ジャックスの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でジャックスの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

契約者自身がジャックスに取引履歴を請求し、過払い金の計算をすることは可能です。
しかし、過払い金の返還請求は民法に基づく法律行為のため法律の知識が必要になったり、過払い金の計算が複雑なケースもありうるため、自分で行う場合は失敗のリスクがあることを知った上で行いましょう。

自分でジャックスから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

取引履歴を取り寄せるには、貸金業者に対して電話などで連絡し、開示してもらいたい期間などを示して請求することになります。
取引履歴を個人で取り寄せることもできますが、一部の業者には司法書士や弁護士による取り寄せでないと分かると、申請から公開までの時間をわざと長引かせる場合があります。
一般の個人は申請してから通常どの程度の期間で取引履歴が公開されるか知らないと思われ、公開を遅らせても苦情につながらないだろうと貸金業者が高を括っていることも考えられます。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

過払い金の返還請求は民法に定められている時効制度が適用されます。
過払い金請求の時効は借金を完済してから10年で、それを過ぎてしまうとたとえ過払い金が発生していたとしても返還請求は不可能になります。
取引履歴の取り寄せに時間がかかってしまったばかりに、時効が過ぎてしまうことがあります。
取引履歴の公開請求だけでは時効は中断しません。返済し終わってから10年近く経過している場合には、すぐに過払い金の計算をして返還請求の手続きをする必要があります。
取引履歴の取り寄せと過払い金の計算を無料で実施している司法書士や弁護士に依頼すれば、過払い金が発生していた場合にそのまま返還請求まで対応してくれるため安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

取引履歴の取り寄せを依頼するときに、貸金業者から取得理由を尋ねられることがあります。
その場合には過払い金請求のためだとは回答しないように注意しましょう。
嘘をついているようで気持ちが落ち着きませんが「これまでの取引を確認するため」や「契約内容を確認したい」などと答えるようにします。
過払い金請求のためと答えてしまうと、貸金業者に過払い金だと認識した上で利息を支払っていたと主張され、過払い金請求ができなることがあります。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

取引履歴の取り寄せを依頼した際に、貸金業者から不当な和解案を提示されるケースがあります。
貸金業者は取引履歴の開示請求を受けると、次には過払い金の返還請求をしてくるだろうと考えてそれを逃れようとします。
「この電話で残りの借金を無くしますよ」などと、ふと聞いただけでは得だと思わせる提案を持ちかけ、なるべく過払い金を返還しないように話をすすめます。
また取引履歴を元に計算すると50万円の過払い金があるにも関わらず、30万円ならば今すぐ返還するなどと、本来より低い返還額を提示してくるケースもあります。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

貸金業者は契約者ごとに契約年月日や貸付金額などを記録する業務帳簿を作成して一定期間保存することが、貸金業法によって義務付けられています。
取引履歴は業務帳簿から作成しますが、貸金業者の中には保存期間を過ぎたとして業務帳簿を処分し、不完全な取引履歴を公開することがあります。
その場合の過払い金の計算は、通帳に記帳されている返済の引き落とし履歴や部分的に公開されている取引履歴から、処分済み期間の取引を推定計算します。
推定計算は一般の個人では難しく、司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。
以前は取引履歴の改ざんが問題になったこともありましたが、判明すると行政処分の対象となるため貸金業者側にもメリットがなく、現在改ざんは行われていません。
ジャックスの場合は平成7年3月以前の取引については処分したとして、その期間の取引については公開しない場合があります。

手数料がかかるケースもある

取引履歴の取り寄せ請求をすると、貸金業者によっては1,000円ほどの手数料がかかる場合があります。br> 取引履歴の公開に手数料を徴収することは法律で禁止されていないため違法行為とはなりません。
司法書士や弁護士に依頼すれば、このような手数料をかけることなく無料で取引履歴の請求から過払い金の計算まで行うことが可能です。

契約者自身が自分で取引履歴を取り寄せる際には以上のようなリスクや注意点があります。
とくに取引履歴の請求に時間がかかってしまうことで時効が完成して過払い金請求ができない事態は一番避けたいことです。
不安な人は取引履歴の取り寄せから過払い金計算まで無料で行う司法書士や弁護士に依頼した方が的確迅速に手続きが進められて安心です。

ジャックスから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

貸金業者から取引履歴を取り寄せる方法は、電話やFAX、郵送で申し込むことになります。
ただし借り入れの事実を家族に知られたくないなどの理由で、自宅に貸金業者からの連絡や郵送物が届かないようしたい場合は、店舗で取引履歴の申し込みと受け取りができる貸金業者もあります。
ジャックスからの取引履歴は電話もしくは店頭で申請し、郵送で受け取ります。

請求方法

ジャックスの取引履歴の請求先情報

株式会社ジャックス東京カスタマーセンター
電話:046-233-1995
住所:神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー6階

大阪カスタマーセンター
住所:大阪府豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル5階
電話:06-6872-5544

※上記窓口の他、当社有人店舗、カード裏面の問い合わせ先等でも受付けています。
※ジャックス公式HPからの参考情報です。
詳細はジャックスにお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

貸金業者から借り入れしていた本人が亡くなった場合、家族などの相続人が過払い金請求をすることができます。
過払い金請求権は現金預金や不動産などの財産と同じく相続の対象です。
相続人の間で遺産分割協議などを行い、だれが相続するか決定し請求します。
もちろん財産より借金が多い場合などには相続放棄をし請求しないという選択肢もあります。
取引履歴の取り寄せについても相続人が貸金業者に対して請求します。
過払い金の請求手続きと違い、相続人が複数存在する場合でも取引履歴の取り寄せであれば相続人の一人から請求可能です。
その際には、本人が亡くなったことが分かる除籍謄本と請求者が相続人であることを示す戸籍謄本が必要となります。

ジャックスの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

取引履歴の取り寄せを誰が請求するかによって、届くまでの期間が異なる場合があります。
貸金業者が専門家への対応を優先させる傾向にあることが原因です。
司法書士や弁護士がジャックスから取引履歴を取り寄せた場合、およそ1週間から2週間で届きます。
一方、専門家に請求する前に契約内容を確かめたい場合など、一般の個人が取引履歴を取り寄せた場合には2週間以上かかる場合もあります。
返還請求の消滅時効完成が間近に迫っている場合には、司法書士や弁護士に依頼した方が安心です。

取引履歴の見かた

ジャックスの取引履歴には取引年月日、借入額、返済額、利率、日数、利息、利息充当額、元金充当額、残元金、未払利息が表の形で記載されています。
表の左側の取引年月日に合わせて、借入額や返済額、適用されている利率などが記されています。
この取引履歴に基づいて引き直し計算を行い過払い金を求めます。
計算に使用する主な項目は取引年月日と借入額、返済額です。
過払い金計算ソフトに以上の3項目を順番に入力することで過払い金の計算ができます。

ジャックスの過払い金が発生している条件

ジャックスに対して過払い金請求ができるのは、1997年2月の金利改定以前に借入をおこなった場合です。
ジャックスは金利の見直し前までは利息制限法の上限を大きく超える29%程度でキャッシングでの貸付をしていました。
ほかの貸金業者は2007年頃まで利息制限法に違反する金利での貸付をおこなっていたため、ジャックスの金利改定の時期は非常に早いと言えます。

ジャックスの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

ジャックスから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でジャックスの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

ジャックスから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ