山形で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

山形で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は、仙台市青葉区にあるのですが、仙台事務所を設立以来、山形市をはじめ、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市など山形県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

山形市内であれば、仙台までのアクセスは電車・バスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、ご来所の前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますので仙台事務所までお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料で出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金請求をするならデメリットを避けて、最大のメリットを得る方法を知ることが大切です。過払い金請求のデメリットとメリットは、過去に貸金業者から借入れをしていて今は完済している・現在も借入れをしている・自分で過払い金請求をする・司法書士や弁護士に依頼して過払い金請求するなど、状況ごとに異なるので、自分の状況と照らし合わせてください。詳しくは「過払い金請求のリスクと過払い金請求の意外な落とし穴」をご参照の上、ご相談・ご依頼ください。

山形市からのアクセス方法

山形の主要駅である山形駅からバスでお越しになる場合は、高速バスで最寄り駅である仙台駅をご利用ください。仙台事務所は仙台駅より徒歩10分の立地にございます。

また、お車でお越しの場合は、東山形自動車道山形蔵王IC、東北自動車道村田JCT、仙台南IC、仙台宮城ICのルートでお越しになるとスムーズです。

山形で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

山形県内や宮城県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、仙台事務所は山形県、宮城県だけでなく福島県秋田県岩手県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいています。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は仙台だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は今後も変わらず、山形県にお住まい・お勤めの相談者様に最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

山形での過払い金請求の無料相談は仙台事務所

山形県にお住まいの方・お勤めの方は仙台事務所にご相談ください。仙台事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上でご依頼いただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案します。お気軽にお問い合わせください。

仙台事務所の電話番号・住所

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-131-025
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 仙台事務所の外観

仙台事務所のアクセスマップ

仙台事務所の周辺地図

電車でお越しの方

広瀬通駅より徒歩5分
あおば通駅より徒歩5分
勾当台公園駅より徒歩8分
仙台駅より徒歩10分

車でお越しの方

お近くにABパーキング青葉通り、セントレ東北駐車場、中央2丁目パーキング、NPC24H仙台一番町パーキングなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

電力ビル前、地下鉄広瀬通駅、広瀬通一番町、青葉通一番町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の仙台事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

テレビCMなどでよく耳にする過払い金請求。過払い金請求とは、借金をしている人や過去に借金をした経験のある人が、貸金業者から払いすぎた利息(過払い金)を取り戻す手続きのことです。借金の経験のある人は、自分が過払い金請求できるかどうかを調べてみることをおすすめします。

過払い金の発生条件

過払い金請求をするとお金が戻ってきたり、借金を大幅に減らせたりするメリットがあります。そのため、過払い金があるかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。

借金をしていた、または借金をしている人すべてに過払い金があるわけではありません。過払い金が発生するには条件があります。

そもそも過払い金とは何か

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を貸す際の利息は、法律で上限が決められています。

利息の上限は、かつて利息制限法と出資法というふたつの法律で定められていました。利息制限法と出資法というふたつの上限金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれています。グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利よりも高いけれども、出資法の上限金利の範囲内におさまる金利帯のことです。

利息制限法の上限を超える金利は違法でしたが、罰則がなく、出資法の上限を超えると罰則があったので、ほとんどの貸金業者は出資法の上限に合わせて利息を決めていました。

2010年に貸金業法が施行され、グレーゾーン金利は廃止されました。グレーゾーン金利で返済していた利息が「払いすぎた利息、すなわち過払い金」です。

過払い金は、グレーゾーン金利で借入れしたお金を返済したときに発生します。実際は、利息制限法の上限金利を超える部分から発生した利息は法的に認められません。そのため、グレーゾーン金利で借入れして返済すると過払い金が発生することになります。利息制限法の上限金利は年20%ですが、出資法の上限金利は2010年6月17日以前まで年29.2%でした。したがって、借入れしたときの金利が年20%を超えているのであれば、過払い金が発生しています。

高額な過払い金が発生する条件

数百万円単位の高額な過払い金が発生する条件もいくつかあります。

まず、借入れの限度額が大きい場合です。毎月の返済額も多くなるので、その分支払う利息も多くなります。それにより、高額な過払い金が発生することになるのです。150万円前後の限度額を定めて、継続的に取引している人は、200万円以上の過払い金が発生するケースもめずらしくありません。

それから、グレーゾーン金利が存在していた時に、10年以上取引しているときです。取引期間が長ければ、それだけ利息制限法の上限金利以上の利息をたくさん支払うことになります。したがって、発生する過払い金も高額になってしまうのです。

借金額が膨らみ、毎月の支払い額を利息分にしかあてられないケースも高額な過払い金が発生しやすいといえるでしょう。グレーゾーン金利が存在していた当時は、年29%台の金利が当たり前でした。100万円を借入れした場合、年に29万円以上の利息が発生するような状態だったのです。このような状況で、毎月2万円返済しても、そのお金の大半は利息にあてられてしまいます。それにより、払い過ぎの状態になった利息、つまり過払い金の額もたくさん発生してしまうのです。

過払い金が増えていった理由

貸金業者がグレーゾーン金利で貸付けをおこなうことは、違法行為にあたります。ならばなぜ多くの貸金業者が無効となるグレーゾーン金利で貸付けをおこなっていたのか、疑問を感じる人もいるでしょう。特に大手の貸金業者が法令違反を犯して貸付けをおこなうのは、人々の信用面でリスクが高いと考えられます。それにもかかわらず、多くの貸金業者がグレーゾーン金利で貸付けをおこなっていたのは理由があります。

それは、出資法の上限金利に違反して貸付けをおこなったときは罰せられるのに対し、利息制限法違反のときは罰せられなかったからです。例えば、年27%の金利で貸付けをおこなったとしましょう。この場合、利息制限法に違反していますが、出資法には反していません。法令に反する貸付けをおこなったにもかかわらず罰せられないので、貸金業者側に不利益はなかったのです。貸金業者側からすれば、少しでも金利が高いほうがその分多くの収益を得られます。多くの貸金業者はグレーゾーン金利で積極的に貸付けをおこなっていました。

また、2010年に施行される前の貸金業法で「みなし弁済」の規定が設けられていたのも大きな理由です。みなし弁済とは、一定の条件の中で、借入れする側が自分の意思で利息制限法を超える利息を支払った場合、有効な利息の返済だとみなす制度です。

みなし弁済の適用条件は、貸付けの際に借入する側の任意の支払いがあり、契約時や返済時に法律上で定められた契約書や領収書を交付していることなどがあげられます。貸金業者は、これらの条件を整えておけば、合法的に利息制限法を超える金利を定めて貸付けできたのです。

しかし、2006年に裁判所の判決において、みなし弁済を原則認めないという見解が示されました。借入れの契約書の中には、通常期限の利益喪失条項が盛り込まれています。期限の利益喪失条項とは「返済期日までに元金や利息の支払いをしない場合、貸金業者側は残金を一括で請求できる」という決まりのことです。この規定の存在により、グレーゾーン金利を半強制的に返済させる形になります。みなし弁済が認められる条件の1つに任意の支払いがあります。そのため、期限の利益喪失条項がある限り、グレーゾーン金利は任意に支払われたものではないと判断され、みなし弁済が認められなかったのです。この裁判所の判決が出て以降、貸金業者はグレーゾーン金利による貸付けを合法的におこなうことができなくなりました。さらに、2010年に貸金業法が施行されてグレーゾーン金利は完全に廃止されました。

過払い金請求とは

過払い金とは、本来、貸金業者へ支払う必要のないお金のことです。貸金業者がグレーゾーン金利で貸付けをおこなった際、その利息は無効となります。無効となる利息は当然、貸金業者への支払い義務もありません。そのため、利息制限法の上限金利を超える利息を支払ってしまったときは、貸金業者へ返還の請求ができるのです。

過払い金請求ができる法律上の根拠は、民法で規定されています。具体的には、703条で定められている不当利得返還請求権がそれにあたります。不当利得とは法律的な原因がないにもかかわらず得た利益のことをいい、それによって損失を受けた人はその利益の返還を請求できます。

グレーゾーン金利から発生した無効な利息の支払いを受けた貸金業者は不当利得を得たことになります。そのため、借入れした側は不当利得返還請求権を使って、貸金業者へ過払い金請求ができるのです。

過払い金請求の対象となる人

過払い金請求の対象となるのはどのような人なのでしょうか。まず、グレーゾーン金利が存在している時期に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングをした人です。利息制限法の適用を受ける金融業者は、貸金業法という法律で定められている貸金業者に限ります。

消費者金融やクレジットカード会社は貸金業者に分類されるので、これらの業者から、グレーゾーン金利で借入れをおこなうと過払い金の対象となるのです。グレーゾーン金利が廃止されたのは、2010年の貸金業法が施行されたときです。しかし、大半の消費者金融やクレジットカード会社は、2007年から2008年にかけて、利息制限法の範囲内に金利を引き下げました。そのため、2007年以前に消費者金融やクレジットカードでキャッシングしていれば、過払い金請求の対象になる可能性はかなり高いです。

完済している人も過払い金請求できるが時効に注意

2007年以前に借入れをしていて、すでに完済している人も原則過払い金請求の対象になります。貸金業者との取引がすでに終了している場合でも、過払い金が発生していれば請求できるからです。ただ、完済している時期によって、過払い金を請求できないケースもあります。過払い金を請求する権利には、消滅時効があるからです。

消滅時効とは、権利を一定期間内に使わないとその権利が消滅してしまう制度です。過払い金請求の消滅時効は、貸金業者との最後の取引から10年です。完済した日から10年経ってしまうと時効が成立してしまいます。そのため、借金を完済している人は、貸金業者に完済した日から10年以内に過払い金請求をしなければなりません。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

山形で過払い金請求をした想定シミュレーション

山形で過払い金請求をしたという想定のシミュレーションをいくつか紹介します。

山形県山形市自動車製造会社勤務39歳男性

依頼者の男性は、高校卒業後に就職してからパチンコや競馬などで負った借金をどうにかしたいと司法書士事務所へ依頼してきました。債務整理の手続きを開始したところ、プロミスでは残債の40万円がなくなり、50万円の過払い金があることが判明しました。また、アコムの過払い金は発生せず、10万円の借金がそのまま残りました。

司法書士は、4カ月程度で、プロミスの過払い金を回収して、その一部でアコムの残債の返済を実現することができました。依頼者は、借金問題の解決まで1年以上かかると考えていましたが、予想外に早く手続きが完了したためか、喜びを隠し切れませんでした。借金の悩みを解消された依頼者は、その後、結婚して幸せな生活を送っています。

山形県鶴岡市主婦47歳女性

23歳のときに結婚して、それ以降、専業主婦をしてきた依頼者は、知人から過払い金請求のことを耳にし、司法書士事務所へ相談に訪れました。生活費や子どもの教育費のために、10年ほど複数のカード会社からキャッシングをしていたので、過払い金が発生していれば請求したいとのことでした。完済は約7年前とのことでしたので、過払い金が発生している可能性が高く、すぐに手続きを開始しました。

複数のカード会社から取引履歴を取り寄せ、債権調査をおこなったところ、エポスから70万円、三菱UFJニコスからは35万円の過払い金の存在が判明しました。司法書士が双方のカード会社へ過払い金請求をおこなったところ、3カ月ほどで合計約95万円の過払い金を回収することができました。

山形県酒田市電気工事会社経営52歳男性

30歳の頃、脱サラをして自営業を始めた依頼者は、それ以降、生活費をまかなうために複数の消費者金融から借金を重ねてしまいました。自力で返済するのが難しいと判断して、司法書士事務所へ債務整理を依頼してきました。 取引期間が20年程度あることから、過払い金が発生している可能性が高いと判断し、早期解決を目指して、手続きを開始しました。予想通り、レイクでは150万円、プロミスでは60万円の過払い金がありました。

発生していた過払い金をそれぞれの業者の残債への返済にあて、借金がなくなり、肩の荷が下りた依頼者は、明るい表情で事務所を後にしました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する山形にお住まいの方

山形県は東北地方の南西部に位置し、日本海に面しています。山形は全国で9番目に広く、その面積は日本国土全体の約2.5%を占めているのが特徴です。県土の70%以上が森林となっているので、自然の豊かさを感じることができます。そのため、農業も盛んで、いろいろな食物を生産しています。中でも生産量の約70%を占めるさくらんぼは、山形の特産品として、全国的な知名度も高いです。

山形の風景は季節によって違う雰囲気を感じさせるのが印象的です。春はいたる名所に桜が咲き、夏には、自然の中に複数の花が咲き誇ります。また、秋は、紅葉の美しさが目立ち、冬になると世界的にもレアな樹氷を目にすることができるのです。そのようなことから、山形の観光も季節によって異なる楽しみ方ができるでしょう。

自然の多さが特徴的な山形には、美しい山や川があります。そのため、山形へ観光に訪れる人の中には、山河へ足を運ぶ人も少なくありません。山形と秋田の県境には、標高2000メートル以上を誇る鳥海山があります。東北地方の中でも2番目の高さを誇り、山頂に積もる雪の景色が富士山と似ているため、「出羽富士」、「庄内富士」などとも呼ばれています。日本百名山の1つに数えられ、その知名度も高いです。

山形の最上地方には、最上川が流れています。街の産業を発展させたり、自然をより豊かにしたりする役割を果たしていることから「母なる川」といわれています。最上川の水質は生物が生息できるほど高く、サケやアユなどいろいろな魚を目にすることができるでしょう。それから、山形は温泉王国としても知られています。山形市にある蔵王温泉のお湯には硫黄泉が含まれているので、入浴すると美肌効果を得られるといいます。花沢市の銀山温泉の近くには、大正時代末期に建てられた木造の旅館があるので、日本の歴史を感じながら過ごすことが可能です。

また、山形の歴史は、原始時代までさかのぼります。縄文時代に作られた土器や前方後円墳が見られます。平安時代になると京都や奈良の権力に組み込まれるようになりました。平安初期の資料によると、この時期に山形という名前がつけられたと考えられています。戦国時代に突入すると天領からの米の積み出しや最上紅花などの特産品の舟運が盛んになります。そして、明治時代以降の近代になる、複数回の統廃合を経て、山形県が形成されたのです。

県の主要都市として、山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市があげられます。山形市は県土の中央の東側にあり、県内一の人口数を誇る県庁所在地です、米沢市は山形の最南端にあり、置賜地方の中でも最大の都市として知られています。鶴岡市と酒田市は県土の北西部にある、規模の大きな都市です。両市とも日本海に面しており、さわやかな海の風を体感することができます。

山形県には、司法書士事務所が100以上、弁護士事務所が80以上あり、過払い金請求の手続きに対応している司法書士・弁護士の事務所も目立ちます。司法書士の場合、過払い金請求に特化した事務所もありますが、登記や相続など他の業務もおこなっている事務所も少なくありません。地域密着型で営業している司法書士事務所は、複数の業務をおこなっている傾向があります。逆に過払い金請求業務に特化した司法書士事務所は全国規模で営業しているケースが多いです。また、過払い金請求を専門におこなう事務所は、司法書士と弁護士が在籍しているところもいくつかあります。山形の司法書士は話しやすくて親しみがあるという口コミが多く、評判もよいです。一方、山形の弁護士は、一般民事事件、刑事事件、家事事件などと一緒に過払い金請求をおこなっている事務所が目立ちます。そのため、幅広い法律相談をできるメリットがあるといえるでしょう。

県の主要都市である山形市の駅周辺には、アコムの自動契約機が2カ所、アイフルの自動契約機が1カ所あります。また、山形に本社を置く中小規模の消費者金融も少なくありません。山形市宮町と深町には、それぞれエンゼルエンタープライズ、さくら信用という貸金業者名の消費者金融の本社があります。山形は容易にキャッシングできる環境にあるため、過払い金の発生率も高いと考えられます。したがって、過払い金請求をしたいと思っている人も少なくないでしょう。自分で貸金業者へ過払い金請求をおこなっても、相手にされないことがほとんどです。確実に過払い金を請求したいのであれば、司法書士や弁護士などの法律の専門家へ依頼するのがおすすめだといえます。本人に代わって法律の専門家が代わりに交渉をすれば、消費者金融側も態度を軟化するのが一般的です。それにより、満足できる過払い金請求の手続きができるようになります。

山形県には司法書士が158名おり、その内の99名は簡裁訴訟代理等関係業務を行える認定司法書士です。一方、弁護士の人数は98名となっています。過払い金請求の手続きは本人に代わって、貸金業者と交渉業務を行わなければなりません。そのため、司法書士へ過払い金請求を依頼するのであれば、認定の有無を確認する必要があります。また、過払い金請求の業務は経験の有無が大きく影響してくるので、業務実績が豊富な認定司法書士へ依頼すると、満足できる結果を得られるでしょう。

仙台事務所がある宮城に山形からお越しになられた方へ

東北地方の南西部に位置する山形県は、面積9,325,15k㎡、人口 1,113,029人で、県庁所在地は山形市です。

山形県といえば、日本有数のバラ園の公園東沢バラ園、白つつじ公園、ゲンジボタルを見ることができる高瀬峡、日本三大急流に数えられ、山形県のシンボルとして掲げられる最上川、日本で唯一間欠泉を直接浴びながら入浴できる温泉間欠泉湯の華、源義経弁慶伝説の湯とも言われる薬研湯、樹齢約1200年のエドヒガンザクラの古木伊佐沢の久保桜、大正天皇御即位大典の記念に植樹された最上川堤防の千本桜、蔵王中央高原にあるエメラルドグリーンのきれいな沼ドッコ沼、広重美術館、春雨庵、旧風間家住宅丙申堂、鳥海山を流れる月光川の上流にある一の滝・二の滝、水の町屋七日町御殿堰、イザベラ・バードの著書「日本奥地紀行」で「ロマンチックな雰囲気の場所」と記された金山町の街並みと大堰、月読命(ツキヨミノミコト) が祀られている神社月山神社本宮、月山・羽黒山・湯殿山の神々を合わせて祀った大社殿出羽三山神社・三神合祭殿、日本さくら名所100選にも選ばれた 鶴岡公園(鶴ヶ岡城址)、重要有形民族文化財が収蔵、展示されている致道博物館、庄内藩校致道館、西蔵王公園、山形県郷土館、もみじ公園、 蔵王ロープーウェイ、日本三熊野の一つで、東北の伊勢とも言われている熊野大社、「るろうに剣心」をはじめ、映画やTVのロケ地にもなった文翔館、国の特別天然記念物に指定された杉が400本並ぶ羽黒山、観光の定番の名所としても有名な上山城、約1000年の歴史を持つ名湯で松尾芭蕉や与謝野晶子などの文人墨客も多く訪れたあつみ温泉、高畠ワイナリー、公園自体国指定史跡になっていて国重要文化財など見所満載の霞城公園、リナワールド、 山居倉庫、山形県各地の名産品が豊富に揃っている山形県観光物産会館、さかた海鮮市場、上杉謙信を祀る神社上杉神社、年間35万人が訪れる銀山温泉、蔵王温泉、クラゲの水族館として日本一の鶴岡市立加茂水族館、「閑けさや岩にしみ入る蝉の声」で有名な、名刹立石寺別名山寺、さくらんぼ佐藤錦、牛肉どまんなか、牛肉道場などの人気駅弁でも使用されている米沢牛、山形弁、山形新幹線つばさ、蔵王連峰、ラ・フランス、山形花笠まつり、だだちゃ豆、庄内平野、将棋の駒、はえぬき・どまんなか、おしん、玉こんにゃく、酒田港、米沢ラーメン、赤湯ラーメン、酒田ラーメ ン、冷やしラーメンなどのご当地ラーメン、スウィングガールズ、十四代などの日本酒、どんどん焼き、峠の力餅、おもひでぽろぽろ、面白山高原山形鉄道、山形和傘、などが有名です。

山形県出身の芸能人といえば、小林武史さん、南部虎弾さん(電撃ネットワーク)、ウド鈴木さん、あき竹城さん、渡辺えりさん、庄司永建さん、佐藤正宏さん、伊藤マサミさん、三浦昌朗さん、高宮悠子さん、五十嵐希さん、阿部義晴さん、橋本マナミさん、佐竹ななさん、織田まなさん、峯田和伸さん、高橋みゆきさん、真島秀和さん、須藤満さん、畠中洋さん、後藤ひろひとさん、武田祐子さん(フジテレビアナウンサー)、テツandトモさん、佐藤唯さんなどがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ