エイワの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でエイワの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

エイワはかつて、違法に高い利息で営業していましたので、過払い金が発生している可能性があります。
司法書士や弁護士に依頼して取引履歴を取り寄せ、過払い金を計算してもらうのが確実で安全ですが、全て自分でおこなうことも可能です。
ただし、自分でエイワから取引履歴を取得して、過払い金の計算までおこなう場合には、メリットだけではなく、それなりにリスクもあるということを理解したうえで、おこなうようにしましょう。

自分でエイワから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

自分で取引履歴を取り寄せようと考えている方は、費用を気にしていることが多いかもしれませんが、実は時間にも注意しなければなりません。
司法書士や弁護士といった専門家に依頼する場合に比べて、自分で請求した場合は、より長く時間がかかってしまうことがあるのです。
特に中小規模の貸金業者では、過払い金請求の対応に追われ、取引履歴の請求への対応にもじゅうぶんな人員が配置されていないことがあります。
そのような場合、個人からの請求は後回しにされてしまい、専門家からの請求が優先されることになるのです。
時間に余裕がない方は、この点も踏まえて、取引履歴の取り寄せ方を検討してください。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

自分で取引履歴を取り寄せる場合、思ったよりも時間がかかってしまうリスクがありますが、さらに、過払い金の請求ができなくなってしまうリスクもありますので、気をつけてください。
実は、過払い金の請求には時効というものがあり、ある時点以降は、過払い金の請求ができなくなってしまうのです。
具体的には、貸金業者と取引をした最後の日から、10年が時効となっています。
借金を完済した方であれば、最後に返済をした日、返済中の方であれば、借り入れもしくは返済をした日から、10年ということです。
取引履歴を取り寄せるのに時間がかかってしまうと、その間に時効が成立してしまいかねません。
しかも、取引履歴が届いたからといって、時効が止まるわけではないのです。
取引履歴をもとに過払い金を計算して、さらに過払い金の請求の手続きをしてはじめて、時効が止まることになります。
ですから、過払い金の調査を無料でおこなっている司法書士や弁護士に依頼して、そのまま過払い金請求の手続きに移ることができるようにしておくと安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

貸金業者に連絡を取り、取引履歴を請求する際に、その取得理由について聞かれることがありますが、答え方によっては、思わぬリスクを抱えることになりますので、気をつけてください。
基本的には、どのような理由であれ、取引履歴は取得できますが、なかには過払い金請求の際に難癖をつけてくる業者もいますから、注意しましょう。
具体的には、取得理由として、「過払い金の請求のため」、「過払い金の計算のため」、と答えないでください。
意外かもしれませんが、本当の理由を答えてしまうと、「支払っていた利息を、過払い金と知りながら、返済していた」とあとで貸金業者に主張され、過払い金の請求ができなくなることさえあるのです。
そこで、理由を聞かれた際には、「これまでの支払い状況を確認するため」などの理由を答えるようにすれば、問題なく取引履歴を取り寄せることができます。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

貸金業者に問い合わせて、取引履歴を取り寄せる際に、不当な条件での和解をもちかけられることがありますので、油断せず、冷静に対応しなければなりません。
実際は不当な条件であっても、一見自分にとって良い条件であるかのようにとらえてしまうかもしれませんので、しっかりと注意しておきましょう。
たとえば、「和解をしてくれれば残りの借金を0円にしますがどうですか?」「過払い金が110万円発生していますが、70万円でよければ、いますぐお返ししますが和解しませんか?」といった条件をもちかけられることがありますが、和解に応じてはいけません。
相手は交渉のプロですから、知識や経験のない個人を狙って、このような和解をもちかけてくるのですが、結果的に請求者が損をすることになります。
「取引履歴を見てから検討します」などといって、その場での交渉をきっぱりと断りましょう。
提示された条件が本当に不当なものだったのか不安な方は、取引履歴を司法書士や弁護士に見せ、過払い金の計算をしてもらってください。
いかに不当な条件だったかが、わかることになるでしょう。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

過払い金の計算に必要となる取引履歴ですが、貸金業者のなかには、一定期間を過ぎた取引履歴を破棄していたり、古い取引履歴の開示に応じなかったりする場合がありますので、古い取引があるという方は、気をつけてください。
貸金業者から開示されなかった取引情報については、それ以上いくら業者に請求しても無駄ですから、自分で他の資料を探して、取引を推測するしかないのです。
借金返済に使っていた銀行口座の履歴や、開示された取引履歴をもとに、過払い金を計算することになるのですが、どうしてもこのような計算は個人では難しくなってしまいます。
エイワは、古い取引履歴を処分してしまっており、取引履歴を過去10年分しか開示してくれません。
エイワと古い取引があるという方は、司法書士や弁護士に依頼するのがよいでしょう。
また、かつては取引履歴の改ざん問題がありましたが、改ざんは行政処分の対象となり、業者としてもメリットはなくなっていますので、安心してください。

手数料がかかるケースもある

取引履歴を請求するときに、手数料やその他の費用がかかる業者もなかにはありますので、費用が心配な方は、事前に問い合わせておきましょう。
多くの場合、数百円から千円程度の費用を要求するようです。
エイワの規約には、実費相当額の手数料を請求すると明記されており、手数料がかかる可能性がありますので、詳細は問い合わせてください。
また、自分で取り寄せず、過払い金の調査を無料でおこなってくれる司法書士や弁護士に依頼すれば、手数料がかからない上に、面倒な過払い金の計算まで無料で代行してくれますので、費用の節約にもなりますし安心です。

エイワは比較的少額の貸し付けをおこなう貸金業者ですが、過去には違法な高い利息で営業をしていた時期がありましたから、過払い金が発生しているかもしれません。
エイワから取引履歴を取り寄せて、過払い金を計算してみましょう。
ただし、自分でエイワから取引履歴を取り寄せる方は、以上のようなリスクや注意点があることをじゅうぶんに理解した上で、おこなうようにしてください。
エイワは古い取引履歴を開示しないため、過払い金の計算が難しくなりますから、手間取っている間に時効を迎えることのないように気をつけましょう。
不安な方は、無料で過払い金の調査をしてくれる司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

エイワから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

自分で取引履歴を取り寄せる場合、一般的には、電話や郵送などで請求をおこない、自宅への郵送で受け取ることになります。
しかし、これでは家族や同居人に借金がばれてしまうこともあるでしょう。
店舗での申し込みや受け取りができる貸金業者もありますから、問い合わせてみましょう。
エイワでは、電話による申し込みと、自宅への郵送による受け取りを受け付けています。
なお、3年以上前にさかのぼる取引履歴の開示では、請求書の提出が必要となります。
一連の手順は以下の通りです。

エイワの取引履歴の請求先情報

株式会社エイワ本社お客様相談センター
電話:0120-810-453
住所:神奈川県横浜市西区平沼1-7-12
※上記窓口の他、各営業所等でも受付けています。
※エイワ公式HPからの参考情報です。
詳細はエイワにお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

家族が借金をしていて、過払い金が発生しているかもしれないとわかったときに、借金をしていた本人が亡くなっているというケースもあるでしょう。
このような場合、相続人が代わりに取引履歴を取り寄せることができます。
相続人が取り寄せる場合には、本人が取り寄せる場合に比べても、追加で多くの書類が必要になってきます。
借金をした本人がすでに亡くなっていることを示す除籍謄本と、代わりに申請をする方が相続人であることを示す戸籍謄本を用意してください。
役所で取得できますし、司法書士や弁護士などに依頼することもできます。
取引履歴の請求や過払い金の計算など、他の過払い金請求の手続きを専門家に依頼する方は、こちらの書類の取得も合わせて依頼すると便利で安心です。

エイワの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

エイワから取引履歴を取り寄せるには、非常に時間がかかりますので、気をつけてください。
司法書士や弁護士が取り寄せた場合でも、最低2カ月程度はかかってしまうのです。
専門家に依頼する前に契約内容を確認したい方や、自分で過払い金の計算をする方など、本人が取り寄せた場合には、さらに遅くなる傾向がありますので、3カ月以上かかってしまうこともありえます。
エイワは一度に全ての取引履歴を開示せず、取引履歴を小出しにしてくることがあり、時間がかかってしまうのです。
時効が迫っている方など、時間に余裕がない方は、ぜひ司法書士や弁護士といった専門家に依頼することをおすすめします。

取引履歴の見かた

自分でエイワから取引履歴を取り寄せると、書類が自宅へと郵送されてきます。
この取引履歴には、借入金額と返済金額が日付ごとに記載されており、これらの情報をもとに、過払い金を計算するのです。
ただ、エイワでは10年以上前の取引履歴は開示していませんから、その時期に取引をおこなっている場合には、取引内容を自分で推測することになります。
過払い金の計算を間違ってしまうと、その後の過払い金請求で不利になることもありますので、司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

エイワの過払い金が発生している条件

神奈川県横浜市西区に本社を置くエイワは昭和45年に設立した老舗の消費者金融会社です。
合併などの経歴はなく、地域に密着した営業スタイルを取り、窓口となる支店が全国に点在しています。
北は東北の宮城県に、南は九州の福岡県や熊本県に支店があり、総店舗数は23店舗です。

エイワでは、債務者が安心して利用できるための方法として小口融資を基本とした営業をおこなっています。
融資額を決める際に返済が可能となる金額を上限とするのではなく、必要最低限となる金額を目安として1円から50万円までを融資可能範囲額としているのです。

しかし、多くの貸金業者が高金利の貸付をおこなう中、法改正がされる前までは、安心した貸借契約を売りにしているエイワでも28.981%という高い金利で貸付をしていたことがありました。
この高い金利によって借入金額が少ない場合でも、取引内容によっては過払い金が発生している可能性はあります。

このため、過去または現在エイワから借入経験がある方であれば、過払い金請求ができる条件に該当する可能性はあります。
過払い金請求をしたいと考えた場合でも、実際に過払い金が発生しているかどうかについて自分では判断できないことは多くあります。
また、過払い金があることがわかっても具体的にどのくらいの金額を返還することができるかについて知りたいと考える方もいることでしょう。
そのような際には、司法書士や弁護士に依頼することで具体的に調べてもらうことも可能です。

エイワの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

エイワから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でエイワの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

エイワから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top