和歌山で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

和歌山で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にあるのですが、大阪事務所を設立以来、和歌山県和歌山市だけでなく、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市など和歌山県の全域より過払い金請求のご相談、ご依頼をいただいています。

和歌山市内であれば、大阪までのアクセスは電車やバスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、事務所に来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますのでお気軽に大阪事務所までお問い合わせください。

また、ご来所がむずかしい場合は無料での出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

過払い金請求のデメリットを把握してから事務所を選ぶ

アコム、プロミス、アイフル、レイクなどの消費者金融や、CFJ、ニッセンGEクレジット、エポスカード、ニコス、セディナなどのクレジットカード会社に払い過ぎていた利息を取り戻す過払い金請求。自分ですることも、弁護士・司法書士に依頼することでも取り戻すことができます。

過払い金請求のデメリットをきちんと知ることで、リスクを最小限にして、最大限のメリットをえることができます。過払い金請求のデメリットは、完済していて過払い金請求する、返済中に過払い金請求する、自分で過払い金請求する、弁護士や司法書士に依頼して過払い金請求をする4つのケースにおいて異なります。

和歌山市からのアクセス方法

和歌山の主要駅である和歌山駅から電車でお越しの際は、JR特急くろしおで天王寺駅にいき、大阪市営御堂筋線で最寄り駅であるなんば駅をご利用ください。大阪事務所はなんば駅より徒歩2分の立地にあります。また、お車でお越しの際は、阪和自動車道和歌山IC、泉佐野JCT、美原JCT、阪神14号松原線松原JCT、大和川線松原線分岐、阪神1号環状線なんばルートでお越しいただくとスムーズです。

和歌山で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

和歌山県内や大阪府内には、過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、大阪事務所は和歌山県、大阪府だけでなく奈良県兵庫県京都府を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいています。ご依頼いただいた相談者様に当事務所の対応に満足いただき、その相談者様からの口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースもたくさんあります。

杉山事務所は和歌山県和歌山市だけでなく全国8か所に事務所があり、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所は今後も変わらず、和歌山県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

和歌山での過払い金請求の無料相談は大阪事務所

和歌山県にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただくとご来所の際にアクセスがしやすいです。大阪事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金請求のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上でご依頼いただいています。一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど、相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案しますのでお気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

消費者金融会社やクレジットカード会社などの貸金業者は、利息制限法という法律の制限内で金利を設定してお金を貸し出さなければなりません。しかし、利息制限法に違反しても貸金業者に対して罰則がない時期がありました。そのため、この時期に借り入れをした経験のある人は、法律に反した金利でお金を借りていた可能性があります。過払い金請求とは、利息制限法の上限を超えた金利で返済をして払い過ぎたお金を、取り戻す手続きです。

過払い金の計算方法

過払い金がいくら発生しているのかを知るためには、利息制限法を正しく守った金利で計算しなおす必要があります。これを「引き直し計算」といいます。

引き直し計算は、利息制限法の定める上限金利で計算します。利息制限法は、元金10万円未満の場合には年利20%が上限と定められています。また、元金10万円以上100万円未満だと年利18%、元金100万円以上の場合には年利15%が上限です。過去に多くの貸金業者が、29%程度の金利を設定し貸し出しをおこなっていました。その金利と利息制限法の上限との差によって生じるのが過払い金で、これを引き直し計算で算出します。

引き直し計算を正確にするには、過去の返済や借入額、金利について正しく知る必要があります。しかし、長期間にわたる借り入れで債務者が、すべての記録を保管しておくことはむずかしいです。貸金業者に、取引履歴の開示請求をすることで、過去の返済や借入額、金利が記載されている取引履歴を手に入れることができます。過払い金は、取引履歴をもとに引き直し計算をする必要があります。

引き直し計算をするためにソフトウェアやエクセルのテンプレートなどを利用して計算します。インターネット上で無料配布されているものもあるので、一般の人が利用することも可能です。ただし、間違いなく計算をするには専門的な知識が必要です。

年利の日割り計算やボーナス払い、追加の借り入れ等もある場合、引き直し計算をするのはむずかしいです。過払い金請求をするうえで、過払い金の計算はとても重要です。計算結果を間違ったまま過払い金請求をすると、返還される過払い金が少なかったり、最悪の場合、貸金業者から過払い金請求を断られる可能性があります。

過払い金の計算は自分ですることができます。しかし、自分で出した計算結果はあくまで目安にとどめておいて、 司法書士や弁護士に相談して正確な計算結果をだしてもらいましょう。杉山事務所は、過払い金の調査や計算が無料となっております。お気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求の方法

過払い金請求の方法と注意点について紹介します。 貸金業者から取引履歴を取り寄せて、過払い金を引き直し計算して、過払い金返還請求書を貸金業者に送付します。過払い金返還請求書を送れば、貸金業者が過払い金を簡単に支払ってくれるというわけではありません。貸金業者と返還額について交渉をする必要があります。まず、話し合いでの任意交渉をして和解を目指します。貸金業者から出された和解の内容に納得できない場合、裁判をすることになります。なかには、裁判をしないと過払い金を返還してくれない貸金業者もあります。

貸金業者は返還額を少しでも低くしたいと考えるため、かなり抑えた額での和解を提案してくることがあります。特に、過払い金請求を自分で手続きしている場合には、貸金業者が強気の交渉をしてくることがあります。納得できる額であれば和解に応じても良いのですが、素人判断だと非常に不利な金額で解決することがあるので注意が必要です。

貸金業者との話し合いで和解できなければ裁判をします。裁判所へ訴訟の提起するのは自分ですることもできますが、訴状などの書類をそろえたり、裁判に何度も出頭する必要があったり、法廷での主張を自分でしなければなりません。過払い金請求の裁判をする場合、司法書士や弁護士に依頼する方がすべての手続きを代理でしてくれるので、手間と時間を省くことができます。過払い返還額も、司法書士や弁護士が交渉するほうが自分で交渉する場合よりも高くなることが多く、費用を払って依頼したとしても結果的に手元に戻ってくるお金が多くなる可能性があります。

過払い金を取り戻すことは当然の権利ですが、過払い金請求によって生じるリスクもあります。それは、いわゆるブラックリストにのってしまう危険性です。ブラックリストとは、個人信用情報に事故情報が登録されてしまうことをいいます。返済をおこなわなかったり、延滞を繰り返したりしたことや、破産をしたことなどの情報が登録されると、他の貸金業者からの借り入れもできなくなってしまいます。ショッピングローンや住宅ローン、クレジットカードの審査も通りません。

過払い金請求をすると必ずブラックリストにのるわけではありません。過去に完済している借金を過払い金請求しても、ブラックリストにのることはありません。また、返済中の借金を過払い金請求した場合でも、返還される過払い金で残っている借金を0にできればブラックリストにはのりません。

ただし、返済中の借金を過払い金請求して、返還される過払い金で残っている借金を0にできなかった場合、ブラックリストにのってしまいます。この場合、過払い金請求ではなく貸金業者と借金の減額の交渉をする「任意整理」という手続きになります。支払いが困難になり借金の減額や支払い方法について交渉をしたという「債務整理」として信用情報機関に登録されてしまいます。過払い金請求のメリットとデメリットを理解して、自分にあった解決方法をとる必要があります。自分で判断してしまうのではなく、過払い金請求を専門としている司法書士や弁護士に一度、相談することをおすすめします。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

和歌山で過払い金請求をした想定シミュレーション

和歌山県内で過払い金請求に成功したいくつかのシミュレーション例を紹介しましょう。

あっけなく借金生活が終わった

・和歌山県白浜町無店舗小売会社経営
・アイフルへの残債務25万円取引期間10年
・レイクへの残債務42万円取引期間9年
・三菱UFJニコスへの残債務29万円取引期間12年
・セディナへの残債務27万円取引期間11年

依頼者は学校を卒業後東京でサラリーマンとして働いていましたが、飲食費にお金を使うことが多く、足りない分はクレジットカードのキャッシングで借り入れをしていました。しかし、職場の上司との折り合いが悪く、長時間勤務だったこともあって体調を崩し退職し実家に帰ります。短期のアルバイトをつなぎながら暮らしていましたが、親と口論が絶えず、その後自分でアパートを借りて一人暮らしをするようになりました。仕事もなかなか見つからず、手持ちのクレジットカードでキャッシングをするだけでなく、消費者金融会社も利用するようになり、そんな生活を数年間続けます。その後、アルバイト先で知り合った友人とインターネット通販の会社を立ち上げ、ある程度の収入を得られるようになりましたが、気づけば借金は大きくなっていました。月々の返済は苦しい一方、元金はわずかしか減らない状況が続きます。

共同経営者の友人に正直に打ち明けると、「俺の友だちに過払い金請求して借金がゼロになった人がいる」と教えてくれました。その友だちに会って話を聞くと「俺が頼んだ司法書士はおすすめ。自分はほとんど何もしていない」との話で、その司法書士を紹介してもらいました。

話を聞いていた通り、自分ですることはほとんどなく、依頼した直後から返済はしなくてもよくなりました。結局アイフルからは49万円、レイクからは64万円、三菱UFJニコスからは65万円、セディナからは46万円の過払い金返還を受け、すべての借金がゼロになりました。司法書士への報酬を払っても少し現金が手元に残るという結果です。 依頼者は「あんなに苦しかったのに、あっけなく借金がなくなって驚いた」と笑って話していました。

夫婦の借金ともにゼロになった

・和歌山県和歌山市紙加工品製造会社勤務(妻 食品スーパーパート従業員)
・依頼者は夫婦
・夫は依頼時点で5社から総額480万円の借り入れがあり、取引期間は最長で16年、最短で11年
・妻は依頼時点で2社から総額93万円の借り入れがあり、取引期間は両社とも9年

夫はかつて自営業者でしたが、景気の悪化に伴い業績は落ち込み、生活費のために消費者金融からお金を借りるようになりました。その後も事業は上向かず結局廃業。その後簡単には再就職先は見つからず、借金は膨らんでいきます。妻はパートに出て家計を支えましたが、夫の借金の返済や生活費、子どもの教育費などの負担もあってお金は常に不足し、結局消費者金融からお金を借りざるを得なくなりました。夫婦ともに借金を抱えることでどうしようもなくなり、夫は自己破産を考えるようになります。

弁護士に相談に行くと、「自己破産をする必要はありません。過払い金を取り戻しましょう」と言われて驚きます。最初は半信半疑でしたが、弁護士のシミュレーションによると、夫には712万円もの過払い金があり、妻には62万円の過払い金が発生しているとのことでした。

妻についてすぐに過払い金請求をおこなうとブラックリストにのってしまうため、まずは夫の過払い金を取り戻すことになりました。弁護士は夫が借り入れをしている貸金業者に訴訟を提起し、6カ月後には5社から利息を含め746万円の過払い金の返還を受けます。その額から妻の借金を完済した後、借り入れしていた2社に対しても過払い金を請求、65万円の過払い金返還を受けました。夫婦ともに借金はゼロになり、弁護士報酬を支払っても手元に約150万円の現金が残る結果です。「もう返済しないで良いなんて夢のようだ」と夫婦で手を取り合って喜んでいました。

期待していた以上の過払い金を取り戻せた

・和歌山県橋本市建設会社勤務
・プロミスへの残債務18万円取引期間16年

依頼者が借り入れを始めたのは、若いころに遊興費の使い過ぎで生活費が足りなくなり消費者金融を利用したときです。思っていたよりも簡単にお金を借りられたことで、その後も気軽に借金をするようになったといいます。一時期は借金額も大きくなりましたが、延滞もなく返してきました。過払い金請求について知ったのは、ちょうど引越しで必要なお金をどう工面しようか考えていた時期です。インターネットの広告で過払い金請求について知った依頼者は、大した金額ではないにせよ自分にも過払い金があるのではないかと考え、口コミで評判の良かった司法書士事務所に相談をすることにしました。

依頼者は司法書士の説明を聞いて驚きました。過払い金の額は124万円だと言われたからです。それだけあれば借金をゼロにして引越し費用もまかなえると考えた依頼者は早期の解決を司法書士に依頼します。何度かの交渉を経て、2か月半後には和解によって106万円の返還を受けることができました。プロミスへの借金はゼロになり、司法書士への報酬を支払っても引越し費用には十分な額が確保できたのです。依頼者は「思っていた以上の結果でびっくりした」と満面の笑みを浮かべていました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する和歌山にお住まいの方

和歌山県で見つかっている一番古い遺跡は旧石器時代のものです。その頃の和歌山県は寒冷化気候であり、人々はナウマンゾウやオオツノジカなどを狩猟して暮らしていたと考えられています。縄文時代の遺跡は多数見つかっており、みなべ町の徳蔵地区遺跡の竪穴住居跡や,かつらぎ町の中飯降遺跡の大形竪穴住居跡が有名です。また、田辺市の高山寺貝塚からは、多種の動物の骨や貝殻が見つかっています。その後米作りの始まった弥生時代には豪族がこの地を支配しました。和歌山市の太田黒田遺跡や有田川町の田殿尾中遺跡などの環濠集落の跡に見られる高床倉庫や神殿などがこれを示しています。

3世紀の中頃からは古墳時代に入り、和歌山県内でも多くの古墳が見つかっていますが、和歌山市にある大谷古墳は特に有名です。また、岩橋千塚古墳群には28基の前方後円墳とその他の古墳が600以上見つかっており、全国有数の古墳群として知られています。奈良時代に入ると天皇や貴族などが紀伊国を訪問し、万葉集にもおさめられた和歌浦や白浜に関する歌を詠み、和歌山の自然を愛でました。平安時代には嵯峨天皇の庇護のもとに空海が高野山に金剛峯寺を開き、真言宗を広めていきます。また古くから熊野川近くにあった3つの神社は平安時代中期になると熊野三山と呼ばれるようになり、紀伊路を利用した参詣が盛んになりました。

16世紀に豊臣秀吉が紀州を平定する際に築城された和歌山城は、その後浅野氏が大規模な修築をおこない、城下町は大変美しくつくられ繁栄します。さらに、江戸時代に入ると徳川頼宣が入城し、親藩の最高位である徳川御三家のひとつとして大きく発展を遂げていきました。明治の時代に入り廃藩置県によって和歌山県が誕生したころには、紀州藩士であった陸奥宗光が海援隊に入り、新政府での外交などにも携わっています。また外国との不平等条約への国民的反対が起こるきっかけとなったノルマントン号事件が起きたのも、和歌山県の熊野灘です。第二次世界大戦後は、主要産業である農業の近代化や紀ノ川河口や下津湾の工業などによって発展をしていきます。

海と山、温暖な気候に恵まれた和歌山県には多くの観光スポットがあります。 和歌山市エリアには、御三家の権威を表現するにふさわしい和歌山城や、万葉集で歌われた和歌の浦などがあります。また人形供養で有名な加太淡嶋神社には2万体ともいわれる人形が奉納されています。

世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界から注目を浴びる観光資源です。「熊野三山」、「高野山」、「吉野・大峯」からなる文化的景観が古代の神道や仏教、修験道などの文化を伝えています。また、白浜・串本エリアには、サンゴも見られる海中公園やジャイアントパンダで有名なテーマパーク、クエやカツオなどの海産物を楽しめるグルメスポットなどが多くの観光客を集めています。

和歌山県では、本州最南端の温暖な気候を活かした農業が盛んで、特にみかんや梅などは全国シェアの多くの部分を占めています。また、石油、鉄鋼などの第二次産業の比率も高いのも特徴です。そのため、平成20年のリーマンショックの時期には県内景気は大きく落ち込みました。また、従来の産業構造から第三次産業の割合が年々増加していく傾向にあります。和歌山県における労働生産性は低く、県民所得も全国平均と比較すると低く推移しているのが現実です。景気動向について全国が回復基調を見せている状況であっても、和歌山県内の回復はそれに大きく追いつかないという状況もあります。そんな中で貸金業者からの借り入れをせざるを得ない人もいるのが現実でしょう。

和歌山県に登録している貸金業者の数は平成20年3月に92ありましたが、平成29年か月には7にまで減っています。これは相次ぐ過払い金請求に対する支払いによって貸金業者の財務が悪化し、廃業や経営統合をおこなった全国の動向と同じですが、和歌山県の減少幅は特に大きいものとなっています。そのため、県内で見かける貸金業者名は、アコムやアイフル、レイクやプロミスなどの大手消費者金融会社のものに限られるようになっているのが現実です。

和歌山県司法書士会に登録している司法書士の数は163人で、そのうち簡易裁判所での訴訟代理をおこなうことのできる認定司法書士の数は105人です。また司法書士法人は1法人のみとなっています。一方、和歌山弁護士会に登録している弁護士の数は143人で、弁護士法人は4法人です。

司法書士法人や弁護士法人には、和歌山県内を中心に業務をおこなっているところもあれば、全国展開をする中で和歌山県内に支店を出しているものもあります。司法書士・弁護士ともに、得意分野と不得意分野があるため、依頼する際には過払い金請求に精通しているかどうかを確認することが必要です。また、報酬その他の経費について明確に説明をしてくれることや、希望を親身になって聞いてくれること、事情に合わせた連絡方法を選んでくれるなど、細かい点も比較してから選択すると良いでしょう。

大阪事務所がある大阪に和歌山からお越しになられた方へ

近畿地方に属し、日本最大の紀伊半島南側に位置する和歌山県は県南部に大規 模な山地を有していて県庁所在地は和歌山市です。

人口およそ961,075人面積472,469k㎡で隣接都道府県は三重県、大阪府、奈良県、兵庫県ですが、近畿2府4県で唯一人口100万人を割り込んだ県です。

和歌山県の面積4,726k㎡のうち山地が3,832k㎡を占めていてこの地形を活かした果物の栽培が盛んです。果樹王国ともいわれていて、みかん、梅、はっさく、柿、山椒は生産量日本一です。すもも、ネーブル、オレンジ、伊予柑は生産量全国2位で、じゃばら(ミカン属の柑橘類)は世界でも北山村でしか生産されていなかったため生産量は世界一でした。

また、和歌山県沖に黒潮海流があるので漁業も盛んで、マグロ、カツオ、ハモ、クエ、太刀魚などがとれます。雑賀崎港でとれるハモは京都の葵祭でよく使われ、和歌浦地区の旅館ではハモ料理を食べることができます。太刀魚は有田市の水揚げが日本一です。取り返した過払い金でこれらの地元、和歌山でとれた果物や水産物を堪能されみてはいかがでしょうか。

前述のようにみかんで有名な和歌山ですが、和歌山県には歴史的建造物が多く、熊野古道、熊野本宮大社、熊野速玉大社、丹生都比売神社、慈尊院、丹生宮省符神社、高野山金剛峯寺、別格本山金剛三味院、熊野那智大社、青岸渡寺、那智原始林、那智の瀧、補陀洛山寺は紀伊山地の零場と参詣道という名で世界遺産に登録されています。高野山金剛峯寺は真言宗の総本山で、弘法大師空海が修行の場としていたことでも有名です。

和歌山市周辺には他にもラピュタそっくりといわれている友ヶ島、延長630mの遠浅の浜で真っ白な砂浜が美しい白良浜、和歌山の夕日100選に選ばれた円月島、パンダがたくさんいて近くでみることができる南紀白浜アドベンチャーワールド(日本でパンダがみることができる動物園は上野動物園と神戸市立王子動物園とここの3つ)、本州の最南端にある潮岬、日本一の大きさの鳥居の大斎原、日本全国の四季折々の魚介類や和歌山の物産品を販売しているとれとれ市場南紀白浜、国の名勝に指定されている千畳敷、ヨーロッパの街並を楽しめるポルトヨーロッパ、断崖絶壁の三段壁、日本三大名滝のひとつ那智の大滝、「帰るのを忘れさせるほど心地よい」という言葉が由来して名付けられたといわれている洞窟の中にある温泉、忘帰洞などが観光スポットとして人気が高いです。

和歌山県出身の芸能人には、明石家さんまさん、溝端淳平さん、安田大サーカスのHIROさん、冨司純子さん、小西博之さん、小林稔侍さん、大地喜和子さん、坂本冬美さん、天童よしみさん、シャ乱Qのはたけさん、L’Arc~en~Cielのhydeさん、広瀬香美さんなどがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ