徳島で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

徳島で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120070146
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 岡山事務所は、岡山市北区にあるのですが、岡山事務所を設立以来、徳島市だけでなく、鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市などの徳島県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

徳島市内であれば、岡山までのアクセスは電車、バスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所の前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますので岡山事務所までお気軽にお問い合わせください。

また、ご来所がむずかしい場合は無料での出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリット

杉山事務所は、当初、大阪に事務所を設立しましたが、より多くの方の借金問題を解決したいとの思いで、現在では大阪事務所だけでなく、東京、名古屋、福岡、広島、岡山に事務所を設立しました。それぞれの事務所では、該当の都道府県の方だけでなく、隣接した県からの相談者様に向けてもご相談・ご依頼をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

杉山事務所の事務所概要

徳島市からのアクセス方法

徳島の主要駅である徳島駅から電車でお越の際は、JR特急うずしおで乗り換えなしで最寄り駅である岡山駅をご利用ください。岡山事務所は岡山駅より6分の立地にございます。

また、お車でお越しの際は、徳島自動車道徳島IC、高松自動車道鳴門JCT、坂出JCT、瀬戸大橋坂出IC、瀬戸中央自動車道早島ICルートでお越しになるとスムーズです。

徳島で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

徳島県内や岡山県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、岡山事務所は徳島県、岡山県だけでなく鳥取県香川県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼の実績があります。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は岡山だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 岡山事務所は今後も変わらず、徳島県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

徳島での過払い金請求の無料相談は岡山事務所

徳島県にお住まいの方、お勤めの方は岡山事務所にご相談いただくとご来所の際にアクセスが便利です。岡山事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金請求のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼していただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど、相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

岡山事務所の電話番号・住所

  • 0120070146
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-070-146
住所 〒700-0821
岡山県岡山市北区中山下1-8-45
NTTクレドビル10F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 岡山事務所の外観

岡山事務所のアクセスマップ

岡山事務所の周辺地図

電車でお越しの方

郵便局前駅より徒歩2分
県庁通り駅より徒歩4分

車でお越しの方

岡山駅より車で6分でお近くにクレド岡山第二パーキング、クレドパーキング、タイムズ中山下第5、リパーク岡山中山下1丁目第3などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

天満屋バスセンターのバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の岡山事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

過払い金請求とは、借金を返済する中で多く払い過ぎていた利息の返還請求をすることです。貸金業者がお金を貸す際に守らなければいけない法律は2つあり、かつてこの2つの法律で定められた利息の上限金利が違っていたことが背景にあります。貸金業者の多くが、2つの法律が定める上限金利のうち、高いほうの上限金利を適用していました。

しかし法律が変わり、最高裁判所で多く払い過ぎていた利息は返還請求できることが認められたため、過払い金は取り戻すことができるようになりました。ただし、過払い金は請求できる期間が決められています。過払い金があるなら、期間内に請求し取り戻さなくてはいけません。

注意すべき過払い金請求のリスク

過払い金請求は、多く払っていた利息が戻ってくるというメリットがあります。しかし場合によってはメリットだけではなくリスクもあるため、注意すべき過払い金請求のリスクについて解説します。

まず、個人で過払い金請求をした場合ですが、家族に借金をしていたことがばれてしまう可能性があります。過払い金請求では貸金業者と書類や電話でのやりとりをおこなうことになるので、自宅に電話がかかってきたり郵便物が届くことで、同居する家族に過払い金請求の手続きをしていることがわかってしまい、必然的に借金をしていたことがバレてしまうケースがあります。

弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金請求を依頼すれば、本人に代わってすべての手続きをおこなうので家族に知られてしまうリスクを回避できます。

まれに過払い金請求の案件を扱った経験が少ない事務所の場合、配慮が足りずに電話で事務所名を名乗ったり、事務所名が差出人になっている手紙を郵送してきたりするケースがあります。その結果、家族に怪しまれて借金をしていたことがばれてしまうリスクがあります。このようなことが起こらないように、過払い金請求の実績が多い弁護士事務所や司法書士事務所を選んで依頼をすることをおすすめします。

次に考えられるリスクとして、過払い金請求の期限をすぎてしまうと過払い金が取り戻せなくなることです。過払い金請求には時効があり、最後の支払いをした日から10年を過ぎてしまうと過払い金請求の権利が消えてしまいます。

貸金業者によっては経営が行き詰まり倒産してしまうことがあります。倒産した会社に対して過払い金を請求し支払いを求めることはとてもむずかしくなります。これらのリスクを避けるためには、早急に過払い金があるかどうかを調べ手続きに入ることが大切です。

また、ブラックリストにのる可能性というリスクもあります。すでに借金を完済している場合や、返済中でも発生している過払い金で借金を完済できる場合はブラックリストにのる心配はありません。

返済中の場合で、発生している過払い金を残りの借金に充てても借金が残る場合に、ブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのると一定期間、新たな借入れやローン、クレジットカードの利用ができなくなります。

現在、借金を返済中の場合、どのくらいの額が返還されるかによって、ブラックリストにのるかのらないかが分かれます。過払い金の返還額の計算も含め、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

司法書士法人杉山事務所では過払い金の調査を無料でおこなっています。過払い金に心当たりがある人はお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求を自分でやる場合の注意点

過払い金請求は弁護士や司法書士に頼らず、自分でおこなうことも可能です。自分で過払い金請求をすると、弁護士や司法書士に費用を支払わなくても良いという金銭的なメリットがあります。

しかしデメリットや注意点も少なくありません。自分で過払い金請求をするもっとも大きなデメリットは、過払い金の返還額が少なくなってしまう可能性があるという点です。過払い金の請求をするには、貸金業者に連絡をして交渉しなければなりません。最初からすんなりと発生している過払い金の満額を返還してくれる貸金業者はほとんどありません。

相手が個人だと不当に低い金額を提示して和解を求めてくるケースもあります。しかし一般人には貸金業者が提示してくる金額が妥当なのかどうかが分かりません。もしここでうかつな対応をすると、本来なら満額戻ってくる過払い金が取り戻せない可能性があります。

過払い金請求には手間と時間がかかることもリスクです。過払い金請求をおこなうためには、まず貸金業者から取引履歴を取り寄せ、それを元に正しい利息の計算をします。この計算も慣れていないと間違えてしまう可能性があります。金額が出たら過払い金返還請求書を作成しますが、フォーマットから自分で作成しなくてはいけません。請求書が完成したら内容証明郵便で貸金業者へ郵送します。このあと、まずは貸金業者と電話や書面で和解交渉をします。和解交渉で満足いく交渉結果が得られなかった場合、裁判を起こす準備をします。

裁判をおこすためには訴状を書いて裁判所に提出しなくてはいけません。訴状を作成したら添付書類と合わせて、提出のために裁判所へ出かける必要があります。裁判所は書類に対して厳しく、間違いがあると再提出を求められます。用意する書類も訴状、取引履歴のほか、法的金利書や過払い金請求書、商業登記謄本と多岐にわたります。商業登記簿謄本を取り寄せるためには法務局での手続きが必要です。これらの書類を揃えるだけでもかなりの手間がかかります。

また、直接交渉する場合、相手が個人だと分かると強気な態度に出てくる貸金業者も少なくありません。不当に低い金額を提示してくる業者もいます。貸金業者の交渉担当者は過払い金請求に数多く対応しているプロです。

また、貸金業者と書面や電話でのやりとりが発生するので、このとき家族と同居していると借金をしていたことがばれてしまう可能性もあります。個人で過払い金請求をすることは時間と労力がかかり、リスクも多いです。個人ですべてをおこなえば専門家に費用を支払わずにすみますが、慣れないことに手間と時間をかけ、さらに交渉もおこなわなくてはなりません。弁護士や司法書士に依頼すれば、処理が確実で面倒がなくて済みます。まずは無料相談を受け付けている事務所に相談してみることをおすすめします。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

徳島で過払い金請求をした想定シミュレーション

過払い金請求をすると、どれくらいの金額が戻ってくるのでしょうか。徳島で過払い金請求をした想定のシミュレーションを紹介します。

徳島県徳島市食品メーカー勤務Aさん

Aさんはギャンブルにはまってしまい、そのためのお金を消費者金融から借り入れていました。最初は少ない単位の借金で給料が入ると無理なく返済できていました。しかし次第に深みにはまり借り入れる金額が増えて、ついに1社からだけでなく複数の消費者金融から借りるようになってしまいます。合計3社から150万円借りたAさんは、借入金が大きくなったため利息の返済額だけでもかなり大きく、元本がほとんど減らないという状態になってしまいました。友人に相談したところ過払い金があるのではないかと指摘され、司法書士事務所を訪ねたのです。借金を計算した結果、過払い金が戻って来れば現在の借金がすべて完済できることが分かりました。7カ月後にはほぼ全額の過払い金を取り戻すことができました。すべての消費者金融から返ってきた過払い金を合計すると140万円になり、借金を完済しました。Aさんはブラックリストにのることもなく、借金が見事消えて生活にゆとりが生まれました。

徳島県三好市会社員Bさん

Bさんの彼女は派手好きで、ブランドものを好む女性でした。彼女を喜ばせようと、ブランド物のプレゼントを買うために消費者金融に手を出したBさんは、その後も何度もお金を借りてしまい、気づけば上限まで借金を重ねてしまいました。それだけでは足りず他の消費者金融からもお金を借りるようになり、2社から合計100万円近い借金をしてしまいました。大学生だったBさんはアルバイトをして得たお金で返済をしていたのですが、自分の収入だけでは返済が追い付かなくなっていました。返済のためにお金を借り、収入があったらすぐに返済をして、またお金を借りるという状態になってしまったのです。Bさんは借金を返済するためにアルバイトに明け暮れました。就職してからも借金生活は続き、借りては返す生活を繰り返していて、先の見えない状態に強いストレスを感じていました。

たまたまインターネットで過払い金のことを知ったBさんは、相談料が無料だった司法書士のもとを訪れることにします。司法書士のもとで借金を計算し直したところ過払い金があることが分かり、手続きを依頼しました。結果的に80万円の過払い金があり、2社で100万円だった借金が残り20万円まで減りました。残りの借金と司法書士への報酬を少しずつ支払うことにし、約1年ですべてを返済することができました。毎月の支払いが減り、ストレスから解放されたことが何より嬉しかったとBさんは語っています。

徳島県美馬市化粧品販売Cさん

Cさんは病気をして働けなくなったときに、生活費の足しにと貸金業者からお金を借りました。すぐに仕事に戻れると思っていたのですがなかなか体調が回復せず、気づけば数社から借入をし、借金が膨らんで合計100万円になっていました。その後新しい会社に勤め始めたのですが、給料が少なかったこともあり、月々の返済に追われてしまいます。再び体調を崩しかけ、悩んだ末に自己破産をしようと司法書士事務所を訪れました。そこで過払い金があることが分かり、同時にCさんがお金を借りていた1社が、裁判所で支払い命令が出てもなかなか支払いをしない悪質な会社だということも分かりました。その1社にはすぐに強制執行をかけて、差し押さえ後に貸金業者の口座に残っていた20万円を過払い金として取り戻すことができました。Cさんが過払い金を手に入れた後、その貸金業者が倒産したことが分かりました。Cさんが相談にくるのがもう少し遅ければ20万円の過払い金すら戻らなかったことになります。他の貸金業者から返還された過払い金も合わせたところ、Cさんの借金はすべて完済し、さらに15万円が残りました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する徳島にお住まいの方

徳島県は四国の東部に位置する県です。豊かな自然が多く残り、農業と養鶏が盛んな土地です。太平洋に面しているため温暖な気候で、平野部では冬でも氷点下になることは滅多にありません。徳島県には約2万年前から人が住み始めたといわれています。青銅器や鉄器のほか銅鐸が多く発見されており、全国で発見されている銅鐸の約1割が徳島から出土したものです。徳島県には古墳も発見されており、渋野丸山古墳が有名です。また、大化の改新を経て国府などの役所が置かれていたことも分かっています。室町時代には足利氏の一族が阿波国の守護となりました。その後有力な家臣の三好長慶が実権を握りましたが、土佐の長宗我部元親に敗れています。16世紀末には豊臣秀吉の家臣だった蜂須賀正勝・家政父子が阿波国に入り、徳島城を築きました。蜂須賀家は大坂冬の陣で功績を挙げ、25万石の大名になっています。江戸時代になると、阿波は藍作で栄えました。吉野川による肥沃な平野は良質の藍の生産に適していたため、江戸や大阪など全国で販売され、徳島藩は藍の専売制を行います。藍以外にも、砂糖やタバコも阿波で多く作られました。明治に入ると藍産業のおかげで徳島市は全国10位の人口を擁する大きな街になっていました。第一次世界大戦中、約1000人のドイツ兵が収容されましたが、所長が人道主義を重んじたため、彼らは地元の人たちと交流しています。日本で初めてベートーベンの「第九」が演奏されたのは徳島ですが、その背景にはこのような事情がありました。

徳島の観光名所といえば、鳴門海峡の渦潮が外せません。渦潮は一日に2回しか見ることができず、天候によっても渦の大きさが変わります。また祖谷のかずら橋も徳島に欠かせない見どころです。日本三奇橋のひとつに数えられているかずら橋は、ゆらゆらと揺れるつり橋です。足元からははるか下に川面が見えるのがスリル満点で多くの人が訪れ、橋を渡っています。この橋は源平合戦に敗れた平一族が馬場の訓練に通うためにかけた橋だという伝説があるものですが、縄で作られているため3年に1度付け替えられています。山間部にある美馬市にはうだつのある街並みが残っています。うだつとは隣の家との境に取り付けられた壁で、火災が起きたときに火の広がりを抑えるためのものです。うだつが付けられるのはお金がある証拠で、裕福な家庭の象徴でした。「うだつが上がらない」という言葉はここから始まったとされています。このうだつが残っている家の中では今も人々が生活しており、その町並みを歩くと、タイムスリップしたかのような気分を味わうことができます。また、毎年8月12日から15日までの4日間続く阿波踊りも徳島の名物です。400年続く歴史がある阿波踊りは男性と女性で違う踊りを踊ります。期間中は町中のいたるところで阿波踊りが繰り広げられ、お囃子が響き渡ります。誰でも飛び入りで参加できる阿波踊りもあり、観光客でも気軽に楽しむことができます。 徳島県は徳島市や鳴門市がある東部、阿南市がある南部、美馬市や三好市がある西部に分けられます。東部は京阪神へのアクセスが容易で、言葉も含めて、四国でありながら近畿に近いエリアです。南部では大阪のテレビ番組が視聴できるため関西志向が強いという特徴があります。西部は山間部で、京阪より高松や岡山へアクセスしやすいエリアです。また西部には秘湯と呼ばれる温泉が多く存在します。さらに車窓から絶景が楽しめることで有名な大歩危駅もあり、鉄道ファンやコアな温泉好きに人気です。

日本弁護士連合会によると、2016年3月31日時点で、連合会に登録している徳島県の弁護士は91人、51事務所です。弁護士一人当たりの人口は8308人と全国でもほぼ中位となり、人口当たりで考えると弁護士の数は少なくありません。日本司法書士会連合会に登録している徳島県の司法書士は138人、2法人となり、認定司法書士は81人なので、徳島にはじゅうぶんな数の司法書士・弁護士がいることが分かります。徳島県内で営業している貸金業者名を調べてみると、徳島市に本社がある阿波銀カード株式会社やトモニカード株式会社、阿南市に本社がある株式会社阿南造花などがあります。これらの貸金業者のほかにも、アコムやレイクの出張所がロードサイドやショッピングセンターの中などにあります。お金を借りようと思えば近くで簡単に借りることができてしまうため、気づかないうちに過去の借金で過払い金を支払っている可能性があります。すでに借金の返済が終わっている場合でも、10年前までのものならさかのぼって過払い金請求をすることが可能です。思い当たる節がある人は、近くの弁護士事務所や司法書士事務所を訪ねて時効が来る前に相談することをおすすめします。インターネットを使えば、良い口コミや評判が多い司法書士・弁護士を探すことができます。まずは口コミ、評判から司法書士や弁護士を探してみましょう。

岡山事務所がある岡山に徳島からお越しになられた方へ

四国の東部に位置する徳島県は、面積4,146,65k㎡、人口750,540人で、県庁所在地は徳島市です。

徳島県といえば、世界でも最大級の渦潮が起こる鳴門海峡の大鳴門橋の渦潮、四国最東端の蒲生田岬、日本三奇矯のひとつとして知られている祖谷のかずら橋、徳島のシンボル眉山と徳島市街地を結ぶロープーウェイ眉山ロープーウェイ、日本百名山の一つ剣山、日本の滝百選に選ばれている大釜の滝、ウシオニの滝、太平洋を望む18kmのドライブコース南阿波サンライン、ソメイヨシノ、枝垂れ桜、八重桜など5種類の桜が植えられている於安パーク、標高1043mの高原で秋にはススキが一面に広がる塩塚高原、大塚製薬グループが運営する大塚国際美術館、400年の歴史を持ち世界にも知られている阿波踊り、徳島で生まれ、全国シェアがほぼ100%のすだち、さつまいもの鳴門金時、徳島県を西から東へ流れる吉野川、シコシコとした歯ごたえと風味の良さが特徴の鳴門わかめ、「新横浜ラーメン博物館」で4ヶ月連続No.1を獲得し全国で有名になったいのたに、中華そば春陽軒、西食、末 広、巽屋、王者-23中華そばやまきょう、ラーメン東大、中華そばかわい、可成家、などが人気店の徳島ラーメン、徳島県の各地に伝承されている義太夫節による三人遣いの人形芝居人形浄瑠璃、映画阿波の踊子、徳島製粉の金ちゃんヌードル、日本のチベット祖谷、鳥ぼん、骨付き阿波尾鶏一鴻、総本家橋本そば蔵、地鶏や徳兵衛、ココロ、などが人気店の阿波尾鶏、新見屋、さぬきや、萬作、山洋、かねぎん坂野、千力、などが人気店で徳島名物のたらいうどん、阿波和三盆糖、大浜海岸のウミガメ産卵、特産品である半田そうめん・竹ちくわ・徳島丼・ 豆天卵焼き、「平成狸合戦ぽんぽこ」のモデルになった阿波狸合戦、フィッシュカツ、徳島駅伝、オロナミンC球場、とくしまマラソン、ポカリスエットスタジアム、ももいちご、虹をつかむ男、御膳味噌、子泣き爺、などが有名です。

徳島県のお土産では、金露梅、大野海苔、青とうがらし味噌、みまから、ぶどう饅頭、和三盆、マンマローザ、小男鹿、鳴門糸わかめ、金長まんじゅう、などが人気です。

徳島県出身の芸能人には、アンジェラ・アキさん、重本ことりさん、橋本絵莉子さん、福岡晃子さん(チャットモンキー)、丸岡いずみさん、大塚ちひろさん、浜内千波さん、山下リオさん、松友美佐紀さん、板東英二さん、丸岡満さん、塩谷司さん、今井ゆうぞうさん、大杉蓮さん、尾崎将司さんなどが います。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ