ベルーナの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

自分でベルーナの取引履歴の開示請求と過払い金計算をするリスクや注意点

ベルーナは2010年まで、違法に高い利息で貸し付けをおこなっていた業者ですから、心当たりのある方は、早めに取引履歴を取得し、過払い金の計算をしてみましょう。
過払い金が発生しているかどうかの調査は、司法書士や弁護士に依頼することもできますし、全て自分でおこなうこともできます。
ただし、自分でベルーナから取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算をするには、リスクがあるということを知っておいてください。

自分でベルーナから取引履歴を取り寄せるリスク

取引履歴を個人で取り寄せると届くのが遅いことがある

過払い金を請求するための最初のステップとして、貸金業者から取引履歴を取り寄せなくてはなりませんが、自分で取り寄せると時間がかかってしまうことがありますので、時間に余裕のない方は特に、気をつけてください。
貸金業者に取引履歴の請求が殺到していたり、会社が吸収合併や社名変更を経て取引履歴の保管状況が変わっていたりすると、思った以上に時間がかかることがあります。
そのような状況で、司法書士や弁護士といった専門家からの請求と、個人からの請求が同時に来ている場合、個人からの請求は後回しにされてしまうのです。

過払い金請求の時効期限が過ぎてしまうリスク

取引履歴の取得を専門家に依頼せず、自分で貸金業者から取り寄せると、想定外に時間がかかってしまうリスクがあることを説明しました。
実はさらに、過払い金請求自体ができなくなってしまうリスクもあるので、気をつけてください。
あまり知られていないかもしれませんが、過払い金の請求には時効があるのです。
時効が成立する前に、取引履歴を手に入れ、過払い金があるかどうかを調べ、過払い金の計算をして、過払い金の請求をするところまで、手続きを進めなければなりません。
最初のステップである取引履歴の取得のところで手間取っていると、そのうちに時効が成立してしまう可能性もあります。
時効は、貸金業者との最後の取引の日から、10年と定められており、借金を返し終えた方であれば、最後の返済日から10年ということです。
時効が迫っている方や、時効が正確にはわからないという方は、過払い金の調査を無料でおこなってくれる司法書士や弁護士に依頼して、できるだけ早く手続きを進めていくことをおすすめします。
そうすることで、取引履歴を早く取得できますし、過払い金が発生しているとわかれば、そのまま過払い金請求の手続きに移行できますので安心です。

貸金業者から取引履歴の利用目的を聞かれることがある

自分で取引履歴を取り寄せる際のリスクとして、貸金業者から利用目的を聞かれる、ということがあげられます。
基本的には、貸金業者にはきちんと情報を開示する義務がありますから、そもそも利用目的は重要ではないとも言えます。
しかし、回答によっては、過払い金請求の際に不利になり、請求ができなくなってしまうこともありますので、気をつけてください。
たとえば、取得理由として、「過払い金請求をするため」と答えてしまうと、あとで業者に「利息を過払い金と認識していながら、返済し続けていた」と言いがかりをつけられ、請求ができなくなってしまうことがあるのです。
本当の目的を正直に伝える必要はありませんから、無難な答えとして「これまでの契約内容を確認するため」というように、過払い金請求とは直接関係ない理由を答えるようにしてください。

貸金業者からゼロ和解を提案されることがある

過払い金請求は、利用者にとっては正当な権利ですが、貸金業者にとっては損をすることにつながるものです。
そこで、貸金業者は巧妙な手口を使って、知識や経験のない個人を狙い、不当な条件で和解に持ちこもうとしてくることがありますので、十分に気をつけてください。
利用者が取引履歴を取り寄せようと連絡してきた際に、一見利用者にとって得であるかのような条件を提示して和解を迫るのです。
たとえば、その場で借金をゼロにする「ゼロ和解」と呼ばれる条件や、「過払い金が90万円ありますが、いま和解してくれれば、60万円をすぐに返還できますがどうですか?」といった「減額和解」と呼ばれる条件を提示してくることがあります。
いずれにせよ、利用者側にとって得になるような条件ではありませんので、きっぱりと断りましょう。
貸金業者は交渉のプロですから、相手のペースに乗らないように注意してください。

貸金業者が取引履歴を処分しているケースがある

過払い金を正確に計算しなければ、その後の過払い金の請求で不利になり、過払い金が少なくなったり、最悪の場合には請求を拒否されてしまったりしますから、計算の基礎となる取引履歴はとても重要です。
しかし、業者によっては、古い取引履歴を社内規則にしたがって処分していて、一部の取引履歴を開示できないことがありますので、注意してください。
ベルーナ(サンステージ)はこのような業者の一つで、取引履歴を過去10年分しか開示してくれません。
この場合、開示されない期間の取引については、推測するしかありませんが、過払い金の計算が不正確なものになってしまいがちです。
借金の支払いに使っていた口座の利用履歴や、開示されている取引から推測して計算することになりますが、このような計算は、知識や経験が乏しい個人には難しいので、司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。
なお、以前は貸金業者に取引履歴の中身を改ざんされていたという問題が起こっていましたが、改ざんが判明すると行政処分の対象になるため、そのようなことはなくなりました。

手数料がかかるケースもある

取引履歴は個人情報ですので、貸金業者は利用者からの請求に応じて、きちんと開示する義務があります。
多くの場合では、手数料などの費用を要求することなく、取引履歴を開示してくれますが、業者によっては数百円から千円程度の費用がかかることがありますので、気をつけましょう。
無料で過払い金の調査を引き受けてくれる司法書士や弁護士に依頼すれば、取引履歴の請求に手数料がかからないうえに、複雑な過払い金の計算まで無料でやってくれますから、便利で安心です。
ベルーナ(サンステージ)は、原則として取引履歴の請求にかかる手数料は無料としていますが、場合によっては実費相当額を請求することもありますので、詳細は問い合わせてみましょう。
ベルーナの事業はサンステージに引き継がれましたが、併存的債務引き受けという形で債務を引き継いでいますので、ベルーナ(ベルーナノーティス)への取引履歴の請求やその後の過払い金の請求は、ベルーナとサンステージの両方にすることができます。
ただ、事業自体がサンステージに移っていますので、サンステージに対して取引履歴や過払い金の請求をおこなうことをおすすめします。

過払い金の請求は正当な権利ですから、時効が成立してしまう前にその権利を使って、自分のお金を取りもどしてください。
ベルーナ(サンステージ)は2010年まで高い金利で営業していましたから、過払い金が発生している可能性がある方は、できるだけ早く取引履歴を取り寄せ、過払い金を計算してみましょう。
しかし、自分で過払い金の調査をおこなう予定の方は、以上のようなリスクや注意点があることを十分に理解しておいてください。
ベルーナは、過去10年以上前の取引履歴を開示しないため、ただでさえ難しい過払い金の計算が、さらに難しくなることもありますから、不安な方は司法書士や弁護士に依頼しましょう。
無料で取引履歴の取得から過払い金の計算までおこなってくれる事務所もありますので、ぜひ調べてみてください。

ベルーナから取引履歴を取り寄せる方法・流れ

個人で貸金業者から取引履歴を取り寄せる場合、一般的には、電話、FAX、郵送などで申し込み、自宅への郵送で受け取ることになります。
業者によっては、店舗での申し込みと受け取りを受け付けていることがありますので、家族や同居人に借金のことがばれたくない場合には、問い合わせてみましょう。
ベルーナ(サンステージ)では、郵送による申請および受け取りと、窓口での対面による申請および受け取りの、2種類の方法を受け付けています。
ベルーナ(サンステージ)で申し込む場合の手順は以下の通りです。

郵送の場合

窓口に行く場合

ベルーナの取引履歴の請求先情報

株式会社サンステージ個人情報お客様相談窓口
電話:048-779-2411
住所:〒362-0035埼玉県上尾市仲町1-7-28 ベルーナアネックスビル6F
※サンステージ公式HPからの参考情報です。
詳細はサンステージにお問い合わせください。

家族の取引履歴を取り寄せる方法

借金をした本人がすでに亡くなっている場合でも、過払い金が発生していることがわかることがあるでしょう。
このような場合、相続人である家族が、代わりに取引履歴を取り寄せることができますので、ぜひ過払い金の請求をして、お金を取りもどしてください。
相続人が複数いる場合でも、共同相続人のうち一人が、単独で請求することができます。
必要な書類は、その本人が亡くなっていることを示す除籍謄本と、家族が相続人であることを示す戸籍謄本です。
これらの書類は、ともに本籍地のある役所で取得できますが、司法書士や弁護士に依頼することもできます。
過払い金請求の手続きを依頼する予定の方は、こちらの手続きも合わせて依頼すると便利で安心です。

ベルーナの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

専門家に見せる前にまず自分で取引履歴を確認したいという方や、過払い金の調査を自分でおこないたいという方など、自分で取引履歴を取り寄せる場合、一般的に少し遅くなってしまう傾向にありますので、気をつけましょう。
司法書士や弁護士がベルーナ(サンステージ)から取引履歴を取り寄せる場合、約1カ月かかります。
これに対し、本人が取引履歴を取り寄せる場合には、1カ月半以上かかってしまうこともあるのです。
貸金業者の中でも比較的時間がかかる方ですから、時効が迫っているなど時間に余裕がない方は、ぜひ司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

取引履歴の見かた

自分でベルーナ(サンステージ)から取引履歴を取り寄せる場合、窓口や郵送で手に入れることができます。
取引履歴には、日付ごとの借入・返済金額が記載されており、これらの情報をもとにして、過払い金が計算できるのです。
ただ、ベルーナ(サンステージ)は過去10年以上前の取引履歴は開示していませんから、開示されていない時期の取引内容については、他の資料などを探して、自分で推測することになってしまいます。
取引を推測して過払い金の計算をするのは難しく、過払い金の計算を間違ってしまうと、過払い金請求で不利になることもありますので、不安な方は司法書士や弁護士に依頼しましょう。

ベルーナの過払い金が発生している条件

ベルーナノーティスとは、東証1部上場企業であるベルーナのグループ企業であることを前面に押し出し、キャッシングサービスとカードローンを受け付けている貸金業者です。

専業主婦でも利用可能で、14日間なら無利息で借りられるという点が特徴的です。
ローン専用のメープルカードは発行手数料がかからず、年会費や利用手数料もかからないため、軽い気持ちで作ってしまったという人も少なくないでしょう。

母体のベルーナは2000年に東証1部の上場企業になっており、グループには化粧品のオージオやリゾートホテルのネコマホテルなども名前を連ねています。
2012年以降金融事業を引き継いでいるサンステージも健全経営をおこなっているため、安心して利用できる貸金業者というイメージが定着しています。
しかし、2010年までは利息制限法の上限を超える高金利での貸し付けがおこなわれていました。
そのため、過払い金が発生している可能性がある貸金業者のひとつです。

過払い金があるかどうかがわからなくても2010年以前にキャッシングした経験があるなどの条件に当てはまれば過払い金請求できる可能性があります。
弁護士や司法書士などに依頼すれば調べてもらえます。

ベルーナの過払い金の計算方法~自分で引き直し計算するには

ベルーナから取引履歴を取り寄せる

過払い金の引き直し計算には取引履歴が必要です。
取引履歴とは借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付が記載されています。
過払い金の引き直し計算はこの情報をもとに算出していきます。
貸金業者によっては、取引履歴を請求すると1000円ほどの手数料がかかるので注意しましょう。

無料計算ソフトをつかい取引履歴をもとに日付や金額を入力

取引履歴を手に入れたら、インターネット上で公開されている無料計算ソフトとエクセルをつかって引き直し計算をします。
無料計算ソフトには、TDONの引き直し計算ソフト・引き直し計算ソフト「名古屋式」・引き直し計算ソフト「外山式」などがあります 使用方法は各配布サイトにて詳しく説明してありますので参考にしてください。

取引履歴に記載されている借入した時の金利、金額、日付、返済した金額や日付を入力していくことで過払い金が自動で計算されます。
取引の期間が長かったり、途中で追加の借入をしていると複雑になり時間がかかります
自分で計算する時間が取れない方や、不安がある方は司法書士や弁護士に依頼するをおすすめします。

過払い金の計算方法は以下のページで詳しく説明しています。
過払い金の引き直し計算を自分で簡単にする方法

自分でベルーナの引き直し計算をするリスク

過払い金の引き直し計算を間違えてしまうリスク

過払い金の引き直し計算で計算を間違えてしまうと、回収できる過払い金が少なくなってしまったり請求できなくなる恐れがあります
過払い金の計算は自分でもできるので、どれくらいの過払い金が発生しているか確認するには良いと思います。
しかし、そのまま過払い金請求をするとなると、もし計算が間違っていた時のリスクが大きいでの、過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合

ベルーナから同じ契約番号で借入と完済を繰り返している場合、複数の取引をまとめて一つの取引(一連)として扱うのか、複数の取引を別々の取引(分断)として扱うのかによって、時効が成立するかしないかに影響します。
本来であれば時効が成立している取引であったとしても、まとめて一つの取引として扱うので時効が成立せず、過払い金請求の対象となることがあります。

詳しくはこちらを参考にしてください。
取引の一連か分断かで過払い金請求の過払い金や時効は変わる

返済中の借金の過払い金を引き直し計算する場合

借金を返済中で過払い金が発生している場合、過払い金を残っている借金に相殺させて0円になればブラックリストにのることはありません
また、残っている借金より過払い金が多ければお金が返ってきます。

しかし、残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。
ブラックリストにのることを避けるには事前に引き直し計算を正確におこなうことが重要です。
自分で引き直し計算をした結果、過払い金で借金を完済させるつもりだったのに、過払い金が少なくてブラックリストにのってしまったというケースもあります。
過払い金の引き直し計算は司法書士や弁護士に依頼して正確な額を計算してもらいましょう。

過払い金請求は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 過払い金請求のお問い合わせ