山口で口コミが多数ある過払い金請求に強い法務事務所

山口で過払い金請求

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

  • 0120069034
  • 過払い金請求のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 福岡事務所は、福岡市博多区にあるのですが、福岡事務所を設立以来、山口県山口市だけでなく、下関市、宇部市、萩市、防府市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市など山口県の全域より過払い金請求のご相談・ご依頼をいただいています。

山口市内であれば、博多までのアクセスは電車・バスなどの公共交通機関やお車でのアクセスが便利ですが、福岡事務所にご来所の前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内しますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料の出張相談もおこなっていますので遠慮なくお申し付けください。

知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリット

自分ですることも司法書士・弁護士に依頼しても取り返すことができる過払い金ですが、過払い金請求には1つだけ共通のデメリットがあります。

過払い金請求のデメリットは、貸金業者によっても対応が違いますが、過払い金請求をした貸金業者からは借入れができなくなることです。ただし、他の貸金業者なら利用できるので、大きな問題ではありません。

その他におこる過払い金請求のデメリットは、貸金業者ごとに対応が違っていたり、借入れを過去にしていたのか、今もしているのか、自分で過払い金請求するのか、司法書士・弁護士に依頼するのかなど、状況によっても異なります。詳しくは知らないと必ず損する過払い金請求のデメリットと得するメリットをご参照ください。

山口市からのアクセス方法

山口の主要駅である山口駅から電車でお越しの場合は、JR山口線で新山口、JR新幹線さくらで最寄り駅である博多駅をご利用ください。福岡事務所は博多駅より徒歩1分の立地にございます。

お車でお越しの場合は、中国自動車道小郡ICより、美祢東JCT、下関JCT、門司IC、小倉東IC、北九州JCT、宮田スマートIC、福岡高速4号粕屋線福岡IC、福岡高速1号香椎線貝塚JCT、福岡高速環状線千鳥橋JCT、博多駅東のルートでお越しになるとスムーズです。

山口で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

山口県内や福岡県内には過払い金請求ができる司法書士や弁護士事務所がたくさんありますが、福岡事務所は大分県、福岡県だけでなく熊本県大分県佐賀県を含めても、トップクラスのご相談・ご依頼件数をいただいています。

ご依頼いただきました相談者様に当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミやご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

杉山事務所は福岡だけでなく全国8か所に事務所があって、過払い金請求や債務整理の依頼を毎月3,000件以上対応してきました。その実績やノウハウ、貸金業者との交渉力を蓄積した結果、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額の実績により「消費者金融が恐れる司法書士」日本一として選出されました。

司法書士法人杉山事務所 福岡事務所は今後も変わらず、山口県にお住まい・お勤めの相談者様に最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

山口での過払い金請求の無料相談は福岡事務所

山口県にお住まいの方・お勤めの方は福岡事務所にご相談いただけるとアクセスが便利です。福岡事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上でご依頼いただいています。

一円でも多く取り戻したい、返還されるまでの期間をなるべく短くしたいなど相談者様の要望に沿うように最善の方法をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

福岡事務所の電話番号・住所

  • 0120069034
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-069-034
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 福岡事務所の外観

福岡事務所のアクセスマップ

福岡事務所の周辺地図

電車でお越しの方

博多駅より徒歩1分

車でお越しの方

お近くにオレンジパーキング、いわきビル駐車場、パークロック博多駅東、里馨パーキングセンターなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

博多駅筑紫口、博多駅筑紫口(集合場所:BUS STOPラウンジ)、合同庁舎前(福岡県)、駅東二丁目のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
司法書士法人杉山事務所の福岡事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 過払い金請求のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する過払い金請求

過払い金請求とは、余分に支払ってしまった利息を取り戻す手続きです。かつて利息制限法と出資法というふたつの法律で利息の上限が決められていました。利息制限法の上限は20%でしたが、それを超えても罰則がありませんでした。一方で出資法では29.2%を超える金利での貸付けには罰則があったため、罰則を回避できるぎりぎりの29%程度でお金を貸付けることが、貸金業者の間で横行していたのです。

利息制限法の上限を超えて支払った過払い金を取り戻すことは当然の権利です。ただ、過払い金請求にはリスクや注意点もありますので、よく理解してから過払い金請求をしてください。

過払い金請求の注意すべきリスク

払うべきでなかったお金を取り返すことができる過払い金請求ですが、請求をおこなうことに伴っていくつかのリスクがあります。

ブラックリストとして登録されるリスク

完済後に過払い金請求をした場合、ブラックリストにはのりません。

現在も貸金業者からの借入れがある場合、発生している過払い金を残りの借金に充当してもなお借金が残ってしまうケースでは、過払い金請求ではなく、現在の借金を減額して返済が楽になるように貸金業者と交渉する「債務整理(任意整理)」という手続きになるため、ブラックリストにのります。

これに対して、発生している過払い金を充当することによって残りの借金がなくなる場合は、ブラックリストにはのりません。完済したことと同じなので、信用情報に影響するようなことは何もないということになります。

過払い金請求によってブラックリストにのることを回避するためには、過払い金の金額を計算し、残りの借金の額に足りるのかどうかを確認する必要があります。また、その金額を貸金業者との交渉で取り戻せるのかどうかの見込みを正しく立てることも必要です。

利息制限法を守っていたら利息や借金額がどうなっていたのか計算し直すことを「引き直し計算」といいます。インターネットには引き直し計算をおこなうためのエクセルテンプレートなども配布されているため、自分で引き直し計算をおこなうことは不可能ではありません。

ただし、入力ミスがあると計算結果は大きく違ったものになってしまいます。間違った金額で過払い金返還請求書を送った場合、その請求書の金額をベースに交渉される可能性があります。

また、貸金業者との交渉で過払い金の全額が返ってくるとは限りません。契約内容や返済方法などに対する解釈が対立したりすると、裁判をすることになります。貸金業者が簡単には全額の返還に応じず、減額した額の返還で妥協せざるをえない場合もあります。

返済中の借金がなくなると勘違いしてブラックリストにのってしまうリスクを回避するためには、司法書士や弁護士など過払い金請求に精通している専門家に依頼するのがおすすめです。正しい引き直し計算をおこなった上で、多くの経験から貸金業者との交渉の見込みを立てます。杉山事務所では、ブラックリストにのるのが心配なことを率直に伝えてもらえれば、ご希望に配慮しながらご相談にお応えします。

そもそもブラックリストとは何か

貸金業者は、お金を貸す相手がきちんと返済してくれる人なのかどうかを、信用情報機関が管理している個人信用情報を通じて判断しています。たとえば、延滞を繰り返している人や破産してしまった人などの情報を登録して、貸金業者間で共有しているのです。信用情報に延滞や債務整理などの事故情報がのることを「ブラックリストにのる」と呼んでいます。

ブラックリストにのると、貸金業者はその人に新たな貸付けをしなくなります。過去に借入れをした経験のない貸金業者であっても、借入れを申し込むと信用情報機関のデータベースで確認するため貸付けの承認をしなくなるのです。クレジットカードの審査も通りませんし、カーローンや住宅ローンなども通らなくなります。

過払い金請求の期限が過ぎてしまうことに注意

過払い金請求には期限があるという点にも注意が必要です。過払い金請求には時効があります。貸金業者と最後の取引をした日(完済した日)から10年経つと時効が成立してしまい、請求できなくなります。

民法には消滅時効という制度があり、一定期間、権利を使わないでいるとその権利は消滅してしまいます。過払い金請求権は債権の一種であり、民法では債権の時効期間は10年です。つまり、過払い金請求権は10年間つかわないでいると、請求できなくなってしまうのです。

現在もその貸金業者から借入れを継続している場合には時効を心配する必要はありません。しかし、すでに完済している借金については、時効で消滅してしまう可能性があるので、早めに過払い金請求することが必要です。

過払い金請求を自分でやる場合の注意点

手続きにかかる時間と手間や、ブラックリストにのってしまうリスクなどを考えると、過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼するのが安心ですが、自分自身で過払い金請求をおこなうこともできます。ただし、自分でおこなう場合には次の点に注意しましょう。

過払い金の返還額が少なくなってしまう可能性

貸金業者は、過払い金請求の交渉相手が素人だとわかると、交渉を有利に進めることが可能だと考えてかなり低額での和解を提案してくることがあります。司法書士や弁護士であれば、過払い金請求の経験が豊富で貸金業者の情報も持っているので、低すぎる金額で和解案が提示された場合もすぐに次の手を出せます。

しかし、法律の知識のない人だと、同意できない和解案に対して次に何をすればよいのかわからないことが多く、裁判に移るとなると心理的な負担も大きくなります。そのため、不利だと感じても和解に応じた方が楽になれると考えてしまうこともあるでしょう。また、そもそも提示された和解金額が妥当なものなのかどうかを判断する基準も持ち合わせてないため、「こんなものかな」と思ってしまうこともあります。

納得できない和解案に同意したくなくても、そうすることで解決まで今後どれくらいの時間がかかるのかがわからないのもつらいところです。自分で過払い金請求をする場合には、このような負担を負う覚悟を持っておこなう必要があります。

返済中の場合、個人で手続きすることはむずかしい

現在返済を続けている借金がある場合には、その貸金業者に過払い金請求をおこないたくても任意整理となるため、個人で手続きをすることはむずかしいです。

司法書士や弁護士に依頼すれば、返済や督促を止めることができます。司法書士や弁護士が正式に依頼を受けたことを貸金業者に知らせる「受任通知」というものを出せば、貸金業者は本人ではなく司法書士や弁護士を通して連絡をしなければならないので、返済や督促はいったんストップします。目の前の返済や督促に悩まされているのであれば、専門家に依頼する方が得策です。

隠していた借金が家族にばれてしまうリスク

自分で過払い金請求をおこなう場合、返還額の交渉など貸金業者からの連絡は全て自分宛てにくることになります。貸金業者からの電話を受けての会話や、郵便物の差出人などが家族の目に触れれば、すぐに借金をしている事実は判明してしまうでしょう。この点の配慮を貸金業者に期待することはむずかしいので、自分で過払い金請求をおこなうのであれば、家族などの周囲に借金をしていた事実を知られることをある程度覚悟しなければなりません。

これを回避するためには、司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼することです。貸金業者は司法書士や弁護士とやりとりをするようになりますし、司法書士や弁護士からの連絡についても配慮を求めれば、時間帯や連絡方法を慎重に選んでくれます。

過払い金請求には多くの手間がある

過払い金請求をおこなうには、請求に必要な書類をそろえる必要があります。まず貸金業者との取引の経過を把握するための「取引履歴」を、貸金業者に請求して取り寄せなければなりません。また、この取引履歴にもとづいて過払い金の金額を計算する引き直し計算書を正しく作る必要もあります。また、過払い金返還請求書をきちんと法的に意味のあるものとして作成しなければなりません。これらのひとつひとつを間違いなく用意することは、法律の専門家でない人にとってはかなり負担を感じる作業になるでしょう。

また、貸金業者とは何度も過払い金の返還金額についての交渉をおこなうことになります。さらに、話し合いがまとまらず訴訟をおこなう場合には、訴状などの書類の準備や裁判所への出廷などの負担が生じます。

これらの多くの手間を考えれば、報酬を払ってでも専門家に依頼した方がよい場合が多いのは確かです。また、専門家に依頼することで、きちんとした金額の返還を受けることができるのであれば、結果的に経済的だということも多いです。あえて自分自身で過払い金請求をおこなうメリットはあまり多くないというのが現実です。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

山口で過払い金請求をした想定シミュレーション

過払い金請求によって借金生活にピリオドを打ち、生活再建に成功した人はたくさんいます。山口県で過払い金請求をしたという想定のシミュレーションを紹介します。

取引期間が長く過払い金の額が大きくなっていた例

山口県宇部市不動産管理会社勤務

依頼者はかつて大手機械メーカーに勤務していましたが、金遣いが荒いところがあり遊ぶお金などが不足すると消費者金融会社から借入れをするようになりました。少しずつ借金は増えて返済額も大きくなりましたが、ボーナスの支給額も大きく問題なく返済はできていたそうです。しかし、リーマンショックの影響で会社は経営合理化を強力に推し進め、依頼者はリストラされてしまいます。また、その時期に体調も崩したことでしばらく働けなくなってしまいました。その後回復しましたが、再就職先での給与は前よりも大幅に下がってしまったそうです。その後は相当な倹約をして借金返済を続けていましたが、もはや限界だと感じるようになります。

お正月に親族が集まった際に、様子がおかしいと感じた兄から詰問され、弱気になっていた依頼者は正直に現状を打ち明けました。兄は「それくらいの金なら立て替えてやってもいい」と言ってくれましたが、依頼者は「自分でなんとかしたい」と言って断ります。しばらくすると兄から「お前はきっと利息を多く支払い過ぎているから専門家に相談しろ」と連絡がきました。依頼者はよく理解できていませんでしたが、評判が良いと兄がすすめてくれた専門家に相談にいきました。

すると、驚いたことに多額の過払い金が返ってくると説明をされます。専門家のシミュレーションによると、アイフルには118万円、アコムには242万円、プロミスには309万円の過払い金が発生しているというのです。結局過払い金返還までの利息も含めて総額703万円を回収することができました。これをすべての残りの借金に充当し、専門家への報酬を支払っても400万円弱の現金が手元に残ったのです。 依頼者は「自分の見込みが甘かったとはいえ苦しかった。やっと肩の荷が下りた。兄には本当に感謝している。」と笑顔で話していました。

昔の借金の過払い金で現在の債務をゼロにした例

山口県下関市食品加工会社勤務

依頼者が借入れをはじめたのは独身時代です。交際費などでお金が足りなくなった際、クレジットカードのキャッシングで少しだけお金を借りたのが最初でした。その頃は正社員として働いていたのでなんとか返せる額でしたが、なかなか借金は減らない状態が続きます。そのうち妊娠し結婚することになりましたが、その頃も30万円以上の借金が残っていたそうです。両親は結婚を快く思っていませんでしたが、結婚前に借金をなくしておくべきだと全額立て替えて返済してくれました。 結婚・出産を機に仕事を退職しましたが、その後1年で離婚。財産分与や慰謝料はなく、子供の養育費の合意だけをして別れました。なんとか仕事を見つけたものの、元夫は養育費の約束を守ってくれず、依頼者の家計は非常に苦しくなります。収入は常に不足しており結局消費者金融からお金を借入れるようになりました。これまでの経緯から親に泣きつくわけにはいかないと考えたのです。

毎月ひやひやしながら返済を続けてきましたが、ある日出勤途中の車の中で過払い金請求についてのラジオCMを聞きます。もしかして自分も当てはまるのではないかと、インターネットの口コミなどを確認し専門家に相談しました。 専門家によると、レイクへの過払い金は35万円程度であり、請求するとブラックリストにのってしまうということでした。一方、セディナへの過払い金は65万円発生しており、時効による消滅まであと半年だと説明を受けます。専門家はセディナに対して簡易裁判所で訴訟を提起し、利息を含めて69万円の返還を受けることに成功しました。これをレイクへの返済に充てて完済した上で、レイクにも過払い金請求を行い、33万円の返還で和解となりました。 専門家への報酬を支払うと、依頼者の手元にお金はあまり残りませんでしたが、依頼者は返済の負担から解放されてとても安堵した様子でした。

コツコツ返しても減らなかった借金から解放された例

山口県山口市介護施設勤務

依頼者はまじめな性格で借金をしない主義で、クレジットカードもショッピングで利用するだけでした。しかし、12年前に親しい友人からお金についての相談を受け、助けてあげるためにクレジットカードのキャッシングで借入れをすることになります。友人とは3カ月後に連絡がつかなくなり、依頼者は月々1万円ほどの返済をコツコツとし続けました。しかし、生活はぎりぎりでお金が足りないときに返済に充てようと他のカードからも借入れをしてしまいました。その後元金を少しずつ減らしながら返済を続けていましたが、そんなある日テレビ番組で過払い金について取り上げられているのを見ます。もしかしたら自分も対象になるのではないかと急に思い立ち、専門家の事務所に相談することに決めました。

専門家の引き直し計算によると、セディナへの債務は借入れ後6年目には完済しているはずのものだとのこと。三菱UFJ ニコスへの債務は借入れ後5年目には完済しているはずだということでした。結果的にセディナからは78万円三菱UFJニコスからは42万円の過払い金の返還を受け、専門家への報酬を払っても手元に30万円以上の現金が残りました。 依頼者は「借金をしない主義だったのに長い間返済に苦しんだのはつらかった。でも友だちを助けたことを今も後悔はしていない。」とすっきりとした顔で話していました。

  • 0120068027
  • 過払い金請求のお問い合わせ

過払い金請求を依頼する山口にお住まいの方

山口県の歴史

山口県はアジア大陸に近いこともあって、古くから中国大陸や朝鮮半島の文化を取り入れてきた地域です。紀元前3世紀ごろには稲作が行われていたと考えられており、弥生時代の綾羅木郷遺跡や土井ヶ浜遺跡からは、この地域が進んだ文化を持っていたことがうかがわれます。また、大規模な前方後円墳など山口県内で見つかっている多くの古墳は、大和朝廷時代にこの地域が重要な土地であり、強い力を持った実力者がいたことを示すものです。

また、広く知られている「壇ノ浦の戦い」は、現在の下関市で行われたものです。このような源氏と平氏の戦いは、平安時代に貴族社会から武家社会への転換の契機となりました。鎌倉時代には長門の厚東氏、周防の大内氏が大きな勢力を誇っていましたが、室町時代に入って大内氏がこの二国を支配するに至ります。大内氏は「西の京」ともいわれる都を作り、山口を大きく繁栄させました。その後は毛利氏が中国地方全域を平定するのに伴い、山口もその傘下に入ることになります。

江戸時代には、毛利氏が徳川家康によって勢力を弱められ、山口の土地だけを治めることになります。その後の歴代藩主は藩財政の充実に努め、幕末における長州藩は100万石を誇る藩となりました。また、松下村塾の吉田松陰や高杉晋作などの優れた人物を輩出した山口の地は、幕末における尊王攘夷運動の拠点となります。四国連合艦隊下関砲撃事件や蛤御門の変、長州征伐などの事件を経て、薩長同盟によって倒幕に成功し、長州藩は明治維新を主導する地位につきました。明治新政府では木戸孝允や桂小五郎、伊藤博文や井上薫などの山口出身の重要人物たちが活躍しています。明治以降の山口は農業県でしたが、昭和初期には瀬戸内海沿岸に造船や化学、機械や金属などの工業が発達し、工業県へと生まれ変わりました。

山口県の観光

山口県の自然は独自の特徴を持ち、重要な観光資源となっています。日本最大級のカルスト台地と鍾乳洞である秋吉台や秋芳洞は山口県観光の定番スポットです。また角島大橋は「日本一美しい橋」とまで呼ばれ、自動車のテレビコマーシャルなどの撮影でも頻繁に使われています。

また、大内氏が築いた大内文化の象徴ともいえる国宝瑠璃光寺五重塔は、日本三名塔の一つとされる室町中期の美しい建造物です。独特のフォルムと優れた建造技術によって有名な錦帯橋も山口を代表する観光地となっています。

さらに、明治維新の原点ともいえる松下村塾や日本三天神のひとつ防府天満宮、山陰の天空の城とも呼ばれる津和野城跡などの見どころもあります。特産物として、萩市一帯で焼かれている萩焼や下関市のフグなどが全国で有名です。

山口県の産業・景気と過払い金請求

山口県の産業構造の特徴は、製造業の比率が高いということにあります。長い間、県内総生産のうち約30%を製造業が占めており、全国平均の20%強と比較すると山口県は「工業県」といえるでしょう。特に、石油や化学、鉄鋼や窯業、非鉄金属などの基礎素材型の製造業が瀬戸内海沿岸を中心に集積しています。また、自動車や船舶、航空や鉄道、自転車などの輸送用機械器具製造関連産業も盛んです。さらに国内でも多くのシェアを占める原薬の製造など、医薬品製造拠点も多くなっています。

ただ、工業県であるために、景気の動向による影響は大きく、たとえば有効求人倍率は平成20年のリーマンショック以降平成25年までずっと1倍を下回っていました。中でも他の産業に比べて製造業の数値は悪い状況が続いていた状況です。経営合理化や工場稼働率の低下などが、働く人々の生活を直撃し、貸金業者からの借入れにつながった場合もあると考えられます。

山口県に登録している貸金業者の数は、平成20年3月の90に対し、平成29年3月には18と大幅に減少しています。もっともこれは全国的な傾向であり、最高裁判所判決や貸金業法改正によって過払い金請求が大量に生じたことにより、多くの貸金業者の財務状況が悪化し、廃業や経営統合などが行われたことが原因です。この結果、山口県内で目にする貸金業者名は、アコムやアイフル、プロミスやレイクなどの大手消費者金融会社がほとんどという状況になりました。

平成29年9月現在、山口県内の司法書士の数は232人で、そのうち簡易裁判所での訴訟代理をおこなうことのできる認定司法書士の数は142人です。また、司法書士法人の数は4となっています。一方、山口県弁護士会に登録している弁護士の数は173人で、弁護士法人の数は15です。これらの司法書士法人や弁護士法人の中には山口県を中心に活動しているところもありますが、全国展開している弁護士法人も中にはあります。これらの中から、どの司法書士・弁護士に過払い金請求を依頼するのかは慎重に選びましょう。すべての弁護士や司法書士が過払い金請求に詳しいわけではないからです。また、依頼者の事情に親身に寄り添った対応をしてくれるかどうか、報酬が明確であるかどうかもしっかり見きわめましょう。

福岡事務所がある福岡に山口からお越しになられた方へ

本州最西端に位置する山口県は、面積6,112,30k㎡、人口1,393,904人、で県庁所在地は山口市です

山口県といえば、源氏と平氏の戦いに終止符がうたれた壇ノ浦の戦いの場所で史跡名所も多い下関、ふぐ刺し、ふぐちり、ふぐ雑炊など平家茶屋、和や、KATSUMOTO、しのだ、やぶれかぶれ、喜多川、たまや、田中旅館、ふくの関、三吉、栄ふく、久和勘、佐じか、お富、萩一輪、ふくふく亭、唐戸熱血食堂いちばのよこ、三枡、などが人気店で知られている山口県名物でもあるふぐ、松蔭神社、松下村塾、萩城城下町、道の駅萩しーまーと、萩博物館、東光寺、萩城 跡、菊屋家住宅、萩反射炉、笠山、明神池、旧萩市立明倫小学校、萩駅、須佐ホルンフェス、高杉晋作誕生地、伊藤博文別邸、吉田松陰誕生地、山口県立萩美術館・浦上記念館、旧湯川家屋敷、鍵曲、北長門海岸、木戸孝允旧宅、菊屋横町、松蔭記念館、伊藤博文旧宅、玉木文之進旧宅、円政寺、歴史の道萩往還、浜崎町家保存地区、大照院、萩反射炉、旧久保田家住宅、旧厚狭毛利家萩屋敷長屋、桂太郎旧宅、口羽家住宅、旧山村家住宅、北の総門、大板山たたら製鉄遺跡、松蔭神社宝物殿至誠館、見島、熊谷美術館、北浦海岸、亨徳寺、旧益田家物見矢倉、など多くの観光スポットがある萩。

日本最大のカルスト大地である秋吉台、下関市と九州の北九州市を隔てる関門海峡、太鼓谷稲荷神社、津和野城 跡、殿町通り、津和野カトリック教会、森鴎外旧宅、森鴎外記念館、道の駅津和野温泉なごみの里、安野光雅美術館、鯉の米屋(吉永米店)、永明寺、藩校養老 館(津和野町民俗資料館)、にちはら天文台、乙女峠マリア聖堂、嘉楽園、鷲原八幡宮、堀庭園、SLやまぐち号、西周旧居、弥栄神社、など多くの観光スポットがある津和野、長州藩、岩国、錦側に架橋された木造のアーチ橋の錦帯橋、巌流島、山口県佐山に本社を構えるユニクロ、湯田温泉・川棚温泉・湯谷温泉などの温泉、元祖瓦そばたかせ本館、瓦そば本店お多福、長州屋、だんだん茶屋、福の花、観光会館安富屋レストランなどが人気店で山口県の郷土料理の瓦そば、旭酒造の獺祭、ういろう、夏みかん、瀬戸内海国立公園、岩国寿司、瑠璃光寺五重塔、岩国れんこん住吉神社、バリそば、けんちょう、功山寺、全日本実業団ハーフマラソン、などが有名です。

山口県出身の芸能人には、平岡祐太さん、田村淳さん、田中達也さん、山崎まさよしさん、宮本和知さん、菅直人さん、岩政大樹さん、清木場俊介さん、松田優作さん、久保裕也さん、原川力さん、石川佳純さん、田中陽子さん、村重杏奈さん(HKT48)、道重さゆみさん、若木萌さん、宝来麻紀子さん、芳本美代子さんなどがいます。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ