い金を算出します」と答えてしまえば、「ずっと支払っていた利息が過払い金でした」と主張されてしまいます。最悪の場合、過払い金請求が認められなくなるので貸金業者に過払い金の計算は悟られないようにしましょう。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

過払い金請求をすると、貸金業者の中には「ゼロ和解」を持ちかけてくるところもあります。「ゼロ和解」とは「借金をゼロにしましょう」「もう返済はしなくていいです」という和解方法です。

あるいは「今すぐなら過払い金30万のうち10万円なら払えるので、それでよしとしませんか?」という提案もありえます。これらの提案は過払い金を返還したくない業者からの不当な内容なので、無理をして応じずに正確な額をしっかり請求しましょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

かつて取引履歴を改ざんしていた貸金業者がいて問題になりましたが、行政処分が厳しくなった今では改ざんをする業者はまずありません。そのかわり、「取引履歴を残していない」「途中までしかない」という業者は残っています。

アイフルの場合は正当な履歴を開示してきますが、不当な業者の存在には気をつけましょう。通帳の履歴や、残っている取引履歴から正確な過払い金を算出するのは十分に可能です。

ただし、素人の知識と能力では簡単ではありません。推定計算を行う際にはその道のプロである司法書士や弁護士に頼んだ方が無難でしょう。

手数料がかかるケースもある

取引履歴を請求すると、1,000円ほどの手数料を要求してくる貸金業者があります。ただし、司法書士や弁護士に取引履歴の請求を代行してもらえば手数料を払う必要がなくなります。

取引履歴が無料で手に入るだけでなく、内容についても正確に検証してもらえます。取引履歴の取り寄せは専門家に頼むのがコスト面でも正確性でも賢明です。

取引履歴を自分で請求すると、身内に借金がバレる可能性があります。また、正確に取引履歴を調べるには相応の知識が必要であり、過払い金の算出もミスなく行えるとは限りません。

過払い金算出を間違えれば返還額が少なくなるばかりか「全額返ってこない」リスクもあります。司法書士や弁護士に最初から任せるのが無難です。

アイフルから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

取引履歴の取り寄せには貸金業者ごとに電話、メールなどさまざまな方法があります。アイフルの場合は電話とメールで受けつけています。電話の場合、手順は以下の通りです。

電話の場合

メールの場合

メールの場合、手順は以下の通りです。

最終的に電話口で請求や本人確認を行うのは変わりがありません。ただし、電話の場合は平日9時から18時という時間が定められていますが、メールは24時間送信可能です。自宅に郵送されるのが嫌なら、最寄の店舗に取り寄せることもできます。

アイフルの取引履歴の請求先情報

お客様サービスセンター 開示等請求窓口
電話番号0120-109-437
メールアドレスsc@aiful.co.jp

家族の取引履歴を取り寄せる方法

借金をしていた家族が亡くなると、返済の義務は相続人へと引き継がれます。そのため、相続人は自分が借り入れしたわけではなくても借金を返さなくてはいけない場合があります。

相続権を放棄すれば借金返済の義務はなくなりますが、自宅や土地が被相続人名義であれば合わせて放棄しなくてはいけなくなるので、返済を決意する人も少なくありません。

ただし、亡くなった家族の借金であっても過払い金請求は可能です。その際は「家族が亡くなって借金を引き継いだ」旨を貸金業者に伝える必要があります。

死亡を確認できる除籍謄本、相続人だと証明できる戸籍謄本を用意して、貸金業者に提示しましょう。相続人だと認められれば、業者から取引履歴の取り寄せにも応じてもらえます。

アイフルの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分で取引履歴を貸金業者から取り寄せる際、目安は2週間程度です。しかし、「家族の借金を相続した場合」など、確認に手間取るケースではもっと長くなることも珍しくありません。

ただし、司法書士や弁護士がアイフルに取引履歴を請求すると1週間から2週間ほどで到着します。時効が迫っている過払い金だと、一刻も早く取引履歴を取り寄せて確認する必要があります。

無料で取り寄せを行ってくれる専門家も多いので、司法書士や弁護士に頼むのがいいでしょう。

取引履歴の見かた

取引履歴とは「取引開始日」「取引日」「取引額」「金利」などが明細になって記載されている書類です。取引開始時点でどれだけ債務があり、期間中にどれだけ利息がふくらんだかが追えます。

また、返済額や返済回数も確認できます。過払い金算出では、返済額が「現在の金利と照会して差額が出ていないか」とチェックしていきます。

金利は年代によって変わっているので、過去の金利のまま返済を続けていれば「過払い金は発生している」確率が高まります。

アイフルの過払い金が発生している条件

アイフルは現在残っている消費者金融会社の中では珍しく、銀行傘下に入っていない独立系消費者金融会社です。関連会社にはクレジットカード会社のライフカード、事業者ローンや不動産担保ローンを取り扱うビジネクストなど、貸金業や債権回収業務を中心とした子会社などがあります。

アイフルは、2007年8月1日に利息制限法に従った金利改定をおこなうまで、最大28.835%という高金利での貸付をしていました。

この金利で貸付をおこなっていた当時は利息制限法違反には罰則がなく、罰則のある出資法の29.2%を基準とした金利で貸付をする貸金業者が多かったのです。

金利改定がされる前にアイフルから借入をした人については、過払い金が発生している可能性は高く、過払い金請求ができるでしょう。

もっとも、適用金利や返済期間、返済額などの条件を確認しなければ、実際に過払い金が発生しているのか、過払い金の金額がいくらなのかを確定することはできません。

古い借金に関する書類などを保管していない人も多いと思いますが、心配ありません。司法書士や弁護士に過払い金の調査を依頼すれば、アイフルに対して取引履歴の照会をして、過払い金の有無と金額を確認します。

アイフルから借金をした経験のある人は、司法書士や弁護士などに相談してください。

アイフルの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

アイフルから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。

貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。

無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります。使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。

取引の期間が長かったり、途中で追加の借り入れをしていると複雑になり時間がかかります。自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

司法書士や弁護士に依頼するべき過払い金の引き直し計算

自分でアイフルの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります

過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。

しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

アイフルから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。

本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となれば戻ってくる過払い金が多くなります。

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません。また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。

ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。

自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。

過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top