東京で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

東京で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120065039
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 東京事務所は新宿区にあるのですが、設立以来、新宿区だけでなく千代田区、中央区、港区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市など東京都の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

東京都内であれば、新宿までのアクセスは電車、バスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所の前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますのでお気軽に東京事務所までお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金請求の最大のメリットは、払い過ぎた利息である過払い金が戻ってくることです。

過払い金請求のデメリットは、請求した貸金業者からは借入れができなくなることです。貸金業者によっても対応が違うのですべてとはいい切れませんが、クレジットカードも同様で、過払い金請求したクレジットカード会社のカードは使えなくなり、同じ会社の別ブランドのカードも利用できなくなる可能性があります。

ただし、過払い金請求した以外の貸金業者からは借入れをすることができます。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者はたくさんあるので、おおきな問題にはなりません。

その他にも、借金を完済後の過払い金請求なのか返済中の手続きなのか、状況によってデメリット・メリットが異なります。くわしくは知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリットをご参照ください。

東京で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

東京都内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、東京事務所は東京都だけでなく、神奈川県千葉県埼玉県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいています。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は東京だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 東京事務所は今後も変わらず、東京都にお住まい・お勤めの相談者様に最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

東京での過払い金請求の無料相談は東京事務所

東京都にお住まいの方、お勤めの方は東京事務所にご相談いただくとご来所の際にアクセスが便利です。東京事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金請求のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼していただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど、相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

東京事務所の電話番号・住所

  • 0120065039
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-065-039
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-12
住友不動産新宿御苑ビル5F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 東京事務所の外観

東京事務所のアクセスマップ

東京事務所の周辺地図

電車でお越しの方

新宿三丁目駅C7出口より3分
新宿駅より徒歩7分
西武新宿駅より徒歩7分

車でお越しの方

お近くにブルーパーキング歌舞伎町第2駐車場、ブルーパーキング歌舞伎町第1駐車場、GSパーク新宿ピカデリー、新宿マルイメン駐車場などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

新宿五丁目、新宿伊勢丹前、新宿追分、歌舞伎町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の東京事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

過払い金請求とは、今まで貸金業者に払い過ぎていた利息分を取り戻す手続きのことをいいます。過去に多くの貸金業者が、利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利を利用して、利用者に違法な利息の支払いを迫ってきました。人によっては過払い金だけで数百万円という金額になることも多く、借金を返済中の場合も、発生している過払い金で残りの借金がなくなってしまったというケースもたくさんあります。いま借金を返済中の人も、過払い金があるかもしれないので調査してみることをおすすめします。

過払い金請求の注意すべきリスク

過払い金請求は現行の法律に基づいておこなわれる手続きであり、合法的に払い過ぎたお金を取り返すことができるものです。過払い金が発生しているなら、請求しないと損をするだけです。ただし、過払い金請求をすることによって発生するリスクもあります。知らずに手続きしてあとから後悔しないように、しっかり理解してから過払い金請求をしましょう。

過払い金請求をした場合に発生する可能性があるリスクとして、請求した貸金業者から借入れをすることができなくなることです。クレジットカードも同様に、過払い金請求したクレジットカード会社のカードは使えなくなり、同じ会社の別ブランドのカードも利用できなくなる可能性があります。

貸金業者によっては必ずしも利用できなくなるわけではありませんが、原則として利用できなくなると思っておいた方が無難です。

その他のリスクとして、状況によってはブラックリストにのってしまうケースがあることがあげられます。ブラックリストは俗語で、実際には信用情報機関が管理している個人信用情報に事故情報が記載されることをいいます。消費者金融や銀行、クレジットカード会社などは、この信用情報に掲載されている情報をもとに審査をおこなっているので、ブラックリストにのってしまうと、一定期間は新たな借入れやクレジットカードをつくることができなくなります。

借金を完済したあとに過払い金請求した場合は、ブラックリストにはのりません。借金を返済中でも、発生している過払い金で残りの借金がすべてなくなれば、完済したのと同様、ブラックリストにはのることはありません。

ブラックリストにのるのは、借金を返済中の場合で、発生している過払い金で残債務がゼロにならずに借金が残ってしまう場合です。この場合は借金を減額交渉する手続きである「債務整理(任意整理)」となるため、信用情報に事故情報が記載されます。

現時点で完済している場合には何の問題もありませんが、借金を返済中の場合には過払い金によって借金をなくすことができるのか、調査してから過払い金請求または債務整理(任意整理)の手続きを検討することをおすすめします。

司法書士法人杉山事務所では、過払い金の調査を無料でおこなっています。過払い金に心当たりがある人はお気軽にお問い合わせください。

いま返済が苦しい方は、過払い金で借金が減らせる可能性があります。ブラックリストにのったとしても、借金を減額して長期分割が可能になるので、月々の返済が楽になるメリットのほうが大きいケースもあります。一時的に借入れやローン、クレジットカードが利用できなくなったとしても、5年程度なので、その間に収支のバランスを見直し、借金生活を立て直すことをおすすめします。

過払い金請求を自分でやる場合の注意点

過払い金請求は、弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼するのが一般的ですが、それには費用がかかります。自分で過払い金請求ができないかとお考えの方も多いと思いますが、個人でも手続きをすることは可能です。

ただし、弁護士費用や司法書士費用といった出費が抑えられる分、デメリットもあることを知っておかなければなりません。まず、自分で過払い金請求をする場合の最大のデメリットは、過払い金の返還額が少なくなる可能性があるいうことです。請求先の貸金業者にもよりますが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合と比較するとおよそ10%から40%程度、返還額に差がでます。

貸金業者は交渉に慣れているので、法律に詳しくない人の足元を見るような交渉をしてくることがあり、返還額の相場も分からないというのは非常に大きなハンデとなります。

また、過払い金請求をする際の作業が素人には重荷になるという点も大きなデメリットです。初めのステップとして、過払い金請求をする対象の貸金業者に取引履歴を請求します。この取引履歴がないと、過払い金の計算(引き直し計算)をすることができませんので、必ず必要なものです。

取引履歴が送られてきたら、引き直し計算をします。今まで支払ってきた利息制限法を超える返済額と、正しい利息で計算した場合の返済額の差額を求める作業です。自分でおこなう場合には、インターネットでエクセルを使った無料の引き直し計算ツールが配布されています。ただし、取引の期間が長かったりすると複雑になるので面倒な作業です。

引き直し計算が終わったら、過払い金の返還請求書の作成に移ります。請求書には、請求した日付や請求者の名前、住所、口座番号などの必要情報を記入したうえで、請求を求める旨の内容を記述します。また、もし仮にこの請求に応じない場合には、訴訟の可能性があることもしっかりと明記しておきます。

過払い金返還請求書を送っただけでは過払い金は戻ってきません。たいていの場合、貸金業者の担当者は返還する過払い金を一円でも下げるために交渉してきます。貸金業者から求められた和解内容は不利な内容である可能性があり、本来であればもっと大きな金額の請求をすることができたというケースも多々あります。

さらに、交渉が難航して訴訟に発展した場合には、訴状などの書類が必要になります。裁判は平日におこなわれるので、仕事の休みをとる必要があり、さらに手間や時間がかかります。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

東京で過払い金請求をした想定シミュレーション

東京都港区専業主婦

・プロミスでの借入れ総額250万円で残債100万
・レイクでの借入れ総額300万円で残債50万
・アイフルでの借入れ総額250万円で残債60万
・アコムでの借入れ総額200万円で残債40万
・借入年数14年

専業主婦である依頼者は、子供の学費の工面や生活費の捻出のために合計4社の消費者金融から借入れをおこないました。 当初は抵抗のあった消費者金融からの借入れも、2社、3社と増えるに従い、抵抗感よりも今すぐお金が必要だという気持ちの方が勝ってしまったといいます。 そんな状況で借入れをおこなっていると、気付いたころには4社から借入れをしてしまっており、多重債務状態で返済困難に陥りました。 そこで司法書士に相談をしたところ、合計で500万円近い過払い金があることを知りました。 自分で返還請求をしても、4社には一向に応じてもらえなかったのが、司法書士に依頼をしたことによって時間はかかりましたが残債を大きく上回る過払い金を取り戻すことができました。 司法書士への依頼費用を差し引いても手元にお金が残るほどでしたので、ブラックリストへの掲載の心配もなく、多重債務生活からきれいさっぱり抜け出せました。

東京都中央区自営業

・プロミスでの借入れ総額150万円で完済
・クレディセゾンでの借入れ総額100万円で完済
・借入年数20年以上

自営業を営んでいる依頼者は、新聞の広告枠で過払い金の存在を知りました。 はじめは自分に適用できる話ではないと思っていたものの、過払い金請求がテレビCMなどでも頻繁におこなわれるようになると、もしかしたら自分にも適用されるのでは?と思い近くの弁護士事務所に駆け込んだといいます。 弁護士に相談すると、10年以上前の借入れであったとしても、十分返還される可能性があるということを知り、依頼してみました。 すると、結果430万円近い過払い金が返ってくるという結果になりました。 既に2社の消費者金融への返済は完了していた依頼者は、何のリスクもなく過払い金請求を成功させることができました。

東京都練馬区会社員

・プロミスでの借入れ総額50万円で完済
・アコムでの借入れ総額30万円で完済
・アイフルでの借入れ総額50万円で完済
・借入年数13年

東京に在住の34歳の会社員である依頼者は、転職の際、収入がなかった時期にカードでのキャッシングをしました。 合計3社から総額130万円の借入れをおこない、約13年で完済することができましたが、友人から過払い金の話を聞き、東京でも評判のいい過払い金専門の司法書士事務所に行きました。 既に結婚が決まっていた依頼者は、何としても結婚前に過払い金請求などの手続きは終わらせたいと考え、スピードも重視しているという相談内容でした。 会社での勤務もあるので、そこまで積極的に動けない依頼者は司法書士にすべての手続きの代行を依頼。 その結果、合計110万円の過払い金を受け取ることができました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する東京にお住まいの方

東京は日本の首都であり、東京23区と呼ばれる区部と東京の西側に位置している多摩地域、そして伊豆諸島や小笠原諸島などの島々から構成されています。東京のなかでも、経済や産業、商業、サービス、観光などの中心地として栄えているのは港区や中央区、渋谷区、新宿区などの中心地であり、オフィス街と商業施設がメインに立ち並んでいます。一方、23区外である多摩地域や伊豆諸島・小笠原諸島などの島々は比較的自然も多く、のどかな風景が広がる土地もあります。このように、東京は中心地と郊外でかなり印象が異なっているといえるでしょう。 歴史的な点を見てみると、徳川慶喜の大政奉還と王政復古によって江戸幕府が廃止され、江戸府になったのが1868年であり、この年に東京府という名前に改称されました。翌年の1869年、時の明治天皇が皇居に入ったのをきっかけに東京が日本の首都になったとする考え方が一般的です。東京府から東京都という名称に変わったのは、第二次世界大戦中の1943年です。その後は高度経済成長期に入り、バブル経済の下では東京の地価は異常なまでの価格高騰を見せました。バブル崩壊後は一時的に暗い時期が数年続きますが、1999年からの石原都政の下では、品川や丸の内、汐留近辺の発展はめざましいものがありました。このように、東京、さらにはその前身である江戸府などにおいても、日本の発展の中心地となってきたことはいうまでもありません。東京は2020年にオリンピックなども開催され、今後も世界から注目されていく都市になっていくことでしょう。 観光という点においても、中心地の大型ショッピングモールや商業施設は地方からの観光客にとって魅力的な観光スポットになっています。海外からの観光客に関していえば、新宿御苑や浅草寺、明治神宮などの歴史的な建物や土地も大変人気があります。

産業や経済のなかでも、特筆すべきは金融業です。東京は、日本はもちろんのこと世界的に見ても有数の金融都市です。特に東京の日本橋にある東京証券取引所などは世界屈指の証券取引所であり、世界の投資家から注目を集めています。このほかにも、日本銀行やその他メガバンクなどもこぞって東京に本社を構えていることから、世界的に見てもかなり重要な金融都市であることが分かります。 もちろん、貸金業者の数もかなり多くあり、東京に本社を置いている会社も少なくありません。具体的な貸金業者名を挙げると、三菱UFJフィナンシャル・グループが運営するアコム株式会社の本社は東京都千代田区丸の内にありますし、オリエントコーポレーション株式会社が運営するオリコは東京都千代田区麹町に本社を構えています。このほかにも、新生フィナンシャル株式会社が運営するレイクは東京都千代田区外神田に本社があり、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営するプロミスは東京都中央区銀座に本社があります。このように、大手貸金業者の多くは東京の中心地に本社を置いているのが分かります。現在の大手貸金業者は、ほとんどバックに大手銀行が付いており、潤沢な資金力を武器に生き残り競争を演じているようです。メガバンク3社やその他都市銀行などの主要銀行も東京に本社を置いているところがほとんどであることを考えると、貸金業者の本社が東京に集中している理由も納得がいきます。

一方、過払い金請求に強い司法書士・弁護士の数も東京には多いです。ひとくちに司法書士事務所や弁護士事務所といっても、業務範囲は多岐にわたりますので、それぞれ専門分野があります。例えば、不動産登記を専門に扱っている司法書士事務所に行ったとしても、過払い金に関する相談にはのってもらえません。その点、過払い金を専門に扱っている司法書士事務所や弁護士事務所は東京近郊にたくさんありますので、東京にお住いの方は無料相談などにも大変行きやすく便利だといえるでしょう。テレビCMなどを積極的に打っているような大手事務所などは、地方にも支店がたくさんありますが、やはり経験豊富で腕のいい司法書士・弁護士は本社に集まりやすい傾向にあります。さらに、対象となる貸金業者の本社が多いということは、和解交渉をする場合であっても、訴訟問題に発展する場合であっても便利な立地であることから東京に集中していると考えられます。 貸金業者の本社、司法書士・弁護士事務所の本社双方が集まっているのが東京の特徴であり、過払い金請求の件数も全国的に群を抜いています。実際に日本弁護士連合会、日本司法書士連合会のサイトを参考に、東京都内の弁護士数・司法書士数を調べてみると、それぞれ弁護士が約17000人、司法書士が約4000人程度であることが分かります。また、認定司法書士の数は全体の約7割である3000人程度であり、弁護士事務所の数は約3000件、司法書士事務所の数は約900件あります。これは人口密度という点を考えてみても納得できるところです。東京に本社を構えている過払い金専門の司法書士や弁護士ならば経験が豊富な分、信頼度も高いといえますので、現在過払い金の手続きに悩んでいるのであれば、口コミなどを参考にして是非一度無料相談におこなってみると良いでしょう。司法書士事務所であれば、弁護士事務所よりもその業務だけに特化しているところが多く、非常に親身になって相談にのってくれるところも多くあります。

東京事務所がある東京にお越しになられた方へ

日本の首都である東京は面積およそ2,188k㎡、人口約13,352,239人の世界有数の都市です。

都心のど真ん中で歌舞伎町、花園神社、新宿御苑、ルミネtheよしもと、神楽坂のある新宿区には都庁があり、現在の都知事は福岡県出身の政治学者、舛添要一さんです。

東京には毎年多くの大学入学を機に若者や就職のため地方から上京しており、若者に人気なのが住みたい街でつねにランクインしていて井の頭公園、ゾウのはな子がいる井の頭動物園がある吉祥寺。恵比寿ガーデンプレイスや有名レストランが数多くある恵比寿。東京の人気お花見スポット目黒川や、目黒雅叙園、また屈指のおしゃれスポットである目黒、中目黒。サブカルチャーの街で中野ブロードウェイがあり、新宿から一駅5分の位置にあり多くのアーティストがコンサートを開催する中野サンプラザのある中野。新幹線の停車駅であり東京の玄関口、ターミナル駅である品川。西武百貨店、東武百貨店と駅直結の百貨店が2件あり、埼玉に住んでいる方が遊び場として繰り出す都心の高層ビルの先駆けであるサンシャイン60があることで有名な池袋。また、スイーツ、グルメ、ファッションなど全て最新で通年注目度の高い表参道。ジブリ美術館があり吉祥寺の燐駅に位置する三鷹が上位を占めています。当事務所に過払い金のご相談をいただいた際にはぜひ、観光めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

また、東京には観光スポットも数多くあり、東京タワー、東京ドーム、浅草雷門、東京都庁、築地市場、東京ミッドタウン、東京スカイツリー、皇居、六本 木ヒルズ、国会議事堂、国立競技場、キャッロットタワー、渋谷ハチ公、明治神宮外苑、表参道ヒルズ、竹下通り、渋谷センター街、109、レイン ボーブリッジ、ダイバーシティ東京、高尾山、深大寺などの観光スポットは毎日多くの人でにぎわっています。

また、東京土産といえば、空港や駅構内で販売されているチョコレート専門店のバニラビーンズ、バームクーヘンのねんりん家、日本橋錦豊琳のかりんと う、R.Lのスティックワッフルなどお洒落なお菓子が人気ですが、佃煮、人形焼など昔からある東京土産も有名で遠方から東京事務所にお越しになられた際にはご家族や職場の方へのお土産に買ってみてはいかがでしょうか。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ