イズミヤの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でイズミヤの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

取引履歴を取り寄せるには2つの方法があります。
「自分で取り寄せる」か「弁護士や司法書士などの専門家にまかせる」かの2つです。
もっとも、自分で取り寄せる場合はいくつかのリスクがあります。
場合によっては過払い金請求ができなくなることもあるので注意が必要です。

自分でイズミヤから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

まずリスクの1つ目としては、個人で取引履歴を請求した場合、弁護士や司法書士などの専門家が請求したときと比べて「届くのが遅い場合がある」ことです。
なぜかというと、弁護士や司法書士などの専門家から請求され、もし裁判となった場合に貸金業者としても印象を良くするためにすぐに対応しようとします。
そのため、専門家からの取り寄せを優先し個人からの取り寄せの処理が後回しにされる傾向があり、その分届くのが遅くなってしまうのです。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

リスクの2つ目は、取引履歴を取り寄せるのに時間がかかってしまいその間に過払い金請求の消滅時効が過ぎて請求できなくなる場合があることです。
過払い金請求の消滅時効は借入を完済した日から10年です。
この消滅時効は取引履歴を取り寄せただけでは中断しません。
消滅時効を中断させるには、すぐに過払い金の計算をし過払い金請求の手続を行う必要があります。
この点、取引履歴の取り寄せと過払い金の計算を無料で行っている司法書士や弁護士に依頼すれば、個別の状況に応じて対応してもらえます。
もし、過払い金が発生していれば、そのまま返還請求を依頼できるので安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

リスクの3つ目は、電話口での対応を間違えてしまい、もし裁判となった場合に不利な状況になってしまうことです。
取引履歴を請求した際に「どのようなご利用目的ですか?」と聞かれることがあります。
このときに「過払い金請求のため」と答えてしまうと、支払っていた利息を過払い金と認識して返済していたと貸金業者側から主張されるおそれがあります。
こうなった場合、過払い金請求ができなくなる可能性もあるので注意が必要です。
もし利用目的を聞かれた場合は「これまでの取引を確認するため」や「契約内容を確認したい」などと答えるようにしましょう。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

リスクの4つ目は、取引履歴を取り寄せる際に「この電話で残りの借金を0円にしますよ」「残りの借金はなしということで和解しませんか?」と持ちかけられ、こちらが不利な内容で和解してしまう可能性があることです。
このような和解は「ゼロ和解」と呼ばれ、多額の過払い金を返還したくない貸金業者が債務者を相手に「借金をゼロにする」と提案してくるものです。
他にも「過払い金が50万円ありますが30万円なら今すぐ返還します」など不当な和解を迫られる場合もあります。
このような和解案には乗らず、正当な権利で請求できる過払い金は全額きっちりと返還してもらいましょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

リスクの5つ目は貸金業者が取引履歴を処分しているケースがあるということです。
貸金業者の中には、一定期間を過ぎた取引履歴を処分している業者もおり、このような場合その他の書類から過払い金を推定して計算(推定計算)することになります。
推定計算は通帳の引き落とし履歴や公開されている取引履歴から推定して計算するものですが、個人には難しいものになっています。
さらに、この書類は過払い金請求の基礎となる書類なので正確に計算する必要があり、間違えることができません。
推定計算をする場合には司法書士や弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。
また、以前は取引履歴の改ざん問題がありましたが、現在では改ざんが判明すると行政処分の対象となるので貸金業者側にもメリットがなく、今は行われていません。
なお、イズミヤカードに関しては、問題なくすべての取引履歴が開示されています。

手数料がかかるケースもある

リスクの6つ目は手数料がかかる場合があるということです。
貸金業者の中には取引履歴を請求すると1,000円ほどの手数料を取る業者もいます。
イズミヤカードに関しては、取引履歴を取り寄せるときに手数料として500円がかかります。
この点、司法書士や弁護士に依頼すれば手数料がかかることもなく、無料で過払い金の調査・計算をしてくれるので安心です。

自分で取引履歴を取り寄せる際には上記にあげたようなリスクや注意点があります。
場合によっては多額の過払い金請求ができなくなる場合や減額されてしまう可能性もあるので、不安な方は司法書士や弁護士に依頼しましょう。
専門家に依頼したほうが、貸金業者側の対応も早いですし、なにより安心して手続を進めることができます。

イズミヤから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

取引履歴は一般的に貸金業者に電話、FAX、郵送で取り寄せできますが、自宅に連絡や郵送されたくない場合は店舗で申し込み・受け取りができる貸金業者もあります。
イズミヤカードの取引履歴を請求する場合は、電話での問い合わせになります。

電話の場合

イズミヤカードの取引履歴の取り寄せは、基本的にイズミヤカードセンターへの問い合わせにより開示申請書を郵送してもらい返送、そして自宅で取引履歴の受け取りという流れになります。
FAXや事前に開示申請書をHP上でダウンロードして郵送という流れではないので注意しましょう。

イズミヤの取引履歴の請求先情報

イズミヤカード株式会社イズミヤカードセンター
電話:03-5970-8828(東京)
住所:大阪市北区茶屋町19番19号アプローズタワー15階
※上記窓口の他、「お客様相談室(06-6372-1288)」でも受付しています。
※イズミヤカード株式会社公式HPからの参考情報です。
詳細はイズミヤカード株式会社にお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

取引履歴を取り寄せる際には基本的に契約をした本人が取り寄せるのが原則ですが、借金をしていた本人が亡くなっている場合もあります。
この場合、債務者本人の相続人として家族が過払い金を請求することになりますが、貸金業者によっては代理人の資格を証明する書類の添付が必須のところもあります。
代理人の資格を証明する書類としては、「本人が亡くなったことが分かる除籍謄本」や「自分が相続人であることが分かる戸籍謄本」などです。
さらに住民票や法定相続人を認める裁判所の決定通知などが必要な場合もあるので、詳しくはイズミヤカードのお客様相談室に問い合わせてみましょう。
個別の状況にあわせて必要な書類を案内されるので、その書類をそろえて取引履歴を請求しましょう。

イズミヤカードの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

司法書士や弁護士がイズミヤカードから取引履歴を取り寄せた場合の届くまでの目安は、だいたい「1週間~2週間」程度です。
専門家に依頼する前に契約内容を確認したいという方が個人で取り寄せた場合はすこし遅くなる傾向があります。
場合によっては2週間以上かかる場合もあるので注意が必要です。
もし過払い金請求の消滅時効が近づいている方は、取り寄せている間に請求できなくなる場合があるので、専門家に依頼し確実に過払い金を取り戻せるようにしましょう。

取引履歴の見かた

取引履歴は業者によって記載している項目、記載の仕方が異なっています。
さらに個人で請求した場合と司法書士や弁護士などの専門家が請求した場合で記載する内容を変えている業者いるので、届いた取引履歴に「何が記載されているか」をきちんと確認しましょう。
一般的な取引履歴には「取引日、借入額、返済額、約定利息額、遅延損害金、元本組み入れ額、約定残高」などが記載されています。
さらに「契約・解約、ATM・店頭・振込み、約定利率、契約番号」などが入っている場合もあります。
一般的に引き直し計算に必要な項目は、取引日、借入額、約定利息額、約定利率です。
この項目が入っていない取引履歴の場合は、間違った計算をしてしまうおそれがあるので、司法書士や弁護士に依頼し必要な項目が記載されている取引履歴を請求してもらい、いくらの過払い金があるのかを計算してもらいましょう。

イズミヤの過払い金が発生している条件

イズミヤカードへの過払い金が発生しているかどうかの条件はどう見極めればよいでしょうか。
イズミヤカードはイズミヤ株式会社が発行していたクレジットカードです。
イズミヤカード株式会社はエイチ・ツー・オーリテーリング株式会社の子会社となっており、グループ企業には株式会社阪急阪神百貨店や株式会社阪急デリカアイ、株式会社阪急オアシスなどがあります。

イズミヤカードは平成19年12月10日利用分までのキャッシングサービスに実質年率27.74%の金利で利用者に融資をしており、これは利息制限法の上限金利20%を超えるいわゆるグレーソーン金利にあたるため過払い金請求の対象となります。
平成19年までにイズミヤカードから借入をしていた人は過払い金が戻ってくる可能性があります。

イズミヤカードからのキャッシング履歴があるとしても、過払い金があるかどうかを自分で調べるにはカード会社からの取引履歴を自分で取得するなど膨大な手続きと知識が必要になります。
多くの司法書士事務所などでは依頼者に過払い金があるかどうか依頼前に調査するサービスをおこなっていますので、自分一人での手続きには不安がある利用者の強い味方です。

イズミヤの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

イズミヤから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でイズミヤの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

イズミヤから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top