愛知で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

愛知で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所は、名古屋市中村区にありますが、名古屋事務所を設立以来、名古屋市だけでなく豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市など愛知県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

愛知県内であれば、名古屋までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどを案内しますので気軽にお問い合わせください。また、来所がむずかしい場合は無料の出張相談もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

過払い金請求にはデメリットもあります

過払い金はアコム・プロミス・アイフル・レイクなどの消費者金融や、CFJ・セディナ・セゾン・ニコス・エポスなどの信販会社(クレジットカード会社)に払い過ぎていた利息のことをいいます。過払い金は自分で請求することもできますが、弁護士・司法書士に依頼して取り戻すほうが簡単・確実です。過払い金請求は同じ貸金業者に一度しかできないので注意も必要です。

過払い金請求にはデメリットとメリットがあります。過払い金請求のデメリットは、消費者金融・信販会社(クレジットカード会社)に過去に借金をしていたのか・今もしているのか、自分でするのか・弁護士や司法書士に依頼するのか、状況によって違います。知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリットを自分の状況に照らし合わせてご参照ください。

愛知で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

愛知県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所が数多くありますが、司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所は愛知県だけでなく、静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県を含めてもトップクラスのご相談・ご依頼数をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は名古屋だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる事務所」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所は今後も変わらず、愛知県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

愛知での過払い金請求の無料相談は名古屋事務所

愛知県にお住まいの方・お勤めの方で借金問題にお悩みの方は名古屋事務所にご相談ください。名古屋事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金請求のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼していただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど、相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

名古屋事務所の電話番号・住所

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-068-027
住所 〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町1-16
IMONビル3F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所の外観

名古屋事務所のアクセスマップ

名古屋事務所の周辺地図

電車でお越しの方

名古屋駅より徒歩2分
名鉄名古屋駅より徒歩7分
近鉄名古屋駅より徒歩8分
亀島駅より徒歩8分

車でお越しの方

お近くにリパーク名駅西第17、エスカ駐車場、ウィングスカイパーキング、リパーク名駅西第2などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

名古屋駅(太閤通口)、名古屋駅西口(集合場所:ゆりの噴水前)、名古屋駅(新幹線口)、名古屋駅(大阪バス)のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の名古屋事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

過払い金とは、消費者金融やクレジットカードで借金をした際に、利息制限法の上限を超えて支払わされてしまっていた利息のことをいいます。かつて多くの貸金業者はグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利で営業活動をおこなっていたため、借金をしていた多くの人たちに過払い金が生じています。

過払い金は借金をしていた人に返されるべきものですが、借金をしていた人自身が過払い金請求をしなければ返還されません。過払い金があることに気づいていなかったり、請求をしなかったりすれば、払う必要のなかったお金は戻ってこないので損をしてしまいます。

過払い金請求の方法

過払い金請求をおこなう際には、司法書士や弁護士に依頼するのが簡単で確実です。ただし、気をつけるべき点もいくつかあるので、請求の手順や注意点について説明します。

過払い金請求に必要な書類

過払い金請求をする際は、貸金業者との契約書は必要ありません。また、過去の利用明細や領収書などがなくても大丈夫です。

まず、貸金業者に依頼して取引履歴を取り寄せ、利息制限法にもとづく引き直し計算書を作成します。今まで支払ってきた高い金利ではなく、利息制限法を守った金利を適用して利息の額を計算し直します。引き直し計算によって、実際にいくらの過払い金が発生していたかがわかります。

司法書士や弁護士に依頼すれば、取引履歴や引き直し計算、過払い金返還請求書などはすべて専門家が取り寄せ、計算・作成、送付します。過払い金返還請求書を貸金業者に送付して正式に過払い金請求の意思を表明して、交渉(話し合い)がはじまります。

和解交渉や裁判をおこなう

過払い金請求をおこなう多くの場合、まず裁判外の任意交渉(話し合い)をおこなって、それで解決できなかった場合に裁判をおこないます。

貸金業者はできるだけ返還する額を抑えようと交渉をしてきます。個人で過払い金請求をしようとすると専門的な知識に差があるため、かなり低額での和解に応じてしまうことになるので注意が必要です。

ただし、過払い金請求に精通した司法書士や弁護士に依頼しているなら心配する必要はありません。請求額通りで和解に至る場合もあれば、交渉にかかる時間や費用などを考えて少し妥協する場合もありますが、それも司法書士や弁護士と相談して決断することになります。

話し合いがまとまらなければ裁判に発展することもあります。裁判になるとより専門的な知識が必要とされるため、専門家に依頼するのが得策です。司法書士や弁護士に依頼する場合は、裁判になっても引き続き任せることができます。

過払い金請求には時効がある

過払い金の返還請求ができる期間には限りがあります貸金業者と最後に取引をおこなった日から10年を経過すると過払い金請求はできません。最後に取引をおこなった日というのは、借金を完済し終わった日です。

現在も借金の返済を続けている場合、通常、消滅時効は成立しておらず、過払い金請求はおこなえます。

ただし、同じ貸金業者に完済してはまた借りて…と取引を繰り返している人は、過払い金請求の時効がいつなのか個人では判断しにくいケースがあります。

過去に貸金業者から借り入れをおこなったことのある人は、期限を過ぎて請求できなくなることがないように、一日でも早く過払い金請求をするようにしてください。

ブラックリストに載ってしまうリスクに注意

過払い金請求は、将来、新たな借り入れができなくなるリスクに注意を払わなければなりません。

まず、過払い金の請求をおこなった貸金業者は、新たに借入れをさせてはくれません。もし、同じ貸金業者から新たに借入れしようと考えているなら、過払い金の請求については慎重に考える必要があります。ただし、過払い金請求した貸金業者以外の消費者金融やクレジットカード会社であれば利用できるので、それほど大きな問題にはならないでしょう。

もっとも気をつけなければならないのは、貸金業者が信用情報を共有するために利用している信用情報機関に事故情報が記録されることです。これは「ブラックリストにのる」といわれているもので、こうなると一定期間ではありますが、他の貸金業者も借り入れをさせてくれなくなります。

返済しなかったり、滞納を繰り返したりすることでブラックリストにのるのが通常ですが、過払い金請求することでブラックリストにのるケースもあります。

具体的には、現在も貸金業者への借金が残っている状態で過払い金請求をおこない、返還される過払い金で残りの借金を返済してもまだ借金が残ってしまう場合は「任意整理(債務整理の種類のひとつ)」という手続きとなり、一定期間ブラックリストにのることになります。こうなると、住宅ローンや車を購入する際の自動車ローン、クレジットカードの審査なども通らなくなります。

この過払い金請求のリスクを回避するためには、過払い金がいくら返ってくるのかを正確に見込んだ上で請求をおこなうことが必要です。また、複数の借り入れ先がある場合には、残りの借金がゼロになる貸金業者に対してのみ過払い金請求をおこなって、それによって得た現金を借金がゼロにならない貸金業者の返済に充てるなどの工夫が必要です。ただし、この判断は正確に過払い金を計算できることが前提になるため、司法書士や弁護士に相談する方が安心です。

過払い金の返還で思わぬ金額のお金が手元に戻ってくることもあり、いくら戻ってくるのかをきちんと計算してから考えることが重要です。

ただし、借金の額や個人の収支の状況によっては、借金の返済が苦しい人は一定期間クレジットカードやローンが利用できないデメリットがあったとしても今の生活が楽になるメリットのほうが大きいこともあります。

杉山事務所にご相談いただいた場合、債務整理に関して不安なことや疑問点など、どんな些細なご質問にもお答えします。借金問題・債務整理のお悩みは杉山事務所の無料相談をご利用ください。

過払い金の計算方法

実際に過払い金がいくら発生しているのかを計算する方法を紹介します。

利息制限法とグレーゾーン金利

貸金業者がお金を貸し出す際には、利息制限法という法律が定める上限金利の枠内で利息を定めなければなりません。利息制限法の上限金利は、元金10万円未満の場合は年利20%まで、元金10万円以上100万円未満の場合は年利18%まで、元金100万円以上の場合は年利15%までと定められています。

しかし、2010年に改正貸金業法が施行されるまで、利息制限法を守らない高い金利でお金を貸すことが貸金業者の間で横行していました。出資法という法律で定められた年利29.2%を超えなければ罰則がなかったからです。

多くの貸金業者が29%程度の「グレーゾーン金利」と呼ばれる高利での貸し付けをおこない、利息の支払いに苦しむ債務者が多発しました。この状況を受けて、利息制限法の上限を超える金利での貸し付けは違反であるとしたのが貸金業法の改正です。これによってグレーゾーン金利でお金を借りていた人たちには過払い金が発生することになりました。

過払い金の引き直し計算の方法

引き直し計算とは、グレーゾーン金利によって支払ってきた利息や借金総額を、利息制限法を正しく守った金利を適用して計算し直すことです。

たとえば、100万円を年利28%で借りていたとしましょう。グレーゾーン金利での借り入れです。わかりやすくするために、1年後に一括返済する契約だったと仮定すると、1年後に生じている利息は28万円です。しかし、利息制限法を正しく適用すれば、元金100万円以上の年利の上限は15%なので、1年後の利息は15万円にすぎません。この利息の差額13万円が過払い金ということになります。

しかし、実際には支払いを分割していることがほとんどです。そこで今度は、1年に1度28万円ずつ返済していくものとして計算してみましょう。

借り入れた際のグレーゾーン金利に従えば、1年後の債務総額は128万円です。ここで28万円を返済すると債務の総額は100万円になります。2年後には、また100万円に対して28%の金利がつき、債務総額は128万円となります。100万円の借金に対して年間28万円を返済しているにもかかわらず、借金はまったく減りません。3年後も4年後も、何年経っても変わらないままです。

これを利息制限法の上限金利で正しく計算し直すと、1年後の債務総額は115万円です。ここで28万円を返済すると残債は約87万円になります。2年後には87万円に対して15%で約13万円の利息がつき、債務総額は約100万円です。ここで28万円を返済すると残債は約72万円となります。

このようにグレーゾーン金利の場合とは異なり、毎年の返済によって確実に債務は減っていくのです。これを繰り返していくと3年後の返済後残債は約55万円、4年後は約35万円、5年後には約12万円となります。この12万円に対して6年後に生じる利息は約2万円のため、その時点での債務総額は14万円となり、6年後の返済を終えれば借金をすべて返すことができるのです。

しかし、グレーゾーン金利を前提に計算すると債務総額は6年後も128万円です。そのため借金をしている人は相変わらず28万円を返済します。しかし、利息制限法を正しく適用すればこの時点での債務総額14万円に対して28万円は払いすぎです。

つまり、6年後に28万円-14万円=14万円の過払い金が発生しているということになります。そして、それ以降に返済する額は本来借金がなくなっているのに払ってしまった額であり、すべて過払い金ということになるのです。

過払い金の引き直し計算に必要なもの

貸金業者への返済は毎月おこなわれるのが通常です。そのため、引き直し計算は上の例よりも複雑なものになります。年利を日割り計算したり、途中でボーナス払いや追加借り入れをした金額も計算に入れたりしなければなりません。これを手計算でおこなうのは大変でミスも起こりやすいため、過払い金計算用のソフトウエアを使って計算するのが通常です。

自分で過払い金の計算をしたい場合には、エクセルのテンプレートなどが無料で配布されているので使ってみるのもいいでしょう。ただし、複数業者から借入れがあったり、同じクレジットカードでキャッシングとショッピングの両方を利用している場合などは計算が複雑になります。司法書士や弁護士などに依頼したほうが間違いありません。

また、計算の基礎となる正確な情報を得るために、貸金業者との取引内容を記録した「消費貸借取引履歴」が必要です。取引履歴は利用者から請求があれば貸金業者が開示しなければならないものなので、貸金業者に連絡すれば入手することができます。専門家に過払い金請求を依頼する場合には、司法書士や弁護士が代わって入手しますので自分で連絡する必要はありません。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

愛知で過払い金請求をした想定シミュレーション

実際に多くの人が過払い金請求をおこない、借金の苦しみから解放されています。ここで、愛知県で過払い金請求をしたという想定のシミュレーションを紹介します。

借金がゼロになった上に100万円以上の過払い金返還を受けた例

愛知県 名古屋市 南区 自動車販売会社勤務

依頼者は就職したばかりの頃から消費者金融でのキャッシングを始めました。最初は趣味の車のカスタムや友人と遊ぶお金に使っていましたが、簡単にお金を引き出せることに慣れてしまったことや、失業していた時期の生活費に充てるために借金が増えていったそうです。気づけば借金総額は200万円を超えていた時期もありましたが、その後は仕事をがんばって返済を続けてきました。

そのうち結婚することになり、婚約者に借金のことを正直に打ち明けたところ、「過払い金の請求をしてみれば?」と勧められました。しかし、仕事の関係でカーローンの審査を通らないお客さんを見てきたため、過払い金請求によって自分もブラックリストにのってしまい、ローンが組めなくなってしまうのではという心配もあったそうです。

しかし、専門家に相談したところブラックリストの心配はないことが判明して、正式に依頼することにしました。順調に貸金業者との交渉は進展。3社とも残債務はゼロになり、プロミスからは62万円、レイクからは42万円、ニコスからは18万円、合計122万円の過払い金の返還を受けることができました。ブラックリストにのることもなく安心したそうです。

返済をし続けるのが当たり前のようになっていた依頼者は、借金がゼロになった上に、これほどのお金が戻ってきたことに驚いたようです。長年の負担から解放され、今度は夫婦で住宅を購入するのが次の目標だと話していました。

家族に知られずに債務をゼロにして過払い金返還も受けた例

愛知県 春日井市 総合スーパー勤務

依頼者は、結婚して専業主婦になる前まではOLとして働いており、その時期にクレジットカードでのキャッシングを始めました。結婚する時点で借金はありましたが、夫に打ち明けることができず、結婚後は生活費の中からこっそりと捻出して返済に充てていた状況です。

しかしそれも限界になったため、パートに出ることにしましたが、元々お金の管理が上手ではなく、それでも足りなくなってしまいます。そのうち消費者金融からもお金を借りるようになって、借りたお金を返済にまわすようなことを続けていました。

しかし、子どもが成長するに連れて、このままではいけないと強く思い始めた頃、テレビのコマーシャルで過払い金請求のことを知ります。「もしかしたら自分も」と思い司法書士事務所に相談することにしました。

借金のことが家族にわかってしまうのではないかと心配でしたが、司法書士はきちんと配慮してくれて、電話連絡してくる時間帯や書類郵送の差出人なども、家族にわからないように対応してくれました。

解決にかかった期間は約半年。結果的に、3社の債務はゼロになり、クレディセゾンからは62万円、アコムからは24万円、アイフルからは13万円の過払い金返還を受けることができました。もちろん、すべて家族には知られないままでの解決です。

依頼者は、家族に内緒にしていることが最も辛かったそうです。返還を受けた合計99万円のお金は子どもの教育費のために貯蓄にまわし、今後は借金に頼らず計画的に暮らしていきたいと話していました。

グレーゾーン金利で長期間返済していたため多額の過払い金が発生していた例

愛知県 あま市 自営業

自営業を営んできた依頼者は、不景気で仕事が減ったことをきっかけに消費者金融からの借金を始めました。仕事は好不調の波が大きいため、長年にわたって常に借金を負っている状態でしたが、1年前に何とかすべて完済。いくら支払っても利息の支払いに消えていく苦しみが忘れられない依頼者は、過払い金請求について自分で調べ始めました。自分で計算してみると100万円近くの過払い金が返ってくる可能性があることがわかり、自ら過払い金請求をしようと準備を始めます。

しかし、いざ書類を作ろうと思うと請求書の内容も、引き直し計算の結果にも不安を感じ始めました。そこで親しい親戚に相談してみると、おすすめの司法書士がいるとのことで早速依頼をすることに。その結果依頼者は非常に驚くことになります。

司法書士のシミュレーションによると100万円どころでない金額が返ってくる可能性があることがわかりました。実際約3カ月後には、プロミスからは272万円、レイクからは109万円、合計381万円の過払い金の返還を受けることができたのです。利息制限法の上限を超えた金利を支払い続けていた期間が長かったために、多額の過払い金が発生していたとの説明を聞き、「確かに大変だったなあ」とほっとした表情で依頼者は話していました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する愛知にお住まいの方

愛知県の地勢

愛知県は、江戸時代まで尾張、三河と呼ばれていた2つの国を合わせた地域です。木曽川がつくった濃尾平野や矢作川がつくった岡崎平野、豊川がつくった豊橋平野などを中心に、南部地域が特に都市化しています。また木曽山脈の南端から三河高原には高い山々がそびえる一方、知多半島や渥美半島は黒潮の影響もあり温暖で、変化に富んだ地形・気象となっているのが特徴です。

愛知県の歴史

愛知県の「愛知」は、県誕生の際に県庁所在地を置いた名古屋城が愛知郡にあったため、県名として採用されたものです。そして、この「あいち」は万葉集で高市黒人が詠んだ歌の中に出てくる入り江を指す言葉「年魚市潟(あゆちがた)」の「あゆち」が由来であるともいわれています。

当時県庁が置かれていた名古屋城は、徳川家康が築城した城です。家康に限らず、愛知県の歴史として多くの人の注目を集め続けているのが戦国武将でしょう。特に、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑は日本の歴史に大きな影響を与えた武将たちで、愛知県の地は彼らが天下統一を目指して活躍する舞台となりました。

県内には、名古屋城の他にも、信長が今川義元の大軍を破った桶狭間古戦場、秀吉をまつる豊国神社など、武将たちの活躍を今でも伝える城や史跡などが多数あります。また、徳川家康が江戸幕府を開幕すると、その配下の武将たちは日本各地で江戸時代を支配する多くの大名となりました。特に尾張徳川家は、親藩の中でも最高位の大名として揺るぎない地位を得ていたことで知られています。

明治に入り、廃藩置県の後に愛知県は誕生しました。第二次世界大戦では名古屋や他の地域への空襲により多くの建物が消失しましたが、戦後は特に道路交通網や公園などの整備を重視した復興が行われ、特に名古屋市は整然とした大都市として新たな発展を始めました。その後高度経済成長期の大きな飛躍を経て今日に至っています。

モノづくりに加えて観光産業にも力が入る愛知県

愛知県の豊かな自然や歴史的な史跡などの資源を活かし、愛知県では観光産業の振興にも力が入ってきました。愛知県庁は2015年を「あいち観光元年」と宣言し、国内外からの観光客の取り込みに努力を進めています。愛知県庁の統計によると、平成28年の観光レクリエーション資源・施設利用者総数は、1億6千万人近くに上っており、平成27年と比較しても8.5%も増加しています。

国宝犬山城や清州城などの史跡、香嵐渓や茶臼山高原などの自然、四谷の千枚田のように人と自然の調和を実感できる風景や、中部国際空港セントレアのような近代的な施設まで、豊富な観光資源が愛知県の経済を支える新しい柱となりつつあるといえるでしょう。

一方、従来から世界一の集積を誇る自動車産業やロボット産業、日本の航空機部品の多くを生産供給している航空宇宙産業など、工業は愛知県の産業の中心として今も発展を続けています。経済産業省の調査によれば、平成26年における愛知県の工業製造品出荷額は305兆円を超え、工業への従業者数も約80万人といずれも全国1位と、愛知県は日本随一の工業県です。そのため、自動車メーカーの業績や輸出産業に影響を与える為替レートなどが、愛知県民の生活に大きく影響しています。

愛知県の貸金業者の状況と過払い金請求

全国的な傾向でもある雇用形態の変化は愛知県でも起こっており、非正規雇用の割合は増加傾向にあります。また、モノづくり拠点であるために、景気動向や大手製造業の経営動向や企業再編の影響で、工場閉鎖による失業などもときに生じます。これらによって、一時的に貸金業者から借り入れをせざるを得なくなる人が増えることがあるのも現実です。

愛知県内の貸金業者の数は、全国的な推移と同じく、平成22年の改正貸金業法施行の頃から大幅に減少を続けています。金融庁のデータによれば、愛知県登録業者の数は平成20年3月の291に対し、平成29年3月には約8割も減少し61です。これは、過払い金請求により財務状況が悪化した業者の廃業や、経営統合などが進んでいったことが背景にあります。もっとも、アコムやアイフル、レイクなど、テレビコマーシャルなどで多くの人が耳にしたことのある貸金業者名をもつ会社は、大手都市銀行資本の傘下に入り営業を継続しており、それは愛知県でも変わりません。

愛知県内の司法書士の数は平成29年9月時点で1299名であり、そのうち963名が簡易裁判所で訴訟代理をおこなうことのできる認定司法書士です。また、司法書士法人・事務所の数は203となっています。一方、弁護士の数は1904名で、弁護士法人の数は94です。司法書士・弁護士のいずれも人口230万人を超える名古屋市に集中しており、多くの過払い金請求が行われている地域でもあります。過払い金請求をおこなうことが可能な司法書士等はたくさんいますが、それを得意としているのか、事情に合わせて細やかな対応をしてくれるのか、報酬が明確でリーズナブルなのかどうかなど、口コミなどで評判を確かめ、慎重に比較することが必要でしょう。

名古屋事務所がある愛知にお越しになられた方へ

愛知県は太平洋に面し、日本列島の中部に位置する愛知県は中部地方の県では最も人口が多く、人口は7,501,909人、面積は5.172.48k㎡で 県庁所在地の名古屋市は中部地方で最大の人口を擁する都市です。

愛知県といえば、豊田市に本社があるトヨタ自動車、愛知県に本拠地を構え星野仙一・落合博満・山本昌広・立浪和義・川上憲伸が所属していた中日ドラゴンズ、名古屋城の天守閣にある金シャチ、Jリーグに加盟するプロサッカークラブの名古屋グランパスエイト、国宝である犬山城などの企業、球団、建物が有名です。また、名古屋はフィギュアスケートが盛んなことでも有名です。

しかし、なんといっても愛知県といえば独自の食文化をつくっていて、岡崎市の八丁味噌、黒豚屋らむちい、矢場とん、とんかついし河、とんかつとん八、味処叶、広小路キッチンマツヤ、ひょうたんや、井筒の味噌カツ、青柳総本店、耕毬、伊勢虎屋、芳光、両口屋是清、大須、餅文総本店餅屋文蔵の店、雀おどり総本店のういろう、名代きしめん住よし、宮きしめん、川井屋本店、手打麺舗丸一、若乃家、総本家えびすや本店、きしや、吉田きしめんのきしめん、山本屋本店、山本屋総本店、煮込みうどん二橋、まことや、煮込みうどんかに屋、鈴家の味噌煮込みうどん、名古屋コーチン・旬菜一鳳、純系名古屋コーチンくるる、鳥しげ、むかしや、鳥開総本家、純系名古屋コーチン酔人、山本屋本店、鶏三和はなれ、炭火焼き名古屋コーチンかしわの王様の名古屋コーチン、あつた蓬菜軒、うな富士、うな東、イチビキ、いば昇、宮鍵、まるや本店、しら河、ひつまぶし備長、うな善、鰻木屋、鰻かが味のひつまぶし、千寿、地雷也、多香野、ゆきこおばさんの台所の天むす、すづ家、コンバル、キッチン欧味、まるは食堂、はね海老のエビフライ、風来坊、世界の山ちゃん、伍味鳥開、鳥しげ、我楽多文庫、情熱的名古屋名物居酒屋わが家、串揚げ酒場赤鬼、名古屋的和風DININGまかまか、鳥銀の手羽先の唐揚げ、るぱん、シャポーブラン、トップフルーツ八百文、おかげ庵、カレーの店マヤ、ツゥルービル珈琲館、カフェ・ダウニー、gallery cafe numo、白壁カフェ花ごよみ、CAZAN珈琲店、茶房草木樹、加藤珈琲店、moricafe、創作ダイニングfungoの喫茶店のモーニング、ヨコイ、からめ亭、男前パスタ、スパゲティハウスチャオ、そ~れ、あんかけ太郎、GOLDEN PASTA、あんかけスパマ・メゾン、あんかけ家、あんかけ堂のあんかけスパゲッティー、鳥正、おでん&ワインカモシヤ、串太郎、どて丼串かつおおぞら、のんき屋、味茂座、若宮、串かつラブリー、かなやまサルーン、とん八、美ゆき、おでん鈴、當り屋、味噌御田つる軒、咲串おかげ屋、みしなや、ODEN BAR千代吟の味噌おでん、武豊町のたまり醤油、知多半島の知多牛、生産量日本一を誇るとらふぐなどが有名です。また、最近の名古屋名物といえば台湾ラーメンの味仙が美味しいと評判です。

上にたくさん列挙しているお店、食べ物以外にも全国的に有名なものがたくさんありますので、消費者金融やクレジットカード会社から取り戻した過払い金や、長い間、背負い続けてきた借金が減額できた場合などに一度、ご賞味してみてください。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ