宮城で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

宮城で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所の仙台事務所は、仙台市青葉区にあるのですが、仙台事務所を設立以来、仙台市だけでなく石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市など宮城県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

宮城県内であれば、仙台までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所の際は詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますのでお気軽にお問い合わせください。 また、来所がむずかしい場合は無料での出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金請求のデメリットは貸金業者によっても対応が違いますが、たいていの場合、過払い金請求をした貸金業者から借入れができなくなることです。ただし、他の貸金業者からは借入れをすることができるので問題ありません。 過払い金請求の最大のメリットは、当然ですが払い過ぎた利息である過払い金が戻ってくることです。過払い金請求のデメリット・メリットは状況によっても変わります。詳しくは知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリットをご参照ください。

宮城で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

宮城県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士がたくさんありますが、仙台事務所は宮城県内だけでなく、福島県山形県秋田県岩手県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼件数をいただいています。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが多いです。

司法書士法人杉山事務所は仙台事務所だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は今後も変わらず、宮城県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

宮城での過払い金請求の無料相談は仙台事務所

宮城県にお住まいの方、お勤めの方は仙台事務所にご相談ください。仙台事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金請求のリスクやデメリットをきちんと説明して、納得いただいた上でご依頼いただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

仙台事務所の電話番号・住所

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-131-025
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 仙台事務所の外観

仙台事務所のアクセスマップ

仙台事務所の周辺地図

電車でお越しの方

広瀬通駅より徒歩5分
あおば通駅より徒歩5分
勾当台公園駅より徒歩8分
仙台駅より徒歩10分

車でお越しの方

お近くにABパーキング青葉通り、セントレ東北駐車場、中央2丁目パーキング、NPC24H仙台一番町パーキングなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

電力ビル前、地下鉄広瀬通駅、広瀬通一番町、青葉通一番町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の仙台事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

2007年より前に消費者金融などを利用して借金をした経験があるのなら、過払い金が発生しているかもしれません。過払い金とは払いすぎた利息のことです。いわゆるグレーゾーン金利が違法と認定されたため、貸金業者が一斉に自社の金利を改正しはじめたのが2007年頃のことです。

もしも2007年以前に貸金業者からお金を借りたことがあって、その借金の金利が違法だった場合は、過払い金請求をすることで払いすぎた利息を取り戻すことができます。過払い金請求には時効があるため、心当たりのある人はなるべく早く手続きを開始することが大切です。

過払い金請求のデメリット・メリット

過払い金請求をするメリットは、過去の借金で払いすぎた利息を取り戻せることです。「その時お金を借りられて助かったから」「終わったことだから」といった理由で過払い金請求に踏み出せない人も少なくありませんが、過払い金請求をするのは正当な行為です。

もともと払う必要のなかった利息を取られていたのであって、取り返すことにためらう必要はありません。過払い金請求は、弁護士や司法書士といった専門家に依頼しないで自分でおこなうことも可能です。ただし消費者金融やクレジットカード会社などは多数の過払い金請求に対応してきたため経験豊富であり、なるべくお金を払わないで済むためのさまざまなテクニックを身に付けています。素人では足元を見られやすく、不利になることは間違いありません。

司法書士や弁護士に依頼すると費用はかかりますが、取り戻せるお金は多くなるのが一般的です。弁護士や司法書士に依頼すれば過払い金の金額にかかわらず手続きや交渉、裁判をすべて任せられるので、お金が戻ってくるまでただ待っているだけで済みます。ただし、弁護士や司法書士ならどこでもいいわけではなく、過払い金請求の実績がある法律事務所と契約することが大変重要です。

どうしても過払い金請求を自分でおこないたい場合には、複雑な手続きや交渉を自分でおこなう覚悟が必要です。時間と手間がかかることにプラスして、経験豊富で一筋縄ではいかない貸金業者を相手に交渉したり裁判で争ったりする度胸も求められます。

過払い金請求を自分でおこなうなら、まず初めにすべきことは、貸金業者に取引履歴を請求することです。無事に取引履歴を入手できたら正しい金利を用いて引き直し計算をおこない、貸金業者に過払い金請求をしましょう。電話などで交渉して和解が成立すればお金が戻ってきますが、納得できる交渉が成立しない場合は裁判所に過払い金返還請求の訴訟を申し立てる流れになります。裁判は弁護士を立てなくてもおこなえますが、事前にしっかり準備しておくことが不可欠となるでしょう。

過払い金請求をするデメリットとしては、大きく2つのポイントが挙げられます。1つめのポイントは、一定の条件下でブラックリストにのってしまう可能性があることです。

ブラックリストとは個人信用情報に事故情報が登録されることで、そういう名称のリストがあるわけではありません。

消費者金融をはじめ、ローンやクレジットカードなどを利用すると、その事実が信用情報機関が管理している個人信用情報に記録されます。個人信用情報は、大きく3つの信用情報機関によって管理されています。

銀行関係の取引はJBA(全国銀行協会・全国銀行個人情報センター)、クレジットカードや信販関係などの情報はCIC(Credit Information Center)、消費者金融と信販関係などの情報はJICC(日本信用情報機関)がそれぞれ管理運営をおこなっています。これらの機関はお互いに情報交換しています。

延滞などの金融事故を起こすと個人信用情報に記録が残り、一定期間保持されます。過払い金請求そのものは記録されることはありませんが、過払い金請求の結果、借金が残ると任意整理をした扱いになるので、その情報が記録され、「ブラックリストにのった」状態になります。

ブラックリストにのると、5年間は新たな借入れができません。その間はローンやクレジットカードの利用もできなくなります。

過払い金請求のデメリットの2つめは、過払い金請求をおこなった貸金業者からはお金を借りることができなくなる可能性があることです。請求先がクレジットカード会社だった場合、その会社が発行するクレジットカードは作れなくなります。これはブラックリストにのらないようなケースであっても同じです。ただし、必ずしもそうなるわけではなく貸金業者によって対応は違います。

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業所は社内に独自の顧客データを持っているため、過払い金請求をした顧客にはお金を貸したがりません。

注意すべきなのは、同一会社の「別ブランドカードを複数使用」している場合や、カード会社の合併により、「同一会社カードを複数使用」している場合です。

同一会社の「別ブランドでのカード」は、分けて手続きできないため、すべて使えなくなるのでご注意ください。同様に、カード発行した時は別会社だったものが、現在、会社の合併によって同一会社となっている場合もすべて使えなくなるのでご注意ください。

過払い金請求はブラックリストにのらない

かつては過払い金請求をすると無条件で「契約見直し」という扱いになり、内容にかかわらずブラックリストにのるのが普通でした。しかし、平成22年1月に金融庁が、過払い金請求は消費者に認められた正当な権利であり、個人の支払い能力の記録である個人信用情報とは無関係だと認定したことを受け「契約見直し」は廃止されました。これ以降は、過払い金請求をすることでブラックリストに記録されることはなくなりました。

ただし、貸金業者によっては借金が残っている状態で過払い金請求をすると、債務を減らす行為とみなされて一時的に「債務整理」と記録される場合があります。過払い金請求をしたことにより借金が完済できた場合はその記録が削除されます。

しかし、発生している過払い金が残りの借金よりも少なくて、完済できない場合もあります。この場合は、債務整理によって借金額が減額されただけという状況になるため「債務整理」の記録は消えることはなく、一定期間残ったままになります。

債務整理した記録は一定期間、保持されます。一定期間を過ぎればまた借入れしたりローンを組んだりクレジットカードをつくることができます。個人信用情報は開示請求することができるので、自分の信用情報が今どうなっているのか気になる人は調べることが可能です。

ブラックリストにのると、約5年間は住宅や車などのローンを組むのがむずかしくなります。

このような事態を避けるため、事前に過払い金請求で戻ってくる額をできるだけ正確に把握しておくことが大切です。借金が完済できないと予想される場合で、どうしてもブラックリストにのりたくないなら完済してから請求しましょう。

自分で過払い金請求をした場合、思ったほどお金が戻ってこなかったというケースも少なくありません。返ってくる過払い金で返済できるはずが完済できず、ブラックリストにのってしまうのは避けたいところです。正確に過払い金の額を調べるには弁護士や司法書士事務所を利用しましょう。

過払い金請求の場合、着手金なしで戻ってきた過払い金の中から報酬金を支払うシステムになっている事務所も多くあり、一括払いでは費用が支払えない場合でも分割払いに対応してくれるところもあります。すぐに専門家への報酬が用意できないからといって、あきらめてしまうことはありません。

司法書士法人杉山事務所では過払い金の相談に無料で応じています。「私の場合は過払い金が出るのかわからない」「過払い金がいくらあるのか知りたい」という方もお気軽にご相談ください。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

宮城で過払い金請求をした想定シミュレーション

例1・過払い金請求で他の借金を完済できたケース
(Aさん55歳東京都 台東区 食品会社勤務)

Aさんは1996年にアコムで200万円の借り入れをした経験があり、のちに完済しています。生活が苦しくなり2010年にレイクで120万円を借り入れし、残債が30万円ある状態です。テレビで過払い金請求のCMを見て、過去の借金に過払い金があるかもしれないと考えて専門家に相談してみました。するとアコムの借金に50万円の過払い金が発生していることが判明し、過払い金請求を依頼することにしたのです。無事満額の50万円が戻ってきたためレイクの借金を完済し、心配していたブラックリスト入りも回避できました。借金生活から脱却できたばかりでなく10万円のお金が戻ってきたことをAさんは大変喜んでいました。

例2・ブラックリストに入っても借金を減らしたかったケース
(Bさん45歳宮城県 仙台市 専業主婦)

Bさんは2003年に子どもの学費や生活費に困ったためアコムから200万円を借り入れました。残債はまだ109万円あり、なかなか借金が減らず悩んでいました。新たにお金を借りる予定もないことから、ブラックリストにのっても借金を減らしたいと専門家に相談しました。過払い金請求をしたところ87万円の過払い金が発生していることがわかりました。残債が22万円残ったためブラックリスト入りしましたが利息をカットしてもらうことができました。残りの22万円は毎月2万ずつ11か月かけて返済することになり、将来の展望が開けたことで気持ちがぐっと楽になりました。無理のない返済計画だったために無事完済でき、Bさんはついに借金生活から抜け出すことができました。

例3・多額の過払い金を取り戻したケース
(Cさん42歳千葉県 松戸市 IT会社勤務)

Cさんは失業を契機に多重債務者となりました。2004年から2005年にかけてアコムから40万円、プロミスから30万円、アイフルから50万円の計120万円の借金を抱えてしまいました。再就職はできたものの借金を返すのがむずかしくなり、司法書士に相談したところ100万円を超える過払い金があることがわかりました。3つの債権者との交渉は長引き裁判に発展しましたが、結果的に利息も含め140万近くのお金を取り戻すことができました。長年借金生活に苦しんでいたCさんは、やっと借金がなくなって心穏やかな生活を取り戻すことができたのです。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する宮城にお住まいの方

宮城県は東北地方の太平洋側に位置しており、東北地方で最も人口が多く県庁所在地である仙台市は政令指定都市に認定されています。戦国時代に伊達政宗が仙台藩として統治していた土地にあたり、仙台市内には伊達政宗によって築造された青葉城の城址が残っています。8月に開催される仙台七夕祭りは全国的に有名です。東北地方にありながら冬の寒さもそれほど厳しくなく降雪量も少ないため過ごしやすい気候です。緑豊かな自然と、仙台平野を中心に賑わう都市文化との調和がとれた生活しやすい地域といえるでしょう。仙台市内を東北新幹線が通っており、近郊には仙台空港が存在することで陸空の交通の利便性にも優れています。仙台都市圏を中心に、石巻市、気仙沼市、登米市、角田市、白石市などをはじめとした35市町村が存在しています(2017年時点)。

宮城県には宮城県司法書士会と仙台弁護士会があり、多くの司法書士・弁護士が活躍しています。宮城県司法書士会には、2017年10月時点で326名の司法書士と6つの法人が所属しており、そのうち254人が認定司法書士の資格を有します。仙台弁護士会は宮城県全域を活動の対象として活動している組織で2017年10月時点で442名の弁護士が登録されており、421の事務所があります。これらの法律専門家事務所のほとんどが仙台市に集まっているという特徴が見られます。宮城県は東北地方の中でも特に都市化が進んでおり、全国展開の法律事務所の支店や消費者金融の支店が数多く存在しています。その中には過払い金請求で全国的に有名なアディーレ法律事務所や司法書士法人杉山事務所の支店なども含まれます。

ひとくちに法律事務所といっても扱っている業務内容はさまざまで、過払い金請求の実績があまりなく不慣れな事務所もあることに注意しましょう。利用しやすい位置にある事務所だったので依頼してみたら、過払い金請求をした経験があまりなく交渉が進まないといったケースもあるからです。宮城県で過払い金請求や債務整理を扱っている法律事務所の中で口コミや評判が多数あるところとしては、スズラン法律事務所や仙台あさひ法律事務所、さいわい法律事務所や司法書士阿部正美事務所、エール法律事務所などが挙げられます。ただし弁護士が移動していたり多忙だったりする場合は依頼を受けてもらえないこともあるので、必ず事前に電話連絡して詳細を確認するようにしましょう。全国展開している法律事務所の場合は口コミや評判を見つけやすいでしょう。

宮城県には大手消費者金融の店舗や無人契約機、ATMが多数設置されています。アコムの店舗やATMは県内に24か所もあり、手軽に利用できる環境にあるといえるでしょう。アイフルの場合は14か所、レイクでは17か所で店舗やATMなどを利用できます。国道やバイパス沿いに位置するATMや無人契約機も多く、車での利用がしやすい特徴があります。このような大手消費者金融の店舗だけでなく、宮城県に活動の拠点をおく、地域に特化した貸金業者も多数営業しています。宮城県内に本社をおく貸金業者名としては、ビッグバンファイナンスや共栄ファイナンス、協和ファイナンスやローンズタケヤ、マネーショップゲルトや白百合クレジットローンなどが挙げられ、この他にも多数の業者があります。宮城県の県庁所在地である仙台市は東北の中でも企業や行楽施設が多い地域であり、人が流入し人口は増える傾向にあります。気軽にお金を借りる環境が整っているため、自然と借金に悩む人も増えることになるのです。宮城県で1年間に自己破産する人は4000人を超えるというデータもあり、500人に1人が自己破産している計算になります。

宮城県で過払い金請求をしようと思い立ったら、まずは無料のシミュレーションサイトなどを使って、おおよその額を把握してみましょう。過払い金があることがわかったら、口コミや評判の多い司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼しましょう。もちろん自分で請求することも可能で、ネット上にはその手順を説明しているサイトも多数存在します。しかし手間と時間を節約し、確実性を重視するなら専門家に依頼するのが一番です。その場合は過払い金請求の実績があるかどうかを確認することが大切です。

司法書士や弁護士事務所のすべてが過払い金請求を扱っているとは限りません。過払い金請求をした経験が豊富で、きちんとした丁寧な説明をしてくれる法律事務所を選びましょう。料金体系が明確に提示してある事務所を選ぶこともポイントです。相談だけなら無料の法律事務所が増えてきているので、複数の事務所で相談してみて、相性が良い法律家を探すと良いでしょう。

借金があると返済のことばかりを考えるようになり、気分が晴れず人生を楽しめません。過去に借金をした経験があるならその過払い金を取り戻すことにより、現在抱えている借金も返済できる可能性があります。思いがけない大金を取り戻している人も少なくありません。過払い金請求は消費者に認められた正当な権利です。過払い金請求をして払いすぎた利息を取り戻しましょう。

仙台事務所がある宮城にお越しになられた方へ

東北地方に属する宮城県は、面積7,282,22k㎡、人口2,329,747人で、県庁所在地は仙台市です。

宮城県といえば、平成23年3月11日に発生した東日本大震災で県内で最大震度7を観測し、巨大な津波が沿岸市町に押し寄せ莫大な被害を受けたことが記憶に新しいかと思います。

他にも宮城県といえば、日本三名瀑の一つ秋保大滝、桜の名所としても知られている白石城、松島のシンボル的な存在である五大堂、安産守護、海上安全、大漁満足の神として有名な志波彦神社・しわひこ神社、世界三大漁場の一つである三陸沖を操業域とする水揚げ港のひとつである気仙沼港、 紅葉の名所鳴子峡、伊達政宗が築城した仙台城跡、東北の紅葉の名所として有名な栗駒山、1200年前に火山の噴火でできたガルデラ湖で世界でもトップクラスの酸性度の潟沼、東北を代表する桜の名所一目千本桜、東北唯一の国営公園国営みちのく杜の湖畔公園、円通院、蔵王を代表する人気観光スポット御釜、冬にのみ楽しめる蔵王の樹氷、日本三景の1つでもある松島、牛タン炭火焼利休、味の牛タン喜助、伊達の牛タン本舗、たんや善治郎、たん焼き一隆、味太助、旨味太助、牛タン料理閣、などが人気店で、宮城名物の牛タン・ 仙台牛、石巻白謙、鐘崎、阿部蒲鉾店、佐々直、阿部平、松澤蒲鉾、 カネコ、ささ圭、などが人気店で宮城の特産品である笹かまぼこ、ササニシキ・ひとめぼれ、日本三大七夕祭り、東北三大祭りのひとつである仙台七夕祭 り、東北楽天ゴールデンイーグルス、広瀬川さん、平沢大河さん、佐藤世那さん、熊谷駿さん、関根花観さん、上林誠知さん、佐藤貴規さん、木村謙吾さん、上野渉さん、阿部浩士さん、橋本到さん、由規さん、中根佑二さん、絹川愛さん、ミカ・エンジェルさん、岸川聖也さん、高橋優太さん、サムエル・ワンジルさん、林朝子さん、大久保将人さん、佐藤秀和さん、鎌田智勝さん、畠山健介さん、渡辺裕子さん、中谷翼さん、菊池俊夫さん、矢貫俊之さん、マキシモ・ブランコさん、ジェームス・ワイナイナさん、など数多くの有名人の出身校である仙台育英学園高等学校、鳴子こけし、秋保温泉、川渡温泉、鳴子温泉、中山平温泉などの温泉、瑞巌寺、ふかひれ、牡鹿半島・金華山、青葉まつり、仙台味噌、芋煮会、ベガルタ仙台、ホヤ、発祥の地である冷やし中華、女川原子力発電所、浦霞、一ノ蔵、日高見、伯楽星、澤乃泉、などの日本酒、多賀城跡、笹巻きえんがわずし、などが有名居です。

宮城県出身の芸能人には、佐々木主浩さん、本郷奏多さん、八乙女光さん、高橋ジョージさん、羽生結弦さん、大友康平さん、伊達みきおさん、富澤たけしさん、森田智己さん、狩野英孝さん、福原愛さん、森公美子さん、岩田華伶さん(AKB48)、涼風真世さん(元宝塚歌劇団)などがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ