CFJの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でCFJの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

CFJから取引履歴を取り寄せるための開示請求は自分自身で行うことができます。
また取引履歴を取り寄せた後の過払い金の計算も自身で行うことは可能です。
ただし自分で開示請求や過払い金計算をする場合にはリスクもあるということを知った上で行うようにしましょう。

自分でCFJから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

CFJに直接、電話を掛けたり、郵送により依頼をするなどして開示請求を行うと、個人でも取引履歴を取り寄せることは可能です。
ただし、請求者が個人であるとわかると取引履歴の作成や郵送を後回しにされてしまうケースもあるため、注意が必要となります。
専門的な知識を持たない素人であると甘く見られた対応をされ、司法書士や弁護士が取引履歴を取り寄せたときよりも送られてくるまでに時間がかかってしまう場合があるのです。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

過払い金請求には借金の返済を完済した日から10年という時効期限があります。
取引履歴を取り寄せるまでに時間がかかってしまうと、期限を過ぎて過払い金の請求ができなくなってしまうおそれがあるのです。
取引履歴を取り寄せるだけでは時効はストップしません。
このため、時効が迫っている場合には、すぐにでも過払い金の計算をして請求手続きをする必要があります。
請求することができる期限を過ぎてしまうというリスクを避けるためには、間違いなく迅速に手続きを行うことが必要です。
司法書士や弁護士といった専門家に依頼すればスムーズな手続きを行うことができます。
取引履歴の取り寄せと過払い金の計算を無料でおこなっている司法書士や弁護士もいて、過払い金が発生していればそのまま依頼することもできて安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

取引履歴の取り寄せを依頼する際に、CFJから取引履歴の利用目的を聞かれることがあります。
このような時には「これまでの取引を確認するため」「契約内容を確認したい」などと伝えるようにしましょう。
「過払い金請求をするため」と答えると、請求時に言いがかりを用意され不利となってしまうケースもあります。
支払っていた利息を過払い金と認識して返済していたと貸金業者に主張されて、過払い金請求ができなくなってしまう場合もあるのです。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

債務者に専門的な知識がないことをいいことにして、取引履歴の取り寄せの際に不当な交渉をしてくるケースもあります。
たとえば、「この電話で残りの借金を0円にしますよ」とか「残りの借金はなしということで和解しませんか?」などと持ちかけるゼロ和解がその例です。
ゼロ和解は現在返済している借金をゼロにしてもらえることから、一見すると債務者に有利な交渉のように感じられます。
しかし、貸金業者からゼロ和解をしてくる場合には過払い金がたくさん発生しているケースが多く、ゼロ和解に合意することで返還してもらうことが可能だったはずの過払い金までゼロとされ損をしてしまうこともあるのです。
他にも、たとえば過払い金が50万円発生しているにもかかわらず「30万円なら今すぐ返還します」などと不当な和解を迫られるケースもあります。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

開示請求をしても、すべての取引履歴を手に入れることができないケースもあります。
一部の取引履歴が手に入らないと貸金業者の不正行為を疑う人もいることでしょう。
しかし、以前は取引履歴の改ざん問題がありましたが、現在ではありません。
改ざんが判明すると行政処分の対象となり貸金業者側にもメリットがないからです。
ただし、貸金業者の中には一定期間を過ぎた取引履歴を処分していところもあり、それが原因ですべての取引履歴を手に入れることができない場合もあります。
けれども、取引履歴が処分されてしまっていても過払い金の計算をすることは可能です。
通帳の引き落とし履歴や、公開されている取引履歴から処分された期間の取引を推測して行う推定計算により算出することができます。
推定計算は個人では難しいため取引履歴が処分されている場合には司法書士や弁護士に依頼した方が安心です。
ただし、CFJでは問題なくすべての取引履歴を開示しています

手数料がかかるケースもある

貸金業者の中には取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるところもあります。
しかし、司法書士や弁護士に依頼すれば手数料もかかることなく、無料で過払い金の調査・計算をすることが可能となっているのです。
また、CFJへの合併前のディックファイナンス、アイク、ユニマットライフの3社との取引について返還請求を行う場合には、CFJから取引履歴を取り寄せること必要がとなっています。
さらに、タイヘイやマルフクはCFJと債務譲渡の契約を結んではいますが、過払い金請求をすることは難しくなっているということも知っておきましょう。

自分で取引履歴を取り寄せることは可能です。
しかし、専門的な知識がない人が個人で取り寄せをする際には以上のようなリスクや注意点があります。
せっかく戻ってくるはずの返還金を無事受け取ることができるかと不安に感じている方は取引履歴の取り寄せから過払い金の計算まで無料で行っている司法書士や弁護士といった専門家に依頼した方が早くて安心です。

CFJから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

取引履歴は貸金業者ごとに電話やFAX、郵送といった方法で取り寄せをすることが可能です。
もしも、自宅に連絡や郵送をされたくない場合には、店舗で申し込みや受け取りができる貸金業者もあります。
CFJは取り寄せ請求は電話か郵送、受取は有人店舗がないため郵送のみとなっています。
具体的な取り寄せ方法は下記の通りです。

電話の場合

郵送の場合

CFJの取引履歴の請求先情報

CFJお客様サービスセンター
電話: 0120-019-215 (通話無料ダイヤル)

CFJお客様相談室
住所:〒160-8812 東京都新宿区新宿六丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア

※CFJ合同会社公式HPからの参考情報です。詳細はCFJ合同会社にお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

過払い金返還手続きは借金をしていた本人が亡くなっている場合でも、相続人であれば請求をすることはできます。
亡くなった方の過払い金は被相続人が受け取る権利を持つ相続財産に該当するからです。
亡くなった方の借金がわかったとき、負の財産と考えて相続放棄してしまう人もいるかもしれません。
しかし、多額の借金をしている場合、多くの過払い金が戻ってくる可能性もあるのです。
一度相続放棄をしてしまうとたくさんの過払い金が発生した場合でも請求することはできなくなってしまうため注意しましょう。
もしも、相続人である家族が取引履歴を取り寄せる場合には、本人が亡くなったことが分かる除籍謄本と自分が相続人であることが分かる戸籍謄本が必要となります。

CFJの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

取引履歴の請求を行ってから取り寄せるまでの期間は貸金業者によってさまざまです。
CFJに開示請求をした場合には、一般的に2週間ほどの期間が目安となっています。
ただし、この期間は司法書士や弁護士が開示請求した場合の目安期間です。
専門家に依頼する前に契約内容を確認したいなどの理由から個人で請求をした場合には、さらに時間がかかり一カ月以上の期間を要することもあります。
これは、貸金業者が個人から依頼された取引履歴の作成や郵送などの手続きを後回しにしてしまうことがあるためです。

取引履歴の見かた

取引履歴にはCFJとの間で行われた取引についての詳細が記載されています。
具体的には、弁済や貸付における取引日、取引金額、各取引後の借入残高といった内容です。
CFJの場合、通常は引き直し計算は行われていない状態で送られてきます。
記載されている内容のうち引き直し計算に使う重要な項目としてチェックすべきポイントとなるのが、まず取引開始日です。
記載されている取引開始日と実際に自分が取引を始めた日の相違を見ることで、取引の履歴の全てが開示されているものであるのか、途中開示であるのかを確認することができます。
もし、取引明細書を自身で残している場合には、さらに取引日と借入額や返済額といった金額も確認しておくと安心です。
引き直し計算は取引開始日、取引日、取引金額を元にして行われるため、この3つのポイントを特に注視しておきましょう。

CFJの過払い金が発生している条件

CFJは合併によりできた合同会社で、ディックファイナンス株式会社、アイク株式会社、株式会社ユニマットライフがその前身会社となっています。
ディックやアイクを利用していた方は過払い金が発生している可能性があります。
会社名がCFJと変わっていても前身の会社が完全になくなっているわけではないので、過払い金請求をすることが可能となっています。

CFJはマルフクとタイヘイから債権の譲渡を受けています。このため、マルフクやタイヘイで発生した過払い金もCFJに請求しようと考える方もいるかもしれません。
しかし、ディックなどのような合併した企業ではなく、マルフクやタイヘイはあくまでも譲渡債権のみの関連をもった会社で、CFJを通して過払い金請求をすることができないので注意してください。

CFJへ過払い金請求をする場合、気になるのが過去の金利です。
CFJは2007年8月に新たな借入に対する上限金利を17.88%に下げています。
しかし、2007年以前は22.88%の上限金利で貸付をおこなっていました。
このため、2007年以前の高金利での貸付を受けていた人は、過払い金が発生している可能性が高くなります。

過払い金が発生しているのか自分で確認することができない場合であっても、司法書士や弁護士に依頼することで調べてもらうことは可能です。
無料で過払い金の調査や計算をしてくれる事務所もありますので、利用してみましょう。

CFJの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

CFJから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でCFJの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

CFJから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ

page top