プライメックスの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でプライメックスの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

過払い金が発生しているのではないかと心当たりのある方は、取引履歴を取り寄せて、過払い金の計算をしてみましょう。
取引履歴は、司法書士や弁護士に依頼して取り寄せることもできますし、請求に資格はいりませんから、自分でおこなうことも可能です。
ただし、自分でプライメックスから取引履歴を取得し、過払い金の計算をする場合には、メリットだけではなくリスクもありますので、十分に注意しておこなってください。

自分でプライメックスから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

過払い金の請求は、貸金業者にとっては不利益となるもので、取引履歴を開示するにもそれなりに手間がかかりますから、業者が迅速な対応をしてくれるとは限りません。
特に、個人で取引履歴を請求する場合には、貸金業者からまともに相手にされず、司法書士や弁護士といった専門家に比べて、対応が後回しにされることがありますので、注意が必要です。
個人からの請求だとわかると、わざと対応を遅くするような悪質な業者もありますから、自分で取り寄せる際には、それなりのリスクを覚悟しておいてください。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

過払い金の請求に、実は時効があることは、あまり知られていないかもしれません。
過払い金の請求は権利ですが、その権利を使わないと、ある時点から請求ができなくなってしまうのです。
時効は、最後に貸金業者と取引をした日から10年で、借金を返し終えている方は、最後の返済日から10年となります。
取引履歴の取得に手間取っていると、過払い金の請求をする前に時効が来てしまい、手遅れになる可能性があるのです。
時効までに過払い金の請求をしなければなりませんが、それまでに、取引履歴の取り寄せから、過払い金の計算まで、必要なステップを踏まないといけません。
時効が迫っている方は、過払い金の調査を無料で代行してくれる司法書士や弁護士に依頼しましょう。
取引履歴を個人よりも早く取得できますし、過払い金が発生するとわかれば、すぐに過払い金請求の手続きの準備をはじめられますので安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

取引履歴を取り寄せると、貸金業者から利用目的を聞かれることがありますが、その答え方には注意しましょう。
深く考えず、「過払い金の請求をするため」と答えてしまうと、あとで過払い金の請求ができなくなってしまうことさえあるのです。
電話であってもその回答は記録として残りますので、あとで業者に「過払い金が発生していることを知りながら、利息を返済し続けていた」と言いがかりをつけられてしまうと、過払い金の請求ができなくなるのです。
全てがそのような悪質な業者ではありませんが、不要なリスクは避けるべきでしょう。
そこで、利用目的を聞かれた際には、「これまでの契約内容を紛失してしまったので、改めて確認したい」といったように、過払い金請求とは直接は関係がないような理由を答えるようにしてください。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

貸金業者は過払い金交渉のプロですから、過払い金の返還で損をすることがないように、あの手この手で、無知な個人をだまそうとしてくることがありますので、気をつけてください。
取引特に、履歴を取り寄せようと連絡した際に、和解を迫ってくることがありますから、注意が必要です。
「借金をゼロにしますから、和解にしませんか?」といったゼロ和解と呼ばれる条件を提示してくることがありますが、過払い金が発生していれば、借金がゼロになるうえに、お金が戻ってくるのですから、このような条件に応じるべきではありません。
貸金業者は過払い金があることを知っていて、このような条件を提示してくるので、きっぱりと断りましょう。
また、「調べたところ、過払い金が55万円ありますが、30万円でよければ、今すぐ返還しますので和解にしませんか?」といった、明らかに不当な条件を提示してくることがあります。
目の前のお金につられてこのような和解に応じてしまうと、結果的に損をすることになりますので、冷静に断りましょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

過払い金の計算が間違っていると、過払い金が少なくなったり、過払い金の請求に応じてもらえなかったりすることがありますので、取引履歴はとても重要な情報です。
その取引履歴の中身を業者が改ざんしているという、非常に悪質な問題が以前はありましたが、行政処分の対象になった結果、業者側にメリットがなくなりました。
しかし、古い取引履歴を破棄していて、開示に応じてくれない業者もなかにはいますので、気をつけてください。
取引過払い金を正確に計算するためには、全ての取引情報が必要ですから、開示されていない期間の取引については、自分で調べて推測するしかありません。
通帳の履歴や、業者から開示された期間の取引などを使って、開示されていない期間の情報を補いながら、過払い金を計算することになりますが、これは個人でおこなうには難易度が高すぎるでしょう。
あとで不利にならないためにも、司法書士や弁護士に依頼しましょう。
なお、プライメックス(キャスコ)は問題なく、すべての取引履歴を開示しています。

手数料がかかるケースもある

自分で過払い金の調査をおこなう方にとって、費用は気になるところです。
多くの場合で取引履歴の請求に手数料はかかりませんが、なかには500~1000円ほどの手数料がかかる業者や、別途に実費費用を要求してくる業者もありますので、チェックしておきましょう。
費用が気になる方は、過払い金の調査を無料でおこなってくれる司法書士や弁護士に依頼すれば、取引履歴の取り寄せに手数料がかからないばかりか、複雑な過払い金計算まで無料で代行してくれますから、費用の節約にもなり安心です。
プライメックス(キャスコ)では、原則として手数料はかかりません。
変更する際には、あらかじめ公表するはずですので、公式サイトなどを確認しておきましょう。

過払い金の請求は、自分のお金を取りもどすための正当な権利ですので、時効が成立する前に、過払い金の調査をしておきましょう。
プライメックス(キャスコ)は、かつて違法な高い利息で貸し付けをおこなっていましたので、過払い金が発生している可能性があります。
過払い金の調査には資格はいりませんので、自分でおこなうことも可能ではありますが、以上のようなリスクや注意点があることを、十分理解しておいてください。
最悪の場合、過払い金の請求ができなくなってしまうことがありますから、注意しましょう。
このようなリスクが不安な方は、過払い金の調査を無料でおこなってくれる司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

プライメックスから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

自分で貸金業者から取引履歴を取り寄せる場合、電話や郵送などで貸金業者に連絡をして、自宅への郵送で受け取るのが一般的です。
しかし、自宅への電話連絡や、さまざまな郵便物の送付があると、家族や同居人に自分の借金がばれるリスクがあります。
身近な人に借金を知られたくない方は、店舗での申し込みや受け取りができる貸金業者もありますので、事前に問い合わせておきましょう。
プライメックス(キャスコ)では、店頭での受け取りも可能です。
一連の申し込みの手順は以下の通りとなります。

プライメックスの取引履歴の請求先情報

株式会社プライメックスキャピタル貸付契約にかかるお客様からのお問合わせ窓口
電話:0120-869-845
住所:〒542-0081 大阪市中央区南船場2-1-3 フェニックス南船場2F

株式会社プライメックスキャピタルクレジット契約等にかかるお客様からのお問合わせ窓口
電話:0120-309-845
住所:〒542-0081 大阪市中央区南船場2-1-3 フェニックス南船場2F

※プライメックスキャピタル公式HPからの参考情報です。
詳細はプライメックスキャピタルにお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

家族がかつて借金をしていて、亡くなったときに遺産整理をしていたら、過払い金が発生しているかもしれないことに気がついた、ということがあるでしょう。
その場合、相続人として家族が取引履歴を取り寄せることができますので、諦める必要はありません。
遺産整理などの手続きで、取引履歴が必要になることもありますから、制度として認められているのです。
具体的に、相続人が亡くなった本人の代わりに取引履歴を取り寄せるには、本人が亡くなっていることを証明する除籍謄本と、家族が相続人であることを証明する戸籍謄本が必要です。
これらの書類は、本籍地のある役所の窓口、もしくは郵送で請求できますし、司法書士や弁護士に依頼して取得してもらうこともできます。

プライメックスの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

取引履歴の取り寄せに時間がかかってしまうと、時効を迎えてしまうリスクがありますので、できるだけ早く取得したいものです。
ただし、専門家に依頼する前に内容を確認したかったり、自分で過払い金の調査をおこなう予定だったりという理由から、個人で取引履歴を請求する場合には、一般的に少し遅くなってしまうので、気をつけてください。
司法書士や弁護士といった専門家が、プライメックス(キャスコ)から取引履歴を取り寄せた場合、必要書類が到着した日から10営業日以内、つまり2週間程度でプライメックス(キャスコ)から書類が届きます。
一方で、本人が取り寄せた場合には、3週間以上かかることもありますから、注意しましょう。

取引履歴の見かた

プライメックスキャピタルから取得した取引履歴には、借入や返済の金額、日付などの契約内容が記載されています。
借入金額と返済金額、取引の日付がわかれば、そこから過払い金の計算ができます。
取引履歴には、違法な高い利息での借入残高が、そのまま記載されていますから、そこから自分で、正しい利息による再計算をしなければなりません。
過払い金の計算を間違ってしまうと、過払い金の請求の際に不利になることがありますから、不安な方は司法書士や弁護士に依頼しましょう。

プライメックスの過払い金が発生している条件

プライメックスキャピタルで過払い金が発生している条件は、2009年2月までに、実質年率18.0%以上で融資を受けていたことです。
利率は利用者によって異なっていたはずですが、大部分の利用者の借入はこの実質年率18%を超えるグレーゾーン金利だったと想定できます。
当時はプライメックスキャピタルに限らず、大手のアイフル・アコム・プロミスなども含めて、ほとんどの消費者金融がそうだったからです。

プライメックスキャピタルの関連会社は、前身の株式会社キャスコがあります。
社名が変更されたのは2009年2月からで、この時期に新規の融資も停止しました。
つまり、プライメックスキャピタル(旧キャスコ)の金利引き下げがどんなに遅かったとしても過払い金が発生しているのは2009年2月までとなります。

自分に過払い金があるかどうか確認したいという方は、まず司法書士や弁護士に相談したほうがいいでしょう。
過払い金には完済から10年という消滅時効があり、過払い金が取り戻せなくなりますので、早めに司法書士や弁護士に過払い金を確認してもらうのがいいでしょう。

プライメックスの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

プライメックスから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でプライメックスの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

プライメックスから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ