秋田で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

秋田で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は、仙台市青葉区にあります。仙台事務所を設立以来、秋田県は秋田市だけでなく、能代市、横手市、大館市、男鹿市、湯沢市、鹿角市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市など、秋田県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

秋田市内であれば、仙台までは電車・バスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、仙台事務所にご来所の前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

知らないと必ず損する過払い金請求のデメリット

過払い金請求をするならデメリットを避けて、最大のメリットを得る方法を知ることが大切です。過払い金請求のデメリットとメリットは、過去に貸金業者から借入れをしていて今は完済している・現在も借入れをしている・自分で過払い金請求をする・司法書士や弁護士に依頼して過払い金請求するなど、状況ごとに異なりますし、どの状況にも共通するものもありますので、自分の状況に応じたものをご参照ください。知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットをご参照の上、ご相談・ご依頼ください。

秋田市からのアクセス方法

秋田の主要駅である秋田駅から電車でお越しの場合は、JR新幹線で乗り換えなしで仙台駅をご利用ください。仙台事務所は仙台駅より徒歩10分の立地にあります。

また、お車でお越しの場合は、秋田自動車道秋田中央IC、河辺JCT、大曲IC、横手IC、東北自動車道北上JCT、富谷JCT、仙台宮城ICのルートでお越しになるとスムーズです。

秋田で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

秋田県内や宮城県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、司法書士法人杉山事務所の仙台事務所は秋田県だけでなく、宮城県福島県山形県岩手県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいています。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は仙台事務所だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる事務所」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は今後も変わらず、秋田県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

秋田での過払い金請求の無料相談は仙台事務所

秋田県にお住まいの方・お勤めの方は仙台事務所にご相談いただけるとご来所の際にアクセスが便利です。仙台事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上でご依頼いただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく早くしたいなど相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

仙台事務所の電話番号・住所

  • 0120131025
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-131-025
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 仙台事務所の外観

仙台事務所のアクセスマップ

仙台事務所の周辺地図

電車でお越しの方

広瀬通駅より徒歩5分
あおば通駅より徒歩5分
勾当台公園駅より徒歩8分
仙台駅より徒歩10分

車でお越しの方

お近くにABパーキング青葉通り、セントレ東北駐車場、中央2丁目パーキング、NPC24H仙台一番町パーキングなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

電力ビル前、地下鉄広瀬通駅、広瀬通一番町、青葉通一番町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の仙台事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

どうしてもお金が必要になったときに簡単にお金を借りられる消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、便利で身近なサービスとして生活に密着しています。借金の返済額は元金と利息の合計金額ですが、2007年頃まで多くの貸金業者は、法律で決められた上限金利を超えた金利で貸付けをおこなっていました。この法律の上限金利を超えて払っていた利息が過払い金です。過払い金請求とは、本来支払う必要がなかった過払い金を貸金業者に返還するよう求める手続きのことです。

過払い金請求ができる条件

テレビや雑誌などで過払い金請求に関する広告を見かけることが多くなりました。お金を借りたことがある人なら、自分にも過払い金があるのか気になると思います。

過払い金は本来、支払い義務のないお金なので、請求する権利は正当なものです。ただし、消費者金融などの貸金業者から借入れしたことがあるというだけでは過払い金請求はできません。過払い金請求の対象となる借金にはいくつかの条件があります。

まず一つ目の条件は、お金を借りていた貸金業者が「グレーゾーン金利」で貸付けをおこなっていたかどうかです。

かつて、金利の上限を決めた法律には「利息制限法」と「出資法」という二つがあって、このふたつの法律の上限金利に差がありました。利息制限法の上限を超えても罰則がなく、出資法の上限金利を超えて貸付けをおこなうと罰則があったので、貸金業者は出資法の上限にしたがって貸付けをおこなっていました。グレーゾーン金利とは利息制限法で定められた金利以上で、かつ出資法の上限金利以下の金利のことです。

その後、法律の改正によってグレーゾーン金利はなくなり、利息制限法の上限を超えて払っていた利息は過払い金として取り戻せるようになりました。

利息制限法で定められている金利は、元本が10万円未満の場合は年利20%、10万円以上100万円未満の場合は年利18%、100万円以上ならば年利15%です。たとえば70万円の借金であれば、適用される上限金利は年利18%です。この場合、18%以上の金利で契約を結び実際に返済していたとすると、過払い金が発生しています。

二つ目の条件としては、2008年以前に借金をしていたかどうかです。2007年から2008年以前には多くの貸金業者がグレーゾーン金利での貸付けをおこなっていました。しかし、2010年に法改正され、グレーゾーン金利は廃止されました。貸金業者が一斉に金利を下げだした2008年以降に借金をした方は、過払い金が発生している可能性は低いといえるでしょう。

三つ目の条件は、借金の完済後10年を経過していないことです。過払い金請求には時効があって、最後の取引日(完済した日)から10年経つと請求できなくなってしまいます。

例えば2008年に完済した借金であれば、2018年までに過払い金請求しないと以後請求できなくなります。過去に借金をした覚えがある方は、完済した日から10年が経過していないかどうか確認しましょう。10年以内であれば過払い金請求ができます。

最後の条件としては、過払い金請求する業者が倒産していないことです。請求先がなくなっていると過払い金請求は不可能です。ただし、借入れたときの社名と現在の社名が変わっただけの場合やほかの貸金業者と合併した場合には過払い金の請求は可能です。

過払い金請求をしたいと考えている方は、借入れした貸金業者の社名だけわかっていれば過払い金請求が可能です。たとえ借入れの明細や契約書が手元になかったとしても、過払い金請求の専門家である司法書士・弁護士に貸金業者の社名だけ伝えることができれば依頼できます。

貸金業者の社名さえ分かればその業者から取引履歴を取り寄せることができます。取り寄せた取引履歴をもとに、利息制限法の上限金利の年利15%~20%で計算し直し、過払い金があるか判断できます。返済と借金を何度となく繰り返した場合には過払い金計算が複雑となるので、たとえ依頼料がかかったとしても司法書士・弁護士に依頼したほうが確実です。専門家への成功報酬などの費用は、取り戻しに成功した過払い金から支払うことができるので、安心してご相談ください。

過払い金請求のデメリット・メリット

過払い金請求のデメリット

過払い金請求にもいくつかのデメリットがあります。過払い金請求を検討している人が一番心配するのは、過払い金請求によってブラックリストにのるかどうかということです。

結論からいうと、借金を完済した後に過払い金請求した場合、ブラックリストにのることはありません。借金を返済中の人でも、過払い金の計算をして、発生している過払い金が残りの借金よりも多かった場合はブラックリストにはのらないのでご安心ください。

ただし、借金を返済中で、発生している過払い金たが残りの借金よりも少なかった場合、過払い金請求ではなく、借金を減額してもらう手続きである「債務整理(任意整理)」となるのでブラックリストにのります。

ちなみに、実際にブラックリストというリストがあるわけではありません。借金の返済が滞った場合や債務整理をした場合に信用情報機関の個人信用情報にその旨が事故情報として記載されます。事故情報が記載されている状態だと、ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなるなどの悪影響が出るので「ブラックリストにのる」といわれています。

二つ目のデメリットは、過払い金請求を司法書士や弁護士といった法律の専門家に依頼すると費用がかかってしまうということです。専門家に依頼することなく、自分で過払い金請求することも可能です。しかし、個人で請求するのは時間と手間がかかる上、貸金業者から取り戻せる過払い金が減ってしまうことがあります。個人で過払い金請求した場合、本来取り戻せるはずの返還額の7割ほどに減ってしまう例もあります。専門家へ支払う費用は必要経費として考えるべきでしょう。

三つ目のデメリットとしては、ブラックリストに関係なく、過払い金請求をした貸金業者を利用できなくなる可能性があることです。クレジットカード会社の場合も、カードは以後使えなくなる場合があります。また同一会社の別ブランドのカードを利用している場合、一部のカードに対してのみ過払い金請求をしたとしても、全てのカードが使えなくなる可能性があります。

ただし、過払い金請求した貸金業者やクレジットカード会社以外は利用できるのでご安心ください。

以上三つのデメリットについては、あらかじめ回避することができます。ブラックリストについては、借金を全て完済した後に過払い金請求をすればのることはありません。もし完済前の場合でも、過払い金の返還で借金がゼロになるなら、同じくブラックリストにはのりません。司法書士や弁護士にいくらの過払い金が発生しているか計算してもらい、発生している過払い金で借金がすべて返せるか確認してから請求すれば、ブラックリストに名前がのる心配はなくなります。

専門家への報酬に関しては、多くの事務所で相談料や着手金などを無料にしたり、取り戻した過払い金から報酬を支払う料金体系にしています。過払い金請求した貸金業者やクレジットカード会社が使えなくなるデメリットについても、ほかの業者であれば過払い金請求後も利用できるので、それほど問題にはなりません。

過払い金請求のメリット

過払い金請求のメリットは、何といってもお金が戻ってくるということです。払い過ぎていたお金を取り戻す手段として、過払い金請求をおこなわない手はありません。ただ黙っていても過払い金は戻ってきませんので、法律に則った手続きをして過払い金を取り戻しましょう。

返済中の人の場合、過払い金が発生していれば借金がゼロにならなくても減額することができます。任意整理という手続きになりますが、借金が減ったうえで将来にかかる利息もなくすことができ、専門家が交渉して今より低い返済額で組みなおすことによって長期分割が可能になるので、毎月の返済額を減らすことができます。

また、返済中に手続きした場合、貸金業者による取り立てがなくなることもメリットです。司法書士や弁護士に任意整理を依頼すると、請求先の貸金業者に「受任通知」というものを送付します。貸金業者が受任通知を受け取ったあとは、依頼者に直接取り立てができなくなることが金融庁のガイドランで決められています。毎月の督促に追われていた人は精神的に楽になるでしょう。

以上のようにデメリットは防ぐことができますし、過払い金の専門家に依頼すれば複雑な手続きを自分ですることなく過払い金請求のメリットを享受することができます。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

秋田で過払い金請求をした想定シミュレーション

秋田県で過払い金請求に成功した想定のシミュレーションを3例紹介します。

依頼人はパチンコに使うためにアイフルから10万円のお金を借りました。10万ならばすぐに返せると思い、抵抗はありましたがあまり心配はしていませんでした。しかし返済前に借りることを繰り返した結果、総額60万円の借金となってしまい、仕事の掛け持ちをしてなんとか完済にこぎつけました。その後テレビで過払い金請求のコマーシャルを見た依頼人は、お金が返ってくるかもしれないと思い、近所でも評判の司法書士に相談しました。依頼後、半年とかからずに借金がなくなってさらに過払い金30万円が手元に戻ってきました。借金の完済後に過払い金請求をしたこともあり、ブラックリストに名前がのることもなく取り戻せたと依頼者は喜んでいました。 (秋田県 秋田市 飲食店勤務)

ブランド好きの依頼人は、お気に入りのブランドの新商品が出るとつい買いたくなってしまい、最終的にはクレジットカードのニコスのキャッシングを利用し始めました。少しずつ返済をしていた依頼者ですが、なかなか完済までは至らず、知り合いに相談することにしました。知り合いから過払い金請求に詳しいおすすめの司法書士の話を聞いた依頼人は、相談のために事務所を訪れました。相談時にはまだ40万円の借金が残っていました。請求の結果、残債がゼロとなって借金から開放されただけでなく、30万円の過払い金を手元に取り戻すことができました。相談しなかったら戻ってこなかったお金を手にし、勇気をだして司法書士に相談してよかったと話します。 (秋田県 大仙市 美容院勤務)

個人事業を営む依頼人は、何度か銀行に融資の相談に行ったものの融資の目処がたたず、アコムとアイフルの2社から総額60万円を借りました。借りた資金をもとに広告などを積極的に打つことができ、借金を返済できるまでになり、8年前には全て完済しました。その後、テレビや新聞で過払い金の広告を見かけ、自分が完済した借金の中にも過払い金があるのではと思った依頼人は、インターネットで過払い金請求に強いと口コミが良い司法書士に相談し、請求の手続きを依頼することにしました。請求の結果アコムからは50万円、プロミスからは40万円の過払い金が戻ってきました。手続きから半年ほどで、それも面倒なこともなく過払い金を取り戻せたことに満足した様子でした。 (秋田県 横手市 自営業)

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する秋田にお住まいの方

秋田県は北東北の日本海側に位置し、周りを海と山に囲まれた自然豊かな県です。また県面積の約70%を森林地帯が占め、天然秋田杉は青森県の青森ヒバ、長野県の木曽檜とともに、天然の日本三大美林に数えられています。県北部には青森県にもまたがっている世界自然遺産の白神山地もあります。 秋田県の歴史を振り返ると、史書に初めて秋田と出てくるのは658年の阿部臣比羅夫の水軍北上の際です。旧石器時代にも秋田県に人が住んでいた証拠として大仙市の米ケ森遺跡など多くの遺跡が発見され、ナイフ形石器や細石刃などが発掘されています。江戸時代には、佐竹氏が常陸54万石から秋田・仙北20万石に移封され、現秋田市に久保田城を築城しました。1871年には廃藩置県により現在の行政区域が定められ、今の秋田県が成立します。 秋田県の産業としては、農業の中でも特にあきたこまちに代表される稲作が盛んです。美味しい日本酒には欠かせない品質の良い米がとれることもあってか、日本酒の消費量は常に全国上位です。また日本海側では漁業が行われ、有名なのがハタハタ漁です。縁起が良い魚として秋田県民に親しまれていて、メスのお腹にあるブリコと呼ばれる卵は旨味がつまったくせになる美味しさです。豊かな自然がもたらす食材を使ったきりたんぽ鍋などの郷土料理は、何度でも食したいと思わせる一品ばかりです。 県内では伝統的行事も多く行われています。例えば、東北三大祭の一つで、たくさんの提灯を吊るした竿燈を稲穂に見立てて練り歩き、五穀豊穣などを願う秋田竿燈祭や、「怠け者はいねが、泣ぐ子はいねが」のセリフで有名ななまはげが乱舞する、みちのく五大雪祭の一つ「なまはげ柴干まつり」などがあります。そのほかにも、全国学力テストがトップである教育県であったり、日本海沿岸の強い風を活かした風力発電に力を入れ再生可能エネルギー県を目指していたりと、特色あふれる県です。 秋田県は13市、9町、3村で構成されています。秋田周辺地域には、県庁所在地である秋田市など3市、南秋田郡として八郎潟町など3町、大潟村1村があります。県中央東側の大曲・仙北地域には、大仙市など2市、仙北郡として美郷町1町があります。県北内陸部の大館・北秋田地域には、大館市など2市、北秋田郡に小阿仁村の1村が存在します。山形県境の日本海側に位置する本荘・由利地域には由利本荘市など2市、山形県境の内陸部に位置する湯沢・雄勝地域には湯沢市1市と雄勝郡に羽後町1町と東成瀬村1村があります。岩手に隣接する横手・平鹿地域には横手市1市、青森県境の能代・山本地域には、バスケットボールで有名な能代市1市と山本郡に八峰町など3町が属します。最後に鹿角地域に鹿角市1市と鹿角郡に小坂町1町があります。 このように、歴史と文化と自然に恵まれた秋田県ですが、住んでいる方の中には借金で悩んでいる方や、過払い金返還の対象になるのではと思っている方もいるでしょう。過払い金請求の手続きを業として引き受けることができるのは、認定司法書士と弁護士です。秋田県内には司法書士会に登録している司法書士は115人(2017年9月時点)いますが、その内140万円以下の過払い金請求ができる認定司法書士は51人います。また日本司法書士会連合会で紹介されている司法書士法人と事務所は3事務所あります。一方、秋田県内の弁護士数は、弁護士会に登録されている人数で79人(2017年8月時点)、事務所数は58事務所(2016年3月時点)となっています 過払い金を請求するにあたって、どこの司法書士・弁護士を選ぶかは重要なことです。なるべく過払い金請求の解決実績を持った専門家を選ぶようにしましょう。また、周りに過払い金請求をした方がいる場合には、依頼した専門家について聞いてみることも参考になります。ここでは過払い金請求に強いとされている2つの事務所についてその特徴を紹介します。一つ目の事務所は、秋田市にある司法書士佐藤知美事務所です。この事務所が強調している点は、依頼者に代わり貸金業者と交渉だけにとどまらず、裁判によっても過払い金を取り戻すとしている点です。依頼後は基本的に司法書士へ請求手続きを任せることになり、依頼人の負担が少ないことも強調しています。担当としているエリアは、秋田県全域となっています。次に紹介するのは、同じく秋田市に事務所があるきりゅう司法書士事務所です。こちらの事務所は、過払い金の満額回収を目指し、満額での和解ができないときには訴訟も視野に入れて手続きをおこないます。無料相談を実施し、相談から過払い金返還まで計画的に手続きをすすめるおすすめの事務所です。過払い金請求の解決事例として、消費者金融1社から100万円を長く借りていた依頼者は、当事務所に過払い金請求を依頼した結果、残債がゼロになっただけでなく、50万円の過払い金を取り戻しました。紹介した2つの司法書士事務所では、アコムやアイフルなどの大手消費者金融だけでなく、地元の貸金業者への過払い金請求の依頼も受け付けています。県内の貸金業者名には例えば、株式会社秋田国際カード(秋田県秋田市)やファデアカード株式会社(秋田県秋田市)、株式会社秋田商店会クレジット(秋田県秋田市)などがあります。 過払い金は過払い金請求の専門家である認定司法書士・弁護士に相談することでスムーズに取り戻すことができます。まずは無料相談に応募してみてはいかがでしょうか。

仙台事務所がある宮城に秋田からお越しになられた方へ

東北地方の日本海に面する秋田県は、面積11,637,54k㎡、人口1,009,691人で県庁所在地は秋田市です。

秋田県といえば2,000年前の火山活動でできた十和田湖、国の重要文化財に指定されている赤れんが郷土館、新玉川温泉、刺巻湿原ミ ズバショウ群生地、「秋田の行事」をはじめとする藤田嗣治の作品やヨーロッパの絵画を常設展示している秋田県立美術館、男鹿半島の潮瀬崎のゴジラ岩、秋田のなまはげを堪能できる観光スポットなまはげ館、日本の滝百選で第2位に選ばれた安の滝、「まんまタイム」や「動物解説」などのイベントが大人気の秋田市立大森山動物園、なまはげを体験できる男鹿真山伝承館、にっぽん温泉遺産のトップ10など各種温泉ランキングで常にトップクラスに番付される日本有数の人気温泉地でもある乳頭温泉郷、かまくらを一年中体験できる横手市ふれあいセンターかまくら館、秋田の夜景スポットとして人気のポートタ ワー・セリオン、食堂の地元グルメも評判の男鹿水族館GAO、紅葉の名所である抱返り渓谷、阿仁熊牧場くまくま園、秋田藩主、佐竹氏20万石の居城だっ た久保田城の城跡を公園にした千秋公園、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けており、文化財として保護されている角館武家屋敷、乳頭温泉郷で最も古くからあるといわれている鶴の湯温泉、日本一の深さと高い透明度を誇る田沢湖、あきたこまち、きりたんぽ・きりたんぽ鍋、秋田美人、秋田新 幹線こまち、稲庭うどん、みちのくの小京都角館、比内地鶏、秋田杉、竿燈まつり、日本酒、世界自然遺産の白神山地、大館まげわっぱ、鳥海山、じゅんさい、秋田追分、ドンパン節などの秋田民謡、とんぶり、ババヘラアイ ス、象潟、横手焼きそば、ざっぱ汁、秋田県マスコットのスギッチ、子守峡、十文字三角ラーメン、風の松原、などが有名です。

秋田県のお土産は、ぎばさ、なまはげせんべい、みたらしぷりん みそたまり、あきたのバターもち、秋田県産りんごを使ったパイ、桜ゼリー、とまと大福、ぬれおかき、りんごタルト、酒粕のクグロフ、西明寺栗、秋田プリン、きりたんぽ鍋セット、などが人気です。

秋田県出身の芸能人には、佐々木希さん、生駒里奈さん(乃木坂46)、鳥居みゆきさん、加藤夏希さん、壇蜜さん、桜田淳子さん、浅利純子さん、柳葉敏郎さん、落合博光さん、山田久志さん、奥寺康彦さん、桜庭和志さん、小倉智昭さん、高橋大斗さんなどがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ