シティックスカードの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でシティックスカードの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

ユーザー自身がシティックスカードに連絡をして、取引履歴の開示請求をすることは可能です。
ただし、間違った方法で取引履歴を請求してしまうと最悪の場合、過払い金の返還を拒否されるリスクがあるので注意しましょう。

自分でシティックスカードから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

取引履歴を開示請求しても、多くの貸金業者はスムーズに対応してくれません。
日々の業務の中での優先順位が高くないため、後回しにされる傾向があるからです。
また、過払い金の算出を少しでも遅らせようと意図的に開示を遅らせてくる業者もあります。
対策としては司法書士や弁護士を介して開示請求することです。
貸金業者は法律のプロから取引履歴を請求されると、ユーザー本人から請求されたときよりも素早く対応してくれるからです。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

取引履歴をユーザー本人が取り寄せている間に「時効」が成立する恐れもあります。
過払い金請求には「時効」があり、最後の返済から10年が経つと、たとえ過払い金が発生していても請求に応じてもらえなくなります。
しかも、時効は取引履歴を取り寄せるだけでは止められません。
取引履歴をもとに過払い金を算出し、請求することによってはじめて時効は止まります。
司法書士や弁護士によっては取引履歴の請求から過払い金算出までを無償で請け負っています。
もしも過払い金が発覚したらそのまま貸金業者への請求を依頼できるので、プロの法律家を頼って取引履歴を取り寄せましょう。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

取引履歴を取り寄せる際には「目的は何ですか」と聞かれる場合があります。
そんなとき、正直に「過払い金を算出したい」と答える必要はありません。
「ちょっと見てみたくなって」など、無難な返答をしておきましょう。
なぜなら、貸金業者に過払い金を算出したいのだと悟られると、逃げ道を用意される可能性があるからです。
「これまで支払っていた利息が過払い金だと認識したうえで返済していたのではないか」と主張されたら過払い金が請求できなくなる恐れが生じます。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

過払い金を全額返還すると損失が出る貸金業者は「ゼロ和解」を提案してくることがあります。
「もう借金を帳消しにします」と持ちかけられるのがゼロ和解です。
また、「過払い金の全額をお渡しするのは時間がかかりますが、一部だけでいいなら今すぐ返しますよ」という妥協案も行われがちです。
ユーザーの都合がいいように思えるゼロ和解ですが、結局、返済額を少しでも安くしたいだけの不当な提案です。
ユーザー側のメリットは少ないので、まったく応じる必然性はありません。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

貸金業者は以前、過払い金を請求されないように取引履歴を改ざんしていた事例がありました。
行政処分がきびしくなってからは改ざんをする業者こそいなくなったものの、「取引履歴が残っていません」「履歴の一部しか開示できません」と言ってくる業者は残っています。
しかし、通帳や一部の取引履歴からでも、過払い金の全額は推定算出できます。
過払い金算出について知識とノウハウをそなえている司法書士や弁護士に頼むのが、正確な過払い金を算出するためにはおすすめです。
ちなみに、シティックスカードは全ての取引を開示してくれます。

手数料がかかるケースもある

取引履歴を取り寄せるには手数料を請求されるケースがあります。
シティックスカードでも来社して取引履歴を請求すると500円、郵送では900円の手数料がかかります。
ただし、司法書士や弁護士を通じて取引履歴を開示請求すると手数料がかかりません。
取引履歴請求のコストを抑えるためには司法書士や弁護士に頼むのがおすすめです。

ユーザー本人が取引履歴を請求しても、開示されるのが遅れがちになる傾向があります。
そのうえ、取引履歴の内容は複雑であり正しく読み取れるとは限りません。
万が一、取引履歴の内容を見誤ってしまうと過払い金の返金額が少なくなってしまったり、返還を拒否されたりする可能性があります。
取引履歴の請求を無料で代行してくれる司法書士や弁護士に頼むのが無難です。

シティックスカードから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

シティックスカードでは原則的に来社しなければ取引履歴の請求を受け付けてもらえません。
ただし、来社が困難な状況を認められたときだけ、郵送による請求ができます。

来社して取引履歴を請求

郵送で取引履歴を請求

司法書士や弁護士を通じて取引履歴を請求する場合は、本人確認書類とともに代理人の証明書も添付する必要があります。
自宅に取引履歴が届くと都合の悪い人は、業者の窓口に用意してもらって引き取りに行きましょう。

シティックスカードの取引履歴の請求先情報

シティックスカード株式会社お客様相談窓口
電話092-761-5165
〒810-0002福岡市中央区西中洲8番3号
※シティックスカード株式会社公式HPからの参考情報です。
詳細はシティックスカード株式会社にお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

借金をしていた本人が亡くなった場合、返済の義務は相続人へと引き継がれます。
相続を放棄すれば借金も返さなくてよくなりますが、そのかわり、他の財産の相続も放棄しなければいけません。
返済が困難な額の借金であれば、過払い金を算出してみるのがおすすめです。
また、故人が完済していた借金でも、死後に過払い金が発覚すれば相続人が請求することができます。
ただし、請求の際には「本人がすでに他界している事実」と「請求者が相続人である事実」の両方を証明しなくてはいけません。
証明は役所でもらえる書類で行えます。
貸金業者に「本人が亡くなったことが分かる除籍謄本」と「自分が相続人であることが分かる戸籍謄本」のコピーを送って確認してもらいましょう。

シティックスカードの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

本人が取引履歴を請求した際、2週間以上かかる場合があります。
基本的に貸金業者は「取引履歴を渡すまでの期間」をはっきり設けていないので、かなりの期間待たされる可能性があります。
過払い金の時効が迫っているなど、早急に取引履歴が必要な状況では、取引履歴の到着が遅れるのは大問題です。
司法書士や弁護士に取引履歴を請求してもらうと1週間から2週間程度で到着します。
急を要するときほど、プロの法律家に頼みましょう。

取引履歴の見かた

取引履歴には「返済日」「返済額」「利率」「取引開始日」などが記されています。
まず、取引履歴上で、取引開始日の利率がどうなっているかを確認しましょう。
そして、「法定利率」と比べて正しい利率が採用されているかを照合します。
法外な利率で行われた取引には過払い金が発生しているからです。
取引中に法定利率が変動しているにもかかわらず、取引開始時点から利率が変わっていないなら高確率で過払い金は発生しています。
正しい法定利率に直しての過払い金算出は非常に複雑な作業なので、司法書士や弁護士に任せるのが賢明です。

シティックスカードの過払い金が発生している条件

シティックスカードで過払い金が発生している条件は、2007年6月頃までに利息制限法の上限金利を超える金利で借入をしていたということです。
シティックスカード株式会社は創業時から消費者金融・事業者金融などの貸金業を手掛けており、2007年6月頃まではシティックスカードも含めて、多くの貸金業者がグレーゾーン金利での貸付をしていました。

シティックスカードは2006年の貸金業法改正前は、利息制限法の上限金利を超える法定外金利で融資をしていたことがわかっており、ほとんどの貸金業者が金利引き下げをした2007年半ば頃には、シティックスカードもグレーゾーン金利を撤廃していたと見てよいでしょう。

シティックスカードの関連会社には日専連鹿児島があります。
2007年にここからクレジットカード・キャッシングの事業をシティックスカードが買収していますが、これによって日専連鹿児島に対する過払い金請求が、一部シティックスカードに移行している可能性があります。
こうした点も含めて、自分がシティックスカードに過払い金請求をできるかどうか、司法書士や弁護士に調べてもらいましょう。

シティックスカードの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

シティックスカードから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でシティックスカードの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

シティックスカードから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ