愛媛で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

愛媛で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120067009
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 広島事務所は広島市中区にありますが、愛媛県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいております。愛媛県の中心、松山市だけでなく、今治市、宇和島市、八幡浜市、新居浜市、西条市、大洲市、伊予市、四国中央市、西予市、東温市など愛媛県全域より広く過払い金請求のご相談実績がございます。

松山市内であれば、広島までのアクセスは電車、バス、フェリーなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料で出張相談もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリット

過払い金は最後に取引した日から10年が期限です。過去に貸金業者から借入をしていた場合は借金を返し終わった日(完済した日)が最後の取引となり、その日から10年を過ぎてしまうと過払い金の返還請求をする権利が消滅してしまいます。現在、返済中の方でも過払い金請求することができます。返済が遅れがちの場合でも大丈夫です。

当事務所にご相談いただいた方の中にも残念ながら過払い金請求の期限を過ぎてしまった方がたくさんいらっしゃいます。相談するのをためらっていて時間がたってしまったり、仕事が忙しく時間が空いたらやろうと思っていたら期限を過ぎてしまったりするケースがあるので、一日でも早く過払い金請求することをおすすめします。その他にも過払い金請求のデメリットがありますのでそちらをご参照ください。

松山市からのアクセス方法

愛媛の主要駅である松山駅から電車、バス、フェリーでお越しになる場合は、連絡バスで松山観光港にいき、高速船で広島港、広島電鉄5号線で広島駅、広島駅より広島バスにて紙屋町をご利用ください。紙屋町より徒歩5分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、しまなみ海道今治IC、西瀬戸尾道IC、山陽自動車道福山西IC、尾道JCT、高屋JCT、広島高速1号線広島東IC、広島高速2号線間所、府中のルートでお越しいただくと便利です。

愛媛で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

愛媛県内や広島県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所が多くありますが、司法書士法人杉山事務所 広島事務所は愛媛県、広島県だけでなく島根県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様から当事務所の対応にご満足いただき、口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

司法書士法人杉山事務所は広島事務所だけでなく、全国8か所に事務所をかまえ、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 広島事務所は今後も変わらず、愛媛県にお住まい・お勤めの相談者様に最適な提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

愛媛での過払い金請求の無料相談は広島事務所

愛媛県にお住まいの方・お勤めの方で借金問題にお悩みの方は広島事務所にご相談ください。広島事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明し、納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

広島事務所の電話番号・住所

  • 0120067009
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-067-009
住所 〒730-0011
広島県広島市中区基町6-78
リーガロイヤルホテル9F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 広島事務所の外観

広島事務所のアクセスマップ

広島事務所の周辺地図

電車でお越しの方

紙屋町東駅より徒歩3分
紙屋町西駅より徒歩3分

車でお越しの方

JR広島駅より車で約10分でお近くに基町クレドパーキング、メルパルク広島、シャレオ駐車場などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

JR広島駅より広島バスにて紙屋町下車して徒歩5分ですが、その他に県庁前(広島県)、ひろしま美術館前(市民病院前)、市民病院前(広島市)のバス停も最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の広島事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

過払い金請求とは貸金業者に対し、払いすぎた利息の返還を求める請求のことをいいます。一般的に消費者金融などからお金を借りるとき、元金と一緒に利息も返済します。この利息は利息制限法・出資法という法律で上限が決まっていました。

しかし、この法律には抜け道があり、利息制限法に違反した高い金利を取る貸金業者がたくさん存在していました。そこで国は消費者のために法律を改正して、違法な利息を取る貸金業者を取り締まるようにしたのです。その結果、消費者は高すぎる利息を払わなくてもよくなり、多く払った利息分について返してもらうことができるようになりました。この払いすぎた利息(過払い金)を返還してもらうのが過払い金請求です。

過払い金とは

借金の利息の上限は利息制限法と出資法という2つの法律で決められていました。

利息制限法の上限利息は元金の額に応じて15%、18%、20%となっており、これを超えた利息は利息制限法の規定により無効となっています。つまりこれ以上の利率に基づく利息は払いすぎ、借金をした人が貸金業者に払わなくてもよい利息ということです。

もう1つの利息に関する法律、出資法でも上限利息の規定があります。出資法は貸金業者がお金を貸すときのルールなどを決めて、高い利息による貸付けなどを取り締まるための法律です。この法律に違反するような契約を結ばせたり、利息を取り立てした貸金業者は逮捕され、罰金、懲役といった刑罰を受けることになっています。

しかし、平成22年6月18日以前、これらの法律には大きな弱点がありました。利息制限法で決められている上限利息と出資法で定めている上限利息に大きな差があったのです。

利息制限法の上限利息である年率15~20%に対して、出資法で定めていた上限利息は年率29.2%でした。これは貸金業者やクレジットカード会社が利息制限法に違反する15~20%超えの金利で消費者にお金を貸しても、その金利が年率29.2%を超えない限りは国が取り締まれないということを意味していました。その結果、利息制限法では違法、しかし出資法の制限には引っかからない20%~29.2%未満の高い利息で消費者にお金を貸す貸金業者がたくさん出てくることになったのです。法律の知識がない一般消費者は貸金業者のいいなりに高い利息を払うしかありませんでした。

この利息制限法に違反であるものの刑罰が課されない利率(20%~29.2%)をグレーゾーン金利といいます。グレーゾーン金利については平成22年6月17日以前、貸金業法に規定されていた一定の条件を満たすと「本来は無効な利息を有効とみなす」という、みなし弁済と呼ばれる規定がありました。つまり「違法な利息であっても払ってしまったら返してもらえない」というルールになっていたのです。

しかし、平成22年6月18日に出資法が改正されて、出資法の上限利息が利息制限法と同じく20%に引き下げられました。その結果グレーゾーン金利は消滅し、さらに利息制限法・貸金業法改正によりみなし弁済規定も廃止されることになりました。

その結果、消費者は違法な高い利息を貸金業者に払わされることがなくなったのです。さらにみなし弁済規定の廃止により、これまで払った年率20%を超える違法な利息、すなわち払いすぎたお金を貸金業者から返してもらえるようになりました。いわゆる「過払い金」とはこの払いすぎた違法な利息のことです。そして「過払い金を返してください」と消費者が貸金業者に求めることを「過払い金請求」といいます。

過払い金はお金を借りた本人が自分で貸金業者に請求することもできます。しかし、さまざまな法律上の手続きをともなったり場合によっては裁判所で裁判になったりすることもあるため、法律の知識をあまり持っていない一般の人がおこなうのは大変です。

そこで、法律の専門家である弁護士や司法書士を代理人に立て、自分の代わりに貸金業者と交渉してもらうのが一般的です。お金は返してほしいけれど貸金業者と直接交渉するのは嫌だ、怖い、と感じる人も多いのではないでしょうか。その点プロに間に入ってもらえれば安心です。交渉ごとはすべて任せられますし、相談にものってもらいながら確実に手続きを進めることができます。

過払い金請求ができる条件とは

過払い金請求をすることで貸金業者から払いすぎたお金を取り戻せます。しかし、すべての人が貸金業者からお金を返してもらえるわけではありません。過払い金が発生するためには条件があるのです。

過払い金請求の対象となるのは、利息制限法の上限利息と出資法の上限利息の間、すなわち利息制限法・出資法が改正される以前に存在したグレーゾーン金利でお金を借りていた人です。平成22年6月17日以前に貸金業者やクレジットカード会社からお金を借り、借金を返済している人ということになります。平成22年6月18日以降に初めて取引をしたという人についてはグレーゾーン金利そのものが消滅しているため対象外です。

また、過払い金請求には時効があります。過払い金請求の時効期限は最後に取引した日(完済した日)から10年です。いくら過払い金があっても完済した日から10年以上経ってしまうと貸金業者に返してもらうことはできません。「過払い金があるかもしれない」という人は早めに司法書士、弁護士に相談してください。

過払い金請求は借金を完済している人はもちろん、現在借金を返済中の人でもすることができます。対象者にあてはまる人であれば、過払い金請求をすることでお金が戻ってきた、借金の残額が減った・なくなったなどのメリットを受けられる可能性があります。

借金をしたことのある人の中には、同じ貸金業者と何度も取引をしている、複数の貸金業者から借り入れがある、返済と借り入れを繰り返しているなど、利息を含む借金の総額が把握しきれない人もいるかもしれません。利用明細やカードなどの書類が手元にない場合もあるでしょう。そういった場合でも過払い金請求はできます。

弁護士・司法書士事務所に相談すれば、専門家が貸金業者からこれまでの取引履歴をすべて取り寄せます。そこで利息制限法の上限利息と取引履歴を見比べ、過払い金がどれくらいあるかを計算します。この計算を引き直し計算といいます。引き直し計算が正確にできないと過払い金の額がわからないうえ、そもそも過払い金請求ができるかどうかもわかりません。自分でおこなうのは大変な作業なので、プロに任せたほうが安心です。

なお過払い金請求の権利はお金を借りた本人に発生するものです。本人が手続きをするつもりがないのに、親や配偶者、子供が勝手に過払い金請求をすることはできません。家族の過払い金請求をしたいという人は必ず本人の同意を取りつけて、できれば本人と一緒に専門家のもとへ行くのが無難です。

過払い金請求の手続きは司法書士、弁護士どちらに依頼することもできます。過払い金請求をプロに依頼する場合、過払い金が戻ってきたあとに成功報酬を払うことになります。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

愛媛で過払い金請求をした想定シミュレーション

愛媛県で過払い金請求をしたという想定のシミュレーションを3つほど紹介します。

1つ目のケースは愛媛県松山市にお住まいの小売店勤務A実さん(30代女性)です。A実さんが中学生から高校生のときにかけて自営業の両親が何度か消費者金融でお金を借りたことがあったため、「もしかしてうちの親にも過払い金があるのではないか」と思ったそうです。過払い金請求のネット広告を見て過払い金のことを知ったA実さんは両親を説得し、司法書士事務所に相談に訪れました。

そこで取引履歴を元にシミュレーションをおこなったところ、アコムとレイクにそれぞれ10万、30万の過払い金があることがわかりました。すでに完済済みの借金ではあったものの、実際の請求をおこなったところ満額返還され、合計40万円もの過払い金が返ってきたそうです。喜んだA実さんの両親はA実さんと司法書士事務所のスタッフに感謝しているといいます。

2つ目のケースは愛媛県今治市にお住まいの自営業Bさん(50代男性)です。趣味の競艇やパチンコにのめり込み、気がつけば複数の消費者金融に借金があったそう。家族には借金のことを隠し、10年以上地道にコツコツと返済を続けてきました。Bさんは過払い金請求のテレビCMを見て過払い金のことを知り、司法書士のところに相談に来ました。

調べたところアイフルを中心に合計60万円もの過払い金があることが判明しました。家族に借金のことがバレるのを心配していたBさんでしたが、誰にも借金のことを知られずに手続きできたことにホッとしたといいます。現在アイフルに返済中の借金があったそうですが、過払い金があったことにより借金が減って、今後の借金の返済にもめどが立ったようです。これからは借金のことを考えず、安心して生活できると話していました。

3つ目のケースは愛媛県松山市にお住まいのCさん夫婦(40代)です。夫婦共働きで夫は公務員、妻は派遣社員として事務の仕事をしています。今は堅実に生活しているCさん夫婦ですが、独身時代にはクレジットカードの使いすぎや車の購入費用の調達といった理由からクレジットカード会社や消費者金融の双方に借金があったそうです。結婚を機に頑張って返済したとのことですが、過払い金のことを知って「あのとき利息を払いすぎたのでは?」と思ったそうです。

司法書士事務所に相談したところ、オリコキャッシングに15万円の過払い金があることがわかりました。子供の中学校入学を控えているCさん夫婦。これから子供の教育費にお金がかかるということもあり「相談してよかった」と思っているそう。戻ってきた過払い金は子供の進学費用にまわすとのことです。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する愛媛にお住まいの方

四国地方の北西~北中部に位置する愛媛県。温暖な気候と豊かな海・山に恵まれており、日本有数の柑橘類の産地としても有名です。古くは伊予国と呼ばれていた地域で、江戸時代には伊予八藩といわれる8つの藩が置かれて繁栄してきました。そのため松山、大洲、宇和などかつて各藩の中心地や地場産業で栄えた県内各地には江戸~明治の面影を残す古い町並みが残り、現代では観光資源として活用されています。

県内は、今治市、西条市伊東の東予、大須市、内子町以西の南予、そしてそれ以外の中予の3地域に分けることができ、それぞれ住んでいる人々の気質も違うといわれています。 県の行政区は11市7郡9町となっており、その内訳は東予(新居浜市、西条市、今治市など)、中予地方(松山市、伊予市など)、南予地方(宇和島市、八幡浜市など)です。

東予は造船・タオル生産で有名な今治市といった工業都市が集まった地域です。また近代の貴重な産業遺産(別子銅山)や西日本最高のパワースポットともいわれる石槌山といった観光名所もあり、しまなみ海道の四国側の入り口にもなっています。南予には伊予の小京都と呼ばれる大洲、古い芝居小屋が残る内子といったノスタルジックな町並みが残る地域があるほか、滑床渓谷でトレッキングも楽しめます。

中予にある松山市は夏目漱石、正岡子規ゆかりの地で、『坊っちゃん』の舞台となった場所として全国的に名前が知られています。その他日本の最古の温泉・道後温泉がある、全国でも珍しい路面電車が走っているなどコンパクトながら見どころの多い街です。

観光地としても有名な松山市は愛媛県の県庁所在都市でもあり、松山地方裁判所・松山簡易裁判所や国の司法・行政機関も置かれています。そのほか大洲市や今治市、八幡浜市、四国中央市、宇和島市などに地裁の支部や簡易裁判所が存在します。経済の中心地でもあるため、銀行、貸金業者などの支店も多く置かれています。

愛媛県内の貸金業者としてはアコム、プロミス、レイクなど全国規模で事業を展開する大手のほか、地元の小規模な金融業者名がいくつかあげられます。またすでに倒産してしまいましたがNISグループのように松山を本拠地とする総合金融グループも存在していました。

現在でも地域密着型の貸金業者がいくつか残っており、松山市を中心に営業を続けています。出資法・利息制限法の改正以前に大手、中小にかかわらずこれらの貸金業者にお金を借りたことがある人は過払い金請求の対象になる可能性があります。もし過払い金があってもNISグループのように倒産してしまうとお金が返ってこなくなってしまいます。一時期の消費者金融の倒産ラッシュも落ち着いている状況ではありますが、過払い金返還を求める権利については時効の問題もあります。支払ったお金を確実に取り戻すためにも、いずれにしても早めに相談することをおすすめします。

相談先である司法書士・弁護士について普段あまり縁がない存在と考えている人もいるでしょう。しかし探してみると意外と身近な存在です。あなたの住んでいる地域にも司法書士・弁護士の事務所がある可能性があります。たとえば弁護士だけでも県内に160人ほどおり、昔に比べて倍増しています。また司法書士についても県内全域で250人ほどおり、そのうち170人以上が法務大臣認定司法書士となっています。

愛媛県内の司法書士・弁護士については司法書士会、弁護士会の名簿を見る限り、行政・経済の中心である松山周辺地域で活動している人が多い傾向があります。しかしこれらの司法書士会・弁護士会には県内各地に支部があり、そのそれぞれに司法書士・弁護士が所属しています。司法書士事務所は100件以上、弁護士事務所は45件以上あり、松山市から離れた東予・南予に事務所を構えている人も複数います。県内全域に弁護士事務所・法務司法書士事務所がある状況になっていますので、松山市から遠く離れた地域に住んでいる人も安心です。

また過払い金請求に関しては、四国全域あるいは全国で活動している債務整理・過払い金請求に強い弁護士事務所・法務司法書士事務所が出張相談にのっているケースもあります。これらの司法書士事務所は実績もあり、利用者の口コミも多いです。評判のよい事務所を選べばスムーズに手続きを進められます。

過払い金は本来取るべきではなかった違法な利息です。「自分が借金をしたのが悪いから」あるいは「利息をすでに払ってしまったから」といって泣き寝入りするのはよくありません。司法書士・弁護士には守秘義務があり、相談者のプライバシーは守られます。誰にも知られずに手続きできますので、家族に借金のことを秘密にしている人でも安心です。まずは過払い金があるかどうかを確認するところから。気軽に相談に行ってみましょう。

広島事務所がある広島に愛媛からお越しになられた方へ

四国地方の北西部から北中部に位置する愛媛県は、面積5,676,11k㎡、人口1,375,459人で県庁所在地は松山市です。

愛媛県といえば、全国有数の産地であるみかん株式会社えひめ飲料の50年以上愛され続けるロングセラー商品であるポンジュース、夏目漱石の坊ちゃん、愛媛県の文化や歴史を学ぶことができる愛媛県立歴史文化博物館、伊藤博文や山本五十六などの政治や軍人の第一人者が参拝する日本を代表する神社である大山祇神社、いよてつ高島屋の屋上にある大観覧車大観覧車くるりん、日本百名山の一つである西日本最高峰の山石鎚山、子供向けの遊具が揃っていて家族での人気観光スポットであるえひめこどもの城、ガラス作品が約300点展示されている道後ぎやまんガラス美術館、道後温泉駅の正面にある坊ちゃんからくり時計、日本三大水城とも呼ばれる今治城、県内で唯一の動物園愛媛県立とべ動物園、穴場の観光スポットといえるアサヒビール四国工場、タオルアートやムーミンのキャラクターが登場するムーミンガーデンがあるタオル美術館ICHIHIRO、愛媛県と高知県の県境にあり、日本の三 大カルストとも呼ばれている四国カルスト、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台としても有名な道後温泉、伊予かん、現存天守の1つである天守閣がある松山城、宇和島、坊ちゃんスタジアム、しまなみ海道、じゃこ天、愛媛FC、瀬戸内海国立公園、鯛・鯛めし、司馬遼太郎の人気小説「坂の上の雲」の資料が展示されている坂の上の雲ミュージアム、五色そうめん、石手寺、面川渓、真珠、内子座、キウイフルーツ、猿飛佐助、ふぐざく、太山寺、などが有名です。

愛媛県のお土産では、どぶろくながい、トマトソフトクリーム、瀬戸のアンチョビ、唐饅、久万高原のみるくプリン、ベーカリー三葉屋のパン、白い削り節、竹山陶器、名物やきもち、宇和島市吉田産のみかんジュース、澤井本舗ひじりやき、萩の茶屋そば、八幡浜産みかんコンポート、六時屋タルト、道後ビール、松山あげ、果の香、はだかんぼうロール、つるの子、ひめのおもてなしジュレ、薄墨羊羹、山田屋まんじゅう、労研饅頭、砥部焼、塩ポン酢、じゃこ天、鯛めしの素、バリィさんのグッズ、ポンジュースのお菓子、母恵夢、みかん蜂蜜、坊ちゃん団子、霧の森大福、一六タルト、伊予柑クッキー、今治タオル、 丸ごとみかんケーキ、などが人気です。

愛媛県出身の芸能人には福西崇史さん、松山英樹さん、川又堅碁さん、岩村明憲さん、白濱亜嵐さん、中矢力さん、秋川雅史さん、村上ジョージさん、宮川俊二さん、草薙剛さん(SMAP)、眞鍋かをりさん、ラブリさん、青田典子さん、水樹奈々さん、友近さん、愛川ゆず季さん、YU-KIさん(TRF)、本田朋子さんなどがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ